Scrumが難しいのは幻想-情熱の再定義- #RSGT2018

405fe9ab689473f267e2cfbd95f78c75?s=47 kyonmm
January 12, 2018

Scrumが難しいのは幻想-情熱の再定義- #RSGT2018

https://2018.scrumgatheringtokyo.org/ での発表資料です。
以下概要

私達のチームは2016年までメトリクスの活用、スプリント期間の短縮、くじ引きで決めるPOやSM、などのプラクティスを通して改善を繰り返してきました。スクラムガイドもどんどん破りました。

このチームはScrumが難しいなんて思っていませんし、誰でも出来ると信じています。

チームが開発する製品は大きく変わりましたがScrumが難しいなんてことはありませんでしたし、

なによりこのチームのエッセンスを大学生40名に導入したところなんと1週間で1日スプリントをモノにしました。Scrumが難しいのは幻想だったのかもしれません。

我々のチームはこういったことを通して2017年にいくつかのプラクティスを確立しました。スプリント期間は1時間へ、チーム内ボトルネックへの対応時間は25分以内を保証、人的リソース活用の損益分岐点を常に意識できる開発プロセスです。

結果、1週間でレビューを35回以上、振り返りを30回以上行っています。1週間で改善した項目は最大で20アイテムにおよび、それらのムダ取りによって6ヶ月間で最大2倍の成果を生み出しています。

チームのパフォーマンスを最大化するために私達の計画的な学び方、偶発的事象からの学び方などをScrumの文脈でご紹介します。

405fe9ab689473f267e2cfbd95f78c75?s=128

kyonmm

January 12, 2018
Tweet