Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Why light is more important for ultradwarf than for bent: what greenkeepers need to know (in Japanese)

C62291821dac0dd5b7ef3b72a30cd137?s=47 Micah Woods
October 20, 2015

Why light is more important for ultradwarf than for bent: what greenkeepers need to know (in Japanese)

Slides in Japanese for a presentation about photosynthetically active radiation at the Japan Turf Show on 21 October, 2015.

C62291821dac0dd5b7ef3b72a30cd137?s=128

Micah Woods

October 20, 2015
Tweet

Transcript

  1. なぜウルトラドワーフにはベントグラスより も日照が重要なのか:グリーンキーパーが 知っておくべきこと マイカウッズ Ph.D. アジアン・ターフグラス・センター www.asianturfgrass.com 2015 年 10

    月 21 日ジャパンターフショ ー 第一日目 ㈱ニチノー緑化 プライベートセミナー 於 味の素スタジアム
  2. PAR, PPFD と DLI これらが意味するところは? ▶ PAR 光合成有効放射線。具体的には波長が 400 〜

    700 nm の光。 ▶ PAR は、この波長帯の光量子が 1m² の面積に 1 秒間に降 り注ぐ量として測定されます。 ▶ このようにして測定された PAR の瞬間値のことを PAR の 光量子密度 (PPFD) と呼びます。夏の日中の PPFD は、お よそ 2,000 マイクロモル/m²/秒となります。 ▶ 1 秒ごとの PAR をまる一日分合計すると、PAR の日積算 量, DLI となります。ウルトラドワーフバミュ ーダグラス 品種にとっては DLI が最大値であることが最良です。許容 できる最低限の品質を維持するためには、30 モル/m²/秒 以上であることが望ましいと思われます。
  3. PPFD 測定器

  4. 2015 年 7 月 14 日 (晴天)

  5. 2015 年 7 月 1 日 (曇天)

  6. None
  7. 2015 年 10 月 19 日

  8. 2015 年 10 月 20 日

  9. None
  10. None
  11. None
  12. None
  13. None
  14. None
  15. None
  16. None
  17. None
  18. None
  19. None
  20. None
  21. None
  22. None
  23. None
  24. None
  25. None
  26. 要点のまとめ ▶ ウルトラドワーフバミュ ーダグラスは、光合成に利用可能 な全ての光を利用することができる。 ▶ クリーピングベントグラスは PPFD が約 1,000

    になると 光飽和点に達する。 ▶ 日本の夏季の気温は、米国南部地域と同等である。 ▶ 夏季の DLI は日本よりも米国の方が高い。 ▶ 日本でのウルトラドワーフバミュ ーダグラスの維持管理を 成功させるためには、気温と光の両方を考慮すべきであ る。