最近のRails構成

1c187c3f67507a90ced63f2c006ec4ad?s=47 regonn
March 31, 2018

 最近のRails構成

Kunibiki.rb #7 Rails祭り
@オープンソースラボ

1c187c3f67507a90ced63f2c006ec4ad?s=128

regonn

March 31, 2018
Tweet

Transcript

  1. 最近のRAILS構成 最近のRAILS構成 KUNIBIKI.RB #7 KUNIBIKI.RB #7 2018/03/31 オープンソースラボ 田上健太

  2. 自己紹介 自己紹介 田上健太(たのうえ けんた) Sonic Garden Inc.(Rails Web受託開発) 2018年3月 松江

    移住(出身 埼玉)
  3. 好きな言語 Dart, Julia, Elm 好きなLinux Manjaro 好きなエディタ VSCode

  4. YouTuber データサイエンス系動画(田中TOM) Juliaで学ぶデータサイエンス(regonn)

  5. 趣味 俳句 結社「鷹」所属 茶道 三斎流 島根県出雲市

  6. 最近RAILS周りでやってること(趣味) 最近RAILS周りでやってること(趣味) AWS ELASTIC BEANSTALK AWS ELASTIC BEANSTALK

  7. Elastic Beanstalk(EB)って? Heroku の AWS 版みたいなもの コードをデプロイするだけ AWSのサービス使って構築してくれる

  8. EB のメリット OpsWorksより覚える事少ない とりあえずAWSでWebサービス動かしたい時 便利 足りないLinux系パッケージもYAMLで記述して インストール可能

  9. EB のデメリット 日本語の記事少ない 基本ハマったら自己解決必須 デプロイ失敗時のエラーが詳しく出ない場 合がある EB独自仕様のコードになっていくため、他の 環境へ移しにくい active-elastic-job Cron

    や Active Job を EB の Worker で行う Gem Docker 環境も可能なので、Docker使えば他 にも移しやすいかも
  10. デメリットが多いのは察して下さい

  11. あと、最近は Facebook API と Instagram API バンバ ン叩いてるので気になる人は声かけてください。

  12. 今日の本題 今日の本題 SonicGardenのナウいRails構成について

  13. この話題にした背景 この話題にした背景

  14. 最近弊社社長の倉貫が ソニックガーデンの技術 力の発信が少ない とぼやいていた ソニックガーデンの技術系情報が外に出るこ とあまりない

  15. ソニックガーデンでは小さめの案件が多く rails new の頻度が高いため、比較的新しい技 術(機能)に触れる機会が多い 構成も洗練されてくる

  16. SG運用体制 SG運用体制 1案件1人がメインでアサイン 少人数チームでその案件のコードレビューとか も回す 受託案件 独自技術は使わず、他の人がコードを追える ように技術は揃える傾向 王道を追う傾向 社内向けアプリ

    最新の技術も積極的に使う
  17. フロントエンド系 フロントエンド系

  18. 早くコンパイルできるGEMを利用 早くコンパイルできるGEMを利用 haml ( gem) sass ( gem) hamlit sassc

  19. どうでもいいけど sass は Dart での開発が続いてい る貴重なプロジェクト

  20. JS 周り JS 周り Webpacker es + jquery が主流(coffeeはほぼ無くなってきた) ReactやVue案件も出てきている

    ステート管理は より Redux MobX
  21. JSON形式で渡す場合が多くなってきた JSON形式で渡す場合が多くなってきた Jbulder => gem シンプルに書けて動きが早い(partial等) rails の view の感覚で書ける(render等)

    jsonの項目がコードから把握しやすい jb
  22. JB サンプル(公式サイトコード参考) JB サンプル(公式サイトコード参考) json = { content: format_content(@message.content), author:

    { name: @message.creator.name.familiar } } if current_user.admin? json[:visitors] = calculate_visitors(@message) end json[:comments] = @message.comments.map do |comment| { content: comment.content } end json
  23. テスト系 テスト系

  24. Chrome headlessが出てきたのでそっちに乗り換 えた poltergeist => selenium + chrome headless エラー内容が分からない時は、すぐに実際の

    Chrome 立ち上げてテストが見えるので便利
  25. セキュリティ系 セキュリティ系

  26. SGではこの二人がサポートしてくれてる ブレーキマン Gemおじさん

  27. BRAKEMAN BRAKEMAN gem Railsを静的解析してセキュリティアラートを出 してくれる CI上で実行することでデプロイ前にセキュリティ に気づける brakeman

  28. GEMNASIUM GEMNASIUM Webサービス セキュリティアラートが発表されているライブ ラリをGemfileとpackage.jsonから教えてくれる 最近 Github でも似たような機能がついてる https://gemnasium.com/

  29. API 利用して社内の掲示板に定期的にお知らせし てくれるGemおじさん

  30. I18N系 I18N系

  31. COPYTUNER COPYTUNER SonicGardenのサービス(無料) デプロイ無しでブラウザ上からlocaleファイルを 編集できる copy-tuner-ruby-client

  32. None
  33. None
  34. None
  35. LINT系 LINT系

  36. Rubocopのルールを案件ごと管理するのでなく、 共通で管理してしまう 自由度はある程度許容し、なるべく最小構成に なるようにしている sgcop

  37. RAILSとは関係無いけどスマホアプリ系 RAILSとは関係無いけどスマホアプリ系

  38. React Native React の知識活かせるので、すでに受託案件で も採用している Code Push 細かいバグ修正等はレビュー通さずコード 変更が可能

  39. 宣伝 宣伝 Kaggle もくもく会やってます 4月は毎週水曜日18時〜 @オープンソースラボ

  40. None