Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

若手主体のチームで全員の力を合わせて新規事業を創っている話 / Develop a startup product in cooperation with all team members

若手主体のチームで全員の力を合わせて新規事業を創っている話 / Develop a startup product in cooperation with all team members

MIXI TECH CONFERENCE 2023 (2023/03/02)

若手主体のチームで全員の力を合わせて新規事業を創っている話
モンスト事業本部 新規事業開発部 miatto グループ
本間 光宣

Mitsunobu Homma

March 02, 2023
Tweet

More Decks by Mitsunobu Homma

Other Decks in Business

Transcript

  1. ©MIXI
    若手主体 チームで全員 力を合わせて
    新規事業を創っている話
    モンスト事業本部 新規事業開発部 miattoグループ
    本間 光宣

    View full-size slide

  2. ©MIXI
    自己紹介
    ● 本間 光宣(@_mitsu9)
    ● 株式会社 MIXI
    ○ 2018年新卒入社
    ○ 2018/4 ~ 2021/10 : Customer Reliability Engineer (CRE)
    ■ CSが利用する各種ツール 開発・運用
    ■ 機械学習を用いたCS業務を効率化・自動化するシステム 開発
    ○ 2021/11 ~ now : モンスト事業本部 新規事業開発部
    ■ miatto という新規事業 サーバーサイドエンジニア兼PM
    ● 渋谷・下北沢 ライブハウスに生息しています
    ○ 2022年 110本 ライブ・フェスに行きました
    2

    View full-size slide

  3. ©MIXI
    miatto と
    ● 6人まで 少人数グループで
    コミュニケーションを楽しむSNS
    ● チャット・ボイチャ・フィード・ゲームなど
    でコミュニケーションをとることができる
    ● 2021年12月: テストリリース
    ● 2022年11月: ストアリリース
    絶賛機能追加・改善中!!
    3

    View full-size slide

  4. ©MIXI
    今日 概要
    ● 今日話すこと
    ○ miatto プロダクト開発 進め方
    ○ miatto 開発で大切にしていること
    ○ 現在 開発 進め方 メリット・課題
    ● 本題に入る前に...
    ○ QA時間を長めに取る予定です。何でも質問お待ちしています!
    ○ 他チーム 開発体制をあまり知らない で、感想・良いと思ったところ・改善
    できそうなところ、何でもコメント頂けると嬉しいです!
    ぜひ気軽にコメントしてください!
    4

    View full-size slide

  5. ©MIXI
    miatto プロダクト開発 進め方

    View full-size slide

  6. ©MIXI
    miatto チーム構成
    エンジニア(4)
    ・サーバー & PM(私)
    ・サーバー
    ・クライアント(2)
    デザイナー(2) QA(2)
    ● 10人 チーム
    ○ 新卒が6人、20代が7人 若いメンバーで構成されたチーム
    ○ 産休・育休明けが2人(時短勤務)
    フルリモート & 時短
    1人 時短
    6
    ビジネス(2)
    ・PO(事業責任者) & マーケ
    ・PM & ディレクター

    View full-size slide

  7. ©MIXI
    miatto に新機能が実装されるまで
    企画フェーズ
    1. PO: 新機能 方針決め
    2. デザインスプリントを実施
    全員で企画を検討
    3. デザイナーがUX設計
    開発フェーズ
    ● スクラム開発
    エンジニア
    デザイナー QA
    PO
    PM
    7

    View full-size slide

  8. ©MIXI
    miatto 開発 進め方
    ● 1スプリント2週間 スクラム
    ○ スプリントで開発を終え、QA 次 スプリントで実施
    ● プロダクトバックログアイテム(PBI) 管理
    ○ バグ修正・技術的負債 対応・技術調査などやること全てを PBI にする
    ○ 大きめ機能 小さな PBI に分割して複数スプリントにかけて開発
    開発 PBI QA・リリース
    開発 PBI 1 開発 PBI 2 QA・リリース
    1スプリント
    機能A
    機能B
    8

    View full-size slide

  9. ©MIXI
    miatto における定例ミーティング
    スクラムイベント
    ● スプリント じめ 会
    ○ スプリントプランニング
    ● 朝会
    ● スプリントおわり 会
    ○ スプリントレビュー &
    レトロスペクティブ
    ● スプリント中間共有会
    ○ 独自 イベント
    スクラム以外
    ● デザインレビュー会
    ○ UX設計中 デザイナーがチー
    ムに相談する
    ● バックログ整理 会
    ○ バックログへ 追加・優先度決
    めなどを行う
    9

    View full-size slide

  10. ©MIXI
    バックログ整理 会
    ● 目的
    ○ バックログを最新に更新する
    ● アジェンダ
    ○ ユーザーから 声やエンジニアから 要望をバックログに追加する
    ○ バックログに対してストーリーポイントを振る
    ○ バックログ 優先度について話し合う
    ● ポイント
    ○ miatto で 技術的負債なども全てバックログで管理している で、
    対応したいリファクタなど こ 時にバックログに追加する
    ○ 機能 実装と技術的負債 対応 どちらを先にするか 優先度を
    こ 時にチーム全員で話して認識を揃える
    10

