$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

Autonomous Database サービス・アップデート / adb_service_update_jp_FY23

Autonomous Database サービス・アップデート / adb_service_update_jp_FY23

2022/6以降のOracle CloudのAutonomous Databaseのサービス・アップデート(新機能)についてまとめた日本語資料です。
Autonomous Database / Autonomous Data Warehouse / Autonomous Transaction Processing / ATP / ADB / ADW / Oracle Cloud Infrastructure / OCI

2022/6より前のアップデートはこちらをご覧ください。
https://speakerdeck.com/oracle4engineer/adb-service-update-jp

oracle4engineer
PRO

September 06, 2022
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 日本オラクル株式会社 クラウド・エンジニアリング統括COE本部 Autonomous&Analyticsソリューション部 2022/9/6 サービス・アップデート(2022/6~) Oracle Autonomous Database Cloud

  2. Safe harbor statement 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、 情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以 下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することを確約するものではないため、購買 決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。 オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリース、時期及び価格については、弊 社の裁量により決定され、変更される可能性があります。 Copyright

    © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  3. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | はじめに 本資料は、表紙に記載の日付時点における、

    Oracle Autonomous Database Cloud の技術情報です。 Autonomous Databaseはデプロイモデルとして Shared Exadata Infrastructure * とDedicated Exadata Infrastructure がありますが、本資料では Shared を対象に記載しています。 Dedicatedについて記載する際はその旨を明記します。 * 旧 Serverless
  4. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | はじめに 最新情報や詳細情報は以下もご参照ください

    本資料は、表紙に記載の日付時点における、サービスアップデートを記載します。 詳細情報は以下もご参照ください マニュアル(What’s New) • What's New for Oracle Autonomous Database on Shared Exadata Infrastructure • What's New for Oracle Autonomous Database on Dedicated Exadata Infrastructure • Release Notes for Oracle Cloud Infrastructure
  5. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | FY23 Q1

    Autonomous Database 主なアップデート • Autonomous Data Guard SLA • Autonomous Data Guard利用時のSLAが99.995に • Oracle Machine Learning for R (OML4R) • Use Oracle Java • Oracle Real Application Testing: Database Replay • OML4R、Oracle Java、Database Replayが利用可能に • Character Set Support • Unicode以外のキャラクタセットをサポート
  6. 2022/8 • Documentation Addition: Updated Python Connection Information • Autonomous

    Data Guard SLA • Oracle Machine Learning for R (OML4R) • Synchronization with Data Catalog Enhancements • Regional Availability Metrics ADB-S サービスアップデート(FY23Q1) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | 2022/7 • Use Oracle Java • Oracle APEX 22.1 • Wallet Rotation with a Grace Period • Change Display Name • Default Database Name • Oracle Real Application Testing: Database Replay • Export Data with Column Names in Header Row
  7. 2022/6 • Character Set Support • Synchronization with Data Catalog

    Enhancements • Database Actions Changes • Network Security Group (NSG) Configuration with Private Endpoint • Simplified Configuration Steps with CMU for Microsoft Active Directory ADB-S サービスアップデート(FY23Q1) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  8. 2022/8 • New events for Autonomous Data Guard associations. •

    Create a new Autonomous Database instance from backup • Clone a database instance across regions and Exadata Infrastructure resources. • Fast Ingest Support 2022/7 • Oracle Operator Access Control for Autonomous Database on dedicated exadata infrastructure • Documentation addition about Operations Insights • Badging the features exclusive to either Oracle cloud or Exadata Cloud@Customer deployments ADB-D サービスアップデート(FY23Q1) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | ★を記載
  9. 2022/6 • Azure Active Directory (Azure AD ) Integration •

    New events for Cloud Autonomous Exadata VM Cluster and Autonomous Database resources. • Time zone selection for Autonomous Exadata VM Clusters on Oracle Cloud. ADB-D サービスアップデート(FY23Q1) Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | ★を記載
  10. Documentation Addition: Updated Python Connection Information ドキュメントの追加:Pythonを利用した接続 PythonアプリケーションからのAutonmous Databaseへの接続についての記載が、他の言語とは別の項目として追加さ れ、詳細になりわかりやすくなりました。

