How to study AWS IoT

How to study AWS IoT

The presentation is about JAWS-UG AWS IoT Community and how to study AWS IoT for beginners.

2cec9566cc4f761ac87433573c31f1a0?s=128

Satoru Ohguchi

August 05, 2019
Tweet

Transcript

  1. None
  2. ⾃⼰紹介 • 名前 • ⼤⼝ 聡(おおぐち さとる) • 仕事 •

    SIer勤務。SAPテクニカルコンサルタント(Basis) & AWS担当。電⼦回路設計者、制御 SE、ネットワークエンジニアを経て現職。 Twitter:@o_chcchi Facebook: https://www.facebook.com/ohguchi.satoru Blog: http://blog.maripara.org/ ୈ߸ • 主な保有資格 • SAP Certified Technology Associate System Administration • AWS Solution Architect Associate • 情報処理安全確保⽀援⼠(SC) • 情報処理技術者 (SA/ST/PM/AU/SM/SU/DB/NW) • 電⼦機器組⽴て技能⼠ 2級 • ほか • 活動 • JAWS-UG IoT 専⾨⽀部運営 • Swift愛好会運営 • try!Swift Organizer 2019/2020 • 趣味 • コンピューター、⾳楽、アニメ スポーツ観戦…等々 #jawsug_bgnr 1
  3. JAWS-IoT専⾨⽀部 勉強会情報URL: https://jawsug-iot.connpass.com/ IoT専⾨⽀部は、AWS上でIoTのシステムを構築す る⽅法や事例などを共有する会や、デバイスを 使ったハンズオンなどを定期的に開催しています。 直近のハンズオンではAWS GreengrassやAmazon Alexaといった、新しいテクノロジーを楽しく扱っ てます。

    主な開催場所:東京都内(⽬⿊) #jawsug_bgnr 2
  4. 今⽇のゴール • AWS の学習をどうやってやっていくか。 • 初級者から中級者へのステップアップ • AWS IoT Core

    をなんとなく知った気になってもらう。 • あわよくば、専⾨⽀部の勉強会の参加者を募りたい。 #jawsug_bgnr 3
  5. 私の Amazon Web Services との関わり • とある案件で、2013年頃に触ったことがきっかけです。 • メインの仕事で、他社クラウド案件やオンプレもやるこ ともあり、たびたび期間が⾶ぶので、深く知らないサー

    ビスは多いです。 • AWSを所属部⾨のサービスで使っているので、昨年、よ うやく勤務先をAPNパートナーにしたのですが(APNパー トナー窓⼝は私…)、様々な事情から、いろいろ、ご迷惑 おかけしてます...。 #jawsug_bgnr 4
  6. 好きなAWSのサービス • 最近のマイブーム • AWS IoT Core • AWS CLI

    • Amazon Connect • 仕事では、EC2 ばっかり扱っているので、このあたりの サービスは完全に趣味で遊んでみています。 #jawsug_bgnr 5
  7. 例えば #jawsug_bgnr 6

  8. センサー & M5Stack #jawsug_bgnr 7

  9. こんな感じに組んで 403"$0. 'VOOFM 403"$0. )BSWFTU "84*P5$PSF %ZOBNP%# -BNCEB "NB[PO$POOFDU #jawsug_bgnr

    8
  10. 問い合わせフローを以下のように書いて #jawsug_bgnr 9

  11. デモ #jawsug_bgnr 10 https://youtu.be/SLcR6_BTwdM

  12. さて #jawsug_bgnr 11

  13. IoT を知っていますか? #jawsug_bgnr 12

  14. IoT とは? • Internet of Things (モノのインターネット) • 2015年くらいからのバズワード •

    その前は、ユビキタスとか⾔われていた • 最近はレッドオーシャンと⾔われつつある #jawsug_bgnr 13
  15. IoT に求められる知識範囲は広いです • 接続される機器の設置される環境条件に基づくハードウェアの設計、 選定、法規制に関する知識 • センサーのセンシングに関する知識 • 接続される機器で使うマイコン等のプラットフォーム、プログラミ ング⾔語

    • コンピューターの概念、OSの基本的な知識、コマンド操作の知識 • 有線、無線のネットワークの知識、法規制などの知識 • クラウドに関する知識 • ITの⼀般的な知識 • セキュリティに関する知識 …等々 #jawsug_bgnr 14
  16. 今回は、AWS の話をします #jawsug_bgnr 15

  17. AWS の IoT のメニューを⾒てみます ココ #jawsug_bgnr 16

  18. 拡⼤ #jawsug_bgnr 17

  19. 今回は、話題の中⼼である IoT Core にの み絞って話をします #jawsug_bgnr 18

  20. IoT Core の主 な機能 • デバイスの接続と管理 • セキュアなデータ交換 • デバイスからのデータの処理と実⾏

    • デバイスの状態の管理 #jawsug_bgnr 19
  21. デバイスの接続と管理(1/2) • IoT に繋がるデバイスは、データセンターにあるものと違い、 いろんな場所に点在している。 • 管理する対象はサーバ以上に多くなる。 • 紛失・盗難などにあうリスクがある。 •

