Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ARR20億円を3年で達成したエンジニア組織が実現したDeveloper eXperience~3つの落とし穴と乗り越え方~(ver2)

ARR20億円を3年で達成したエンジニア組織が実現したDeveloper eXperience~3つの落とし穴と乗り越え方~(ver2)

Transcript

  1. 1
 #devsumi 2021 【19-B-8】 Link and Motivation Group ARR 20億円を

    3年で達成したエンジニア組織が実現した Developer eXperience ~ 3つの 落とし穴と乗り越え方~ #Developer eXperience Day 2021 Link and Motivation Group
  2. 2
 アジェンダ 1. 私たちの紹介 2. どんな状況だったか? 3. 落とし穴と乗り越え方は? #Developer eXperience

    Day 2021 Link and Motivation Group
  3. 3
 自己紹介 株式会社リンクアンドモチベーション 開発責任者 柴戸 純也 #2つの企業で技術役員 #エンジニア1人目入社 #一般財団生涯学習開発財団 認定コーチ

    #日本一のデスマーチPJでキャリアスタート #技術もチームも大好き #社会を前進させるプロダクトを作りたい #エンジニアがわくわくする環境を作りたい #スタートアップ上場へ導く #VPoE Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  4. 4
 モチベーションクラウド Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021

  5. 5
 プロダクト成長:ARR(年間経常収益) (百万円) ※ARR(Annual Recurring Revenue):年間経常収益。毎年決まって得られる1年間分の収益、売上を指す。弊社決算開示資料を基に算出。 Link and Motivation Group

    #Developer eXperience Day 2021
  6. 6
 開発体制 52 10名 42名 エンジニア…………………………………26名 プロダクトマネージャー…………………9名 カスタマーサクセス………………………7名 UI/UXデザイナー …………………………3名

    カスタマーサポート………………………6名 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  7. 7
 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021 アジェンダ

    1. 私たちの紹介 2. どんな状況だったか? 3. 落とし穴と乗り越え方は?
  8. 8
 Link and Motivation Group Day1 #Developer eXperience Day 2021

  9. 9
 Link and Motivation Group Day1 内製化辞めようと思うんだけど、どう? え!? #Developer eXperience

    Day 2021
  10. 10
 Link and Motivation Group しばらくして 負債がとんでもない・・・ 負債って何? なんとかしといて! うす

    #Developer eXperience Day 2021
  11. 11
 【複数のパートナー企業が入れ替わり立ち替わりで、開発未経験社員がマネジメントし続けた結果】 • まぁまぁなカオス ◦ どうしようもないプログラムを前に、「なんじゃこりゃあぁぁ!!」と文句をいいつつ、技術的負債に怨 念を抱きながらも、しょうがないかと諦めて、同じ環境、同じ運用で、そのまま同じようにプログラムを 追加し続ける。 ▪ ORMapperを使わない生のsqlが散乱

    ▪ 使わないテーブルが追加される ▪ 概要がわかるドキュメントがなくオンボーディングに苦戦 ▪ 要件・設計のドキュメントがなく勝手に変わるインターフェースやテーブル定義 ▪ 名前が統一されておらず、関連が追えない ▪ 滞るミドルウェア、ライブラリのバージョンアップ ▪ 検証不備によるデータ不整合。からのインシデント対応 ▪ 実験コードや実験環境の放置 ▪ ・・・ ◦ 不安だからリリースサイクルをゆっくりにしよう。もっとちゃんとしてからリリースしようのように「コード 修正の心理的安全性」がなくなっていってしまうという悪循環 #Developer eXperience Day 2021 Link and Motivation Group
  12. 12
 【複数のパートナー企業が入れ替わり立ち替わりで、開発未経験社員がマネジメントし続けた結果】 • 他部門との関係・・・受発注関係 ◦ 売り上げが増えていく、日々重要な企業が使ってくれている、利用者が増えていっている・・・そんなな かで、バグを起こしたり停止したり迷惑をかけて責められる・・・「今は売上の方が大事でしょ?」「そん なにかかるの?」「すぐでしょ?」 ▪ 結果である外部品質で責められ、原因である内部品質は・・・あとでコードをクリーンにすればい

