アウトプット駆動読書術への招待 / The Output-driven Reading Techniques

D3f673bee1c7b59b8bdade8f6db61282?s=47 radiocat
April 23, 2019

アウトプット駆動読書術への招待 / The Output-driven Reading Techniques

アウトプット駆動読書術に関するLT資料の第1弾です。
第2弾は↓
https://speakerdeck.com/radiocat/the-output-driven-reading-techniques-2

D3f673bee1c7b59b8bdade8f6db61282?s=128

radiocat

April 23, 2019
Tweet

Transcript

  1. アウトプット駆動
 読書術への招待
 2019.4.23 / Rakus Beer-Bash in Osaka / mcdo2k

    / @radiocatz
 知識再利用のための思考と行動のチューニング
  2. Q. 我々は、
 何のために読書するのか?


  3. ❖ ショーペンハウアー著
 ➢ 19世紀ドイツの哲学者
 https://www.amazon.co.jp/dp/4334752713/ 
 
 読書について
 読書するとは、自分でものを考えずに、代 わりに他人に考えてもらうことだ。他人の

    心の運びをなぞっているだけだ。

  4. 本を読んでも、自分の血となり肉となる ことができるのは、反芻し、じっくり考え たことだけだ。
 アルトゥール・ショーペンハウアー


  5. エンジニア風に言い換えてみる


  6. 読書は知識のインポート
 読書は使い方の決まっていない汎用的なテーブルに
 CSVファイルをインポートしたようなもの。


  7. 再利用のためのチューニング
 データを再利用するためにチューニングする。
 ・ビューやインデックスの 再構築
 ・統計情報の更新


  8. アウトプットでチューニング
 アウトプットはあくまで副産物だが、アウトプット駆動で読書する ことによって、知識を再利用するための思考と行動がチューニ ングできる。
 アウトプットの副産物 チューニングされた 思考と行動

  9. 何故、アウトプット駆動でチューニングす るのか?
 


  10. ❖ 樺沢紫苑著
 https://www.amazon.co.jp/dp/4801400558/ 
 
 能力の最大化
 ❖ 長期記憶化
 ❖ 自己成長


    ❖ フィードバックループ

  11. エンジニア風に言い換えてみる(再)


  12. 能力最大化の運用設計
 アウトプット駆動で知識の再利用方法を”運用設計”することで 自己の能力を最大化できる。
 自己の能力を上 げる運用設計の 範囲


  13. アウトプットの方法
 ❖ 書く
 ➢ Qiitaやブログ
 ➢ 読書系サービス(書評)
 ➢ 自分専用のメモ
 ❖

    会話
 ➢ プレゼン、LT
 ➢ ディスカッション
 ❖ 行動
 ➢ プログラミング
 ➢ 仕事
 知識の再利用性と 能力への効果のト レードオフを考え て”運用設計”する 必要がある。

  14. 具体的な方法論は
 また次回に…
 『アウトプット駆動読書術への招待』の次回作にご期待ください。


  15. アウトプット駆動読書術
 自己成長
 読書による知識化 アウトプットによる能力化

  16. 付録:
 アウトプット駆動読書術における
 読書手法の考察


  17. ❖ 早く読むための様々な技術が存在している
 ❖ 科学的には効果が無いとも言われている
 
 ❏ みんなの速読|日本速脳速読協会 
 https://www.sokunousokudoku.net/courses/minsoku/
 ❏

    「速読」は不可能だと科学的に証明 「飛ばし読み」が最も有効 - ライブドア ニュース
 http://news.livedoor.com/article/detail/12898121/
 ❏ 速読術には意味がなかった? 「読書力」を向上させるために本当にすべきこと |WIRED.jp 
 https://wired.jp/2017/04/05/speed-reading/
 
 速読・斜め読み

  18. 最後はアウトプット
 1. 変換力を鍛える
 2. イメージ力を鍛える
 3. 本を右脳読み
 4. 本の内容をアウトプット
 ❖

    瞬読
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07K81DDVZ 
 

  19. 電子書籍 vs 紙の本
 よくある議論
 ❖ 読みやすさ・視認性
 ❖ 保管・収集
 ❖ 持ち運び・受け渡し


  20. アウトプット駆動で選択
 アウトプットまでイメージして手段を選ぶのが良い。
 例)
 通勤中に読みやすい電子書籍を選択⇒アウトプットはいつどこ でするのか?


  21. まとめ
 ❖ 読書は知識の再利用のために行う
 ❖ 知識のアウトプットによって自己の能力を高めることができる
 ❖ 読書習慣をアウトプット駆動で設計することによって、より良 い自己成長を目指すことができる


  22. アウトプット駆動
 読書術で
 より良い
 自己成長を


  23. References & Credits
 ❖ 読書が苦手な人のための、実用的な本の読み方について。 | Books & Apps 


    https://blog.tinect.jp/?p=59371
 ❖ iconmonstr - Free simple icons for your next project https://iconmonstr.com/