Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

職種と企業を飛び越えたNTT Comとの新規ビジネス共創 - NIFTY Tech Day 2023

職種と企業を飛び越えたNTT Comとの新規ビジネス共創 - NIFTY Tech Day 2023

ニフティ株式会社

November 27, 2023
Tweet

More Decks by ニフティ株式会社

Other Decks in Business

Transcript

  1. Copyright ©NIFTY Corporation All Rights Reserved.
    職種と企業を飛び越えた
    NTT Comとの新規ビジネス共創
    NTTコミュニケーションズ株式会社
    浅川 申丞
    山下 萌々夏
    ニフティ株式会社
    清水 利音
    西野 香織

    View full-size slide

  2. 未来をひらく
    「コンセプトと社会実装」
    の実験場
    OPEN HUB for Smart Worldは、社会課題を解決し、
    わたしたちが豊かで幸せになる未来を実現するための
    新たなコンセプトを創り、社会実装を目指す事業共創の場です。
    カタリストと呼ばれる、各分野に精通した400名超の専門家が、
    企業の皆さまと共に、NTTグループ及び企業の皆さまが持つアセットと
    多様な文化、アイデアを融合させ、遊ぶように思考を重ねながら、
    未来を創りだしていきます。

    View full-size slide

  3. 要予約
    OPEN HUB はリアルとバーチャルを横断する 4 つの機能を備え、
    企業の皆さまと共に、新規ビジネスの検討を日々行っています。
    社会課題を起点にコンセプトの検証から社会実装まで、
    「持続可能な社会」を目指した Smart World の実現に取り組んでいます。
    OPEN HUB の4つの機能から社会実装へ
    © NTT Communications Corporation
    最新トレンドや事例など
    ビジネスのインサイトをお届け
    OPEN HUB Journal
    企業のDX推進や、新規ビジネス創出に役立つ情報を展開。
    特集テーマに合わせて、有識者対談や進事例など最新トレ
    ンドと独自のインサイトを網羅した多様なコンテンツをお
    届けしています。
    アイデアの共有から始まる、
    越境的コミュニティー
    OPEN HUB Base
    事業コンセンプトを生むためのビジョンやアイデアを共有
    する共創コミュニティー(会員数約9,000名/2022年8月現
    在)。有識者や先駆者による講演やワークショップ、会員
    同士で情報・課題をシェアするイベントを通じ、ビジネス
    創出のテーマやヒントを探ります。
    リアルとバーチャルの垣根を超えた、
    新たなビジネス創出の場
    OPEN HUB Park
    東京・大手町に共創ワークプレイスを提供。企業の皆さま
    と議論を進めるためのプロジェクトルームをはじめ、最先
    端テクノロジー、情報発信スタジオを具備。ビジネス共創
    につながるコミュニケーションを活性化します。
    事業創出から社会実装まで
    カタリストと取り組む共創プログラム
    OPEN HUB Play
    約400名超のカタリストとともに、会員の皆さまと事業コン
    セプトを創るオリジナルプログラム「PLAY」。リサーチ、
    仮説コンセプトの策定、ニーズ検証、プロジェクトデザイ
    ンなど、事業創出に欠かせないフローをトータルでサポー
    トするプログラムを提供しています。

    View full-size slide

  4. OPEN HUB PLAY WS Program
    3日間のワークショップから「共創」は開始。
    さまざまな社会課題が書いてあるカードを使って、
    ニフティの新たな会員獲得にむけたアイデアソン
    を行い、最終的に30案のアイデアが出た。

    View full-size slide

  5. リーンキャンバスの作成
    絞り込んだ7案に対しリーンキャンバスの作成。NTTイノベーション
    センターデザイン部門の方にレビューしていただく
    実現性のあるものに統合
    この7案において、課題感や最終的に目指す方向性がどれも一致して
    いたため、ニフティの将来の姿を考えるビジョン作成に取り組むこ
    とになった。
    現在は、引き続きお互いのアセットを生かしながら実証実験にむけ
    て共創中・・・
    などなど…

    View full-size slide

  6. 共創プロジェクトを通じて見えてきたこと
    ニフティの強み
    ● グループ内事業で、お客様の生活に多岐にわたって寄り添
    うことができる
    ○ 光回線、家電量販、衣料・雑貨、不動産…
    ニフティの課題
    ● 一人のお客様に対して、グループでニーズに寄り添えてい
    ない
    ニフティが目指す方向
    ● 新規会員の獲得につながる独自のフック作成

    View full-size slide

  7. 7
    2017年新卒入社
    基幹システム バックエンドエンジニア
    顧客管理・SSOシステム担当
    Profile
    清水 利音 (しみず りおん)

    View full-size slide

  8. 8
    エンジニアも「ビジネス視点」を持つべきだ!
    とよく耳にしませんか?