    いや、でもあとでクリーンにすることはない・・・市場からのリクエストは止まらない・・・走り続ける ・・・ ◦ 営業も全員仲間だと頭では知りつつも、「そんなにかかるの?」「すぐでしょ?」と言われ、下請けのよ うになってしまう。 #Developer eXperience Day 2021 Link and Motivation Group
  13. 13
 開発メトリクス(2018年→2020年) *DX Criteria は2019年→2020年 テストカバレッジ 90% 0% 削除したデッドコード 20,000

    line 0 line Infrastructure as a Code 70% 20% リードタイム 7day 14day 組織偏差値(エンゲージメントスコア ) 77 43.1 レイテンシー - 重い処理 3s 300s DX Criteria - システム評価 42.5pt 27.5pt インシデントレート 7% 未計測 Security Hub - アセスメント 98% 未計測 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  14. 14
 【当時、慌ててやったこと】 • 過去の経緯はいいから、(目に見えてる)コード、品質を上げよう ◦ うんコード返済しようぜ ◦ 不具合直そうぜ ◦ テストコード書こうぜ(コードを見る人のためにテストを書こう!)

    • チームによるコードレビュー実施 • 設計レビュー • プルリクテンプレ • 強制的に起こってもらう仕組み(CIでチェックするようになど) ◦ Rubocop、規約の自動チェックなど • (一時的に)リファクタリング期間を設けた • など しばらくしたら、また同じような状況に戻る・・・ • 一時的にコードはマシになったかもしれないが、組織状態がさらに悪化 • またもや新規開発を優先し、返済や改善が継続できなかった(どんよりムードは変わらず #Developer eXperience Day 2021 Link and Motivation Group
  15. 15
 開発メトリクス(2018年→2020年) *DX Criteria は2019年→2020年 テストカバレッジ 90% 0% 削除したデッドコード 20,000

    line 0 line Infrastructure as a Code 70% 20% リードタイム 7day 14day 組織偏差値(エンゲージメントスコア ) 77 43.1 レイテンシー - 重い処理 3s 300s DX Criteria - システム評価 42.5pt 27.5pt インシデントレート 7% 未計測 Security Hub - アセスメント 98% 未計測 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  16. 16
 開発メトリクス(2018年→2020年) *DX Criteria は2019年→2020年 テストカバレッジ 90% 0% 削除したデッドコード 20,000

    line 0 line Infrastructure as a Code 70% 20% リードタイム 7day 14day 組織偏差値(エンゲージメントスコア ) 77 43.1 レイテンシー - 重い処理 3s 300s DX Criteria - システム評価 42.5pt 27.5pt インシデントレート 7% 未計測 Security Hub - アセスメント 98% 未計測 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021 【ここからはこの変化の裏側のお話】 負債と向き合い続け、結果として DXを向上させ続けた期間でした 何が起きていて、 どんな穴に落ちて、 どう行動したのか?
  17. 17
 Link and Motivation Group 負債 #Developer eXperience Day 2021

  18. 18
 Link and Motivation Group 負債 技術的負債 組織的負債 #Developer eXperience

    Day 2021
  19. 19
 Link and Motivation Group 負債 技術的負債 組織的負債 #Developer eXperience

    Day 2021
  20. 20
 Link and Motivation Group 負債 技術的負債 組織的負債 表裏一体 #Developer

    eXperience Day 2021
  21. 21
 テストはない、デッドコードは多い、規約も指針もない・・・ 保守や拡張が困難/想定外ばかり/モチベーションが下がるコード など、現在の作業が失速してしまう要因 引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%80%E8%A1%93%E7%9A%84%E8%B2%A0%E5%82%B5 今そうでないコードも数年後は負債の可能性 →向き合い続けるもの 技術的負債 Link and

    Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  22. 22
 スタートアップだけの話ではない 仕組みや制度だけの話でもない 引用:https://www.infoq.com/news/2015/05/organizational-debt/ 組織的負債 Link and Motivation Group #Developer

    eXperience Day 2021
  23. 23
 ソフトウェア開発上の問題の多くは、技術的というよりも社会学的なものである。 引用:ピープルウェア(トム・デマルコ) すべての組織デザインは悪いということだ。あらゆる組織デザインは、会社のある部分の コミュニケーションを犠牲にすることによって、他部分のコミュニケーションを改善する。 引用:HARD THINGS(ベン・ホロウィッツ) 起き続ける、返済し続けなければならない宿命 おそらく技術的負債を解消するよりも大きい 組織的負債

    Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  24. 24
 表裏一体とは? (負債蓄積のメカニズム) #Developer eXperience Day 2021 Link and Motivation

    Group
  25. 25
 技術的負債 組織的負債 意図 あり 短期 デプロイ最優先 長期 マルチではなく 1プラットフォーム対応

    意図 なし 能力不足 いい加減な習慣・ チームのスキル不足 レガシー バージョンアップへの未対応・ 引き継がれた古いコードソース 負債蓄積のメカニズム Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  26. 26
 技術的負債 組織的負債 意図 あり 短期 デプロイ最優先 特別のはずが繰り返し 「言ってたことと違うじゃん...」 長期

    マルチではなく 1プラットフォーム対応 意図 なし 能力不足 いい加減な習慣・ チームのスキル不足 責任者不在・放置 「誰がやるんだよ...」 レガシー バージョンアップへの未対応・ 引き継がれた古いコードソース 負債蓄積のメカニズム Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  27. 27
 Link and Motivation Group 負債 技術的負債 組織的負債 表裏一体 #Developer

    eXperience Day 2021 後回しにしてしまった組織的負債(落とし穴)が何で、 どうやって乗り越えたのか?
  28. 28
 落とし穴 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021

  29. 29
 3つの落とし穴 不明 ① 風化 ② 断絶 ③ 不安 怒り

    諦め Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  30. 30
 3つの落とし穴 不明 ① 風化 ② 断絶 ③ 不安 怒り

    諦め Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  31. 31
 技術的負債の裏側にあった組織的負債 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021

  32. 32
 1. 負債は全く管理されていない。なんとなく不安、非効率、悪者という扱い。 2. 「納品」「リリース」が目標になっていたため「改善し続ける」「更新し続ける」思考がな かった 3. あとでコードをクリーンにすればいいや、でもあとでクリーンにすることはない。バックロ グとして管理されていない。 4.

    「自分の仕事ではない」と返済がネガティブな感じに扱われていた。 など 技術的負債の裏側にあった組織的負債 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021 不安
  33. 33
 Link and Motivation Group 乗り越え方 #Developer eXperience Day 2021

  34. 34
 不安のメカニズム 影の時は よくわからないバケモノ 見えてしまえば 各タスクの積み重ね 細分化 Link and Motivation

    Group 引用:https://qiita.com/hirokidaichi/items/c66682a64ac2fc59cdf3 #Developer eXperience Day 2021
  35. 35
 不安のメカニズム 影の時は よくわからないバケモノ 見えてしまえば 各タスクの積み重ね 細分化 バグや機能追加をどう扱うかについて、経営者やビジネス組織と
 大きな問題になることは少ない。彼らにも「見えている」ものだから Link

    and Motivation Group 引用:https://qiita.com/hirokidaichi/items/c66682a64ac2fc59cdf3 #Developer eXperience Day 2021
  36. 36
 見える化 優先順位付け 不明の落とし穴にはまらないように 自分たちの 現状を指標化 期待度×満足度で マッピング Link and

    Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  37. 37
 見える化 優先順位付け 不明の落とし穴にはまらないように 期待度×満足度で マッピング 自分たちの 現状を指標化 Link and

    Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  38. 38
 4年の歳月×23,000件の データ 日本のCTO500名の 知見 『DX Criteria』 主観的指標ではなく、科学された客観的指標の活用 引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B07L2R3LTN Link

    and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  39. 39
 開発組織メトリクス テーマ No. 指標 デリバリー パフォーマンス ー生産性ー 1 デプロイの頻度