    2022/8 Documentation: Connect Python Applications to Autonomous Database Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  11. Autonomous Data Guard SLA Autonomous Data Guard利用時のSLA Autonmous Data Guardを有効にしたAutonomous

    DatabaseのSLAは99.995%となりました • SLA99.995% = 1カ月あたり約2.19分未満のダウンタイム • NRX = No Ridiculous Exclusions(除外なし)):ハードウェア障害などの計画外のダウンタイムだけでなく、メンテナンス タスクなどの計画的なダウンタイムをも含む 2022/8 Documentation:Availability Service Level Agreement for Oracle Autonomous Database when deployed with Autonomous Data Guard Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  12. Oracle Machine Learning for R (OML4R) Oracle Machine Learning for

    R(OML4R)のサポート Oracle DatabaseでRを利用できるOML4Rがサポートされました。OML4Rを利用することで、データ移動の必要なく Autonomous Databaseの高性能を活かしたデータの準備、探索、モデリングなどを実行することができます。 • OML NotebookのRインタープリターから使用します 2022/8 Documentation: About Oracle Machine Learning for R ボックスプロットとヒストグラムのグラフィックス関数のノートブック例 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  13. Synchronization with Data Catalog Enhancements Data Catalogとの同期機能の強化 Data Catalogとの同期実行のログを参照できるビューDBMS_DCAT$SYNC_LOGが提供され、簡単にログを確認できるよう になりました。

    2022/8 Documentation: DBMS_DCAT SYNC_LOG View SQL> desc DBMS_DCAT$SYNC_LOG Name Null? Type ----------------------------------- -------- ------------------------ LOG_TIMESTAMP TIMESTAMP(6) -- タイムスタンプ LOG_LEVEL VARCHAR2(32) --ログの レベル(OFF、FATAL、ERROR、WARN、INFO、DEBUG、TRACE、ALL) LOG_DETAILS VARCHAR2(32767) -- ログメッセージ SQL> select * from DBMS_DCAT$SYNC_LOG; LOG_TIMESTAMP LOG_LEVEL --------------------------------------------------------------------------- -------------------------------- LOG_DETAILS --------------------------------------------------------------------------------------------------- 30-AUG-22 01.59.20.959625 AM INFO full sync 30-AUG-22 02.00.29.168449 AM INFO Executing get_entity for entity [f017d0f1-8feb-4c71-82db-f1fb33e89434] name [] asset: [b294f281-c384-44b0-a4d9-ff0a7a9b6cac] 30-AUG-22 02.00.30.560067 AM INFO Entity sales is not active, skip getting info. 30-AUG-22 02.00.30.561191 AM ERROR Error updating entity [f017d0f1-8feb-4c71-82db-f1fb33e89434,sales]:ORA-20011: null entity name Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  14. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Regional average

    availability data metircs for ADB-S リージョン別の平均可用性メトリック 日次更新でリージョン別の平均可用性メトリックを表示するホームページが公開されました。 https://www.oracle.com/database/technologies/datawarehouse-bigdata/adb-availability-metrics.html 2022/8 Documentation:Monitor Regional Availability of Autonomous Databases
  15. Use Oracle Java Oracle Javaの使用 Oracle JVMがサポートされました。JavaストアドプロシージャをAutnomous Databaseで作成、実行することができます。 デフォルトでは無効であるため、有効化が必要です。 注意事項

