Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

2022-03-26 TensorFlow Parameter Server Training紹介@機械学習の社会実装勉強会

2022-03-26 TensorFlow Parameter Server Training紹介@機械学習の社会実装勉強会

Naka Masato

March 26, 2022
Tweet

More Decks by Naka Masato

Other Decks in Technology

Transcript

  1. TensorFlow Parameter Server Training 2022/03/26 Naka Masato

  2. 自己紹介 名前 那珂将人 経歴 • アルゴリズムエンジニアとしてレコメンドエンジン開発 • インフラ基盤整備 GitHub: https://github.com/nakamasato

    Twitter: https://twitter.com/gymnstcs
  3. Why Distributed Training? Deep Learning など計算コストの高い ML Dataset が大きくなる →

    ML モデルの学習時間 が肥大化 例 1. Uber: 2017 年 Horovod: a distributed deep learning framework a. but as datasets grew, so did the training times, which sometimes took a week—or longer!—to complete. We found ourselves in need of a way to train using a lot of data while maintaining short training times. To achieve this, our team turned to distributed training. 2. Google: 2016 年 Tensorflow が Distributed Training を Support a. Google uses machine learning across a wide range of its products. In order to continually improve our models, it's crucial that the training process be as fast as possible. 3. Yahoo!: 2017 年 TensorFlowOnSpark を Open Source 化 4. Baidu: 2017 年 ring-allreduce
  4. Distributed Trainingもさまざま 1. TensorFlow Distributed Training 2. Mesh TensorFlow 3.

    TensorFlowOnSpark 4. DeepSpeed 5. PyTorch Distributed 6. Horovod 7. Ray 8. BytePS
  5. 今回はTensorFlow Distributed Training

  6. Parallelism in Machine Learning Parallelism in Machine Learning Data Parallelism

    Model Parallelism Synchronous Asynchronous Parameter Server Strategy Mirrored Strategy
  7. What is TensorFlow Parameter Server Training 1. distributed training strategies

    の一つ 2. Data-parallel で、複数マシン上でモデル学習をスケールしていくタイプ 3. Asynchronous Training 4. Components: a. Workers: 計算をして、 Parameter Server 上の変数を更新 b. Parameter Servers: 変数を格納
  8. 使い方 - 全体像 1. クラスタ作成 2. Strategy 作成 a. ParameterServerStrategy

    b. MirroredStrategy c. … 3. Dataset の準備 a. distributed dataset b. dataset creator c. … 4. モデルの定義と学習 (strategy.scope()) a. keras.models b. Custom Training Loop Worker Worker Worker PS PS Chief (coordinator) Evaluator strategy = tf.distribute.strategy.ParameterServerStrategy(...) dc = … with strategy.scope(): model = model.fit(dc)
  9. 使い方 - ① クラスタの作成 1. ClusterSpec を作成 a. tf.train.ClusterSpec 2.

    Worker と PS を作成 a. tf.distribute.Server Worker Worker Worker PS PS
  10. 使い方 - ②Strategy作成 Strategy 作成 1. tf.distribute.experimental.ParameterServerStrat egy 2. tf.distribute.experimental.MirroredStrategy

    3. … Strategy には ClusterResolver が必要 1. tf.distribute.cluster_resolver.SimpleClusterResol ver a. ClusterSpec からクラスタ情報を読み込む 2. tf.distribute.cluster_resolver.TFConfigClusterRe solver a. 環境変数 TF_CONFIG からクラスタ情報を読み込む
  11. 使い方 - ③データの準備 1. Keras のモデルを使う場合 : a. tf.keras.utils.experimental.DatasetCreator(dataset_fn) 2.

    Custom Training Loop を使う場合 : a. distributed_dataset = coordinator.create_per_worker_dataset(dataset_fn) b. distributed_iter = iter(distributed_dataset)
  12. 使い方 - ④モデルの定義と学習 1. @tf.function decorator を使って Worker 上で実行する処理を実装 worker_fn

    2. coordinator = tf.distribute.experimental.coordinator.ClusterCoordinator 3. coordinator.schedule(worker_fn, args=(per_worker_iter)) a. schedule で処理を Worker に実行させることができる keras.Model も Support されている裏側 : 1. keras.Model では内部で distribute_strategy を格納 2. strategy によって Coordinator を作成 3. train_function を tf.function によって tf.graph へコンパイル 4. coordinator.schedule で train_function を Wrap
  13. Coordinator Coordinator とは、リモート関数実行をスケジュールしたり、 コーディネートするオブジェクト 1. coordinator は tf.distribute.experimental.coordinator.ClusterCoord inator 2.

    strategy を指定して初期化←どのように Coordinate す るのかに必要な情報 3. schedule(worker_fn, args) ←リモートで関数を args と ともに実行する a. worker_fn は、 tf.function で Worker 上で実行される関数。 Worker Worker Worker PS PS Coordinator strategy schedule()
  14. tf.function 関数を呼び出し可能な TensorFlow graph にコンパイルする Graph vs Eager Execution: 1.

    Graph Execution とは、計算が tf.Graph として実行 a. tf.Graph は以下の 2 つから成り立つ i. tf.Operation: 計算ユニット ii. tf.Tensor: 計算ユニット間を流れるデータユニット b. Graphs → 高速、並列化、複数 Device 上で効率よく実行可能 2. Eager Execution とは a. 直ちに実行される ( ↔ Session 内で後から実行される ) b. 実際の値を返す (↔ 計算Graph内のNodeへの参照を返す)
  15. Distributed Dataset Distributed Training では、データも各 Worker 上に分散できる tf.data.Dataset ← 分散しない時に使うデータ

    tf.distribute.DistributedDataset: 1. tf.distribute.Strategy.experimental_distribute_dataset(dat aset) 2. tf.distribute.Strategy.distribute_datasets_from_function(d ataset_fn) a. dataset_fn は InputContex を引数にとり tf.Data.Dataset を返す ※ keras.models + ParameterServerStrategy の場合は tf.keras.utils.experimental.DatasetCreator を使う必要あり
  16. strategy.scope() scope 内に入ると : 1. Strategy が global context にインストールされる

    a. tf.distribute.get_strategy() で現状の Strategy を取得できる b. keras.models を scope 内で作成する必要があるのは、この関数を使って Strategy を取得してるため 2. 変数作成は Strategy によって決まる a. Sync Strategy (MirroredStrategy, TPUStrategy, MultiWorkerMiroredStrategy) ではそれぞれの Replica 上に作成 b. ParameterServer の場合は PS 上に作成
  17. Sample Non Distributed 1. tf.Variable を定義 2. tf.function worker_fn を定義

    a. variable に iterator の element を足す 3. dataset_fn で 1~5 の iterator を作成 4. worker_fn に iterator を渡して 5 回呼び 出す 5. tf.Variable -> 15 となる Distributed 1. Cluster 作成 2. ParameterServerStrategy 作成 3. Coordinator 作成 4. tf.Variable を scope 内に定義 5. tf.function worker_fn を定義 a. variable に iterator の element を足す 6. dataset_fn で 1~5 の iterator を作成 7. worker_fn を coordinator で 5 回呼び出 す 8. tf.Variable -> 15 となる
  18. まとめ 1. Distributed Training の背景 a. データセットが大きくなるにつれて学習時間が肥大化 2. Distributed Training

    の区分け a. Data Parallelism vs Model Parallelism b. Synchronous vs Asynchronous 3. TensorFlow Distributed Training の概要を紹介 4. 例の紹介 Todo: 1. Distributed Training の他の Framework や歴史など学びたい !