Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2020/6~2020/8

Oracle Cloud Infrastructure IaaS 新機能アップデート 2020/6~2020/8

Oracle Cloud Infrastructureの新機能の中から、主にIaaSに関する主要なアップデート情報を1機能1スライド程度でまとめてご紹介する資料です。
本資料は2020年6月~2020年8月の3ヶ月分の新機能について記載しています。
本資料の内容は作成時点での情報です。最新情報や詳細は必ずマニュアル等をご確認ください。

Transcript

  1. Oracle Cloud Infrastructure IaaS New Feature Updates : 2020.06 –

    2020.08 2020.09.04 日本オラクル株式会社 OCIソリューション部
  2. Safe harbor statement 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とする ものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約 するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。 オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊社の裁量により決定され、変 更される可能性があります。 2 Copyright

    © 2020, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted [Date]
  3. 3 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All

    rights reserved. Oracle Cloud Infrastructureの新機能の中から、主にIaaSに関するアップデート情報を1機能1スライド程度 でまとめてご紹介する資料です。 本資料は作成時点での情報です。最新情報や詳細は必ずマニュアル等をご確認ください。 本資料について
  4. OCI: 最近の主な新機能 (2020/6) 4 Copyright – © 2020 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. Release Date Services 2020/6/1 Block Volume Online resizing for block volumes and boot volumes 2020/6/2 Database Performance Hub Blocking Sessions 2020/6/2 Compliance Documents Compliance Documents is now available 2020/6/2 Application Migration Experience zero downtime when you migrate apps using Application Migration 2020/6/3 Database Performance Hub time zone selector 2020/6/9 Tagging Bulk tag operations now supported 2020/6/11 Search Search support for documentation 2020/6/13 Database Exadata Cloud@Customer: Create and Manage Multiple Virtual Machines per Exadata System (MultiVM) 2020/6/13 Database Exadata Cloud@Customer: Scaling OCPUs without Cloud Connectivity 2020/6/16 Database Download AWR Reports 2020/6/16 Compute E3 Compute shapes available in additional regions 2020/6/16 Compute Schedule-based autoscaling for Compute instance pools
  5. OCI: 最近の主な新機能 (2020/6) 5 Copyright – © 2020 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. Release Date Services 2020/6/17 Database Create a database using an archived redo log backup in a virtual machine or bare metal DB system 2020/6/17 Data Science Improvements to the Notebook Session Environment and Library Upgrades 2020/6/17 Database Create a point-in-time copy of a database in a virtual machine or bare metal DB system 2020/6/18 OS Management OS Management is now available in the Japan Central (Osaka) region 2020/6/22 OKE Support for additional admission controllers 2020/6/22 OKE Support for Kubernetes version 1.16.8 2020/6/23 Data Flow, OCI Bootstrapping functionality is now available in Oracle Cloud Infrastructure Data Flow. 2020/6/23 Database Exadata Cloud@Customer: Oracle Autonomous Database 2020/6/23 Database Exadata Cloud@Customer: Shared DB Home Resource Tags 2020/6/24 Database Exadata Database Home tagging available 2020/6/25 Data Integration Oracle Cloud Infrastructure Data Integration is now available 2020/6/30 WAF New Web Application Firewall features
  6. OCI: 最近の主な新機能 (2020/7) 6 Copyright – © 2020 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. Release Date Services 2020/7/1 Database Exadata cloud DB systems now use per-second billing 2020/7/7 Object Storage Object re-encryption 2020/7/7 Database Data Safe available for Autonomous Databases using dedicated Exadata infrastructure 2020/7/7 Database Autonomous Database network access: in-place switch to a private endpoint now available for databases using shared Exadata infrastructure 2020/7/7 Compute, Load Balancing, Networking Limited availability (LA) of IPv6 addressing in all commercial regions 2020/7/10 Compute Service limits for Compute shapes replaced with per-core limits and quotas 2020/7/13 Compute Automatically generated SSH key pairs for compute instances Database Autonomous Exadata Infrastructure resources now use per-second billing 2020/7/14 Database Bare metal and virtual machine DB systems now use per-second billing 2020/7/14 Application Migration Migrate Oracle Java Cloud Service application to Oracle WebLogic Server for Oracle Cloud Infrastructure instance 2020/7/14 Database Exadata Cloud@Customer: Per-Second Billing for OCPU Usage 2020/7/14 Resource Manager GitLab Support for Storing Terraform Configuration Files 2020/7/14 Database Provision a standby Autonomous Database on shared Exadata infrastructure using Autonomous Data Guard
