Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

DXの本質と成果を出すマーケターのあるべき姿

 DXの本質と成果を出すマーケターのあるべき姿

BtoBデジタルシフト2020 Day 1
登壇者:株式会社WACUL 取締役 Chief Incubation Officer 垣内 勇威 Twitter:@yuikakiuchi

Transcript

  1. © WACUL INC. 株式会社WACUL 取締役 垣内勇威 30,000サイトの解析から導き出した DXの本質と成果を出すマーケターのあるべき姿 BtoBデジタルシフト2020

  2. 2 © WACUL INC. confidential 本⽇お伝えしたい3つの話 DXはスペースXではない 1 DXに夢を⾒てはいけない。DXとは古臭い業務のコストカットである デジタル専⾨部署がDXを遅らせる

    3 本来はDXを推進するために⽣まれた「デジタル専⾨部署」がDXを妨げる DXには定⽯がある 2 デジタル活⽤には⻑い歴史がある。定⽯を使えば回り道せずに済む
  3. 3 © WACUL INC. confidential 会社紹介 経営陣 会社概要 会社名 所在地

    設⽴⽇ 資本⾦ 社員数 ミッション ビジョン 会社URL 株式会社WACUL(ワカル) 〒101-0052 東京都千代⽥区神⽥⼩川町3-26-8 2F 2010年9⽉27⽇ 4億2,600万円 61⼈(2018年12⽉時点) 知を創集し 道具にする テクノロジーでビジネスの相棒を⼀⼈⼀⼈に https://wacul.co.jp/ 代表取締役CEO ⼤淵 亮平 京都⼤学 卒業 ボストンコンサルティンググループ ⼊社。コンサルタントとして経営 ・マーケティングPJを多数経験 株式会社WACUL、創業メンバーと して参画し、取締役を経てのち代表取締役に就任 取締役CIO 垣内 勇威 東京⼤学 卒業 株式会社ビービット ⼊社。コンサルタントとして多数のwebプロジェ クトに参画 その後、株式会社WACULにコンサルタントとして⼊社 のち取締役に就任 取締役CFO ⽵本 祐也 京都⼤学 卒業 ゴールドマン・サックス証券株式会社 ⼊社。シニアアナリストとして 機関投資家を⽀援。その後、A.T. カーニー株式会社にてテクノロジー 業界担当マネージャー 2018年7⽉に株式会社WACULのCFOに就任 取締役COO 井⼝ 善⽂ 慶応義塾⼤学 卒業 株式会社ソニー、株式会社リクルートを経て、2012年4⽉に株式会社 経営共創基盤に⼊社。ハンズオン型のコンサルティングを提供。2015 年11⽉より株式会社ウィルゲートの取締役として事業拡⼤を推進。 2019年1⽉、株式会社WACULの取締役に就任
  4. 4 © WACUL INC. confidential 沿⾰ Webコンサルティングを⾃動化し データから改善提案する “AIアナリスト”を提供 WebサイトのデータをAIが網羅的に分析する。現状を評価したうえで、課

    題まで報告する。さらに提供から3年間で2万サイト超を分析し、獲得した 勝ちパターンを⽤いたコンサルティングサービスも提供している ⽶国スティービー賞ゴールド、グッドデザイン賞2017受賞 2015年5⽉ ~ 現在 AIアナリスト3万サイトの分析に基づく “DX戦略コンサルティング”を提供 AIアナリストに登録された3万サイト超のデータを解析し、対象サイトと 同セグメントのサイトとのベンチマークを実施。ベストプラクティスを元 にしたDX戦略策定を⽀援 2018年6⽉ ~ 現在 デジタルマーケティングの実⾏を⽀援する “AIシリーズ” β版を提供 2018年4⽉ ~ 現在 AIアナリストユーザーにメディアコンテンツを提供する“AIライター”およ びUI/UXデザインを⾏う“AIデザイナー”のβ版を提供 成果コミット型Webコンサルティングを提供 Web業界では他に類を⾒ない、成果にコミットするコンサルティング を提供すると同時に、現在のAIアナリストの前⾝となる社内ツールを 開発 • ブックオフオンライン CV率120%以上 • ホワイトエッセンス CV率200%以上 2011年4⽉ ~ 2015年11⽉ 会社設⽴、Webコンサルティングを提供 2010年9⽉ JAFCOが資本参加 2015年5⽉ 電通が資本参加 2017年1⽉ リコー、マイナビ、TIS、みずほキャピタルが資本参加。 リコーと協業契約を締結 2018年11⽉
  5. 5 © WACUL INC. confidential 研究所 研究所では、専⾨家との共同研究により知⾒を深化させている WACUL 取締役 垣内

