Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

テクニカルライターに必要な知識を学べる大学院の紹介/Introduction Master TCLoc

0d0586f83b68c623c4f04c752c4b515b?s=47 Mayuko Sawai
September 10, 2021

テクニカルライターに必要な知識を学べる大学院の紹介/Introduction Master TCLoc

ドキュメントを作ったり多言語化したりする仕事には、どんな知識が必要で、それをどのように学べば良いのでしょう?学ぶための一つの手段として、テクニカルライターが働きながら学べる大学や大学院があります。実際に働きながらフランスのストラスブール大学のオンライン大学院に通っているテクニカルライターが、講座の内容や、それがどのように仕事に役立つかなどについて紹介します。

0d0586f83b68c623c4f04c752c4b515b?s=128

Mayuko Sawai

September 10, 2021
Tweet

Transcript

  1. テクニカルライターが 働きながら学べる大学院 澤井 真佑子 サイボウズ株式会社

  2. 澤井 真佑子 ▌2018年からサイボウズでテクニカルライター  マニュアルやヘルプを書く  製品のUIテキストを書く  それらを他の言語に展開する ▌前職はAIベンチャー(1年)、専業主婦(7年)など

    ▌2020年、ストラスブール大の大学院に入学
  3. サイボウズ: グループウェアの開発・販売、 チームワーク研修など 中小企業グループウェア 業務アプリ作成プラットフォーム 大企業向けグループウェア メール共有システム 71,000社以上 21,000社以上 6,200社以上

    11,200社以上
  4. サイボウズのライティングチーム 4 開発本部 Garoon kintone Office ・・・ Writer Writer Writer

    Writer Technical Communication Team (テクニカルコミュニケーションチーム) 製品ごとの開発チームに属し、UIテキスト、マニュアル/ヘルプ、リリースノートなどの ライティングと翻訳を担う メンバー募集中!
  5. 今日のお話 ▌こんな人向け  働きながら大学院に通うことに興味がある人  テクニカルライターに必要な知識を体系的に学びたい人 ▌内容  実際に大学院で学んでいるテクニカルライターが、講座の 内容を具体的に紹介します

  6. 紹介する内容 ▌どんな大学院に通ってる? ▌先生、生徒はどんな人たち? ▌授業の形式、内容は? ▌英語でできるもの? ▌仕事に役立ってる?

  7. 大学院を知るきっかけ

  8. 未経験からテクニカルライターになって困ったこと ▌ 学ぶべきことが多い  Webに関する知識、コンテンツ設計、翻訳管理の手法… ▌ 一般的なやり方が分からない  翻訳管理など新しい仕事はトライアンドエラーになりがち。 他社はどうやってる?

    ▌ 英語の力不足を感じる  1人でやるのも大変。試験などの差し迫った目標があれば頑張れる気 がする
  9. Twitterで大学院の存在を知る ▌2020年1月  Twitterで存在を知る ▌2020年3月  入学申し込み ▌2020年4月  受講開始!

  10. 紹介する講座 ▌ Master TCLoc  フランス、ストラスブール大学大学院の講座  専門:テクニカルコミュニケーション&ローカリゼーション  授業は全部英語

     完全オンラインで、世界中から受講できる  時差のため、日本からだと録画視聴になることが多い
  11. 授業の構成 ▌民間(ドイツtekom社)のeラーニング  講義などはなく、8ヶ月間、ひたすら資料を読む  期末に試験があり、合格すると認定資格が与えられる ▌大学の講義  1つの講義の受講期間は約3ヶ月 

    ライブ授業が3,4回。すべて録画・公開される(日本の深夜が多い)
  12. 科目 2020 2021 3 4 5 6 7 8 9

    10 11 12 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 tekom認定資格※ Localization Professional writing Web tools and languages Visual communication Project management Content Strategy 授業スケジュール ※tekom:ドイツのテクニカルコミュニケーションの団体
  13. 先生はどんな人たち? ▌実際に現場でその仕事をしている人が多い  コンテンツ戦略のコンサルタント、翻訳会社のPM など  実際に扱った案件を例示しながら講義が進む ▌アメリカやイギリス、ギリシアなどいろんな国からリ モートで講義する人が多い

  14. 生徒はどんな人たち? ▌属性  テクニカルライター、翻訳者、翻訳会社PM  これらにキャリアチェンジしたい人 ▌地域  フランスとドイツで約半分。その他ヨーロッパ諸国、北米、 南米、中東、アジア

