2020.08.12「このご時世で使いたいものを作ってみた」

4b2f3a64637b51e81813accbe8a98083?s=47 KMiura
August 12, 2020

 2020.08.12「このご時世で使いたいものを作ってみた」

2020.08.12 【オンライン】IoT縛りの勉強会! IoTLT vol.66 @Youtube

4b2f3a64637b51e81813accbe8a98083?s=128

KMiura

August 12, 2020
Tweet

Transcript

  1. このご時世に使いたいもの作ってみた KMiura

  2. 自己紹介 • 三浦 耕生(こうき) • 名古屋のゲーム会社 のサーバーエンジニア @k_miura_io koki.miura05

  3. まだまだ収まらない例の感染症 • 地元愛知県では独自の緊急事態が発令 • 会社は名古屋の繁華街の近く • 圧倒的運動不足 • MFT行きたいな…

  4. Bazaarでこんなもの を見つけた • どうやら1台で体温、マ スクをつけてる人を認識 するみたい • しかし、高いw

  5. これぐらい、自分で作れるんじゃね?

  6. 家にあるものとちょっとお金出せば

  7. 家にあったもの • Raspberry Pi2 • カメラモジュール • Grove base HAT

    for Raspberry Pi • Grove Wrapper • サーボモータ • カメラマウント(これ→
  8. 新たに買い足したもの • Grove 非接触温度計モジュール • カメラ、Groveモジュールを固定するための器具 • その他、固定用ねじ 費用:約6350円

  9. 非接触温度計 • I2C • 一番安いもので35ドル • 最大7メートルまで測定 • 64ピクセル画像で表示 •

    ここにGrove Wrapper を取り付ける
  10. カメラ、温度計のア タッチメント • DMM.makeの3Dプリンタ • 1864円(税込み) • カメラマウントの固定穴はだ いたいで測定 •

    Grove Wrapperの固定は レゴブロックの寸法を参考 に設計
  11. 完成 多少設計が甘かった けど許容範囲

  12. プログラム • Python • Open CV • Seaborn • Picamera

    • Raspi-gpio
  13. プログラム • Python • Open CV→画像の表示、顔認識 • Seaborn→ヒートマップの作成 • Picamera→カメラモジュールの操作

    • Raspi-gpio→サーボの制御
  14. Raspberry Piもくもく会にて試作 • オンラインとはいえ誰かと同じ時間を共有できるのはいい!

  15. とりあえず動かしたが、、、 • Raspberry Pi2を使うと処理落ちが ひどい • 長時間動かすと止まる

  16. やっぱりCPUの処理が足りないのか?

  17. というわけでPi4に変更してみた • 長時間動かしても大丈夫そう • かろうじてサーモグラフィーで輪郭を取れてる • 突然カメラマウントが暴走する https://youtu.be/V3_XQwpI_to

  18. ちょっと冷ましてみるか

  19. もう1回動かしてみた • 重めのライブラリをインストールし てすぐだったので、熱暴走が起き たのかもしれない • 3分ぐらい起動し続けるとやはり暴 走する https://youtu.be/QF69Z7bISxk

  20. まとめ • Bazaarに売ってたシステムよりも圧倒的に安い価格で構築できた • サーモグラフィーで出力される温度の配列がシンプルでPythonの 処理が楽 • Raspberry PiやるならやっぱりPython

  21. 今後の展望 • UIをちゃんと作りたい(Web or デスクトップアプリ) • 顔の部分だけの温度を表示されるようにしたい • 熱暴走の対策をしたい •

    マスクを付けてない人に警報鳴らしたい(できたら) • これの基板を作ってみたい(できれば)
  22. おまけ:Raspberry Piでの顔認識 https://bit.ly/3iBELl0

  23. END