    勇威 京都⼤学 経済学研究科教授 若林 靖永 ディノス・セシール CECO ⽯川 森⽣ 元 本⽥技研⼯業Webマスター 渡辺 春樹 東京⼤学⼤学院経済学研究科・ 経済学部教授 阿部 誠 明治⼤学⼤学院 先端数理科学 研究科総合数理学部准教授 櫻井 義尚 株式会社ビービット 執⾏役員 宮坂 祐 ソウルドアウト上席執⾏役員 ⻑⾕川 智史 株式会社才流 代表取締役 栗原 康太 株式会社ベイジ 代表取締役 枌⾕ ⼒ ブランディングテクノロジー 株式会社 執⾏役員 ⿊澤 友貴
  6. © WACUL INC. DXはスペースXではない 1 DXに夢を⾒てはいけない。DXとは古臭い業務のコストカットである

  7. 7 © WACUL INC. confidential はじめに マーケティングにおける “DX” とは何か? ⾃信を持って答えられる⼈はどのくらいいるか?

  8. 8 © WACUL INC. confidential しかし世の中のイメージは… ロケットを⾶ばすが如く、DXに夢を⾒ている⼈がいる

  9. 9 © WACUL INC. confidential 技術の進歩は著しい 最新の技術を駆使すれば、何かしらビジネスモデルを変⾰できるのでは? AI 5G CLOUD

    IOT
  10. 10 © WACUL INC. confidential デジタルは万能ではない 当然だが、デジタルは万能ではない

  11. 11 © WACUL INC. confidential よくある失敗プロジェクト とりあえず⼤量データを集めるプロジェクトは必ず失敗する。AIは仮説に基づくデータ選びが不可⽋ 解釈できない GAFA級の技術と環境でようやく単純作業を⾃動化できる。DX初⼼者に扱えるわけがない IOT

    顧客DB cookie 広告 ✕ ✕ 当たり前すぎる 例)会員ランクが⾼いと売上が⾼い 例)ビールとおむつは⼀緒に買われる
  12. 12 © WACUL INC. confidential まずはデジタルの限界を理解すべき デジタルに「できること」「できないこと」の線引きに⾃信はあるか? 紙を切るためのハサミで、無理やり⽯を切ろうとしてないか?

  13. 13 © WACUL INC. confidential デジタルは中途半端な媒体 マーケティングにおける「デジタル」は中途半端な媒体である 説得⼒ 爆発⼒ ⼈間

    (営業担当) TVCM デジタル ⼈間のように販売の「説得 ⼒」はなく、TVCMのよう な集客の「爆発⼒」はない
  14. 14 © WACUL INC. confidential ⼈間 (営業担当) デジタル デジタルの限界 ‒

    ⼈間との⽐較 デジタルは「セルフサービスチャネル」なので、少しでもズレれば⼀瞬で離脱される ü 時間を拘束し、相⼿の反応も窺える ü 前半で失敗しても巻き返せる ü 1クリックで離脱可、反応も不明 ü ⼊⼝ページの上部で負ければ終わり デジタルは、⼊⼝ページの⼀瞬に全てをかける。時間をかける態度変容シナリオは妄想に過ぎない
  15. 15 © WACUL INC. confidential デジタルの限界 ‒ TVCMとの⽐較 デジタルは少しずつしか伸びない。例えば検索で10万⼈集めるには、記事300ページが必要になる TVCM

