エンジニアがプロダクトに向き合うための意思決定カイゼン

593d3386f15e6b97737c0cfb048992e6?s=47 sasaki nobuya
December 26, 2019

 エンジニアがプロダクトに向き合うための意思決定カイゼン

スクラムやアジャイルを実践し、価値のあるプロダクト開発を行うためには、それが事業の成長につながる必要がある。
価値あるプロダクトの開発と事業の戦略を一致させるためにどう意思決定をカイゼンしてきたかを発表したもの。

593d3386f15e6b97737c0cfb048992e6?s=128

sasaki nobuya

December 26, 2019
Tweet