Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

「赤い芸人」養成講座

 「赤い芸人」養成講座

2022-3-2に開催された DevRel Meetup で使った資料になります。

5448f8c3e8571ba245c70536e9c8cd9a?s=128

Katsumi Takahashi

March 02, 2022
Tweet

More Decks by Katsumi Takahashi

Other Decks in Business

Transcript

  1.  ʮ੺͍ܳਓʯҭ੒ߨ࠲ %FW3FM.FFUVQJO5PLZP 
 ʙҰஈ্ͷϓϨθϯςʔγϣϯΛ໨ࢦͯ͠ʙ

  2. None
  3. גࣜձࣾ,%%*΢Σϒίϛϡχέʔγϣϯζ ϚʔέςΟϯάຊ෦ ΤόϯδΣϦετ Katsumi Takahashi facebook: katsumi.takahashi Twitter: _katsumi github:

    mobilebiz qiita: mobilebiz #赤い芸人 ⾃⼰紹介 ࡀΛऔΔͱإ໘͕ࢷΪογϡʹͳΓ·͢ΑͶʁͶʁ
  4. ͸͡Ί·ͯ͠ͷํͬͯ 
 Ͳͷ͘Β͍͍·͢ʁ ͳΜΒ͔ͷϦΞΫγϣϯΛ͓ئ͍͠·͢ʔ

  5. ೥લͷࢲ 新卒で⼊った会社を6ヶ⽉で退職 フリーのプログラマとして⽣計を⽴てる 
 28歳くらいに社⻑になる 受託開発事業やITサポートを⾏う 企業向けIT研修を始める ਓલͰ࿩͢͜ͱΛ֮͑Δ ͪͳΈʹࢲɺ࣮͸ਓݟ஌ΓͳΜͰ͢ ਓʹฉ͘ͱɺਓ͕

    
 ӕͩͱ͍͍·͕͢ɺ
  6. ϓϨθϯςʔγϣϯ͸೉͍͠ʁ

  7. ঎ஊ㱠ϓϨθϯ ঎ஊɿগਓ਺ɺݦࡏސ٬Ή͚ ϓϨθϯɿେਓ਺ɺજࡏސ٬Ή͚

  8. ൃ૝Λม͑ͯΈ·ͤΜ͔ ؾͷ࣋ͪΑ͏Ͱۤखҙࣝ͸ࠀ෰Ͱ͖Δ • ⼈前で話すのは苦⼿だ • 聞きたいのはあなたの話ではなく、聞き⼿がどうなるのかという具体的なイメージです。 • デモは失敗しないだろうか • デモはあくまで利⽤イメージをもってもらうもの。失敗はつきものなので、慌てないのが⼀番。

    • 変な質問が来たらどうしよう • 最初と最後の質問が⼤切。質問に感謝し真摯に答えよう。質問返しは最終⼿段。 • 資料作りがしんどい • リユース(使いまわし)万歳。ある程度プレゼンをこなしていると、イチから作らなくてはならないものは そんなにない。
  9. ޮՌతͳϓϨθϯςʔγϣϯΛ 
 ͢Δʹ͸Ͳ͏ͨ͠Β͍͍͔

  10. ͦͷϓϨθϯͷΰʔϧ͸Ͳ͔͜ʁ ฉ͖ख͕Ұา౿Έग़͢͜ͱΛҙࣝ͢Δ

  11. ςϯϓϨʔτΛ׆༻͠Α͏ まずは話したいアイデアを付箋にして書き出す(アイデアシー ト) それらを起承転結にグルーピングして、全体の構成を考える (プレゼン構成) ゴールは⼀番上に、常に意識するように。 「起」は興味。この後の話に興味をもたせること。 
 「承」は共感。課題感を共感してもらうこと。 


    「転」は驚き。解決⽅法や具体性のあるデモでイメージを持っ てもらう。 
 「結」は⾏動。ゴールに導く結論やベクトルの調整を⾏う。 それぞれの時間配分をきめて内容を取捨選択する。 ΰʔϧ ى ঝ స ݁ IUUQTCJUMZ.:4E;
  12. ϓϨθϯςʔγϣϯຊ൪5JQT

  13. ҹ৅ʹ༏Δ΋ͷͳ͠

  14. ΠϯλϥΫςΟϒͰ͋Ε ͳΜΒ͔ͷϦΞΫγϣϯΛ͓ئ͍͠·͢ʔ

  15. 74 ͓٬ΛબͿ

  16. κʔϯʹೖΔ ゾーンとは、集中⼒が⾮常に⾼まり、周りの景⾊や⾳など が意識の外に排除され、⾃分の感覚だけが研ぎ澄まされ、 活動に没頭できる特殊な意識状態を指します。 その際に は、取り組んでいることに没頭し、驚異的な集中⼒で予想 以上の結果を出すことが可能になると考えられます。