  7. OCI: 最近の主な新機能 (2020/7) 7 Copyright – © 2020 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. Release Date Services 2020/7/15 OKE Support for monitoring Kubernetes API server using the Oracle Cloud Infrastructure Audit service 2020/7/15 Blockchain Platform Blockchain Platform Cloud now available 2020/7/21 Database Exadata Cloud@Customer: Per-Second Billing for Autonomous Database OCPU Usage 2020/7/24 OCI US-West (San Jose) region now available 2020/7/28 Database Patch Autonomous Container Databases and Exadata infrastuctures immediately 2020/7/28 Block Volume Auto-tune Volume Performance 2020/7/28 Support Management Support requests in the Console now support more identity providers 2020/7/28 Compute Configuring Image Capabilities for Custom Images 2020/7/28 Database Exadata Cloud@Customer: Oracle Grid Infrastructure and Oracle Database Patching 2020/7/29 Compute Edit instance properties - fault domain, launch options, in-transit encryption, and improvements to change shape 2020/7/30 OKE Patch available to fix Kubernetes security vulnerability (CVE-2020-10749) 2020/7/31 Database Maintenance quarters offset by one month for Autonomous Databases on dedicated Exatadata infrastructure 2020/7/31 Compute Maintenance status metric for compute instances
  8. OCI: 最近の主な新機能 (2020/8) 8 Copyright – © 2020 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. Release Date Services 2020/8/3 OKE Support for the Container Storage Interface (CSI) volume plug-in 2020/8/4 Database Rename Autonomous Database on shared Exadata infrastructure 2020/8/5 Resource Manager Resource Discovery 2020/8/6 OCVS Oracle Cloud VMware Solution 2020/8/6 Data Safe Oracle Data Safe: Initial audit data load feature now available 2020/8/8 Database Exadata Cloud@Customer: Deployment Assistant 2020/8/11 Database Autonomous JSON Database 2020/8/11 Data Safe Oracle Data Safe now supports on-premises Oracle databases via private endpoint (available in select regions) 2020/8/11 Data Science Data Science Resource Principals and other Improvements to the Notebook Session Environment are now available 2020/8/11 Data Safe Oracle Data Safe now supports Autonomous Database on Shared Exadata Infrastructure with private VCN access 2020/8/12 Object Storage Object Storage lifecycle management enhancements to automate the deletion of uncommitted or failed multipart uploads 2020/8/12 Data Catalog New release for Data Catalog 2020/8/13 Data Integration New Release for Data Integration
  9. OCI: 最近の主な新機能 (2020/8) 9 Copyright – © 2020 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. Release Date Services 2020/8/17 Compute Oracle Linux 8 available as a platform image 2020/8/18 OKE Support for changing properties of new worker nodes in a cluster 2020/8/18 Database Exadata Cloud@Customer: X8M-2 System Support 2020/8/19 Data Flow, OCI Functionality to Access Private Networks is now Available in Data Flow 2020/8/19 Database Performance Hub Blocking Sessions Tab 2020/8/20 Database Exadata Cloud@Customer: Enable and Manage Data Guard Associations 2020/8/21 Data Integration, OCI Data Integration is now available in Japan Central (Osaka), Japan East (Tokyo), Saudi Arabia West (Jeddah), and India 2 (Hyderabad) regions 2020/8/26 Database Performance Hub:ASH Data Resolution 2020/8/26 Compute Choose whether VM instances are automatically restarted after physical host maintenance 2020/8/26 Database Performance Hub: Workload tab support for ADB-D 2020/8/26 File Storage A new version of oci-fss-utils for File Storage in-transit encryption is now available 2020/8/27 Data Safe Oracle Data Safe now supports Oracle Databases on Compute instances in Oracle Cloud Infrastructure
  10. OCI: 最近の主な新機能 (2020/8) 10 Copyright – © 2020 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. Release Date Services 2020/8/27 Application Migration Migrate applications to supported geographical regions 2020/8/27 Application Migration Identify corrective actions based on the application status 2020/8/27 Application Migration Migrate Oracle SOA Cloud Service application to Oracle SOA Suite on Marketplace instance
  11. ブロック・ボリューム、ブート・ボリュームのオンライン・リサイズ ブロック・ボリュームおよびブート・ボリュームのオンライン・リサイズ が可能に。 縮小は不可。 インスタンスからデタッチする必要がなく、アタッチしたままで拡張可能。 リサイズ後にはOS上で以下を実行する必要がある。 1. rescanコマンドをコピペして実行(コマンドはコンソールで生成可能) 2. パーティション拡張

