Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

めちゃめちゃ使いこなす観察、理解、知識、解像度! そしてコンテキスト!!/observation-understand-knowledge-resolution-context

moriyuya
October 02, 2021

めちゃめちゃ使いこなす観察、理解、知識、解像度! そしてコンテキスト!!/observation-understand-knowledge-resolution-context

https://confengine.com/conferences/scrum-fest-mikawa-2021/proposal/15981

私たちは観察、理解、知識を用いて仕事をこなしています。
これらは「心の働き」といえるものです。

仕事の成果の質を左右する重要な活動で、
子供の頃から慣れ親しんだ活動です。

では、心を働かせるとはどのような活動なのでしょう。
私はほとんど答えることができませんでした。

このセッションでは何気なくしてきた観察、知識、理解を
明らかにし、その質を高め方を紹介します。

プロフィール
https://note.com/mryy/n/n6f01561a6253

関連動画
シン・仮説検証 70000枚の付箋で分かった仮説検証のエッセンス
https://speakerdeck.com/moriyuya/shin-hypothesis-testing

仕組みと働きでまるっと分かる問題解決
https://speakerdeck.com/moriyuya/problem-solving

ヒット商品を生み出すプロダクトマネジメントブースター
https://speakerdeck.com/moriyuya/product-management-booster

更新
2021/10/03 関連動画を追加しました
2021/10/03 スライドだけで理解しやすいように修正しました

moriyuya

October 02, 2021
Tweet

More Decks by moriyuya

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Scrum Fest Mikawa 2021
    2021/10/02 witch&wizards inc. 森 雄哉
    めちゃめちゃ使いこなす
    観察・理解・知識・解像度
    そしてコンテキストとは何か

    View full-size slide

  2. 本読んでますかー!?

    View full-size slide

  3. 本読んでますかー!?
    イベントで学んでますか!?

    View full-size slide

  4. インプットした知見
    どれくらい
    使ってますかー!?

    View full-size slide

  5. 置かれている状況
    500ページの本で勉強しても
    数ページ分を使うかどうか
    学ぶというインプットと
    学びを使うアクションの
    ギャップが激しい

    View full-size slide

  6. いろいろな経験をして
    「いい知見になったな」
    と思っても
    仕事で用いるのはマレ

    View full-size slide

  7. なぜインプット過多に
    なるのか

    View full-size slide

  8. 使ってない
    観察・理解・知識を
    めちゃめちゃ使うぞ

    View full-size slide

  9. 知識の影響

    View full-size slide

  10. 火、蝋燭、電球
    光の価格の歴史

    View full-size slide

  11. -2000年 0年 2000年
    100
    10
    1
    0.1
    0.01
    0.001
    0.0001
    Bresnahan, T. F., & Gordon, R. J. (1997). The Economics of New Goods: National Bureau
    of Economic Research Studies in Income and Wealth.

    View full-size slide

  12. -2000年 0年 2000年
    100
    10
    1
    0.1
    0.01
    0.001
    0.0001
    Bresnahan, T. F., & Gordon, R. J. (1997). The Economics of New Goods: National Bureau
    of Economic Research Studies in Income and Wealth.

    View full-size slide

  13. -2000年 0年 2000年
    100
    10
    1
    0.1
    0.01
    0.001
    0.0001
    Bresnahan, T. F., & Gordon, R. J. (1997). The Economics of New Goods: National Bureau
    of Economic Research Studies in Income and Wealth.

    View full-size slide

  14. 知識のパワーの源
    豊かさの性質

    View full-size slide

  15. 私たちは知識と理解を
    どう使ってる?

    View full-size slide

  16. 知識や理解を
    どのように使っているか
    言語化するぞ

    View full-size slide

  17. 自転車と私

    View full-size slide

  18. 自転車は何からできてる?

    View full-size slide

  19. 自転車は何からできてる?

    View full-size slide

  20. 自転車は何からできてる?

    View full-size slide

  21. 自転車は何からできてる?
    自転車は「物質」と「機能」という異なる側面を持つ。
    異なる側面を関連づけて理解している。

    View full-size slide

  22. 知識の構造

    View full-size slide

  23. 自転車の知識には
    他に何がある?