    デジタル ü ⼀瞬で1,000万⼈にリーチできる ü 投資直後に集客できるフロー施策 ü 10万⼈集めるには300記事が必要 ü 投資後時間のかかるストック施策 デジタルは時間をかけて少しずつ成果が出る。いくら投資しても⼀瞬では伸びない
  16. 16 © WACUL INC. confidential デジタルの強み ‒ ストック化 デジタルの⼀番の強みは「ストック」になること。中⻑期でのコスパが⾮常に⾼い 検索

    質の⾼いページを増やした分 だけ、半永久的に集客できる メール/アプリ/SNS 顧客リストがあれば、いくら でも無料で通知できる デジタル広告 Cookieの蓄積でターゲティン グ精度が向上する ※規制リスクはあり コストを垂れ流し続ける「⼈間」や「TVCM」よりも明らかに安い
  17. 17 © WACUL INC. confidential デジタルの役割 ⼈間やTVCMが担っている仕事のうち、デジタルにできるものは根こそぎ奪ってコストカットする 説得⼒ 爆発⼒ ⼈

    間 の 仕 事 TVCMの仕事 デジタル / ⼈間 / TVCMの⽐較 (イメージ) デジタルにもできる仕 事を、根こそぎ奪って コストカットする
  18. 18 © WACUL INC. confidential DXの定義 デジタルのコスパの良さで、 古臭いマーケティング⼿段を置換すること WACULによるマーケティングDXの定義 ただのコストカットに「夢」を⾒てはいけない

  19. 19 © WACUL INC. confidential 新型コロナとDX 新型コロナで景気は悪化する。DXで無駄な出費を増やすのは本末転倒 全⼒でコストカットに邁進するのが正しいDXのあり⽅である

  20. © WACUL INC. DXには定⽯がある 2 デジタル活⽤には⻑い歴史がある。定⽯を使えば回り道せずに済む

  21. 21 © WACUL INC. confidential 定⽯は18種類しかない DXの定⽯はビジネスモデルに応じて18種類しか存在しない Web完結 型 Web

    to 営業担当 型 EC EC以外 BtoB BtoC コ ス ト ⾼ 額 ⼩ 額 理性型 感性型 顧客の知識量 多 少 理性型 店舗連携 モール 感性型 店舗連携 モール 理性型 単品通販 商品紹介 ポータル 記事 メディア 契約申込 サイト ⼤規模 専⾨商品 ⼤規模 ソリューシ ョン 法⼈向け 専⾨商品 法⼈向け ソリュー ション こだわり型 提案商材 切迫型 提案商材 販促⽬的のCV 他 社 情 報 中 ⼼ ⾃ 社 情 報 中 ⼼ こだわり型 店舗商材 感性型 単品通販 ブランド サイト 理性型 モール 感性型 モール 単 品 通 販 総 合 通 販 実 店 舗 売 上 多 少 あり なし ⼤ ⼿ 企 業 中 ⼼ 企 業 規 模 問 わ ず 切迫型 店舗商材 顧客の情報感度 ⾼ 低
  22. 22 © WACUL INC. confidential 3つのフェーズに分ける 購買プロセスを3つに分ける。まずは⽇常⽣活フェーズから、定⽯の例をご紹介する ⽇常⽣活フェーズ 初回購⼊フェーズ 継続購⼊フェーズ

    ニーズが顕在化していない状態。興味のない 情報は⼀切⾒てもらえない ニーズが顕在化し、検索で情報収集する。候 補洗い出し、⽐較検討のうえ購⼊する ⽇常フェーズと同じく⾒てもらえない。継続 購⼊の⾒直し、追加購⼊が突発的に発⽣する 継続接触でシグナル検知 TVCMをデジタルで置換 ⼈間をデジタルで置換 ⼈間をデジタルで置換 潜在顧客のリスト獲得 ゴール直⾏させるサイト 顧客数:多|契約率:低 顧客数:少|契約率:⾼ 顧客数:少|契約率:⾼
  23. 23 © WACUL INC. confidential TVCMの代替 デジタルでTVCMを代替する。潜在顧客リストを作り、継続接触で認知を取り、シグナルを検知する メールで継続接触 メールタイトルで「シリウス」を連呼 し、TVCMを代替する。メール本⽂に