    2 変更のリードタイム 3 平均修復時間(MTTR) 4 変更失敗率 QA ー品質ー 5 インシデントレート 6 インシデント再発防止スコア セキュリティ リスク ー信頼性ー 7 セキュリティリスク件数 テーマ No. 指標 システム全般 ーDX Criteriaー 8 バージョン管理 9 ソースコードの明確さ 10 継続的インテグレーション 11 継続的デプロイ 12 API駆動開発 13 疎結合アーキテクチャ 14 システムモニタリング 15 セキュリティシフトレフト *これ以外にカバレッジなど各種メトリクスも取得していますが、今回は割愛しています Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  40. 40
 見える化 優先順位付け 不明の落とし穴にはまらないように 期待度×満足度で マッピング 自分たちの 現状を指標化 Link and

    Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  41. 41
 開発組織メトリクス テーマ No. 指標 デリバリー パフォーマンス ー生産性ー 1 デプロイの頻度

    2 変更のリードタイム 3 平均修復時間(MTTR) 4 変更失敗率 QA ー品質ー 5 インシデントレート 6 インシデント再発防止スコア セキュリティ リスク ー信頼性ー 7 セキュリティリスク件数 テーマ No. 指標 システム全般 ーDX Criteriaー 8 バージョン管理 9 ソースコードの明確さ 10 継続的インテグレーション 11 継続的デプロイ 12 API駆動開発 13 疎結合アーキテクチャ 14 システムモニタリング 15 セキュリティシフトレフト どこから手を付ける? Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  42. 42
 4eye’s 期待度(優先度) ケイパビリティ (満足度) Link and Motivation Group #Developer

    eXperience Day 2021
  43. 43
 4eye’s 期待度(優先度) 弱み 期待度/優先度:高 × ケイパビリティ/満足度:低 ケイパビリティ (満足度) 強み

    期待度/優先度:高 × ケイパビリティ/満足度:高 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  44. 44
 Before状態 左上の弱みをフォーカスポイントとして四半期ごとに目標設定 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day

    2021
  45. 45
 After状態 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021

  46. 46
 Link and Motivation Group その結果、浸透したカルチャー #Developer eXperience Day 2021

  47. 47
 Measure 1. 負債返済に目標を設定。貢献実感が持てて、ネガティブ、暗いもの、ではなくモチ ベーティブなものに 2. 見えてしまえばそれは負債ではなく、課題やバックログであること 3. 該当期間にトレードオフした内容が明確になり、 いつやるのか?という不安ではなく、納得感が持てるようになった

    (課題として受け入れた時点で記録し、管理) Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  48. 48
 3つの落とし穴 不明 ① 風化 ② 断絶 ③ 不安 怒り

    諦め Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  49. 49
 技術的負債の裏側にあった組織的負債 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021

  50. 50
 1. 負債を産むのも、コードを改善するのもひと。なのだが、その人たちのわだかまりや不 満を放置した結果、責め合う。 2. 負債を借り入れた歴史や経緯に触れず、負債=悪かのように非難しあう。負債を産ん だ人と、新しい人で対立。 3. 事業として負債を借り入れることを意思決定したはずが、メンバーレベルの悩みになっ ていた。

    4. 外から突然やってきた人間が指示。(個人的な焦り) など 技術的負債の裏側にあった組織的負債 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021 怒り
  51. 51
 Link and Motivation Group 乗り越え方 #Developer eXperience Day 2021

  52. 52
 技術的負債のタイムライン (時間) 価値享受 苦労 解消 純資産 純債務 技術的負債 転

    換 点 改 善 認 識 引用:Tech Debt Timeline     [Kruchten, Philippe. Managing Technical Debt    (SEI Series in Software Engineering) (p. 33)] 発 生 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  53. 53
 技術的負債のタイムライン (時間) 価値享受 苦労 解消 純資産 純債務 技術的負債 転

    換 点 改 善 認 識 引用:Tech Debt Timeline     [Kruchten, Philippe. Managing Technical Debt    (SEI Series in Software Engineering) (p. 33)] 発 生 衝突 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  54. 54
 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021 仕組み化