    View full-size slide

  24. 自転車の知識には他に何がある?

    View full-size slide

  25. 自転車の知識には他に何がある?

    View full-size slide

  26. 自転車の知識には他に何がある?
    自転車そのものでない知識
    ・昼間と夜間での乗り方の違い
    ・交通ルール
    ・駐輪場の使い方

    View full-size slide

  27. 理解とは
    コンテキストと適合するように
    知識の相互参照から
    構造・機能をたどり
    連続性のある全体を掴むこと

    View full-size slide

  28. 理解をどのように
    用いている?

    View full-size slide

  29. 理解をどのように
    用いている?
    故障した自転車の修理

    View full-size slide

  30. 理解を通した
    知識の相互参照

    View full-size slide

  31. 現実と知識の相互参照

    View full-size slide

  32. 現実と知識の相互参照

    View full-size slide

  33. 現実と知識の相互参照

    View full-size slide

  34. 現実と知識の相互参照

    View full-size slide

  35. 現実と知識の相互参照

    View full-size slide

  36. 直らない
    しかし…

    View full-size slide

  37. 理解を通した
    知識の修正

    View full-size slide

  38. なんでだろう…

    View full-size slide

  39. 専門家に見てもらおう

    View full-size slide

  40. このテープは何だろう?

    View full-size slide

  41. テープ!!!!?

    View full-size slide

  42. これまでの知識とテープの知識が組みあって、
    修理の新たな知識を得る

    View full-size slide

  43. 理解とは
    コンテキストと適合するように
    知識の相互参照から
    構造・機能をたどり
    連続性のある全体を掴むこと

    View full-size slide

  44. 知識や理解を
    どのように使っているか
    言語化したぞ!

    View full-size slide

  45. ここまでの話
    ・知識は構造になってる
    ・理解は現実と知識が相互作用する働き

    View full-size slide

  46. 自転車と修理で出てきた言葉

    View full-size slide

  47. スクラム知ってる?

    View full-size slide

  48. )
    「知ってるよ」

    View full-size slide

  49. (アメフトでしょ?)
    「知ってるよ」

    View full-size slide

  50. (ラグビーでしょ?)
    「知ってるよ」

    View full-size slide

  51. (聞いたことあるから)
    「知ってるよ」

    View full-size slide

  52. (一度やったから)
    「知ってるよ」

    View full-size slide

  53. (何回もやってるから)
    「知ってるよ」

    View full-size slide

  54. (20年やってるけど、まだまだ…)

    View full-size slide

  55. (20年やってるけど、まだまだ…)
    「知らないよ」

    View full-size slide

  56. 知識と理解の深さ

    View full-size slide

  57. 知識はやり方に偏っており
    原因が結果を引き起こす
    メカニズムは知らないことが多い
    しかし
    やり方の理解と全体の理解を
    混同して「分かっている」と
    捉えてしまう

    View full-size slide

  58. 説明深度の錯覚
    実際の理解と理解しているつもりに
    ギャップがあり
    説明しようとすると詰まってしまう

    View full-size slide

  59. メカニズムの理解を
    伸ばすためには
    何をすればいい?

    View full-size slide

  60. 説明深度錯覚の逆利用

    View full-size slide

  61. いつ使うYOW!?
    よー

    View full-size slide

  62. よー
    よー!

    View full-size slide

  63. 観察とは
    現実世界で起きている
    出来事のあるがままを
    注意深く捉える知的活動

    View full-size slide

  64. 一言で
    何が起きているかの深い理解

    View full-size slide

  65. 「全部同じじゃないですか!?」

    View full-size slide

  66. 「よく見る」
    とは何か?

    View full-size slide

  67. 観察してみよう

    View full-size slide

  68. 観察してみよう

    View full-size slide

  69. 観察とは
    現実世界で起きている
    出来事のあるがままを
    注意深く捉える知的活動

    View full-size slide

  70. 観察と評価の混同
    観察してるつもりで
    自分の評価や意見を
    表現してしまいがち

    View full-size slide

  71. 優れた観察ってなんだろう

    View full-size slide

  72. 優れた観察の特徴
    より少ない情報量で
    正否を左右する特徴を
    表現できるか

    View full-size slide

  73. 優れた観察が
    学習を促す例

    View full-size slide

  74. 観察を引き出す問いかけ

    View full-size slide

  75. 「ボールを見ていますか?」
    観察を促すようで
    妨げてしまいかねない関わり

    View full-size slide

  76. ボールを見ていますか?