    ⼒は⼊れない 潜在顧客リスト作り ⾃動⾞「シリウス」プレゼントキャン ペーンで、本当に欲しい⼈だけのリス トを作る リンクでシグナル検知 本⽂のリンククリックでニーズを検知 し、クーポン発⾏などから来店に誘導 する デジタルなら顧客に絞って接触できる。無差別な「マス」に広告を打たなくて良い
  24. 24 © WACUL INC. confidential マス広告時代の「ファネル」概念崩壊 認知するユーザが増えるほど、購⼊者も増えるという古い「ファネル」の概念は崩壊する デジタルを使えば、初めから購⼊可能性の⾼いターゲットに絞って認知を取れる 認知 購⼊

    認知するユーザの数が 増えるほど、その先の 購⼊者数も増えるとい う考え⽅ マス広告全体の効果を 正当化することに優れ た概念 購⼊ デジタルを使えば、購 ⼊者に近いターゲット に絞って認知させられ る 昔に⽐べてニーズも細 分化されており、そも そも全⼈⼝に認知させ ても買う⼈はわずか 無駄 無駄 認知 マス広告の「ファネル」概念 デジタルの「ファネル」概念
  25. 25 © WACUL INC. confidential 初回購⼊フェーズの例 初回購⼊フェーズで、定⽯の例をご紹介する ⽇常⽣活フェーズ 初回購⼊フェーズ 継続購⼊フェーズ

    ニーズが顕在化していない状態。興味のない 情報は⼀切⾒てもらえない ニーズが顕在化し、検索で情報収集する。候 補洗い出し、⽐較検討のうえ購⼊する ⽇常フェーズと同じく⾒てもらえない。継続 購⼊の⾒直し、追加購⼊が突発的に発⽣する 継続接触でシグナル検知 TVCMをデジタルで置換 ⼈間をデジタルで置換 ⼈間をデジタルで置換 潜在顧客のリスト獲得 ゴール直⾏させるサイト 顧客数:多|契約率:低 顧客数:少|契約率:⾼ 顧客数:少|契約率:⾼
  26. 26 © WACUL INC. confidential クイズ (営業につなぐビジネスで) 営業担当に渡す前に、サイト上でしっかりサービスを理解させるべきか? CV数よりも、サービス理解を優先 サービス理解よりも、CV数を優先

    ü Web上でしっかりサービスを理解させてから、本当 に興味のあるユーザだけCVしてもらう ü リードの質が⾼まり、営業担当の⼯数減に貢献する ü Web上でサービスを理解させられなくても、少しで も興味を持ったユーザをCVさせる ü 理解が⾜りない部分は営業担当が⼝頭で補う A B
  27. 27 © WACUL INC. confidential 正解 サービス理解よりもCV数を優先すべき。セルフサービスチャネルでの複雑な説得は不可能 CV数よりも、サービス理解を優先 サービス理解よりも、CV数を優先 理解は最低限で良い。最速で営業担当に渡すべき

  28. 28 © WACUL INC. confidential リードの質を⾼めるには? リードの質を⾼めたいなら、⾒極めるための情報を取得すれば良い 電話で取得する フォームで取得する ü

    Budget:予算 ü Authority:決裁権限 ü Needs:顧客ニーズ ü Timeframe:導⼊時期 ü 導⼊時期 / ⾒込み ü 部署 / 役職 ü 従業員数 ü 架電説明の許可 ユーザに選んでもらうのではなく、企業が⾃らユーザを選ぶ
  29. 29 © WACUL INC. confidential ゴール直⾏ セルフサービスチャネルでの複雑な説得は不可能 「ゴール直⾏」が常に勝ちパターン

  30. 30 © WACUL INC. confidential ゴール直⾏の例(1/2) ゴール直⾏はファーストビューが命。フォーム露出が最も望ましい フォーム露出 スクロール させない⾒せ⽅

  31. 31 © WACUL INC. confidential ゴール直⾏の例(2/2) 下位ページでもファーストビューからフォーム直⾏を狙う 料⾦ページから フォーム直⾏

