Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

職能割りからプロダクト割りのチーム運営へ

 職能割りからプロダクト割りのチーム運営へ

Acdecb7b4baebb0d4c521626d21adc6a?s=128

Sakamoto Keisuke

November 26, 2020
Tweet

Transcript

  1. © DMM.com 職能割りから プロダクト割りのチーム運営へ - 合同会社EXNOA プラットフォーム開発本部 Webチームの取り組み - 合同会社EXNOA

    プラットフォーム開発本部 プラットフォームフロントエンド開発部 坂本圭佑 2020/11/26
  2. © DMM.com 自己紹介 2 坂本 圭佑 ・合同会社EXNOA プラットフォーム開発本部 ・プラットフォームフロントエンド開発部 ・Webチームリーダー

    ・認定スクラムマスター(Certified ScrumMaster®:CSM®) これまでやってきたこと ・スマホアプリ開発チームのディレクション ・UXデザイン導入支援 ・ブロックチェーン関連新規プロダクト企画 ・フロントエンドチームマネジメント 兼 開発 石川県金沢市尾山神社にて
  3. © DMM.com プラットフォーム運営部 プラットフォーム開発本部 3 • 「DMM GAMES, FANZA GAMES」というゲームプラットフォームを担当

    • 職能軸とプロダクト軸のマトリクス構造 Web … 本部長 副本部長 ディレクター デザイナー フロントエンドエ ンジニア バックエンド エンジニア バックエンド エンジニア 有料ゲーム ディレクター デザイナー フロントエンドエ ンジニア バックエンド エンジニア アプリ ディレクター デザイナー フロントエンドエ ンジニア バックエンド エンジニア プラットフォームインフラ部 プラットフォーム 札幌システム部 プラットフォーム システム部 プラットフォーム フロントエンド開発部 プラットフォーム デザイン部 プラットフォーム 企画制作部
  4. © DMM.com Webチーム 4 • 基本無料ブラウザゲーム領域を担当 • 職能別チームリーダーが協力してチーム全体の課題解決を担う Web チームリーダー

    ディレクター デザイナー フロントエンドエ ンジニア バックエンド エンジニア バックエンド エンジニア ディレクター デザイナー フロントエンドエ ンジニア バックエンド エンジニア バックエンド エンジニア ディレクター デザイナー フロントエンドエ ンジニア バックエンド エンジニア バックエンド エンジニア プラットフォームインフラ部 プラットフォーム デザイン部 プラットフォーム 企画制作部 プラットフォーム 札幌システム部 プラットフォーム システム部 プラットフォーム フロントエンド開発部 プラットフォーム運営部
  5. © DMM.com Webチームとして 職能横断的な取り組みを推進 5

  6. © DMM.com 2020年プラットフォーム開発本部の方針 プロダクトをより迅速に開発し続けるために 職能割りでのチーム運営からプロダクト割りでのチーム運営へ 6 1. デザイナー,フロントエンドエンジニアが 仕様検討に関わるタイミングが遅く、 開発着手後に手戻りが発生

    2. 職能ごとにドキュメントと連絡手段が 散逸しており、重複が発生&探しづらい Webチーム 方針と現状のギャップを分析して課題を抽出
  7. © DMM.com 課題①:開発着手後の手戻り発生 デザイナー,フロントエンドエンジニアが仕様検討に関わるタイミングが遅く、開発着手後に手戻りが発生 ※より良い解決策の検討を諦めてそのまま進行する場合もあり... 7 仕様検討段階 設計・開発段階 この案件の開発をお 願いできますか?

    ※ワイヤーフレームあ り 了解です!ちなみ に〜についてはいか がですか? であれば、こんな解決 策はどうですか? フロントエンド側も関 わりそうなので相談で す! バックエンドは先行し て着手してます! ディレクター ⇔ バックエンドエンジニア バックエンドエンジニア ⇔ フロントエンドエンジニア なるほど。この目的に 沿った場合、別の解 決策もありそう。デザ イナーにも相談してみ ますね。 この機能の実装って デザイナー的にはどう ですか? フロントエンドエンジニ アとしては...と考えて いるのですが フロントエンドエンジニア ⇔ デザイナー なるほど。新しい解決 策を思いついたので、 ディレクターに提案し てみます! 手戻り
  8. © DMM.com 解決策:開発プロセスの変更 仕様検討段階から各職能がキャッチアップできる仕組みに変更 8 仕様検討段階 チームリーダー層 案件割り振りMTG • 案件の目的と内容,解決策

    の方向性について認識合 わせ • 案件ごとに必要な各職能 のメンバーをアサイン 設計・開発段階 案件MTG 案件メンバー • キックオフ時に案件に関す る質疑応答を実施 • それぞれの職能の専門性 を活かしてベストな解決策 を検討 • 他職能の困りごとも積極的 にサポート 注意すべきことは、ごく当たり前のルールである が、どのような問題にしても、生産プロセスの中で、 できるかぎり、”価値が最低”の段階で問題を発見し て解決すべきだということである 引用元:HIGH OUTPUT MANAGEMENT 詳細な設計や開発が進むと 投下したコストが高くなっていく
  9. © DMM.com 効果 9 仕様検討段階から各職能が協力し合うことで 手戻りコスト削減&解決策の品質向上