    View full-size slide

  77. ボールを見ていますか?

    View full-size slide

  78. 観察が学習を促す例

    View full-size slide

  79. ボールはどちらの方向に
    回転していますか?

    View full-size slide

  80. ボールはどちらの方向に回転していますか?

    View full-size slide

  81. 何が違う?

    View full-size slide

  82. ボールはどちらの方向に回転していますか?

    View full-size slide

  83. ボールはどちらの方向に回転していますか?

    View full-size slide

  84. ボールはどちらの方向に回転していますか?

    View full-size slide

  85. 優れた観察は
    知識と理解の流れを
    鍛える

    View full-size slide

  86. 優れた観察は理解を鍛える

    View full-size slide

  87. まずい観察例 ないない言葉

    View full-size slide

  88. ケース
    伝統のヤキトリ屋、改装する

    View full-size slide

  89. 伝統のヤキトリ屋 秘伝のタレ

    View full-size slide

  90. 「私事実ですけど何か?」
    そうやって想像が
    入りこんでくる
    Mitsuyuki Shiiba

    View full-size slide

  91. 問題解決の多くの失敗は
    問題の解決に失敗しているのではなく
    「解くべき問題の発見に失敗している」

    View full-size slide

  92. 優れた観察は
    知識と理解の流れを
    鍛える

    View full-size slide

  93. ムキムキ観察ぶっとくしていこう

    View full-size slide

  94. めちゃめちゃ使いこなす
    コンテキスト

    View full-size slide

  95. めちゃめちゃ使いこなす
    コンテキスト
    チームの活躍を
    めちゃめちゃ加速させるぞ

    View full-size slide

  96. コンテキストとは
    何か

    View full-size slide

  97. コンテキストとは
    選択肢群の現れかたを
    左右する刺激

    View full-size slide

  98. コンテキストとは
    選択肢群の現れかたを
    左右する刺激

    View full-size slide

  99. 〜夏の夜〜
    寝ていたときに…

    View full-size slide

  100. 〜夏の夜〜
    寝ていたときに…
    ぷ〜〜〜ん

    View full-size slide

  101. 〜夏の夜〜
    寝ていたときに…
    ぷ〜〜〜ん

    View full-size slide

  102. 〜夏の夜〜
    寝ていたときに…
    ぷ〜〜〜ん

    View full-size slide

  103. 〜夏の夜〜
    寝ていたときに…
    ぷ〜〜〜ん

    View full-size slide

  104. 〜夏の夜〜
    寝ていたときに…
    ぷ〜〜〜ん
    どうする?

    View full-size slide

  105. 〜夏の夜〜
    寝ていたときに…
    ぷ〜〜〜ん
    ・起きて蚊取り線香をつける
    ・起きて殺虫剤を撒く
    ・起きずに布団に潜る
    ・起きずに為されるがまま

    View full-size slide

  106. コンテキストとは
    選択肢群の現れかたを
    左右する刺激

    View full-size slide

  107. どれが
    コンテキスト?

    View full-size slide

  108. 〜夏の夜〜
    寝ていたときに…
    ぷ〜〜〜ん

    View full-size slide

  109. 〜夏の夜〜
    寝ていたときに…
    ぷ〜〜〜ん
    全部
    コンテキスト

    View full-size slide

  110. 〜夏の夜〜
    寝ていたときに…

    View full-size slide

  111. 〜夏の夜〜
    寝ていたときに…
    キーーン!

    View full-size slide

  112. 〜夏の夜〜
    寝ていたときに…
    キーーン!
    ???

    View full-size slide

  113. 〜夏の夜〜
    寝ていたときに…
    キーーン!
    なにか
    いつもと違うことが
    起きてる!
    ???

    View full-size slide

  114. コンテキストとは
    選択肢群の現れかたを
    左右する刺激

    View full-size slide

  115. 図にすると?

