チームもサービスもグローバルへ 〜 世界を目指すヌーラボの素顔に迫る!〜

3e77f9dbec6a87756d1dbdddab283aee?s=47 Nulab Inc.
September 05, 2014

チームもサービスもグローバルへ 〜 世界を目指すヌーラボの素顔に迫る!〜

Presentation slides at Developers Summit 2014 in Kansai http://event.shoeisha.jp/devsumi/20140905/session/558/

3e77f9dbec6a87756d1dbdddab283aee?s=128

Nulab Inc.

September 05, 2014
Tweet

Transcript

  1. Developers  Summit  2014  In  Kansai  [STORY] #kansumi  #kansumiB3 2014/09/05(⾦金金)  @神⼾戸国際会議場

    チームもサービスもグローバルへ 〜~  世界を⽬目指すヌーラボの素顔に迫る!〜~
  2. お⼿手元のポスト・イット •  印象に残ったこと・感じたこと •  質問など

  3. 染⽥田  貴志 SOMEDA  Takashi @tksmd 株式会社ヌーラボ エバンジェリスト

  4. API  Meetup  Tokyo  #3 http://api-‐‑‒meetup.doorkeeper.jp/events/14087 •  9/26(⾦金金)  19:00〜~21:00 •  @NTTコミュニケーションズ

     汐留留
  5. MA10  アイディアソン http://mashupawards.doorkeeper.jp/events/14565 •  9/9(⽕火)  19:00〜~22:30 •  @グランフロント北北館1F  ナレッジキャピタルカフェ

  6. None
  7. JAWS  Days  2013 国内を中⼼心に  約3000クライアント  が利利⽤用するプロジェクト管理理ツール タスク管理理機能に加え、 •  WebDAVによるファイル共有 • 

    GitやSubversionのリポジトリホスティング などを提供。 http://www.backlog.jp
  8. 全世界  約130万ユーザ  が利利⽤用するオンラインのドローツール 基本的なドローツールの機能に加え •  複数のユーザで同時に編集出来るリアルタイムコラボレーション •  Google+  Hangouts  と連携して、ビデオチャットとあわせて利利⽤用可能

    といった、コラボレーション機能が充実。 http://cacoo.com/
  9. 今年年正式版をリリースしたばかりの新しいチャットサービス •  ヌーラボの各サービスとの連携 •  豊富で使いやすい  API  の提供 http://typetalk.in/

  10. なぜグローバル?

  11. なぜグローバル? •  グローバルはゴールではない •  ゴールは「インターネット」で商売すること

  12. インターネットの衝撃 https://www.flickr.com/photos/thenicotime/9391045056

  13. 商圏としてのインターネット http://www.itu.int/en/ITU-‐‑‒D/Statistics/Documents/facts/ICTFactsFigures2014-‐‑‒e.pdf ⽇日本の⼈人⼝口 1.2億⼈人 インターネット 30億⼈人

  14. 商圏としてのインターネット http://www.internetworldstats.com/stats7.htm 約60カ国で 英語は公⽤用語

  15. なぜインターネットか? •  基本、多くの⼈人に使ってもらえれば利利益があがる •  広⼤大なインターネットの中での局地戦 http://ja.wikipedia.org/wiki/ランチェスターの法則

  16. おもしろ三⼈人組に聞きました サービスがグローバルに 使われるために 必要なことはなんでしょう?

  17. おもしろ三⼈人組  -‐‑‒  CTO ニーズをとらえた製品を適切切なタイミングで提供する ユーザにフォーカスした⾼高い視点からサービスを設計する サービスがグローバルに 使われるために 必要なことはなんでしょう?

  18. おもしろ三⼈人組  -‐‑‒  CMO 「ヌーラボらしさは何か」を常に意識識する 各地を⾶飛び周りリアルにそこの「⼈人」と会う サービスがグローバルに 使われるために 必要なことはなんでしょう?

  19. おもしろ三⼈人組  -‐‑‒  CEO サービスも、ユーザも、チームも、 世界中の⼈人とコラボレーションしたい!!! サービスがグローバルに 使われるために 必要なことはなんでしょう?

  20. おもしろ三⼈人組  -‐‑‒  CEO ⼈人種を超えて多様なメンバーをチームに受け⼊入れ 新しい⽂文化や価値観を形成していく サービスがグローバルに 使われるために 必要なことはなんでしょう?

  21. どれか、ではなく、どれも⼤大事 プロダクト マーケティング チームビルディング

  22. プロダクトづくりについては.. https://speakerdeck.com/nulabinc/

  23. http://www.flickr.com/photos/munaz/2498380666/ “グローバル”  前夜

  24. 突然ですが、ソフトウェアはアートです 私たちのゴールはそのようなアートウェア をご提供することです。 アートウェアはソフトウェアなソフトウェアです。

  25. これ意味 わかるひと?