    デバイス毎に登録、管理をすることで盗難にあった場合でも接 続の無効化をすることで、データを保護する。 #jawsug_bgnr 20
  22. デバイスの接続と管理(2/2) #jawsug_bgnr 21

  23. セキュアなデータ交換 • 接続する全てのポイントで相互認証と暗号化を提供している。 • 証明されたデバイスのみ、データ交換がされる。 • データの盗聴をされないような仕組みが⽤意されているので、 正しく理解して活⽤する。 #jawsug_bgnr 22

  24. デバイスからのデータの処理と実⾏(1/2) • 定義したビジネスルールに基づいて、デバイスデータを迅速に フィルタリング、変換、実⾏できます。 • 簡単に別のサービスと結びつけられます。 #jawsug_bgnr 23

  25. #jawsug_bgnr 24

  26. (余談) IAM のロールの理解 • 初級者がはまりやすいポイントは、ロールとポリシーと思いま す。 • ロールとポリシーの概念を理解しましょう。 • https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/IAM/latest/UserGuide/id_roles.html

    • ロールに付けるポリシーは、利⽤するサービスのポリシーを確 認して付与します。 • そのロールは呼び出す側のサービスに付与します。 #jawsug_bgnr 25
  27. (余談) IAM のロールとポリシーの理解 #jawsug_bgnr 26

  28. (余談) IAM のロールとポリシーの理解 #jawsug_bgnr 27

  29. デバイスの状態の管理 • IoT デバイスは不安定な(無線)ネットワーク上にあることも多い のでデータ送信ができなかったりすることもある。 • 任意のタイミングで、読み取りや設定を⾏えるよう、接続され たデバイスの最新の状態が保存され、アプリケーションにはデ バイスが常にオンラインであるかのように表⽰されます。 #jawsug_bgnr

    28
  30. AWS IoT の全体的な構成 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/iot/latest/developerguide/aws-iot-how-it-works.html #jawsug_bgnr 29

  31. この内容は、AWSのホームページで確認 できます。 https://aws.amazon.com/jp/iot-core/ #jawsug_bgnr 30

  32. ポイント • (サービスの)概念の理解はとても重要です。 • AWSのコンソールと⽐較して理解しましょう。 • 概念とプロトコルは分けて理解しましょう。(MQTTはプロトコ ルです) • 書かれている⽤語が不明なところがあったら、検索するなり、

    聞くなどしてしっかり理解しましょう。(AWSのサイトには、基 本的なIT⽤語の説明はありません) #jawsug_bgnr 31
  33. 学習の⽅法を考えてみます #jawsug_bgnr 32

  34. AWS IoT のチュートリアル #jawsug_bgnr 33

  35. Qwiklab のトレーニング • Qwiklab のトレーニ ングの IoT トレーニ ングが⽇本語化され ているので、まずは

    これがお勧めです。 • 解説もよく書かれて います。 #jawsug_bgnr 34
  36. 費⽤ • 最低、8クレジッ トが、$8 くらいな ので、1,000円前後 と思えばそこまで は⾼くない。 • IoTのハンズオンは、

    1クレジットを消 費。 #jawsug_bgnr 35
  37. ⼿を動かして学習することは重要です #jawsug_bgnr 36

  38. AWS IoT のサンプル https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/iot/latest/developerguide/iot-plant-watering.html #jawsug_bgnr 37

  39. IoT専⾨⽀部の過去のハンズオン https://jawsug-iot.connpass.com/event/48857/ • CLI で、IoTの設 定を作るハンズ オンです。 • このハンズオン をするとより深

    く理解できると 思います。 • connpassページ にリンクあるの で参考まで。 #jawsug_bgnr 38
  40. 学習リソースについて • AWSのコンソールや、ガイドをよく⾒ていくと、 チュートリアルは多いです。 • Qwiklab のハンズオンでの学習に活⽤できます。 • JAWS-UG などのハンズオン資料なども参考になる

    と思います。 #jawsug_bgnr 39
  41. まとめ •⼿を動かしてさわって学習することは重要 です。 • 必要なことは、インターネットにたいていあるので、検索して 都度学習していけば、必要な知識は⾝につけられます。 • 但し、基本は重要です。コンピューターに関する知識、ネット ワークの知識、OSやコマンドなどの知識は、サイトや書籍など で学習する必要はもちろんあります。

    #jawsug_bgnr 40
  42. 基本知識を学ぶ(1/2) • 参考までに書籍を挙げておきます #jawsug_bgnr 41

  43. 基本知識を学ぶ(2/2) #jawsug_bgnr 42 ※ AWS Lambda での書き⽅は、 AWSのドキュメントを参照す ること。

  44. この1冊というのを決めて、学習する ほうが進めやすいと思います。 #jawsug_bgnr 43

  45. お知らせ #jawsug_bgnr 44

  46. #jawsug_bgnr 45

  47. ありがとうございました #jawsug_bgnr 46