    View full-size slide

  116. 「カードの切り方が人生だ」

    View full-size slide

  117. 私たちの前に現れる選択肢は
    決してランダムではなく
    先行する刺激の質や内容によって
    定まっている

    View full-size slide

  118. もし
    先行する刺激の質や内容によって
    定まるのであれば
    私たちの前に現れる選択肢は
    制御できるかもしれない

    View full-size slide

  119. コンテキストを
    めちゃめちゃ使う
    とは

    View full-size slide

  120. チームに配られるカードが
    最良になるように
    選択肢群を現れかたを左右する
    刺激を設計する

    View full-size slide

  121. 配られたカードで
    勝負するしかないなら

    View full-size slide

  122. 配られたカードで
    勝負するしかないなら
    数手、手前で
    負かされている

    View full-size slide

  123. 最強のカードが使える
    最高のステージを
    用意しよう

    View full-size slide

  124. コンテキストを
    意識的に活用して
    機会を生成しよう

    View full-size slide

  125. どうやって
    コンテキストに気づく?

    View full-size slide

  126. 解像度ってなに?

    View full-size slide

  127. 解像度を高めるとは

    View full-size slide

  128. 高解像度を高めるとは
    漠然と感じているものごとから
    一つ一つを識別し
    構造や機能の理解を深め
    私たちにとって重要なことを
    鮮明にする行為

    View full-size slide

  129. 解像度は
    どこに効く?

    View full-size slide

  130. 高解像度化の方法と
    必要な深さ

    View full-size slide

  131. 高解像度の方法
    身近な4つの高解像度化
    1.空間
    2.時間
    3.知覚調整
    4.シグナル化

    View full-size slide

  132. 3.知覚の調整による
    解像

    View full-size slide

  133. 4.シグナルの解像

    View full-size slide

  134. 高解像度を高めるとは
    漠然と感じているものごとから
    一つ一つを識別し
    構造や機能の理解を深め
    私たちにとって重要なことを
    鮮明にする行為

    View full-size slide

  135. どれくらいの
    解像度が必要?

    View full-size slide

  136. 必要な解像度とは
    コンテキストを
    観察可能かつ制御可能
    (状況を変えられるカードを持つ)

    View full-size slide

  137. ポイント
    最良の選択肢が配られるように
    コンテキストを設計して
    ムキムキ観察によって状況を捉え
    構造・機能・発生を
    観察可能と制御可能な解像度で
    全体連続性を持って理解することで
    知識を生み出してズドーンする

    View full-size slide

  138. -2000年 0年 2000年
    100
    10
    1
    0.1
    0.01
    0.001
    0.0001
    Bresnahan, T. F., & Gordon, R. J. (1997). The Economics of New Goods: National Bureau
    of Economic Research Studies in Income and Wealth.

    View full-size slide

  139. めちゃめちゃ
    使いこなす

    View full-size slide

  140. 観察・理解・知識・解像度
    コンテキスト
    最も効果的なのは

    View full-size slide

  141. 行き詰まり

    View full-size slide

  142. 行き詰まりとは
    目の前に起きている状況と、
    知識や理解と相互参照する連続性
    とが途切れて、
    大きなギャップを感じているとき

    View full-size slide

  143. ネジは「たかがネジ」なのか

    View full-size slide

  144. いかにして
    視界は曇るか

    View full-size slide

  145. たかがネジという
    値踏み/侮り

    View full-size slide

  146. 必ずいつか
    行き詰まる

    View full-size slide

  147. 行き詰まったときに
    視界を広げた知見が
    知識になる

    View full-size slide

  148. -2000年 0年 2000年
    100
    10
    1
    0.1
    0.01
    0.001
    0.0001
    Bresnahan, T. F., & Gordon, R. J. (1997). The Economics of New Goods: National Bureau
    of Economic Research Studies in Income and Wealth.

    View full-size slide

  149. まとめ
    最良の選択肢が配られるように
    コンテキストを設計して
    ムキムキ観察によって状況を捉え
    構造・機能・発生を
    観察可能と制御可能な解像度で
    全体連続性を持って理解することで
    知識を生み出してズドーンする

    View full-size slide

  150. もっと行き詰まりと意思決定を知る

    View full-size slide