LWWSxGASxSlack

 LWWSxGASxSlack

0deef7032fda20b9a2e3d4c2f889cd41?s=128

Nobuhiro Ito

December 07, 2019
Tweet

Transcript

  1. Slackに天気予報を流すbotを つくるまで (或いはLivedoor Weather Web ServiceとGoogle Apps Scriptを使って Slackに天気予報を流すまで) ノブ@noviiro

    #gunmaweb #37
  2. もともとの動機

  3. 遡ること2~3年前 (Slackでカップルアプリを作ってみたとかが流行った頃)

  4. Slackの自分用ワークスペースに何 かbotを入れてみたい...! (しかも手軽に)

  5. (探す)

  6. (天気予報を投稿する...?) (JSONだし簡単そう)

  7. (しかもGoogle Apps Script ででき る…!?)

  8. 作った。

  9. Livedoor Weather Web Service x Google Apps Script x Slack

  10. 連携に必要なもの • GASxSlack連携用ライブラリ 参照 :https://qiita.com/soundTricker/items/43267609a870fc9c7453 • Slack連携用に必要なアクセストークン ◦ 「ファイル」→「プロジェクトのプロパティ」→「スクリプトのプロパティ」 • 天気のJSONデータ(今回はLivedoor天気)

    • 少しのJSの知識 • 少しのGASの知識 • BEER
  11. JSONデータ 例:http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/json/v1?city=100010 ※仕様は「お天気webサービス仕様」を参照してください。 (http://weather.livedoor.com/weather_hacks/webservice)

  12. 取得してslackに流したい情報 • 1日の天気予報 • 最高気温 • Livedoor天気へのリンク ※画像(gif)も取得できるけどslackは文字列と結合できなかっ た・・・?

  13. 実際はこんな具合です。

  14. Slack x GAS楽しい!