  32. 32 © WACUL INC. confidential 根拠データ 30,000サイトの分析から、ゴール直⾏は証明されている 縦⻑ページの説得は意味がない ファーストビュー完結の⽅が良い

  33. 33 © WACUL INC. confidential 研究所レポートの紹介 研究所には他にも様々なレポートを掲載している。今後も知⾒を無料で公開していく https://wacul.co.jp/lab/ ü 「AIアナリスト」のデータから⾒る「コロナショックの影響」

    ü ECのCVR改善に寄与する特集ページのベストプラクティス研究 ü 宿・ホテル公式サイト⽐較調査・ベストプラクティス発表 ü コロナショックに打ち克つデジタルマーケティングの打ち⼿とは ü AIアナリスト運営から⾒えたB2BサイトでCVR改善に効く施策研究 ü 地銀64⾏ Webサイトランキング ‒ カードローン編 ‒ ü クリックしてもらえる可能性が⾼いメールの件名と本⽂とは?メールのベストプラクティス研究 ü ECで売上だけ⾒るのは危険? ‒ O2Oのユーザ⾏動を解明したプラザスタイルのDX事例 ü 2020年 デジタルマーケティングの論点 ü ローカルビジネスは、ポータルサイト・交通広告依存からの脱却が鍵 ü 縦⻑LPはコンバージョンに寄与するのか? ü Webサイトはリニューアルによって改善するのか? ü B2Bサイトにおけるコンテンツマーケティングのあるべき姿についての提⾔ ü B2Bサイトのフォームにおけるベストプラクティス研究 ü ECの競争激化とSEO依存の限界への提⾔ ü 2019年「デジタルマーケティングの論点」 ü SaaSを扱うB2Bサイトにおける事例紹介ページの改善策の提⾔ ü スマホ時代のEC市場の将来とECの検索窓から⾒たベストなUIの提⾔ ⼈気 ⼈気 ⼈気
  34. 34 © WACUL INC. confidential 当社WACULのビジョン 80点までなら誰でも⼀瞬で取れる世界を作りたい

  35. 35 © WACUL INC. confidential まずはお試しください 今すぐ80点を取りたい⽅は、まずは無料お試しからご検討ください DX戦略シミュレーション DX実⾏⽀援「AIアナリスト」 データから改善提案&⾒える化⽀援

    (当社Webサイトから登録) 18セグメント別の戦略を無料診断 (アンケートからお申し込み)
  36. © WACUL INC. デジタル専⾨部署がDXを遅らせる 3 本来はDXを推進するために⽣まれた「デジタル専⾨部署」がDXを妨げる

  37. 37 © WACUL INC. confidential デジタル専⾨部署とは? DXを推進するために作られた、事業部横断のデジタル専⾨チーム ü デジタル統括部 ü

    DX推進室 ü CDO(Chief Digital Officer)
  38. 38 © WACUL INC. confidential DXを推進できる⼈材 DXには「デジタル特性を理解」して、「古いマーケティング⼿段を置換」できる⼈材が求められる デジタル特性の理解 古いマーケティング⼿段の置換 社内の実⼒者がデジタルを学ぶのが最短ルート。デジタルに詳しいだけの⼈を採⽤するのは最悪⼿

    デジタルに「できること」「できないこと」を理解し、定⽯ を正しく実践できる⼈材 ⾃社のビジネスを深く理解し、様々な部署との組織調整がで きる⼈材(時によっては他部署を潰すことも…)
  39. 39 © WACUL INC. confidential よくあるデジタル専⾨部署の悩み 権限は与えられず、デジタル初⼼者の寄せ集めチーム ⼿段だけ「デジタル」に絞られる

  40. 40 © WACUL INC. confidential 局所最適化に邁進する デジタル専⾨部署は、他部署に影響を与えられず、バズワードに⾶びつき、廃墟プロジェクトを量産する バズワードに⾶びつく 唯⼀の⽛城「デジタル」のバズワード にすがりつく

