Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

シン・仮説検証 70000枚の付箋で分かった仮説検証のエッセンス / SHIN Hypothesis Testing

A41b463f033e1304539253f8a663c950?s=47 moriyuya
June 30, 2021

シン・仮説検証 70000枚の付箋で分かった仮説検証のエッセンス / SHIN Hypothesis Testing

2012年に翻訳発売された『リーン・スタートアップ』を皮切りに仮説検証という考えが身近になりました。観察して仮説を立てて確かめるプロセスを通して、より効果的な手をうち、問題の解決やプロダクトの売上の成長につなげていく考えです。

仮説検証は特別な行為ではなく、私たちは日常的に「いまこうなっているから、これをしたらこうなるだろう」と推論しています。これも仮説検証です。

しかし一方でこんな声も聞きます。
「仕事の中で仮説検証はやってみているけれど、本当にこれでいいのかいまいちピンとこない」

私は『リーンスタートアップ』の登場以前から仮説検証の虜になり、この10年のあいだに書いた付箋だけで7万枚を超えました。そこで分かったことは、ちょっとしたポイントで善し悪しが大きく変わってしまうということです。

このセッションでは仮説検証の質に悩んでいる方に向けて仮説検証のエッセンスを共有します。時間のかかる仮説検証のテクニックとは異なり、普段使いできるため日常で無理なく使えます。一言で、ここを押さえるだけですごくよくなるキモをお伝えします。

https://confengine.com/conferences/scrum-fest-osaka-2021/proposal/15388/70000

https://note.com/mryy/

A41b463f033e1304539253f8a663c950?s=128

moriyuya

June 30, 2021
Tweet

Transcript

  1. 2021/06/26 witch&wizards inc. 森 雄哉 シン・仮説検証 70,000枚の付箋で分かった 仮説検証のエッセンス

  2. None
  3. 仮説検証は特別な行為ではありません。 私たちは日常的に 「いまこうなっているから、これをした らこうなるだろう」と考えています。 これも仮説検証のひとつです。

  4. しかし一方でこんな声も聞きます。 「仕事の中で仮説検証はやってみている けれど、本当にこれでいいのかいまいち ピンとこない」

  5. 私は『リーンスタートアップ』の 登場以前から仮説検証の虜になり、 この10年で書いた付箋だけで 7万枚を超えました。 そこで分かったことは、 ちょっとしたポイントで 善し悪しが大きく変わってしまう ということです。

  6. このセッションでは仮説検証の質に 悩んでいる方に向けて 仮説検証のエッセンスを共有します。 時間のかかる仮説検証のテクニックとは 異なり、普段使いできるため日常で無理 なく使えます。 一言で、ここを押さえるだけで すごくよくなるキモをお伝えします。

  7. None
  8. 仮説検証に のめりこむ この20年間の 出来事

  9. 20年前

  10. 20年前 2000年前後の 素朴なインターネット時代

  11. あなたは 0003500人目の お客様です!

  12. あなたは 0003500人目の お客様です! キリ番ゲットしたら 掲示板に記念カキコ★

  13. None
  14. 2000年 あなたは3500人目の お客様です!

  15. 2000年 あなたは3500人目の お客様です! 2021年 「視聴回数 500万突破!!!」 カウンターは 人気を測る指標として現役

  16. None
  17. インターネットで 人の行動が 観察可能になりつつあった

  18. 16年前 2005年 衝撃のサービス爆誕

  19. Google Analytics

  20. None
  21. 計測から 効果的な施策の 時代へ突入

  22. None
  23. None
  24. https://www.4gamer.net/games/005/G000546/20081222001/

  25. None
  26. 9年前 2012年~ 02月 ビジネスモデルジェネレーション発売 04月 リーンスタートアップ発売 12月 Running Lean発売

  27. ITに強く関係したリーン関係は2017年までに一気に発売

  28. ◦◦思考や クリティカルシンキング 考えるための考え方

  29. ◦◦思考や クリティカルシンキング 考えるための考え方 「考える技術」が普及

  30. ITに強く関係したリーン関係は2017年までに一気に発売

  31. データを蓄積し 科学的な考察を 元に活動する この考えが席捲する

  32. 「仮説検証」も 普段使いされるように

  33. None
  34. 仮説検証 おさらい

  35. 仮説 検証

  36. 仮説 検証

  37. None
  38. None
  39. 仮説 検証

  40. None
  41. None
  42. 「仮説検証」 出来事を的確に説 明する推測を行い、 その推測を確かめ ること

  43. None
  44. 私の20年

  45. 2000年代 新規事業 全然当たらない

  46. 悩む

  47. いろんな人に 話をしにいった

  48. すごい人は 話をしていて 発想がすごい 解像度が高い

  49. 考えの質は 何をしたら 高められる?

  50. 何をしたら より質の高い発想が より高い解像度が 得られる?

  51. 2010年代 「考える技術」 の時代が到来

  52. 考える技術との 出会い

  53. None
  54. 実は 読んでた

  55. None
  56. 考える技術を 知っても やらなかった

  57. 読んだだけで 満足していた

  58. 「やらねば」

  59. 2021/06/26 witch&wizards inc. 森 雄哉 シン・仮説検証 70,000枚の付箋で分かった 仮説検証のエッセンス

  60. ここまで前置き (コンテキスト共有)