    11 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/6/1
  12. コンプライアンス・ドキュメントのダウンロード コンプライアンス・ドキュメントのサービスメニューから、OCIのコンプライアンス・ドキュメントのリストからドキュメントをダウンロー ド可能 12 Copyright – © 2020 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 2020/6/2
  13. タグのバルク処理 複数のタグ・キー定義に対して一括で操作が可能に また、タグ・キー定義が含まれているタグ・ネームスペースを削除することも可能になったため、大量のタグ・キー定義を作成 しているような場合にも管理が容易に 13 Copyright – © 2020 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/6/9
  14. コンソールからのドキュメント検索 コンソール内の検索ボックスでOCI上のリソース検索だけではなく、ドキュメントも検索可能に コンソールの言語設定を日本語にしていれば、日本語でのドキュメント検索も可能 14 Copyright – © 2020 Oracle and/or

    its affiliates. All rights reserved. 2020/6/11
  15. Flexible E3 コンピュート・シェイプの利用可能リージョン追加 新しいAMDシェイプのE3シェイプが登場 • VM.Standard.E3.Flex、BM.Standard.E3.128 • AMD EPYC 7742

    (2.25 GHz) Flexible Shape • E3のVMシェイプは1~64まで任意のOCPU数を選択可能 • メモリー、ネットワーク帯域、VNIC数はOCPU数に応じて固定 • メモリー:1OCPUあたり16GB • ネットワーク帯域:1OCPUあたり1Gbps, 最大40Gbps • VNIC数:初めのOCPUで2VNIC、追加1OCPUあたり1VNIC、最大24VNIC インスタンス起動後にシェイプのリサイズも可能 ベアメタルのBM.Standard.E3.128はサイズ固定 • これまでのシェイプの中では最大の128 OCPU、2048メモリー 15 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/6/16 これまで、Phoenix, Ashburn, Tokyo, Frankfurt でのみ利用可能でしたが、 Osaka を含む以下のリージョンでも利用可能になりました。 Sydney, Melbourne, Montreal, Toronto, Osaka, Amsterdam, Seoul
  16. スケジュールベースの自動スケーリング • CPUやメモリ使用率のメトリックベースでの自動スケーリングに加え、あらかじめスケジュールした時間に自動的にコンピュート・インスタン スをスケールさせることが可能に。 • ユースケース • 平日朝にインスタンス数をスケールアウトし、夕方に減らす • 年間のうち年度末のみ特に負荷が増大するので、その3日間だけスケールアウトする