    風化の落とし穴にはまらないように 面接時の共有 ・ オンボーディング PGへの組み込み
  55. 55
 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021 歴史や負債などの考え方、

    Good/BadExperienceを共有
  56. 56
 技術的負債のタイムライン (時間) 価値享受 苦労 解消 純資産 純債務 技術的負債 転換点

    改善 認識 引用:Tech Debt Timeline     [Kruchten, Philippe. Managing Technical Debt    (SEI Series in Software Engineering) (p. 33)] 歴史の共有と享受してきた価値への感謝 発生 最速で(2016年に)立ち上げたゆえのシェア Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  57. 57
 Link and Motivation Group その結果、浸透したカルチャー #Developer eXperience Day 2021

  58. 58
 Respect • 負債=絶対悪ではなく、 共通課題という理解が進み、歴史も共有された。 議論すること自体に価値があった • 片手間やチーム、個人といった、狭い範囲の話ではなく、 組織・事業の重要課題として捉えられるようになった Link

    and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  59. 59
 3つの落とし穴 不明 ① 風化 ② 断絶 ③ 不安 怒り

    諦め Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  60. 60
 技術的負債の返済が進まない裏側にあった組織的負債 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021

  61. 61
 1. 他部門からも「なぜそんなにかかるの?」「なぜこれやってくれないの?」「言っているこ とがよくわからない」など相互不信 2. 「汚くても動いているからよい」「動いているものをわざわざ触る必要がない」「動いてい るものこそ正しい」という思考が充満→コードをきれいにする意義の理解がなかった 3. そもそもエンジニアが説明できていない→常に優先度が下がり続ける など

    技術的負債の返済が進まない裏側にあった組織的負債 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021 諦め
  62. 62
 Link and Motivation Group 乗り越え方 #Developer eXperience Day 2021

  63. 63
 断絶のメカニズム セールス 内向きによる対立 Link and Motivation Group エンジニア #Developer

    eXperience Day 2021
  64. 64
 言語翻訳 断絶の落とし穴にはまらないように 事業への接続 伝わる言葉で コミュニケーション 共通目的設定 客観データ Link and

    Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  65. 65
 言語翻訳 断絶の落とし穴にはまらないように 事業への接続 伝わる言葉で コミュニケーション 共通目的設定 客観データ Link and

    Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  66. 66
 協働 セールス エンジニア 事業 共通目的に向けた協働 Link and Motivation Group

    #Developer eXperience Day 2021
  67. 67
 例えば 解約・クレーム (性能) 遅 速 (事業計画上の企業数と時期) Now 〇か月後 xxx社

    事 業 の G a p 解 約 ・ ク レ ー ム ・〇か月後にはボトルネックに ・◆円の解約影響 ・可視化・対策が必要 ・◎人のリソースを投資する Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  68. 68
 言語翻訳 断絶の落とし穴にはまらないように 事業への接続 伝わる言葉で コミュニケーション 共通目的設定 客観データ Link and

    Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  69. 69
 Why デプロイ 高頻度実施? テストコード 必要? クラウド・ DevOps投資? セキュリティ リスク?

    Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  70. 70
 #Developer eXperience Day 2021 Why デプロイ 高頻度実施? テストコード 必要?

    クラウド・ DevOps投資? セキュリティ リスク? 約4回で手動テストと自動テストのコストが逆転 引用:https://speakerdeck.com/twada/quality-and-speed-2020-spring-edition?slide=61 引用:https://www.amazon.co.jp/Philosophy-Software-Design-John-Ousterhout/dp/1732102201 Link and Motivation Group
  71. 71
 Why デプロイ 高頻度実施? テストコード 必要? クラウド・ DevOps投資? セキュリティ リスク?

    引用:https://www.amazon.co.jp/dp/B07L2R3LTN 引用元: Accelerate State of DevOps 2019 https://services.google.com/fh/files/misc/state-of-devops-2019.pdf Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  72. 72
 Why デプロイ 高頻度実施? テストコード 必要? クラウド・ DevOps投資? セキュリティ リスク?