    • 有効後は無効にすることはできません • 定期メンテナンス期間中に必要に応じてOracle Javaパッチ適用が実行されます • Oracle Javaパッチ適用中はJavaは使用できません。ORA-29548エラーが表示されます 2022/7 Documentation:Use Oracle Java -- 有効化 SQL> BEGIN 2 DBMS_CLOUD_ADMIN.ENABLE_FEATURE(feature_name => 'JAVAVM'); 3 END; / --インスタンス再起動後 確認 SQL> SELECT comp_id, status, version FROM DBA_REGISTRY where comp_id='JAVAVM'; COMP_ID STATUS VERSION ------------------------------ ---------- ------------------------------ JAVAVM VALID 19.0.0.0.0 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  16. Oracle APEX 22.1 Oracle APEX 22.1が利用可能に Oracle APEXの新しいリリース22.1が利用可能になりました。バージョン情報は「Oracle APEXについて」で確認いただくこと が可能です。リリース22.1の新機能についてはこちらをご確認ください。

    https://apex.oracle.com/ja/platform/features/whats-new-221/ 2022/7 Documentation: 9 Creating Applications with Oracle APEX in Autonomous Database Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  17. Wallet Rotation with a Grace Period ウォレットの猶予期間つきローテーション 1時間から24時間の猶予期間を指定したウォレットのローテーションができるようになりました。猶予期間の間は古いクライア ント認証キーと新しいクライアント認証キーの両方が有効です。猶予期間中に新しいウォレットをダウンロードし利用するこ とで段階的なローテーションを実行できます。

    ※Always Free環境は即時ローテーションのみサポート 2022/7 Documentation: Rotate Wallets with Grace Period Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  18. Change Display Name 表示名の変更 Autonomous Databaseインスタンスの表示名の変更ができるようになりました。 命名規則は以下の通りです • 表示名の最小長は 1

    文字で、最大長は 255 文字です。 • 表示名には、文字、数字、アンダースコア「_」、およびハイフン「-」のみを含める必要があります。 • 表示名は文字またはアンダースコア「_」で始める必要があり、2 つの連続するハイフン「-」を含めることはできません。 2022/7 Documentation: Update the Display Name for an Autonomous Database Instance Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  19. Default Database Name デフォルトのデータベース名 インスタンスのプロビジョニングまたはクローン作成時に提供されるデフォルトのデータベース名および表示名が自動で生成さ れる16文字の文字列になりました。 例: 2022/7 Documentation:Provision Autonomous

    Database Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  20. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Oracle Real

    Application Testing Oracle Real Application Testing Database Replayが利用可能に Oracle Real Application TestingのDatabase Replayを使用してオンプレミスまたは他のクラウドサービス・データベース から取得したワークロードをAutonomous Databaseで再生できるようになりました。移行準備などで行うワークロードの比 較にご利用いただけます。 2022/7 Documentation:Oracle Real Application Testing -- リプレイを実行 SQL> BEGIN 2 DBMS_CLOUD_ADMIN.REPLAY_WORKLOAD( 3 location_uri => 'https://objectstorage.ap-tokyo- 1.oraclecloud.com/n/xxx/b/yyy/o/dbreplay', --キャプチャファイルの場所 4 credential_name => 'CRED_ADMIN', 5 synchronization => TRUE, 6 process_capture => TRUE); 7 END; 8 / PL/SQL procedure successfully completed. --リプレイ結果を確認 SQL> select id,name,start_time,status,user_calls from dba_workload_replays; ID NAME START_TIM STATUS USER_CALLS ---------- -------------------- --------- ---------- ---------- 1 REPLAY_1659660705 05-AUG-22 COMPLETED 20 ①取得したワークロードのキャプチャ ファイルをObject Storageに配置 ②Autonomous Databaseでリプレイ
  21. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Export Data

    with Column Names in Header Row ヘッダー行の列名指定 DBMS_CLOUD.EXPORT_DATAでCSV形式で出力する際に、最初の行に列名を書き込むことができるheaderオプションが追 加されました。設定可能な値は以下の通りです。 • false : ヘッダー行をスキップ(デフォルト) • true : ヘッダー行にSELECT文の列名を利用。式の場合は別名が必要 • カスタムで指定 : 列名を区切って指定。デフォルトのデリミタはカンマ(,) 2022/7 Documentation:DBMS_CLOUD Package Format Options for EXPORT_DATA with Text Files (CSV, JSON, and XML) BEGIN DBMS_CLOUD.EXPORT_DATA( credential_name => 'CRED_ADMIN', file_uri_list => 'https://objectstorage.ap-tokyo- 1.oraclecloud.com/n/xxx/b/yyy/o/test_header.csv', query => 'SELECT * FROM EMP', format => json_object('type' value 'csv', 'header' value 'col1,col2,col3,col4,col5,col6,col7,col8')); END; / test_header_xxxx.csvの内容
  22. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Character Set