    View full-size slide

  11. ©MIXI
    スプリント じめ 会
    ● 目的
    ○ スプリントで実装する機能について把握し、開発に着手するために
    必要な準備を整える
    ● アジェンダ
    ○ 今回 スプリントで対応するバックログ一覧を確認する
    ○ それぞれ バックログについて要件 確認・実装方針 検討・
    タスク 洗い出しを行う
    ○ タスクに対して時間見積もりを行いアサインする
    ● ポイント
    ○ できるだけ詳細まで話し、スプリント期間中 それぞれが作業を
    進められるようにする
    11

    View full-size slide

  12. ©MIXI
    スプリント中間共有会
    ● 目的
    ○ 問題を早期に発見し対応を検討する
    ■ 朝会で状況 把握できている で、遅れている場合に対応を検討する場
    ● アジェンダ
    ○ 1週間時点で 進捗・状況共有
    ○ 進捗が悪い時にタスク 調整を行う
    ● よくある事例
    ○ 新規実装前にリファクタが必要で追加 工数がかかることがわかった
    ○ 新しい技術を使う時に思っていたより時間がかかって進捗が悪い
    ○ QA対応など 差し込み対応に時間が取られた
    ○ どうしても今週作って欲しい差し込み案件が出てきた
    12

    View full-size slide

  13. ©MIXI
    miatto 開発で大切にしていること

    View full-size slide

  14. ©MIXI
    miatto 開発で大切にしていること
    「全て全員で話して全員でプロダクトを創る」
    ● 全員 知恵を集めて事業 成功確率を高める
    グランドルール
    ● 定例ミーティング 全員参加で開催する
    ○ 参加できない人がいたらリスケする
    ● ミーティング内で 疑問 ミーティング 中で解消する
    ○ 参加者 一部 み関係する話でも持ち帰らずそ 場で話す
    ● 大きな決定 チーム全員 合意を取る
    ○ チームメンバー 疑問があれ いつでも質問・コメントする
    14

    View full-size slide

  15. ©MIXI
    チーム全員で話していること
    ● 企画 案出し
    ○ 大きい新機能 全員でデザインスプリントを実施
    ○ 既存機能 改善でも必要に応じて全員でブレストを実施
    ● バックログ管理
    ○ 優先度 全員で話し合って決める
    ○ 大きい機能を小さなバックログに分割する時も全員で検討する
    ● スプリント じめ 会
    ○ サーバー・クライアント 実装方針を全員がいる場で話す
    ○ 全員で全て タスクを洗い出して見積もりをする
    15

    View full-size slide

  16. ©MIXI
    全員で話すことで得られた効果①
    開発に集中できる環境になった
    ● スプリント じめ 会で詳細まで話している で、
    スプリント中 コミュニケーションが必要最低限になった
    ● 全員 理解が揃っている でコミュニケーションが簡潔に終わる
    ● 全員でタスクを洗い出す で抜け漏れによる差し込み・手戻り 量が
    減った
    ● タスクを細かく切ることで見積もり精度が高くなり、
    無理 ない計画を立てられるようになった
    16

    View full-size slide

  17. ©MIXI
    全員で話すことで得られた効果②
    職種を超えた相互理解が進んだ
    ● 1年近く全員で話し続けた結果、デザイナー・サーバー・
    クライアント お互い ことが少しづつ分かるようになった
    ● コミュニケーションが円滑に進むようになった
    ● 全体最適な設計や対応を考えられるようになった
    ● お互いどこで無理をしている かが分かるようになった で、
    感謝したり励ましたりできるチームになった
    17

    View full-size slide

  18. ©MIXI
    全員で話すことで得られた効果③
    問題発生時 対応・振り返りがしやすくなった
    ● 全員で話している で属人化度が低く、担当者が不在でも
    ある程度対応できるようになった
    ● 企画から開発まで全員が携わっている で、全体視点に立って
    プロセスを改善する方法を考えることができるようになった
    18

    View full-size slide

  19. ©MIXI
    現在 開発体制 抱える課題
    ● 会議 時間が長く手を動かす時間が減る
    ○ 現在 定例イベントが週8h(1営業日分)ある
    ○ メリット 方が大きいと思っているが効率化できるところ したい
    ● インプット量が多く、受け手が必要な情報を理解する必要がある
    ○ 全て全員いる場で話す で直接 関係ない話もたくさんある
    ○ 必要な情報とそうでない情報を受けてが分類して聞く必要がある
    ○ 重要な情報が抜け落ちてしまう可能性がある
    ● 新規メンバー オンボーディングに時間がかかる
    ○ 今 チームメンバー 相互理解が進んでいてかなりハイコンテクストなコミュ
    ニケーションになっている
    19

    View full-size slide

  20. ©MIXI
    まとめ
    ● miattoで 「全て全員で話すこと」を大切にしながら
    プロダクト開発をしています
    ● 全て全員で話すことで次 ような効果が得られました
    ○ 開発に集中できる環境になった
    ○ 職種を超えた相互理解が進んだ
    ○ 問題発生時 対応・振り返りがしやすくなった
    20

    View full-size slide