    • 繰り返し実行もしくは1回のみのスケジューリングが可能 • スケジュールはcron表記で定義 • 「クイック・スタート」のスケジュールをサンプルにして好きなスケジュールをカスタマイズして作成も可能 16 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/announcing-general-availability-of-compute-autoscaling-v2 トリガー スケジュール メトリック (CPU,メモリ使用率) OR スケールアウト スケールイン コンピュート・インスタンス 2020/6/16
  17. スケジュールベースの自動スケーリング構成 作成画面 17 Copyright – © 2020 Oracle and/or its

    affiliates. All rights reserved. 対象のインスタンス・プールに対して自動スケジューリング構成を 作成する 自動スケーリング構成の中に、自動スケーリング・ポリシーとしてター ゲットのプールサイズ(インスタンス数)とスケジュールを定義する
  18. スケジュールベースの自動スケーリング構成 作成画面 18 Copyright – © 2020 Oracle and/or its

    affiliates. All rights reserved. 例)スケール・アウトとスケール・インを行う場合は、それぞれのポリ シーを定義
  19. OS管理サービス Osakaリージョンでも利用可能に • コンピュート・インスタンスのOS管理を一元管理/制御するためのサービス • OSパッチ、パッケージ管理などの管理者タスクを軽減 • 利用可能なリージョン • https://docs.cloud.oracle.com/en-us/iaas/os-management/osms/osms-overview.htm

    • 対応OS:Oracle Linux 6, 7, 8 、Windows 2012 R2, 2016, 2019 • Oracle Autonomous Linuxは含みません • Always Freeでも使用可能 19 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/6/18
  20. 新しいコスト分析画面 コスト分析画面の刷新。旧画面はクラシック・バージョンに切替えることで利用可能。 ・フィルタ、グループ化ディメンション • 可用性ドメイン、コンパートメント、プラットフォーム、タグ、リージョン、サービス、リソースOCID、製品の説明、SKU(部品番号)、単位 ・CSVもしくはチャートのダウンロード機能 ・累積表示も可 20 Copyright –

    © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  21. オブジェクト・ストレージの再暗号化 オブジェクトを再暗号化することが可能に。 オブジェクトの暗号キーを変更したい場合に有用 再暗号化する際には、オラクル管理キー、ボールトによる顧客管理キー、もしくは顧客提供暗号キー(SSE-C)から選 択可能 21 Copyright – © 2020

    Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/7/7
  22. 全商用リージョンでのIPv6のLimited Availability これまでUSの政府機関向けリージョンのみでIPv6が対応していたが、すべての商用リージョンで、IPv4とIPv6を両方利用 できるように構成することが可能に。 インターネットやオンプレミスネットワークとIPv6のインバウンド/アウトバウンド通信をサポート。 現時点ではLimited Availability(LA)のため、ご利用希望のテナンシーに対して申請が必要。 22 Copyright –

    © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/7/7 Limited Availability
  23. コンピュート・シェイプのサービス制限とクオータがコア単位に変更 これまでは各シェイプごとのインスタンス数を設定してたが、各シェイプシリーズごとの合計OCPU数(GPUシェイプの場合は GPU数)で設定する形に変更 • シェイプシリーズとは、VM.Standard2、VM.Standard.E2 などの課金単位が同じシェイプのこと。 • 既存のインスタンス数によるサービス制限は、同等のコア単位の制限に自動的に変換される。 • 例)VM.Standard2.1

    x 10, VM.Standard2.2 x 10 の場合 → VM.Standard2シリーズの制限: 30 OCPU 23 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/7/10
  24. コンピュート・インスタンスのSSHキーの自動生成 これまではインスタンス作成前に事前に必ずキー・ペアをご用意する必要があったが、インスタンス作成時に、コンソール上 でSSHのキー・ペアを生成することが可能に。 従来通り既存のキー・ペアを使用することも可能 24 Copyright – © 2020 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/7/13
  25. [Resource Manager] Terraformの構成ファイルの保存にGitLabをサポート 構成ファイルのソース・プロバイダーとともに、Terraformの構成ファイルをGitLabに置くことが可能に GitLabでソース・プロバイダーを作成する方法 • To create a configuration