  61. 仮説検証 エッセンス1

  62. 仮説検証 エッセンス1 練習しやすさ重要

  63. None
  64. None
  65. これをひとかたまりを1枚に書く =練習方法が分かった

  66. 練習しやすいほど スキルは上がる

  67. いつでも 簡単にできる 質の高い練習方法を 作るのが重要

  68. 1日20-30枚を 10年間 感謝の仮説検証 70,000枚

  69. 仮説検証 エッセンス2

  70. 仮説検証 エッセンス2 検証しやすいほど 仮説の価値が上がる

  71. 酸素を避ける検証方法ばかり

  72. 高濃度酸素に晒したらどうなるか という検証も考えられるが…

  73. 検証しやすい 検証 しにくい

  74. 検証できなければ 分かることが増えない

  75. 検証しやすければ 分かることが 早く増える

  76. 考える技術を 知っても やらなかった

  77. 考える技術を 知っても やらなかった 練習しやすさ重要

  78. 同じように 仮説作っても 検証しなかった

  79. 同じように 仮説作っても 検証しなかった 検証しやすさ重要

  80. エッセンス2 検証しやすいほど 仮説の価値が上がる

  81. None
  82. 仮説検証とは 切っても切れない 「問題」

  83. 「問題」 とは

  84. 「解くことで価値を生む」 という推測 問題も仮説検証の一種

  85. 例 組織の問題

  86. 人が足りない 時間が無い 予算が足りない

  87. スキルがない 報連相ができてない 上司が管理できていない うまくできない 指示がよく分からない 人が育たない 会話がない

  88. ないない言葉

  89. ないない言葉

  90. KPTのPで ◦◦ないって 書いてしまったり…

  91. 「◦◦ない」型問題定義 多くが事実の代わりに 解決策を言い換えたもの

  92. 人が足りない 時間が無い 予算が足りない 事実と解決策の言い換え

  93. 人が足りない 時間が無い 予算が足りない 人がいれば… 時間があれば… 予算があれば… 事実と解決策の言い換え

  94. スキルがない 報連相ができてない 管理できていない うまくできない 指示が分からない 人が育たない 会話がない 事実と解決策の言い換え

  95. スキルがない 報連相ができてない 管理できていない うまくできない 指示が分からない 人が育たない 会話がない 事実と解決策の言い換え スキルがあれば 報連相ができれば

    管理ができてれば うまくできれば 指示が分かりやすければ 人が育てば 会話があれば
  96. 事実と解決策を 入れ替えた 「ないない言葉」は 要注意!

  97. ないない言葉 2つの問題

  98. スキルがない 報連相ができてない 管理できていない うまくできない 指示が分からない 人が育たない 会話がない 1.解決の方向性が「しんどい」 スキルがあれば 報連相ができれば

    管理ができてれば うまくできれば 指示が分かりやすければ 人が育てば 会話があれば やることが増える発想が多く、 負担増の施策が出がち
  99. 2.解決から 遠ざかる

  100. 2.解決から 遠ざかる

  101. 人がいない 人を増やす 2.解決から 遠ざかる

  102. 元の原因には何もしていない 人がいない 人を増やす 2.解決から 遠ざかる

  103. 元の原因には何もしていない 結果に対処している 人がいない 人を増やす 2.解決から 遠ざかる

  104. 原因から離れて 解決から遠のく

  105. ないない言葉の 恐ろしいところ

  106. ないない言葉の 恐ろしいところ なにが起きているのかの事実 情報が欠けているにもかかわ らず、解決策が先行する

  107. 元の原因には何もしていない 結果に対処している 人がいない 人を増やす

  108. 原因ではなく 解決策の話をしてしまう

  109. 「私事実ですけど何か?」 そうやって想像が 入りこんでくる Mitsuyuki Shiiba

  110. 事実情報が欠けているとき 解決策は安易に陥る

  111. あいつのせい

  112. 大切なのは 何が起きていたのか?

  113. 大切なのは 何が起きていたのか? 観察する

  114. 観察できていると…

  115. 観察できていると… 起きている場面が ありありと イメージできる

  116. 人が足りない 時間が無い 予算が足りない 何が起きてた?

  117. 人が足りない 時間が無い 予算が足りない 何が起きてた? たくさん受注 突発案件を対応 最初に使いすぎ たとえば…

  118. 問題も仮説検証も よくよく観察すると

  119. 問題も仮説検証も よくよく観察すると 起きていることと 表現していることが すれ違ってる

  120. 「◦◦ない」って 言われたら

  121. 「◦◦ない」って 言われたら 「何が起きたんですか?」

  122. 現場情報を集めよう!

  123. 仮説検証 エッセンス3 ないない言葉に 要注意

  124. None
  125. 簡単で質の高い 仮説検証

  126. 仮説検証 エッセンス1 練習しやすさ重要

  127. 仮説検証 エッセンス2 検証しやすさ重要

  128. 仮説検証 エッセンス3 ないない言葉に 要注意

  129. YOW

  130. YOW よー!

  131. Y やったこと O 起きたこと W 分かったこと

  132. 1.やったこと

  133. 1.やったこと 2.起きたこと

  134. 1.やったこと 2.起きたこと 3.分かったこと

  135. 仮説を作るときは

  136. 1.やること

  137. 1.やること 2.起きそうなこと

  138. 1.やること 2.起きそうなこと 3.分かりそうなこと

  139. 仮説を作るとき YOW よー!

  140. 仮説検証をふりかえるとき YOW よー!

  141. YOW よー! YOW よー!

  142. YOW よー! YOW よー! 仮説検証していきましYOW!

  143. プロダクトマネジメントの支援をしています! 大ヒットプロダクトを創りたい方はぜひ御検討くださーい!

  144. おまけ

  145. YWTで 仮説検証

  146. Y.やったこと W.分かったこと 原因と結果の関係が飛躍しやすいので難しい T.次にやること

  147. 縦に進めると 繋がりの理解を 飛ばしてしまう

  148. 縦に出しがち

  149. ヨコに、つなげながら考えよう

  150. Y やったこと W わかったこと T 次にやること

  151. Y やったこと (やったから) W わかったこと (分かったから) T 次にやること