Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

CORSをちゃんと理解する atmaバックエンド勉強会#4

CORSをちゃんと理解する atmaバックエンド勉強会#4

atmaバックエンド勉強会#4の資料です。

C4c6c7b4fdf9285bcf12c5caa58c8d53?s=128

Yamaguchi Takahiro

July 07, 2021
Tweet

Transcript

  1. CORSをちゃんと理解する 2021/07/07 #4 atma勉強会 nyk510

  2. 質問です。

  3. CORSって知ってますか?

  4. CORS Cross-Origin Resource Sharing オリジン間リソース共有

  5. 名前ぐらいは聞いたことある? エラーで見たことはある? よくわかんない?けどなんかヘッダーに設定 したら直るやつ?

  6. ちゃんと理解しましょう!

  7. CORSの定義 追加の HTTP ヘッダーを使用して、あるオリジンで動作しているウェブ アプリケーションに、異なるオリジン にある選択されたリソースへのア クセス権を与えるようブラウザーに指示するための仕組みです。

  8. CORSの定義 追加の HTTP ヘッダーを使用して、あるオリジンで動作しているウェブ アプリケーションに、異なるオリジン にある選択されたリソースへのア クセス権を与えるようブラウザーに指示するための仕組みです。

  9. オリジンて何?

  10. オリジン URLのプロトコルとホスト(ドメイン)、ポートで識別されるもの 全部が一緒だと同じオリジンとなる 例えば https://hoge.com に対して • 同じ: https://hoge.com/foo/bar.html /

    https://hoge.com:443 • 違う: http://hoge.com / https://api.hoge.com
  11. CORSの定義 追加の HTTP ヘッダーを使用して、 あるオリジンで動作しているウェブアプリケーション(ex: フロントエンド)に、 異なるオリジン にある選択されたリソース (ex: バックエンド)への

    アクセス権を与えるようブラウザーに指示するための仕組みです。
  12. CORSの定義からわかること • 特定のオリジンのアプリから、別のオリジンのデータ(リソース)を 取ってくる権限を定めたものである。 • ブラウザーの仕組みである ◦ 例えば terminal からのアクセスは関係ない

  13. なんでこんなのがあるの? • セキュリティ的観点から同じオリジン以外の情報を取ってこれないようにしてい るから • 取ってこようとしている先のオリジンが許可した時だけデータのやり取り(リソー ス共有)ができるホワイトリスト方式になっている。 以下の説明では • ブラウザで表示されているオリジン:

    Alice • 異なるオリジン: Blob として説明します。
  14. ブラウザは、どうやって許可されているかを知るの? • ブラウザは一度普通にBobへとリクエストを送りBobはレスポンスを返す • ブラウザはレスポンス内の Access-Control-Allow-Origin ヘッダーをみる ◦ リクエスト元の Origin

    がこの中に入っていれば許可されたとみなす。 ◦ ワイルドカード * 指定も出来る。この場合何でも許可されたとみなす。 ◦ それ以外は許可されていないリクエストとみなす。 • 許可されている時 ◦ レスポンスを展開して js からアクセス可能 • 許可されていない時 ◦ ブラウザが強制的に処理を止めてエラーになる. js からは「何かしらのエ ラーが起こった」しかわからない(これはセキュリティのため)
  15. Bob から見ると… • 自分を呼び出してもオッケーなサイトを Access-Control-Allow-Origin に入れる • するとそれ以外のオリジンでは、ブラウザからBobの情報を参照できない • すくなくともブラウザでアクセスして悪さする外部サイトの脅威を減らせて良い

  16. アクセス許可の方法 • 単純リクエスト • プリフライトリクエスト

  17. 単純リクエスト • 相手サーバ Bob に副作用を起こさないようなリクエスト • 先のフローと同様のやり方で許可を判定する • method: GET/HEAD/POST

    • content-type: application/x-www-formurlencoded, multipart/form-data, text/plan
  18. プリフライトリクエスト • 単純リクエストでないものが該当 ・ ex:) POSTで json を送りたい フロー •

    許可を取るリクエスト (OPTION) を自動的にブラウザが Bob へ送信 ◦ 今からこういうことするのでオッケーですかというお伺い ◦ これがプリフライトリクエスト • Bobは要求に従って何を許可するかを返信 ◦ ex). POSTはOK / application/json はOK • ブラウザは許可内容をみる (Bobは何がOKって言っている?) ◦ やりたいリクエストが許可なら、Bobへ本体のリクエストを送信 ◦ 許可されていなければエラーにする(jsからは失敗内容はわからない)
  19. ブラウザからのリクエストとレスポンス • 何故か method が単数形と複数形あるがこれはお伺い建てるのはひとつだけだから • リクエストだけ origin は origin

    なのは謎 要求 リクエストヘッダー レスポンスヘッダー methodに対する許可 Access-Control-Request-Method Access-Control-Allow-Methods ヘッダーに対する許可 Access-Control-Requests-Header Access-Control-Allow-Headers オリジンに対する許可 Origin Access-Control-Allow-Origin
  20. 具体例を見ましょう。

  21. 例: ぐるぐる フロントエンド: https://guruguru.science バックエンド: https://api.guruguru.science これらは別 Origin なので Access-Control-Allow-Origin

    をバックエンド 側に仕込んでいないとフロントをブラウザで開いた時バックエンドの情 報は表示できない。
  22. 例: ぐるぐる・単純リクエスト https://api.guruguru.science/competitions/17/ ブラウザからAPIへ送信して いるリクエストヘッダー APIからブラウザへ返信され たレスポンスヘッダー

  23. 例: ぐるぐる・単純リクエスト https://api.guruguru.science/competitions/17/ リクエストの method が GET なので 単純リクエストとしてブラウザで処理される。

  24. 例: ぐるぐる・単純リクエスト https://api.guruguru.science/competitions/17/ APIが allow-origin に www.guruguru.science を入 れている →

    ブラウザで表示OK
  25. 例: ぐるぐる・プリフライトつきリクエスト ログインページ: https://api.guruguru.science/auth/login/ POSTでかつusername/passwordを送信するため単純ではない。 おさらい • はじめOPTIONによるプリフライトで確認 • 確認がとれれば本体のPOSTを送信

  26. 例: ぐるぐる・OPTIONによるプリフライトで確認 ブラウザはこれから何を送ろうとしているかをOPTION をつかってお伺い (プリフライトリクエスト) この場合だと 「MethodはPOST / ヘッダーには content-type

    / オリ ジンは https://www.guruguru.science ですがよろしい でしょうか」
  27. 例: ぐるぐる・OPTIONによるプリフライトで確認 APIはブラウザの各種 requests に対して何を許可 しているかを返す。 API「POSTはOK・ヘッダーも content-type は オッケーで、オリジンもOKだよ!」

  28. 例: ぐるぐる・確認がとれれば本体のPOSTを送信 今回の場合別オリジン(API)から許可がもらえたの で本体のPOST処理を送信。 もう許可はもらえているのでこのリクエストに Access-Control-Request 系のヘッダーはない。

  29. まとめ • CORSはオリジンの違うサーバにたいしてブラウザからアクセスするときの制御に 関する仕組みである。 • リクエストの種類によってプロトコルが異なる。

  30. 参考資料 • https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/HTTP/CORS • 安全なウェブアプリケーションの作りかた・3.3章