Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

「管理ゼロで成果はあがる」講演資料(ダイジェスト)

 「管理ゼロで成果はあがる」講演資料(ダイジェスト)

出版記念講演「管理ゼロで成果はあがる」
https://redajp.connpass.com/event/117849/

Transcript

  1. None
  2. 管理ゼロで成果はあがる ~アジャイルな開発から アジャイルな組織へ 株式会社ソニックガーデン 倉貫義人

  3. 倉貫 義人 株式会社ソニックガーデン代表取締役(創業者) 株式会社クラシコム社外取締役 • 1974年、京都出身、10歳からプログラミング • 立命館大学→大学院、学生ベンチャーで働く • TIS株式会社、デスマ、アジャイル開発の普及

    • 受託開発 → 社内システム → 社内ベンチャー
  4. 株式会社ソニックガーデン • 2011年、TIS社内ベンチャーをMBOして創業 • 社員36名、システム受託開発・自社サービス 「働きがいのある会社ベストカンパニー」「ホワイト企業アワード」「グレートカン パニーアワード」「テレワークチャレンジ特別奨励賞」

  5. 見積り・要件定義なし ドキュメントなし プロジェクトなし 契約時間なし 納品のない受託開発

  6. 通勤のない働き方 通勤なし 本社オフィスなし 申請・制限なし 勤怠報告なし

  7. 管理のない会社経営 上司・指示命令なし 承認・決裁なし 部署・管理職なし 売上目標・評価なし

  8. 著書

  9. 「管理ゼロで成果はあがる」キーメッセージ • 「管理ゼロ」について書いた本ではない • 成果をあげることが最も大事で、管理は手段 • 再現性に基づいたフレームワークである

  10. 管理ゼロまでの道のり 生産的に働く   楽に成果をあげる ために“見直す” 自律的に働く   人を支配している ものを“なくす” 独創的に働く

      常識や慣習に従う ことを“やめる”
  11. 管理ゼロまでの具体的なアクション 生産性 自律性 独創性 やり方を見直す 生産性を見直す タスクを見直す やる気を見直す 信頼関係を見直す 会議を見直す

    雑談を見直す 社内業務を見直す 価値 を見直す 管理をなくす 階層をなくす 評価をなくす 数字をなくす 組織の壁をなくす 人の急募をなくす 教育をなくす 制度をなくす 通勤をなくす 既存ビジネスモデルを やめる 顧客を説得する営業を やめる 新規事業の指示命令を やめる 規模を追求することをや める 会社らしくすることをや める
  12. やり方を見直す 第1部:生産的に働く

  13. 「木こりのジレンマ」起きてませんか? • 進捗の遅れを残業でカバーする • 人が足りないからすぐ採用する →対処療法やめて「ふりかえり」しよう!

  14. ふりかえりの4つのポイント ①KPTでふりかえりをする ②とにかく全員で出し切る ③精神論でなく、アクション ④週に一度の1時間から始める

  15. 生産性を見直す 第1部:生産的に働く

  16. 「一生懸命に仕事する」とは? • 時間をかけて成果を出すのは当たり前 • 生産性は「時間対効果」でみましょう • 要領がいい &  努力すること → 最高

  17. 要領よく「時間対効果」を出すポイント 1. 気合や根性でがんばらない 2. 「そもそも」からゴールを再設定する 3. 「やったほうがいい」ことはしない 4. 100%の品質と完成度は目指さない 5.

    お金で解決できることはお金を使う 6. 抱え込まずにサッサと相談する
  18. タスクを見直す 第1部:生産的に働く

  19. タスクにまつわる問題 • 進捗状況が不明 • 見積もりが不明 • 無駄なことをしてしまう

  20. そこで「タスクばらし」 • 目的とゴールの確認 • 分解する • 見積もり • 優先順位

  21. 『仕事をする』とは ❌ 仕事の行為をすること ⭕ 仕事を終えること • 終えられるサイズにタスクを小口化するべし

  22. 小口化すればうまくいく • タスク • プロジェクト • コミュニケーション • 組織  → サラサラな組織へ

  23. やる気を見直す 第1部:生産的に働く

  24. やる気をなくす • 創意工夫が許されてない • なんのための仕事かわからない • 自分の仕事だと感じられない • 仕事が社会の役にたってない •

    成果に対して反応がなにもない • 続けても成長できる実感がない
  25. やる気をなくさないようにする • 作業ではなく仕事を任せる • 仕事の全体像と目的を伝える • 仕事を依頼する→問題の相談する • 社会にとって意義のある事業をする •