    source provider GitLabの構成からスタックを作成する方法 • https://docs.cloud.oracle.com/iaas/Content/ResourceManager/Tasks/managingstacksandjobs.ht m#CreateStack 25 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/7/14
  26. Oracle Cloud Infrastructure Global Footprint July 2020: 25 Regions Live,

    13+ Planned; 5 Azure Interconnect Regions Confidential – © 2020 Oracle - NDA SAN JOSE, CA PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO CARDIFF EUROPE AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON SWEDEN ITALY FRANCE JEDDAH ISRAEL DUBAI MUMBAI HYDERABAD SINGAPORE CHUNCHEON SEOUL ASIA TOKYO OSAKA JOHANNESBURG SYDNEY MELBOURNE Commercial Commercial Planned Government Government Planned Microsoft Interconnect Azure Microsoft Interconnect Azure Planned SAUDI 2 UAE 2 2020/7/24 US-West (San Jose) リージョンのオープン
  27. コンソールのサポート・リクエスト アイデンティティ・プロバイダー対応 コンソールからサポート・リクエストIAM、IDCS、Okta以外のアイデンティティ・プロバイダーを利用している場合でも、MOS のe-mailアドレスがユーザー名と一致していればコンソールからサポート・リクエストが連携できるようになりました。 27 Copyright – © 2020 Oracle

    and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/7/28
  28. コンソールからボリュームの編集操作 • ブロック・ボリュームとブート・ボリュームの編集ページが追加になり、ボリュームの設定変更が一括で可能になりました。 編集可能な項目は以下の通りです。 • ボリューム・サイズの拡張 • ボリューム・パフォーマンスの変更 • ボリューム・パフォーマンスの自動チューニングの有効化(次の項目)

    • バックアップ・ポリシーの適用 28 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/7/28
  29. ボリューム・パフォーマンスの自動チューニング • ブート・ボリュームやブロック・ボリュームがインスタンスにアタッチされているかどうかによって、Lower Cost / Balanced / Higher Performance の性能タイプを自動的に調整。

    • 利用されていないボリュームのコストを最小に抑えることが可能 • ボリュームに対して自動チューニングをONにすると、インスタンスにアタッチされている時は選択したデフォルトのパフォーマ ンスタイプに、デタッチされている時はLower Costに自動調整される • 注)Auto-tuneは、設定を行ったりインスタンスからデタッチしてから24時間後にスタート。また、Auto-tuneを有効にしているボ リュームをアタッチする場合は、通常よりも時間がかかる。(アタッチ時にデフォルトタイプに変更してからアタッチするため) 29 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/7/28
  30. カスタム・イメージのImage Capability構成 • Image Capability は、カスタム・イメージからインスタンスを作成する際に利用可能な構成オプション。Image Capability スキーマを使ってインスタンス作成時にこのImage Capabilityをカスタマイズすることが可能。 •

    REST APIs, SDKs, もしくはCLIのみで利用可能 30 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/7/28
  31. インスタンスのプロパティの編集 インスタンスのプロパティの編集。再起動が必要。 • シェイプの変更 • VM.Standard.E2, VM.Standard2, VM.Standard.B1, VM.Standard1 シリーズ