    など。日本人は私が1人目
  15. 英語でできる? ▌入学時のレベル(私の場合)  英語で話しかけられたとき、何を言われてるかは分かる  英語のミーティングは半分くらい分かる  TOEICは800後半くらいだった ▌卒業に必要なレベル 

    口頭試験が何度かあるので、話す練習は必須  修論は、15-20枚程度の英文を書く必要がある
  16. 働きながらできる? ▌ほとんどの生徒がフルタイムの仕事をしている ▌私の場合  平日の夜は動画や資料でインプットする  週末や連休は提出課題に取り組む  英語自体の勉強も必要だったので、流暢な人に比べるとよ り時間が必要だった

  17. 個人的に良かった授業3選

  18. Project Management ▌ 座学のほかに、実際に生徒4,5人でグループを作ってプロジェ クトを実行する ▌ プロジェクトで扱うテーマは、生徒が提案し、投票で決める  テーマの例: 「UIテキストのスタイルガイドを作る」「Word文書をCMS

    (MadcapFlare)に移行する」「論文執筆のマニュアルを作成する」 など
  19. Project Management ▌ 私のチームのテーマ: 「Word文書をCMS(MadcapFlare) に移行する」  インド人、フランス人、コロンビア人、 日本人(私)の4人 

    Asana、Slackなどを使って進行  週1回、ミーティングでタスクの進捗状 況を確認
  20. Localization ▌Localization関連だけで講義が3つある  CAT(翻訳支援)ツールの基礎知識  翻訳プロジェクトの進め方、ベンダーとの付き合い方  ソフトウェアの多言語ローカライズ

  21. Localization ▌ 翻訳プロジェクトの進め方に関する講義  翻訳関連の用語や価格の算出方法などの解説  ケーススタディを通して、どのような事前準備をすれば問題を回避で きるか学ぶ ▌ 試験

     先生と生徒の2人で20分間、ロールプレイをする  先生が顧客、生徒は翻訳会社PM。 適切な会話をして商談をまとめる
  22. Localization ▌ ソフトウェアの多言語ローカライズの講義  Android Studio(Androidアプリの開発環境)を使い、アプリの多言 語化に関するトピック(string metadata, string pluralization,

    continuous localization など)を解説 ▌ レポート  多言語化されていないサンプルアプリを自分の環境にインストールし、 それを多言語化するために必要な準備をレポートにまとめる
  23. How to create instructional videos ▌ソフトウェアの操作解説の動画を作る講義  Camtasia(動画作成ソフト)を使用  先生が実際に動画を作って見せる

     違和感を持たれやすいポイントなど注意点の解説がありが たかった  最後に、生徒が動画を作って提出し、講評してもらう
  24. その他 ▌今月(2021年9月)開講の授業も面白そう  Plain Language(平易な英語)  Content Strategy

  25. 実際、業務に役立ってる?

  26. 役立った講義の例 ▌ 動画作成についての講義  講義内容を要約し、社内で勉強会を開催  実際に動画を作り、ヘルプサイトに設置した ▌ Terminology(用語管理)の講義 

    用語管理の手法や、代表的なソフトウェアが紹介された  取り上げられた用語管理ソフト(TermWeb)をチームでも導入
  27. 周囲とのコミュニケーション

  28. 会社、チームとのコミュニケーション ▌ 開始時  時短勤務(週30時間)とし、業務時間外に学習  授業料は自己負担 ▌ 途中から 

    大学院に限らず、誰でも1日1時間程度は自己学習にあてて良いことに した(実際にやるのは難しいが)  授業料の大部分を会社負担にしてもらった
  29. やってみてよかったこと

  30. ▌(やりきれば…)修士号が取得できる ▌仕事に必要な知識を体系的に学べる ▌専門家に直接教われ、視野が広がる ▌同じ職種の人とグループワークなどで交流できる ▌英語はかなり鍛えられる ▌転職活動で有利な気がする 期間中に希望の転職を叶える人もちらほら

  31. 最後に:採用してます! TCチームに興味を持った方へ 募集要項 https://cybozu.co.jp/company/job/recruitment/list/technical_writer.html カジュアルにお話しするのも大歓迎! チームメンバーにDMください😀😀 あて先: @naoh_nak @mayukoat 「サイボウズ

    テクニカルライター」で検索すると 下記の募集要項にアクセスできます👀👀