  17. έʔεελσΟ 
 LJOUPOFIBDL

  18. LJOUPOFIBDLͱ͸ 予選会を勝ち抜いた精鋭6名による、kintoneを使ったサービス を競い合うCybozu Days恒例のイベントです。

  19. None
  20. None
  21. None
  22. None
  23. None
  24. None
  25. None
  26. None
  27. None
  28. None
  29. None
  30. None
  31. None
  32. None
  33. None
  34. ·ͱΊ

  35. ޮՌతͳϓϨθϯΛ͢Δʹ͸ ४උͱ࿅शɺ͔ͦ͜Βੜ·ΕΔࣗ৴ • ゴールを意識し、起承転結でまとまっている資料をつくる • つねに相⼿が主役だと意識する • 相⼿をのせることで、⾃分もノッてくる(正のループ) • 練習を繰り返すことで⾃信が⽣まれる

    • ⾃信が⽣まれるとゾーンに⼊れる
  36. ΤόϯδΣϦετͷ͠͝ͱ ͦͷਓʹαʔϏεʹͳΔ͘Β͍ͷ೤ྔ͕ඞཁ • セルフブランディングについて考えてみましょう • 服装、容姿、SNSなどに気を使う • 呆れるほどのサービス愛 • あのサービスなら〇〇さんですよねー(逆もしかり)と⾔われたい

    • めげないハート • 属⼈化がすすむことが会社的に嫌われることもあるけど気にしない
  37. σϕϩούʔϚʔέλʔืूதʂ ʲ۩ମతͳۀ຿಺༰ʳ ి࿩4.4ɺ$IBUɺ7JEFP౳༷ʑͳίϛϡχέʔγϣϯνϟωϧΛఏڙ͢ΔΫϥ΢υίϛϡχέʔγϣϯ"1*ʮ5XJMJPʯʹ ؔ͢ΔҎԼͷΑ͏ͳϚʔέςΟϯάۀ຿Λ୲౰͍͖ͨͩ·͢ɻ ɾΠϕϯτηϛφʔͷӡӦɾاըʢΦϑϥΠϯϚʔέςΟϯάʣ ɾςοΫܥίϯςϯπͷ࡞੒ʢϒϩάɺϗϫΠτϖʔύʔͳͲʣ ɾΤϯδχΞίϛϡχςΟͷ։࠵ࢀՃ 5XJMJPϒϩάɿIUUQTDMPVEBQJLEEJXFCDPNNBHB[JOF 5XJMJPϚʔέςΟϯά෦Ͱ͸Πϯό΢ϯυϚʔέςΟϯάʹྗΛೖΕ͓ͯΓɺ ΤϯδχΞͷํ޲͚ͷϒϩάهࣄ΍ϗϫΠτϖʔύʔͳͲίϯςϯπͷ࡞੒Λߦͳ͓ͬͯΓ·͢ɻΤϯδχΞͷ஌ࣝ΍ܦݧ

    Λ׆͔ͯ͠Πϕϯτηϛφʔͷ։࠵΍ίϯςϯπ࡞ΓΛߦ͏͚ͩͰͳ͘ɺΤϯδχΞք۾ͷίϛϡχςΟͷࢀՃ΍։࠵ͳ Ͳ΋ؚΊͨܗͰΦϑϥΠϯϚʔέςΟϯάΛϝΠϯͱͨ͠׆ಈΛߦͳ͍͖ͬͯͨͩ·͢ɻ ·ͨΦϑϥΠϯϚʔέςΟϯά͚ͩʹݶΒͣɺϚʔέςΟϯά׆ಈͷҰ؀ͱͯ͠ඞཁͱࢥ͏΋ͷ͸औΓೖΕ͍͖ͯ·͢ͷ Ͱɺ༷ʑͳࢪࡦʹܞΘ͍ͬͯͨͩ͘৔߹΋͋Γ·͢ɻ
  38. ·ͣ͸ϓϨθϯΛ 
 ੵۃతʹ΍ͬͯΈΑ͏ʂ ͝ਗ਼ௌ͍͖ͨͩɺ੣ʹ͋Γ͕ͱ͏͍͟͝·ͨ͠ʂ ૉࡐఏڙͺͨͦ͘