    Support 文字セットのサポート プロビジョニング時に拡張オプションの管理タブでデータベースの文字セット、各国語文字セットを選択できるようになりました。 推奨は引き続きデフォルトの文字セット(DB:AL32UTF8/各国語:AL16UTF16)です。 注意、制限事項 • Always FreeのAutonomous DatabaseおよびJSONワークロード・タイプでは文字セットの選択はできません • クローンの作成で文字セットを選択することはできません。ソース・データベースと同じ文字セットとなります。 • 既存のAutonomous Databaseの文字セットの変更はできません • AL32UTF8以外の文字セットの場合はAPEXのUI要素は英語のみのサポートとなります • サポートされる文字セットの一覧は、グローバリゼーションサポートガイドの"推奨するデータベース文字セット"および"その 他の文字セット"またはプロビジョニング時の選択リストで確認できます 2022/6
  23. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | Synchronization with

    Data Catalog Enhancements Data Catalogとの同期機能の強化 Data Catalogのパーティション化されたデータセットのメタデータを同期してパーティション化された外部表を作成できるよう になりました。 2022/6 test_bucket/workshop.db/sales_sample/month=2019-12/sales12.parquet test_bucket/workshop.db/sales_sample/month=2020-01/sales01.parquet test_bucket/workshop.db/sales_sample/month=2020-02/sales02.parquet test_bucket/workshop.db/sales_sample/month=2020-03/sales03.parquet 1.Object Storage上のファイル例 2.Data Catalog プレフィックスベースのファイル名パターン (例:workshop.db/)で パーティション化された論理エンティティを生成 同期 3.Autonomous Databaseに接続して実行 -- データ・アセットを指定して同期 SQL> execute dbms_dcat.run_sync('{"asset_list": [{ "asset_id":"<データ・アセット・キー>"}]}'); -- 同期により作成された表を確認 SQL> select oracle_table_name,oracle_schema_name from dcat_entities; ORACLE_TABLE_NAME ORACLE_SCHEMA_NAME -------------------- -------------------------------------------------- SALES_SAMPLE DCAT$<データ・アセット名>_TEST_BUCKET -- 表の定義を確認 SQL> select dbms_metadata.get_ddl('TABLE','SALES_SAMPLE','DCAT$<データ・アセット名>_TEST_BUCKET') from dual; DBMS_METADATA.GET_DDL('TABLE','SALES_SAMPLE','DCAT$<データ・アセット名>_TEST_BU -------------------------------------------------------------------------------- CREATE TABLE "DCAT$<データ・アセット名>_TEST_BUCKET"."SALES_SAMPLE" ( "MONTH" VARCHAR2(4000) COLLATE "USING_NLS_COMP", "DAY_ID" TIMESTAMP(6), : ) DEFAULT COLLATION "USING_NLS_COMP" ORGANIZATION EXTERNAL ( TYPE ORACLE_BIGDATA ACCESS PARAMETERS ( com.oracle.bigdata.fileformat=parquet com.oracle.bigdata.filename.columns=["MONTH"] com.oracle.bigdata.file_uri_list="https://swiftobjectstorage.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/v1/…/test_bucket/workshop.db/sales_sample/*" : ) ) REJECT LIMIT 0 PARTITION BY LIST ("MONTH") (PARTITION "P1" VALUES (('2019-12')) LOCATION ( 'https://swiftobjectstorage.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/…/test_bucket/workshop.db/sales_sample/month=2019-12/*'), PARTITION "P2" VALUES (('2020-01')) LOCATION ( 'https://swiftobjectstorage.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/…/test_bucket/workshop.db/sales_sample/month=2020-01/*'), : パーティション表として作成されている
  24. Database Actions Changes データベース・アクションの新機能 Database Actionsで以下の新機能が追加されました 全体 • オムニバー(検索バー)の追加 •