  26. わかる⽅方は是⾮非(ry https://nulab-‐‑‒inc.com/ja/career/

  27. 受託でスタート  (2004)

  28. 傍らで作っていました •  仕事を楽しくするためのプロジェクト管理理ツール

  29. しばらくはこんな感じ •  少⼈人数で多能的にはたらくチーム

  30. ベータ版  (2005) •  受託開発の傍ら、粘り強く作り続けました

  31. 某掲⽰示板における評価 •  結果、それなりにみてもらえました

  32. 正式版リリース  (2006) •  この頃から  “デザイン”  が⼊入るようになります

  33. http://www.flickr.com/photos/nicmcphee/2558167768/ いかに  Cacoo  は⽣生まれ育ったか

  34. Wiki  のような描画ツール •  受託開発や  Backlog  での  UI  設計が⼤大変でした

  35. サービス名を決める •  街で外国⼈人に聞いて回りました

  36. 潜在的な要望を知る •  想定ユーザさんの沢⼭山いるコミュニティに参加しました http://daichan4649.hatenablog.jp/entry/20091020/1255973969

  37. アメリカへ初チャレンジ! •  WordCamp  NYC  2009  に突撃

  38. 年年明けにサーバが唸る  (2010) •  以降降も様々なメディアにとりあげられました

  39. インフラをAWSへ •  以降降のサービスはすべて北北⽶米リージョンに https://cacoo.com/diagrams/uvuEU2Ih04geJ5Bb

  40. CacooUp  World  Tour •  全世界約20都市をめぐるユーザミートアップ

  41. 翻訳をボランティアに •  専⽤用の翻訳ツールを作成してユーザさんに依頼

  42. Google  サービスとの連携 •  Google  Drive  との連携も

  43. http://launch-‐‑‒hangouts.cacoo.com/ Cacoo  for  Google+  Hangouts

  44. 100万ユーザ達成  (2013)

  45. http://www.flickr.com/photos/yellowcloud/4525329362/ http://www.flickr.com/photos/brostad/2762412153/ Backlog  の海外展開

  46. 海外版提供開始  (2011)

  47. 国ごとの課⾦金金事情 通貨 ⽀支払い⽅方法 特徴 英語圏 US  ドル Paypal クレジットカード 中国

    ⼈人⺠民元 銀⾏行行振り込み クレジットカード 銀⾏行行振り込みは領領収書発⾏行行が必要なので、 代理理店を利利⽤用 台湾 台湾ドル Paypal クレジットカード 韓国 US  ドル Paypal クレジットカード ウォン⽀支払いでの決済の審査が厳しかった •  年年払いで10%オフ •  為替による差はあるがほぼ同等の⾦金金額 •  ⽉月末締めの調整はしない •  中国の銀⾏行行振り込み以外は基本領領収書はダウンロード
  48. 変化の兆しは  ”⼈人” •  シンガポール拠点の設⽴立立 •  海外スタッフの参加  (台湾、インドネシア)

  49. コンテンツからの流流⼊入 •  多⾔言語への翻訳  (⽇日・英・中・韓) •  Git  オフィシャルサイトからのリンク

  50. 翻訳苦労話 •  アプリ以外の翻訳対象が沢⼭山 •  技術的な背景がないと適切切に翻訳できない •  分割して翻訳依頼すると⽂文⾔言に統⼀一感がない •  ネイティブのスタッフがいない⾔言語は社内チェックできない

  51. 英語UIの⾒見見直し •  ⽇日本語と同レベルのクオリティを⽬目指して •  ネイティブスタッフとともに

  52. http://www.flickr.com/photos/alexmartin81/5883645329/ グローバルなチームに向かって

  53. 海外スタッフと共に •  ⽴立立ち上げから海外スタッフがいるチームができた

  54. 英語、頑張る •  全社員がかかわる会議は英語に •  英語学習の補助制度度も

  55. 英語、頑張る(続) •  海外に⾶飛び込んで話す •  エンジニアもぐいぐい話す

  56. でも無理理しすぎないw •  仕事に差し⽀支えそうなときは勇気をもって(笑

  57. http://www.flickr.com/photos/naturegeak/5688437941/ これからやろうとしていること

  58. ⽀支払い⽅方式の刷新 •  クレジットカード対応 •  ヌーラボサービス群を⼀一括しての契約管理理

  59. サービス間でのシナジー向上 •  ヌーラボアカウントを中⼼心にしたチーム等の同期 •  仕事で使いやすくなるような管理理機能・セキュリティの拡充

  60. API  を軸にした外部連携 •  技術情報ポータルの運営 •  開発者とのコミュニケーション

  61. プロダクトマーケティング職の採⽤用 •  プロダクト毎にマーケティング担当を配置 •  開発チームと密に連携しマーケティング施策を実施 Product  Team Developer Product Marketing

    Community Manager
  62. 北北⽶米圏への進出 •  タイムゾーンが⼤大きく異異なる地域への展開

  63. http://www.flickr.com/photos/nauright/2662160957/  エピローグ

  64. ヌーラボに2010年年に参加したとき 受託開発がビジネスの中⼼心をしめる ⼩小さなソフトウェア開発企業でした。

  65. それから4年年間、 チームで協⼒力力しながら、 ⼀一歩ずつ⾃自分たちのサービスを育て

  66. グローバルなサービスを開発する会社として、 気づけば海外のスタッフとともに ⽇日々仕事をしています。

  67. •  多⾔言語対応 •  ⽀支払い⽅方法のサポート •  インフラの整備 •  プラットフォームとの連携 •  現地スタッフの採⽤用

    などなど、いろいろやりましたが、 コレだけやれば  OK  というものはありません
  68. “コラボレーション”

  69. 何をやるか、何をやりたいか、 は⼤大事なことですが 誰とやるか、どんなチームになりたいか、 も同じように⼤大事なことだと思います

  70. 早く⾏行行きたいのなら⼀一⼈人で⾏行行け。 遠くまで⾏行行きたいのならみんなで⾏行行け。 アフリカのことわざ

  71. ご清聴 ありがとうございました ツイッター、やってます。 @nulabinc