  10. © DMM.com 課題②:職能ごとにドキュメント,連絡手段が散逸 • 職能ごとにドキュメントが存在し、プロダクトに紐づく情報を探しづらい • 職能ごとに連絡手段が散逸しており、コミュニケーションしづらい 10 PFシステム部 ドキュメント

    PF札幌 システム部 ドキュメント PFデザイン部 ドキュメント PFフロントエン ド開発部 ドキュメント PF企画制作部 ドキュメント ドキュメント(Confluence)の散逸 #olg-pf-web_ des-fe-sys #team-エンハ ンス_all #team-エンハ ンス_dir-des 連絡手段(Slack)の散逸 プロダクトに紐づく情 報を探しにくい... この情報って別のコン フルでも見たけどどの 情報が最新なんだろ う... #team-olg pf_dir-sys 目的が重複していたり、 クローズドなチャンネル もあったり... この案件のやりとり どのチャンネルで してたっけ...
  11. © DMM.com 解決策:Webチームとしてドキュメント,連絡手段を整備 11 • 共通スペースを用意し、プロダクトに紐づく情報を集約 • 定常的な連絡手段, 案件ごとの連絡手段を整理 Webチーム

    ドキュメント(Confluence)の整備 連絡手段(Slack)の整備 管理者向け サイト ユーザー向け サイト デザイン 領域 フロントエンド領 域 カテゴリ チャンネル 目的 Web web-all 全体に関する やりとり Web web-develop 開発に関する やりとり Web web-leader 各職能リーダーの 課題解決やりとり Web ・・・ ・・・ 案件 prj-案件名 「案件名」に関する やりとり 案件 ・・・ ・・・ プロダクトに紐づく情 報を探しやすい! 各職能で協力して情 報の重複を少しずつ 解消していこう 目的ごとにチャンネル が整理された チャンネルは基本的に オープン 案件のやりとりは 案件チャンネルで! ・ ・ ・ ・ ・ ・
  12. © DMM.com 効果 12 Webチームとしてドキュメント,連絡手段を整備することで コミュニケーションコスト削減

  13. © DMM.com チームリーダーとして 意識していること 13

  14. © DMM.com 1.理想を擦り合わせ、現状からそこに至るまでの段階を描く 14 お互いについての理解を深めることと、チームの機能性を高めていくことを段階で捉える。 どちらも一気に仕上がることはない。 チームがどういう段階にあるかを把握し、 “次の段階”に向けて、“今何をするべきか”を講じる。 引用元:チーム・ジャーニー 逆境を越える、変化に強いチームをつくりあげるまで

    現状(ASIS) 理想(TOBE) 職能割りでの チーム運営 プロダクト割りでの チーム運営 チーム 運営体制 時間 第〜段階
  15. © DMM.com 2.チームとしてエンジニアリング(不確実性の削減)に取り組む 15 不確実性 方法不確実性 目的不確実性 通信不確実性 誰かの曖昧な要求からスタートし、それが具体的で明確な何かに変わっていく過程が実現で、その過程のすべてがエンジ ニアリングという行為です。つまり、「曖昧さ」を減らし、「具体性・明確さ」を増やす行為が「エンジニアリングとは何か」という

    答えでもあるのです。 引用元:エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング 要因 将来がわからない 他人とのコミュニケーション の失敗や不足 削減方法 将来がわからない Webチーム取り組み ①仕様検討段階から職能横 断で取り組むことで、仮説検 証の議論の際に解決策のバ リエーションが増えた ②ドキュメント,連絡手段を整 理することで、コミュニケー ションが改善 スケジュール予測と 見積もりの手法 振り返りの手法 要求と 仮説検証の手法
  16. © DMM.com 3.隣接する組織と協力して全体のアウトプットを高める 16 FEチーム Webチーム 他チーム プラットフォーム 開発本部 マネジャーのアウトプット

    = 自分の組織のアウトプット + 自分の影響力が及ぶ隣接諸組織のアウトプット 引用元:HIGH OUTPUT MANAGEMENT 他チーム 他チーム
  17. © DMM.com 個人的な取り組み:組織横断的に有志と輪読会を開催 理想を擦り合わせるには会話の プロトコルを合わせる必要がある • アジャイルとは,不確実性とは etc. 17 プラットフォーム開発本部全体のエンジニアリング力の向上

    組織横断的に有志と輪読会開催 • 「エンジニアリング組織論への招待」 • 「オブジェクト指向UIデザイン」 • 「チーム・ジャーニー」 • 「DMM.comを支えるデータ駆動戦略」 書籍の内容や自身の取り組み について会話することで、徐々 に会話のプロトコルが合ってく る
  18. © DMM.com Webチームとして 少しずつ成長していく 18