Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

障害対応から改善につなげる DevOpsへの取り組み方 / Troubleshooting and Continuous improvement

F09bb6dd6372cfada941e132f6662d7f?s=47 mackerelio
November 11, 2020

障害対応から改善につなげる DevOpsへの取り組み方 / Troubleshooting and Continuous improvement

「Jira / Confluence × Mackerel で実践! 運用しながら改善していくDevOpsのはじめかた」での発表資料です。

F09bb6dd6372cfada941e132f6662d7f?s=128

mackerelio

November 11, 2020
Tweet

Transcript

  1. 2020.11.11 株式会社はてな 渡辺 起 Jira / Confluence × Mackerel で実践! 運用しながら改善していくDevOpsのはじめかた

    障害対応から改善につなげる DevOpsへの取り組み方
  2. 自己紹介 • 渡辺 起 (わたなべ たつる) ◦ id:wtatsuru @tatsuru • 略歴

    ◦ 2011年入社。インフラエンジニアとして入社 ◦ 基盤開発部門のマネージャー、責任者を経て ◦ 現在はMackerelプロダクトマネージャー • 得意・好き ◦ 計算機、ハードウェア ◦ 仕事ではAWSをよく使ってきた
  3. 内容 障害対応から改善につなげるDevOpsへの取り組み方 • Mackerelの紹介 • DevOpsとMackerelの取り組み • 障害対応から改善につなげる例 • まとめ

  4. Mackerelの紹介

  5. 会社紹介 社名 株式会社はてな 所在地 (本社) 〒604-0835 京都府京都市中京区御池通間之町東入高宮町206 御池ビル9F     (本店)

    〒107-0062 東京都港区南青山6-5-55青山サンライトビル3F 設立 2001年7月 売上高 2,542 百万円(2020年7月現在) 従業員数 161人(2020年7月現在) 2016年に東証マザーズ市場に上場 5 提供サービス(抜粋)
  6. 6

  7. Mackerelの紹介 • エンジニアをワクワクさせる直感的サーバー監視サービス • 簡単に始められる • 直感的ユーザー体験 • 便利で奥が深い機能

  8. すぐにはじめられる • ガイドにしたがってコマンドを実行するだけ • 数分あれば十分 • エージェントが死活監視とメトリック取得を自動で開始 • メトリックは自動的にグラフで可視化 8

  9. 直感的なユーザー体験 9

  10. アーキテクチャ 10 (SaaS) URL外形監視 Mackerelから 外部サービスの 外形監視が可能

  11. マルチクラウド対応(クラウドインテグレーション) クラウド製品も可視化。サービス/ロール/ホストの 概念でわかりやすく監視できます。 AWS、Azure、Google Cloudなどのクラウドサービスか ら様々なメトリックやイベントを可視化。 複雑なサービス環境も全体を俯瞰してシンプルに 管理できます。 11

  12. 育てていく監視 • 動的な管理モデル。サーバーを自然に役割で管理 • 豊富な通知連携 • 充実したAPI • 運用の中で育てていく監視

  13. 日本語サポート・国内コミュニティ 課題解決の手段と場所を整えています 13 ▽ 豊富な日本語コンテンツ (ブログ・ヘルプ・FAQ) ▽ 公式イベントの継続開催 (Meetup・オンラインセミナー) ▽

    ユーザーコミュニティ (Slackで活動中) https://mackerel-ug-slackin.herokuapp.com/
  14. 日本語サポート・国内コミュニティ サポートチームへのお問い合わせも可能です 14 ご不明点がありましたら ぜひ、サポートチームへ ご連絡ください!

