企業の新しい働き方調査2020

4a91cc6503a07715a7d172ca2b5a4301?s=47 LancersPR
March 31, 2020

 企業の新しい働き方調査2020

4a91cc6503a07715a7d172ca2b5a4301?s=128

LancersPR

March 31, 2020
Tweet

Transcript

  1. 2.

    © LANCERS, INC. 1 今回の調査概要
 今回の調査
 (「企業の新しい働き方調査」)
 調査時期:
 • 2020年2月20日-2月25日


    
 調査対象:
 • 過去12か月に仕事の対価として報酬を得た全国20~69歳成人男女
 
 調査方法:
 • 独立調査会社マクロミルによるオンライン調査
 
 有効回答数
 • 1032人
  うち、フリーランスと働くことのできる企業に勤めている人 380人
  副業を容認している企業に勤めている人 445人
  (上記の380人と445人は一部重複あり)
 ・本調査では、中小企業庁の定義に則り従業員が300人以上の企業を「大企業」と定義してい る。
 
 6回目を迎える「フリーランス実態調査」に加え、今年は企業によるフリーランス・副業の制 度について調査を行いました。
  2. 17.

    © LANCERS, INC. 16 調査のまとめ
 【フリーランスについて】 ・大企業の約4割がフリーランスと働くことが認められていて、そのうち半数以上が「フリー ランスを活用できている」と回答している。 ・フリーランスと働くことが認められている理由としては「業務効率化のため」「人手不足の ため」といった企業としての課題を解決するものが多い。一方で、フ課題として「コストがか

    かる」「自社完結が楽」といった声が多く、効果の可視化と切り出す業務の要件定義が重 要になってくると思われる。 【副業について】 ・副業を容認する制度がある理由としては「キャリア形成・成長のため」「モチベーションの 向上のため」といった回答が挙げられ、社員の満足度向上や福利厚生の一環として副業 が認められていることがわかった。 ・大企業は特に副業を容認しない理由として「本業に支障をきたさない」「情報漏洩をしな い」という点を懸念する声が多く、外部の知見を取り入れながら本業に支障をきたさないた めのルール作成が必要とされる。