    Liquibaseのサポート SQLワークシート • ブラウザ、ローカル・デバイスのファイル操作 • PL/SQLエディタ REST • リソース・モジュールのインポート スケジューリング • ジョブ、チェーン、プログラム、スケジュールの作成 2022/6 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  25. Network Security Group (NSG) Configuration with Private Endpoint プライベートエンドポイント使用時のネットワーク・セキュリティ・グループ設定がオプションに プライベートエンドポイントのセキュリティ・ルールにVCNに関連付けられたセキュリティ・リストのルールが利用できるようになり

    ました。これまで必須だったネットワーク・セキュリティ・グループ(NSG)による制御はオプションとなります。 プライベートエンドポイントを構成するための前提条件の手順 1. 使用しているリソースに必要なポリシーを設定する 2. Autonomous Databaseを含むリージョン内にVCNを作成する 3. デフォルトのDHCPオプションで構成されたVCN内にサブネットを構成する • セキュリティ・リストでのルール設定 4. (オプション)ネットワーク・セキュリティ・グループを作成、指定する 2022/6 インスタンス作成画面の抜粋 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  26. Simplified Configuration Steps with CMU for Microsoft Active Directory Microsoft

    Active DirectoryのCMU構成手順の簡略化 Micorsoft Active Directoryを使用したCMUの構成手順が DBMS_CLOUD_ADMIN.ENABLE_EXTERNAL_AUTHENTICATIONを利用することで簡略化され、設定が容易に なりました。 2022/6 1. CMU構成データベース・ウォレット(cwallet.so)とCMU 構成ファイル(dsi.ora)をオブジェクトストアにアップロード 2. Autonomous Databaseにディレクトリオブジェクトを 作成 3. 作成した2のディレクトリオブジェクトに1をコピー 4. データベース・プロパティ"CMU_WALLET"に2のディレク トリ オブジェクト名を設定 1. CMU構成データベース・ウォレット(cwallet.so)とCMU構 成ファイル(dsi.ora)をオブジェクトストアにアップロード 2. DBMS_CLOUD_ADMIN.ENABLE_EXTERNAL_AU THENTICATIONを実行 BEGIN DBMS_CLOUD_ADMIN.ENABLE_EXTERNAL_AUTHENTICATION( type => 'CMU', --CMUを指定 params => JSON_OBJECT('location_uri' value 'https://objectstorage.us-phoenix- 1.oraclecloud.com/n/namespace-string/b/bucketname/o', 'credential_name' value 'my_credential_name') --ファイルを配置したURIとオブジェクトストアにアクセスするためのクレデンシャルを 指定 ); END; / 以前のActive Direcotry Serverへの接続手順 現在の接続手順 4ステップが2ステップに 簡略化 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates |
  27. Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates | BYOL to

    PaaS Autonomous Database BYOLで必要なオプションライセンスの変更 Enterprise EditionからのBYOLでMultitenantオプションライセンスが不要になり、既存ライセンスを用いたBYOLがご 利用いただきやすくなりました。BYOLに必要な要件は以下のとおりです。 • Standard Edition • 1 Processor =4 OCPU (8vCPU) • 10 NUP= 1 OCPU (2vCPU) • * SE BYOL : 最大8 OCPUまで • 「Oracle Databaseエディションの選択」により自動的に制限 • Enterprise Edition • 1 Processor = 2 OCPU (4vCPU) • 25 NUP = 1 OCPU (2vCPU) • EEライセンスに加え以下のオプションのライセンスが必要 • [1-16 OCPU] Multitenant なし • [17 OCPU以上] Multitenant / RAC • [Autonomous Data Guard] Active Data Guard 2022/6 インスタンス作成後もライセンス・タイプの変更は可
  28. None