  15. Mackerelの紹介(再掲) • エンジニアをワクワクさせる直感的サーバー監視サービス • 簡単に始められる • 直感的ユーザー体験 • 便利で奥が深い機能

  16. DevOpsとMackerelの取り組み

  17. ビジネス環境の変化 • クラウドの登場、ビジネス上の要求 ◦ クラウドによりシステム調達が不要に。インフラ管理の敷居が下がった。 ◦ システムの売り切りモデルから SaaSなどリテンションモデルへ。 • 価値を素早く届けるための方法論の登場

    ◦ アジャイル ◦ SRE ◦ DevOps
  18. DevOps • ビジネス価値の提供に向き合う ◦ 「開発」と「運用」という観点は対立構造を生む ◦ ともに同じ価値の提供に向き合う • コラボレーション文化。問題に対してチームで向き合う ◦

    情報の透明性 ◦ 問題vs私達の観点
  19. 監視という観点から見たDevOps • チームでのスキル獲得の観点 ◦ インフラ運用や監視が専門家のものになってしまうと、チームでの改善に取り組めない ◦ チームのスキルにしていく必要がある。 • 情報の透明性という観点 ◦

    見ている情報が異なると目線が揃わない ◦ 前提の相違、情報格差による権威勾配。対立が生まれる構造ができる ◦ 情報の透明性がコラボレーションを助ける • 監視の問題は改善のチャンス ◦ チームでの問題発見、システムの改善に取り組む
  20. 監視という観点から見たDevOps • 開発・運用という垣根をこえて、チームで運用 = 価値の提供に向き合っていく必要が ある 「監視とは役割ではなくスキルであり、チーム内の全員がある程度のレベルに至っておくべ き。」 『入門 監視』

    2019年1月 日本語訳出版(1.2 アンチパターン2:役割としての監視 )より
  21. Mackerelの紹介(再) • エンジニアをワクワクさせる直感的サーバー監視サービス • 簡単に始められる • 直感的ユーザー体験 • 便利で奥が深い機能

  22. Mackerelの取り組み • 簡単に始められる ◦ 敷居を下げて、誰でも取り組むことができる。 • 直感的ユーザー体験 ◦ 誰でも同じ目線で向き合える。 •

    便利で奥が深い機能 ◦ 改善に取り組む、監視を育てていく。
  23. 障害対応から改善につなげる例

  24. 障害対応から改善につなげる例 はてな社内の事例をもとに、実際の流れを追っていきます • 障害発生 • 対応 • 振り返り • 改善

  25. • アラートの通知。チャットツールやメールなどへの通知 • グラフやエラー状況を見て状況を把握 障害発生 • slack(などチャット)へのアラート通知

  26. 対応 • 対応者が集まり、対応開始 • Confluenceなどのドキュメントツールに対応を 記録 • リアルタイムな情報共有、認識の齟齬をなくす ◦ 電話、ビデオチャットでのコミュニケーション

    ◦ 対応ドキュメントをアップデートしていく ◦ グラフ共有などで同じものを見る
  27. 振り返り、改善 • チームでの振り返り実施 • 前提を把握する ◦ 対応ドキュメントの記録 ◦ チャットツールでの時系列情報 ▪

    何時に何をしたか ▪ どのグラフを見て ▪ どのような判断を行ったか • チームで問題に向き合い、改善策を考える ◦ 動き方、役割分担は適切だったか。 ◦ 対応精度向上。 ▪ 対応時間を短縮できるポイントは存在したか、 ▪ 予兆は検知できたのか、できるための改善はなにか ◦ チーム全体で課題に向き合う
  28. 障害対応から改善につなげる • slack(などチャット)へのアラート連携 • アラート通知をきっかけにコミュニケー ション。 • チームで共同で調査・対応し • 経緯をポストモーテムとしてオンラインド

    キュメントなどに蓄積。 • 根本対策に取り組む。 経緯をポストモー テムに残す 根本対策に継続し て取り組む
  29. まとめ 障害対応から改善につなげるDevOpsへの取り組み方 • Mackerelの紹介 • DevOpsとMackerelの取り組み • 障害対応から改善につなげる例 • まとめ

  30. Mackerelをぜひお試しください mackerel.io から 「無料で試してみる」をクリック!