    仕事の結果にフィードバックする • ちょっと難しい仕事に挑戦してもらう
  26. フロー状態におく

  27. そもそも、やる気に頼らない仕組みをつくる • 定例のミーティングにする • 外部の人をプロジェクトにいれる  など

  28. 雑談を見直す 第1部:生産的に働く

  29. ホウレンソウからザッソウへ • 報告と連絡は過去のこと、ツールで共有 • 相談は未来のこと、だけど難しい • 雑談が話しかけるハードルをさげる

  30. 雑談をうまくするポイント • 雑談と仕事の場所をツールでわけない • 社内で起きている雑談の見える化する • 定期的に雑談する機会をつくる  → 雑談のように相談する

  31. 管理ゼロまでの具体的なアクション 生産性 自律性 独創性 やり方を見直す 生産性を見直す タスクを見直す やる気を見直す 信頼関係を見直す 会議を見直す

    雑談を見直す 社内業務を見直す 価値 を見直す 管理をなくす 階層をなくす 評価をなくす 数字をなくす 組織の壁をなくす 人の急募をなくす 教育をなくす 制度をなくす 通勤をなくす 既存ビジネスモデルを やめる 顧客を説得する営業を やめる 新規事業の指示命令を やめる 規模を追求することをや める 会社らしくすることをや める
  32. 管理をなくす 第2部:自律的に働く

  33. クリエイティビティと指示命令 • デザイン • ライティング • 企画 • マーケティング •

    ・・・・・ • 創造性が高い仕事 • 再現性の低い仕事 →クリエイティビティ 指示命令でうまくいく?
  34. セルフマネジメント=成果をあげる 仕事 組織 自分 Lv1 タスクを管理す る 周囲に伝える 休息をとる Lv2

    リソースを管理 する 周囲と協調する 安定して働く Lv3 価値を生み出す 周囲を活かす 将来を考える
  35. セルフマネジメントにチームは要るのか? 信頼関係 必要! 強みと弱み

  36. 階層をなくす 第2部:自律的に働く

  37. 階層がもたらす問題 • 伝言ゲーム • スタンプラリー • イス取りゲーム

  38. 新しい組織のカタチ ヒエラルキー ホラクラシー • オープン • ダイレクト • ラジオ •

    ブログ 例
  39. 数字をなくす 第2部:自律的に働く

  40. 数字にコントロールされる不幸 • 売上目標 • 組織の規模 数字の管理は簡単 数字を満たすことばか りに目がいって本質を 忘れてしまう

  41. 売上目標に代わるものは? • ビジョン • ミッション • 価値観 Whyから始めよ 同じバスに乗った人で 目的地を決める

  42. 組織と個人の「すりあわせ」 • 組織のビジョン • 個人のモチベーション →「すりあわせ」しよう! • ビジョン合宿 • 宣言大会

  43. 通勤をなくす 第2部:自律的に働く

  44. 一般的なイメージとの違い テレワーク(世の中の理解) 私たちのテレワーク 事前に申請・理由が必要 日数・職種に制限あり 少数が離れて働く 独りきりで静かに 定量的な作業 特別な非日常 申請も理由も不要

    いつでも・誰でも 全員が離れて働く チームでワイワイ 協調する仕事 いつもの日常
  45. テレワークでもチームワークが大事 個人で働く チームで働く 離れて 働く 近くで 働く クラウドソーシング (インターネットで受注) 会社に通勤して

    オフィスで働く 個人事業主 (フリーランス) 通勤しないけど 会社の仲間と働く
  46. 物理出社 論理出社 バーチャルオフィス

  47. 顔を合わせて仕事する • テレビ会議は毎日する • 時間を決めずにつなぐ • 特別な機械は使わない

  48. None
  49. 「管理ゼロで成果はあがる」キーメッセージ • 成果をあげるから自由でいられる • 管理があっても成果をあげれば良い • 仕事の種類が変化した、マネジメントも変化

  50. None
  51. 管理ゼロまでの道のり 生産的に働く   楽に成果をあげる ために“見直す” 自律的に働く   人を支配している ものを“なくす” 独創的に働く

      常識や慣習に従う ことを“やめる”
  52. 管理ゼロまでの具体的なアクション 生産性 自律性 独創性 やり方を見直す 生産性を見直す タスクを見直す やる気を見直す 信頼関係を見直す 会議を見直す

    雑談を見直す 社内業務を見直す 価値 を見直す 管理をなくす 階層をなくす 評価をなくす 数字をなくす 組織の壁をなくす 人の急募をなくす 教育をなくす 制度をなくす 通勤をなくす 既存ビジネスモデルを やめる 顧客を説得する営業を やめる 新規事業の指示命令を やめる 規模を追求することをや める 会社らしくすることをや める
  53. 2019年1月発売 技術評論社