Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

JBUG広島&JBUG岡山 #共同開催 2020_06_21 LT資料

J-Ogu
June 21, 2020

JBUG広島&JBUG岡山 #共同開催 2020_06_21 LT資料

J-Ogu

June 21, 2020
Tweet

More Decks by J-Ogu

Other Decks in Business

Transcript

  1. 10年以上アナログ管理を
    していたチームが
    プロジェクト管理ツールを
    導入して変わった話
    〜これからツール導入を考えている方へ〜
    2020.06.21 小栗 潤一

    View full-size slide


  2. 小栗潤一 (おぐり じゅんいち)

    株式会社総合オリコミ社
     ・制作部 システム研究課
     ・ディレクター
     ・チラシ制作の社内業務を自動化

    よく使う言語
     ・JavaScript(adobe)、
    AppleScript、
      Python、
    Vue.js、
    PHP

    自分について
     ・デザイナーとして入社、
    独学でプログラムを始める。
     ・数独、
    お絵かきロジックなどパズルが好き
     ・2018年に
    「Pythonでお絵かきパズルを解いてみた」
    自己紹介 おまえ、
    誰よ?

    View full-size slide


  3. ツール導入前の約10年

    ツール導入が必要になる時
    ・Backlogにたどり着くまで
    ・Backlogを導入してから行ったこと
    ・Backlog導入後に起きたチームの変化
    アジェンダ

    View full-size slide

  4. ツール導入前の
    約10年

    View full-size slide

  5. ツール導入前の約10年
    独学でスタートしたがゆえに

    プロジェクト管理に縁がなかった

    個人で個別に依頼を受けて開発を行う

    手書きの管理で十分だった

    View full-size slide

  6. ツール導入前の約10年
    独学でスタートしたがゆえに
    仕事の内容は日々変化していく

    プロジェクト管理に縁がなかった

    個人で個別に依頼を受けて開発を行う

    手書きの管理で十分だった

    数年過ぎて社内でシステム課として認知

    仕事が増える、
    難易度が上がる

    チームに人が増えていく

    View full-size slide

  7. ツール導入が
    必要になる時

    View full-size slide

  8. ツール導入前が必要になる時
    プロジェクト管理は
    なぜ必要なのか?
    何のために管理するのか?

    View full-size slide

  9. ツール導入前が必要になる時
    プロジェクト管理は何のために行うのか?

    チームで認識を合わせて、
    プロジェクトが最大限に
    成功することをサポートするため

    View full-size slide

  10. ツール導入前が必要になる時
    プロジェクト管理は何のために行うのか?
    そのために必要なことは?

    チームで認識を合わせて、
    プロジェクトが最大限に
    成功することをサポートするため

    プロジェクトの見える化

    ヒト、
    モノ、
    コトの管理

    目標達成の共通認識を持つ

    View full-size slide

  11. ツール導入前が必要になる時
    プロジェクトの
    全体像が
    わからない
    目標が
    共通認識として
    持てなくなった
    チーム内の誰かが
    考え始めたら
    ツールの導入が必要!!

    View full-size slide

  12. Backlogに
    たどり着くまで

    View full-size slide

  13. Backlogにたどり着くまで
    プロジェクト管理は
    何から始めたらいいか
    わからない。

    View full-size slide

  14. Backlogにたどり着くまで
    asana
    ひとりから
    初めてみた
    デザインが
    よかった
    無料で使える
    (無料版は機能は少ない)
    ¥1,200 月 / ユーザ
    (稟議に通しづらい)

    ひとりで始める ≠ チームで共通認識

    自然と使わなくなっていった

    View full-size slide

  15. Backlogにたどり着くまで
    trello
    チームで
    使用を開始
    1 週間に一度の
    振り返りを開始
    無料
    Chrome 拡張
    ガントチャート
    ・issues,todo,nextweek,thisweek,doing,done,cancel
    ・doneを削除しないので完了課題が溜まる
    ・抜け漏れが発生するようになる
    ・モチベーションが下がる
    ・長期間使用すると全体像が見えにくくなってきた

    View full-size slide

  16. Backlogにたどり着くまで
    タスク管理をしてみて
    課題

    全体像が把握できる

    振り返りを行う習慣がついた

    完了課題を消さない運用に向いているツールを選ぶ

    日々のタスクを直感的に管理 (ガントチャート)

    チームのナレッジを残したい (wiki)

    タスクを完了していくモチベーションを維持したい

    View full-size slide

  17. Backlogにたどり着くまで
    勉強会に参加
    JBUG広島
    Backlogいいかも

    View full-size slide

  18. Backlogを
    導入してから
    行ったこと

    View full-size slide

  19. Backlogを導入してから行ったこと
    trello -> Backlog
    ・trelloでの課題をチームで共有 (移行する意思を確認)
    ・30日間の無料トライアル

    継続して使用するために結果をだす

    View full-size slide

  20. Backlogを導入してから行ったこと
    マニュアルの作成
    導入の目的
    課題の基準

    View full-size slide

  21. Backlogを導入してから行ったこと
    マニュアルの作成
    導入の目的
    課題の基準
    課題入力の
    ルール

    View full-size slide

  22. Backlogを導入してから行ったこと
    マニュアルの作成
    導入の目的
    課題の基準
    課題入力の
    ルール
    対応の流れ

    View full-size slide

  23. Backlogを導入してから行ったこと
    マニュアルの作成
    導入の目的
    課題の基準
    課題入力の
    ルール
    対応の流れ
    週一回の
    振り返りミーティングで
    ブラッシュアップ

    View full-size slide

  24. Backlogを導入してから行ったこと
    稟議を通って導入できた

    昨年11月からまずは三ヶ月のトライアル
    ・2月までに結果をだして、
    その後継続して使用がOK

    システムチーム以外の部署でも使用開始

    View full-size slide

  25. Backlog導入後に
    起きた
    チームの変化

    View full-size slide

  26. Backlog導入後に起きたチームの変化
    朝会、夕会を行う
    完了したタスクも
    表示させる
    厳しく指摘しない
    タスクの粒度は
    1日に2つこなせる程度
    3日以内
    ・JBUG広島で聞いた良い取り組みを真似る

    View full-size slide

  27. まとめ
    ツールを選ぶ際に
    Backlog は比較的導入しやすいのではないか
    導入後にどのような状態になりたいのかをイメージ
    ・有料、
    無料は関係なく課題に合ったツール選びが重要
    ・料金体制がスペース毎なので規模が大きくなっても安心
    ・ガントチャート、
    カンバンボード両方あって管理しやすい
    ・対応の抜け漏れをなくす
    ・日々の進捗共有を視覚化
    ・社内のナレッジを一箇所で管理

    別部署との連携。
    まだ未達成。
    プロジェクト管理とは別の施作が必要。

    View full-size slide