    - Linux: VM.Standard.E2, VM.Standard2, VM.Standard.B1, VM.Standard1, VM.Standard.E3に変更可能 - Windows: 同一シリーズの新しいシェイプに変更可能。 • VM.Standard.E3 シリーズ: - E3シリーズ内での変更 - Linux: VM.Standard.E2, VM.Standard2, VM.Standard.B1, VM.Standard1 シリーズに変更可能 • VM.GPU3 シリーズ: VM.GPU3 シリーズ内での変更. • フォルトドメインの変更 • Standard, GPU VMインスタンスの起動オプションの変更 • ネットワーク・タイプ(SR-IOV / 準仮想化)、ブート・ボリュームの アタッチメント・タイプ(iSCSI / 準仮想化)、転送中暗号化 31 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/7/29
  32. コンピュート・インスタンスのメンテナンス・ステータスのメトリック • コンピュートのVMインスタンスにリブート・メンテナンスがスケジュールされているかを確認するためのメトリックが追加 • メトリック・ネームスペース`oci_compute_infrastructure_health` • メトリック名 `maintenance_status` • https://docs.cloud.oracle.com/iaas/Content/Compute/References/infrastructurehealthmetrics.htm

    32 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/7/31
  33. リソース・マネージャーのリソース検出 • デプロイ済みのリソースからTerraform構成とステート・ファイルを作成可能。 • コンパートメント内の手動作成リソースを検出し、リソース・マネージャーによってオーケストレーションされるリソースに変 換し、環境の複製や再作成が可能に。 33 Copyright – ©

    2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/8/5
  34. 34 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Oracle Cloud

    VMware Solution VMWARE SOFTWARE サーティファイされたVMware Cloud Foundation環境( vSphere、 vSAN、 NSX Enterprise Edition) ORACLE CLOUD INFRASTRUCTURE 拡張可能なベアメタル・コンピュートによる構成 Oracle Cloud Infrastructureの高パフォーマンスなインフラストラクチャ上で、 お客様専有のVMware環境を提供 vSphere + vSAN + NSX Bare Metal Compute VMware Software と Oracle Cloud Infrastructureの統合されたソリューション 2020/8/6
  35. Oracle Cloud VMware Solution 構成 35 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates VMware Software Enterprise Editions of the following: • ESXi 6.5 U3 or 6.7 U3 • NSX-T 2.5.1 • vSAN 6.5 U3 or 6.7 U3 • vCenter 6.5 U3 or 6.7 U3 Oracle Infrastructure 最小構成: 3ノード / 全体のキャパシティ: • 156 OCPUs (BM.DenseIO.52 x 3) • 2304 GB Memory • 153 TB NVME SSD Local Storage • Additional BMDenseIO2.52 hosts Hypervisor – vSphere Storage – VSAN Networking – NSX OCI Compute – Bare Metal DB APP WEB ORACLE CLOUD INFRASTRUCTURE (REGION) Bare Metal Compute Virtual Machine Container Engine For Kubernetes Virtual Cloud Network
  36. Oracle Cloud VMware Solution の特徴 36 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates オンプレミス同様の操作性 インフラ管理コストの削減 豊富なクラウド・サービスとのシームレスな連携 Oracle Cloud Infrastructure ベアメタル・コンピュート vSAN & NSX Virtual Networking & Virtual Storage VM VM VM VM VM VM VM VM VMware vSphere VMware vSphere VMware vSphere
  37. Oracle Cloud VMware Solution のメリット OCVSでは、ユーザーにVMware SDDC機能へのフル・アクセスが提供されているのが特徴。 • 高可用性 •

    すべてのVMwareコンポーネントはOCIの可用性ドメイン内の異なるフォルト・ドメインに分散して配置される。vSANはSDDC内 のすべてのESXiホストにまたがってデータをレプリケート。 • Lift and shift • オンプレミスのVMwareワークロードをシームレスにOCVSに移行することが可能。 • 完全なインテグレーション • SDDCはVCN内に配置されるため、コンピュートやDBCS、Autonomous Databaseなどの他のOCIリソースに通信するように構 成可能。 • 管理性 • OCIコンソールからワークフローに従ってSDDCの作成やネットワークの構成を行うことができる。 • レイヤー2 ネットワーク • SDDCはVLANで構成され、レイヤー2を必要とするアプリケーションをパブリッククラウド上でサポートすることが可能。 37 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  38. Oracle Cloud VMware Solution 画面イメージ 38 Copyright – © 2020

    Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  39. Oracle Cloud VMware Solution そのほかの情報リソース • 日本語ニュースリリース「オラクル、「Oracle Cloud VMware Solution」をすべてのグローバル・リージョンと「Oracle

    Dedicated Region Cloud@Customer」で提供」 • https://www.oracle.com/jp/corporate/pressrelease/jp20200817.html • 日本語ブログ「Oracle Cloud VMware Solution 提供開始」 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/oracle-cloud-vmware-solution-ga • ニュースリリース「Oracle Cloud VMware Solution Now Available in All Global Regions and Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」 • https://www.oracle.com/news/announcement/oracle-cloud-vmware-solution-080620.html • ブログ「technical blog about Oracle Cloud VMware Solution」 • https://blogs.oracle.com/cloud-infrastructure/announcing-the-global-availability-of-oracle-cloud-vmware- solution?xd_co_f=2bcada810f1d3336ac91576524415115 • マニュアル • Oracle Cloud VMware Solution - http://docs.cloud.oracle.com/iaas/Content/VMware/Concepts/ocvsoverview.htm 39 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  40. オブジェクト・ストレージのライフサイクル管理で未コミットまたは失敗したマルチパート・ アップロードを自動的に削除 オブジェクト・ストレージのライフサイクル・ポリシーで、自 動的に未コミットもしくは失敗したマルチパート・アップ ロードを削除することが可能。 • これまで、バケットを消そうとした際にマルチパート・アップ ロードのパーツが残っていて消せないというケースがあった が(この場合は手動でそれらを削除する必要がある)、 これらを自動的に削除するポリシーが設定できるように

    なった。 40 Copyright – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/8/12
  41. プラットフォーム・イメージとしてOracle Linux 8 の提供開始 Oracle Linux 8 がプラットフォーム・イメージ(Oracle提供イメージ)として提供開始 41 Copyright

    – © 2020 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. 2020/8/17
  42. VMインスタンスの自動再起動の選択 これまで、物理ホストのメンテナンス後には起動中VMインスタンスは 自動的に再起動されていたが、設定により、インフラのメンテナンス後 にインスタンスを自動再起動させるか停止したままにするかを選択可 能になった。 インスタンス作成時、あるいは、作成済のインスタンスの「Advanced Options」を編集して設定変更可能。 42 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted [Date] インスタンス作成時のAdvanced Option 2020/8/26
  43. ファイル・ストレージのoci-fss-utilsの新バージョンリリース ファイル・ストレージ領域の暗号化のオプション • At-Rest暗号化(デフォルト) - AES 256bit。Oracle管理キーを使用した暗号化。 • Vaultを使用した暗号化 -

    Vaultに格納したお客様個別のキーを使用した暗号化。 インスタンス – ファイルシステム間の暗号化 • In-transit暗号化 - TLS v1.2でインスタンスとファイルシステム間の暗号化を実現 - インスタンス上にoci-fss-utilsパッケージをインストールする必要がある。 - 最新版oci-fss-utilsダウンロード ◦ https://www.oracle.com/downloads/cloud/cloud-infrastructure-file-storage-downloads.html - 必要なポートをセキュリティルールで許可する - 手順詳細はマニュアル参照 ◦ https://docs.cloud.oracle.com/en-us/iaas/Content/File/Tasks/intransitencryption.htm 43 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates | Confidential: Internal/Restricted/Highly Restricted [Date] 2020/8/26 File Storage TLS トンネル sudo mount -t oci-fss 10.x.x.x:/fs- export-path /mnt/yourmountpoint
  44. None
  45. Our mission is to help people see data in new

    ways, discover insights, unlock endless possibilities.