    LowとElite差額は組織規模ごとに、 250人規模:年間5,500万 2,000人規模:4.5億円 引用:https://cloud.google.com/resources/roi-of-devops-transformation-whitepaper?hl=ja Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  73. 73
 Why デプロイ 高頻度実施? テストコード 必要? クラウド・ DevOps投資? セキュリティ リスク?

    引用:https://www.ibm.com/jp-ja/security/data-breach Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  74. 74
 言語翻訳 断絶の落とし穴にはまらないように 事業への接続 伝わる言葉で コミュニケーション 共通目的設定 客観データ Link and

    Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  75. 75
 引用:https://twitter.com/hiroki_daichi/status/1131782164570185728?s=20 前提 Link and Motivation Group #Developer eXperience Day

    2021
  76. 76
 翻訳例 AWSの長期間停止 セキュリティリスク 手戻り 伝えたいこと 翻訳後 JRの全線停止 監視カメラ未設置 による数億円の盗難

    ハンバーグ 普通の ハンバーグ チーズイン ハンバーグ Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  77. 77
 Link and Motivation Group その結果、浸透したカルチャー #Developer eXperience Day 2021

  78. 78
 Integrate 事業が他人ごと、ではなく、エンジニアたちの事業理解も進み、他部門との関係が改善された。以 下のような返済方法も明確になった。(現フェーズにおいて) 1)プロジェクトの中で目標を設定 (例:事業に接続:リファクタ→性能改善。   非機能は事業計画と合わせて定量化して提案しやすい) 2)一定工数は常に。定期的に目標を設定 (片手間ではなく、専任。開発全体の10〜15%程度。

    マネジメントに伝わるよう、小さな取り組みからの成果積み上げや可視化、 リスクを定量化して伝えること頑張る。外部データを積極的に活用) 3)プロジェクトの中でついでにやる (息を吸うようにリファクタするようプロフェッショナリティに訴え続ける) Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  79. 79
 まとめ Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021

  80. 80
 3つの落とし穴 不明 ① 風化 ② 断絶 ③ 不安 怒り

    諦め Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  81. 81
 負債は技術と組織が表裏一体 不明 見えないことによる不安 Measure 風化 悪者扱いによる怒り Respect 断絶 二元論による諦め

    Integrate Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021
  82. 82
 負債は技術と組織が表裏一体 不明 見えないことによる不安 Measure 風化 悪者扱いによる怒り Respect 断絶 二元論による諦め

    Integrate 仕組み化 見える化 優先順位 付け Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021 事業への 接続 言語翻訳
  83. 83
 負債は技術と組織が表裏一体 不明 見えないことによる不安 Measure 風化 悪者扱いによる怒り Respect 断絶 二元論による諦め

    Integrate 仕組み化 見える化 優先順位 付け Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021 事業への 接続 言語翻訳
  84. 84
 負債は技術と組織が表裏一体 不明 見えないことによる不安 Measure 風化 悪者扱いによる怒り Respect 断絶 二元論による諦め

    Integrate 仕組み化 見える化 優先順位 付け Link and Motivation Group #Developer eXperience Day 2021 事業への 接続 言語翻訳 組織的負債へのアプローチ⇒技術的負債の返済
  85. 85
 組織偏差値(エンゲージメントスコア)推移 cc AAA AA Link and Motivation Group #Developer

    eXperience Day 2021
  86. 86
 Measure Integrate Respect Link and Motivation Group #Developer eXperience

    Day 2021
  87. 87
 Measure Integrate Respect 成長・貢献実感 相互理解・相互尊重 Developer eXperience Link and

    Motivation Group #Developer eXperience Day 2021 環境も仕組みも大事ですが、それ以上にひとりひとりが成長、貢献を感じて、 周囲からも理解され、尊敬を実感する日々を過ごすこと。これが幸せな開発者体験を生み出す
  88. 88
 リンクアンドモチベーションは 新しい仲間を募集しています! 応募ページはこちら Link and Motivation Group #Developer eXperience

    Day 2021