    View full-size slide

  9. 9
    でも、エンジニアの「ビジネス視点」とは
    一体何なのでしょう?
    会社の売上・利益? 投資対効果?
    顧客の課題? 業務ロジック?

    View full-size slide

  10. 10
    たぶん、全部正しい
    結局何が必要なのか……

    View full-size slide

  11. 11
    ビジネスサイドとの普段のやりとりを
    思い出してみる
    biz: ◯◯というユーザーの課題を解決するために、
    ✕✕という機能を提供したい。
    dev: 新しい API が必要になりそう。
    インタフェースは...△△の処理で呼び出して...

    View full-size slide

  12. 12
    普段は実現性を重視しているが
    たとえば目標を立てるときに
    「ビジネス視点」が必要なのはなぜ?
    という疑問があった
    共創 PJ で課題発見から入ったときに
    これが何を意味するのかがわかってきた

    View full-size slide

  13. Copyright ©NIFTY Corporation All Rights Reserved.
    エンジニアがビジネス企画に初めて
    取り組み学んだ
    「ビジネス視点」について

    View full-size slide

  14. 14
    NTT Com との共創で…
    社会や会社の課題を考える
    会社の持つアセットを考える
    課題解決のためのアイデアを出す
    ニフティとして目指すべき姿は?
    目指す将来像のために今やるべきことは?

    View full-size slide

  15. 15
    ものごとや課題を
    「マクロな視点」で見ている!
    いままでは課題を解決する仕組みをどう作るか?
    というミクロな視点が多かった

    View full-size slide

  16. 16
    課題を解決するという目的は同じ
    ただ、視点が全く違うことに気づいた

    View full-size slide

  17. 17
    ビジネス企画をやってみて...
    biz: ◯◯というユーザーの課題を解決するために、
    ✕✕という機能を提供したい。
    dev: 企業の成長を考えると、△△という課題のほうが
    重要かも?◻◻なら開発で解決できそう。

    View full-size slide

  18. 18
    ビジネス企画をやってみて...
    ビジネスサイド・開発サイドが重視しているものが違う
    ということ
    ユーザーに価値を届けて企業の成長に繋げたい!
    という共通の思いがあること
    エンジニアがビジネス・施策に携わるフェーズによって
    考え方が変わること

    View full-size slide

  19. 19
    ビジネスサイド・PO とのコミュニケーションが
    よりインタラクティブに
    施策の背景・目的を理解が進み、より本質的な
    話ができるように

    View full-size slide

  20. 20
    まとめ
    無理やり同じ視点に立つ必要はない
    むしろ様々な視点があったほうが良い方向に進む
    「ビジネス視点」といっても様々な要素がある
    ビジネスサイド・開発サイドで重視している
    ことの違いを理解することが重要!

    View full-size slide

  21. Copyright ©NIFTY Corporation All Rights Reserved.
    ディスカッション

    View full-size slide

  22. メンバー紹介
    22
    NTTコミュニケーションズ株式会社
    ビジネスソリューション本部
    浅川 申丞
    NTTコミュニケーションズ株式会社
    ビジネスソリューション本部
    山下 萌々夏
    ニフティ株式会社
    N1! スクラムエバンジェリスト
    西野 香織
    ニフティ株式会社
    基幹システム バックエンドエンジニア
    清水 利音

    View full-size slide

  23. 企業をこえた
    プロジェクトのハードル
    23

    View full-size slide

  24. 企業をこえたプロジェクトのハードル
    お互いのアセットを
    組み合わせるという
    難しさ
    24

    View full-size slide

  25. 企業をこえたプロジェクトのハードル
    アイデアフェーズから
    実現フェーズへ
    25

    View full-size slide

  26. 企業をこえたプロジェクトのハードル
    ニフティとの協業で
    難しかったこと
    26

    View full-size slide

  27. 自社の開発・ビジネス職の関わり方と
    共創の違い
    27

    View full-size slide

  28. 自社の開発・ビジネス職の関わり方と共創の違い
    企業も職種も違う同士で
    一緒にやってみた発見
    28

    View full-size slide

  29. 自社の開発・ビジネス職の関わり方と共創の違い
    普段の仕事との違い
    29

    View full-size slide

  30. 決定権がイーブンな中でどう進めていたか
    30

    View full-size slide