2019.06.04 LINE Things Meetup「LINE Thingsでウェアラブルデバイスを作ってみた」

4b2f3a64637b51e81813accbe8a98083?s=47 KMiura
June 04, 2019

2019.06.04 LINE Things Meetup「LINE Thingsでウェアラブルデバイスを作ってみた」

4b2f3a64637b51e81813accbe8a98083?s=128

KMiura

June 04, 2019
Tweet

Transcript

  1. LINE Thingsでウェアラブルデバイス 作ってみた 三浦 耕生

  2. 自己紹介  三浦 耕生(こうき)  大学院生  出身:愛知県  Twitter:@k_miuira_io

     Facebook:koki.miura05
  3. 今日話すこと  Linethingsで新たに導入された自動通信機能を使っ てちょっとしたウェアラブルデバイスを作ってみた 話  デモ  ハマった話

  4. 経緯  自動通信機能がリリースされたのでそれをつかって何か面白いことできな いかな?  以前ハッカソンのときに使ってたセンサが家に残っていた  そのときLINE賞やSeeed賞頂いたけど個人的には(ハードウェア面で)満足 のいくものができなかった 

    勝手にリベンジだ!!
  5. 使うもの  BBC micro:bit  Seeed groove heart rate sensor

    with shell  Groove shield for BBC micro:bit
  6. とりあえず動か してみた  まずは実際にwebhookを使っ て心拍数を通知してみる  サーバーサイド、フロント (LIFF)はHerokuで構成  LIFFは初回のペアリングのとき

    の動作確認用  訳あってlinethings-dev-board をつかってますw
  7. デモ動画 https://bit.ly/2WkovOt

  8. 使ってみて思った こと  通知来すぎて鬱陶しいw  せっかくボットとつながってるなら 知りたい時に心拍数を知らせたい DBを足せばいいか

  9. システム構成  データベースはHeroku の Postgres SQLを仕様  ボットに「今の心拍数」って尋 ねると10秒間で採った心拍数の 平均を出す

     今度こそmicro:bitを使ってます
  10. デモ

  11. 辛い話(とその解決策)  Micro:bitをLINE Things対応にさせるの面倒  のびすけさんの記事を参考にさせてもらったらちゃんとできた  Groove shieldをつなげた瞬間にmicro:bitが動かなくなった 

    ファームウェアを書き直したら動いた。なぜ動かなかったのかは謎  Windowsにmicro:bitを接続すると、ドライバ認識をしなくなる  Windows用のmicro:bitドライバのインストーラを使って毎回ドライバのセッ トアップをして解決  Macなら発生しない問題(mac最高) BLE開発って癖があるけど、スマホと繋げれて楽しい!!
  12. Qiitaにまとめました https://bit.ly/2Kg2EAy

  13. 最後に  今日はlinethings-dev-boardをつかったデモも用意してきたのでこのあと 是非お試しください  デバイスの小型化をやっていきたい(気力があれば・・・)  名古屋でもLINE関連のハンズオンをやっていきたい

  14. END ご清聴ありがとうございました