    流⾏感だけがアイデンティティに 他部署の圧⼒に屈する ⼒の強い「営業」や「宣伝」部署の業 務に踏み込めない デジタル知識も⾜りずに⾃信がない 廃墟プロジェクトの量産 デジタル専⾨家しか使いこなせない最 新技術を投⼊してもうまくいかない 多額の投資の結果、⾒向きもされない コストカットに踏み込めず、「デジタル」に閉じた局所最適化に邁進する。投資を垂れ流すのみ
  41. 41 © WACUL INC. confidential よくある失敗プロジェクト とりあえずの「EC」や「メディア」⽴ち上げは、デジタル局所最適化の⾚信号 ECの⽴ち上げ メディアの⽴ち上げ 例えば、メーカーや商社など売る商品がある企業では、喧々

    諤々の議論がなされた果てに、どこにでもありそうな「EC サイト」を始めるのが通例である しかし実店舗でもアマゾンでも買える商品を、同じかそれ以 上に⾼い値段で⾃社ECに置いても売れるはずがない 後発のうえ覚悟も⾜りないため、1年もすれば誰も話題にし たがらない負の遺産に成り果てる 売る商品のない企業では、喧々諤々の議論がなされた果てに、 どこにでもありそうな「メディア」を始める しかし企業のコンプライアンスチェックが厳しく、ユーザが ⾯⽩いと思うような攻めた記事は書けないため、誰も⾒に来 ない。部署の威信を守るため、広告で集客せざるを得ない 広告を出し続け、記事も書き続けなければならないという、 コストだけを浪費する「ゾンビサイト」に成り果てる
  42. 42 © WACUL INC. confidential DXを本気で推進するには? 経営者・事業責任者がデジタルを理解して⼤鉈を振るうしかない 既存の仕事を捨て去るには、⼤きな権限と覚悟が不可⽋

  43. 43 © WACUL INC. confidential 今変われなければ⼀⽣変われない 新型コロナは100年に1度の好機。不景気はコストカットを推進する 今変われなければ緩やかに死にゆくのみ

  44. 44 © WACUL INC. confidential 現場メンバーにもできることは? まずはゴール直⾏から「成功事例」を作るしかない 経営者・事業責任者はP/Lインパクトが出れば注⽬する

  45. 45 © WACUL INC. confidential とはいえ忙しくてできない…という⼈へ デジタル関係部署は忙しい⼈が多い。まずは無駄過ぎる仕事を⾃ら捨てなければならない 重箱の隅をつつく仕事 ユーザ不在の⾃⼰満の仕事 デジタルは無駄な仕事が増えやすい

    TVCMと異なり、常時公開しており、顧客との接点も多様で ある。運⽤の中でどんどん変わっていくのが当たり前の中で、 マス広告の⽂化で全ページ印刷してチェックなど不⽑過ぎる またデータが⾒え過ぎるため、細かすぎるPDCAが横⾏し、 無駄な仕事が増えていく ユーザが何を考えているか⾒えないため、声の⼤きい⼈の意 ⾒がまかり通ってしまう その結果、誰にも求められず、誰にも⾒られない企業側のこ だわりが量産される 当然成果にも⼀切影響がないため、現場メンバーは疲弊して いく
  46. 46 © WACUL INC. confidential 重箱の隅をつつく仕事の例 重箱の隅をつつく仕事は「仕事した感」以外の何物でもない。即刻やめるべき 細かいABテスト 検索順位に⼀喜⼀憂 アトリビューション

    全ページ印刷 ちょっと変えたくらいで差は出な い。ABで勝っても本番で負けるケ ースも頻発する リリースして前後⽐較で負けてれ ば戻すくらいで⼗分 やるなら重要ページで⼤きく変更 検索順位が5位から7位に落ちた、 くらいの変動に⼀喜⼀憂しても無 価値である 1〜3位でもない限りそれほど流⼊ 数は変わらない。よほどのビッグ ワードでもない限り、たまに⾒る 程度で⼗分 アトリビューション効果のある広 告は、直接CVも取れるため、細か い分析は不要 直接CVが取れなかった広告の⾔い 訳のために、あとづけでアトリビ ューションを⾒ても⾃分の⾸を絞 めるだけ 運⽤で変わり続けるページのある 時点を切り取って印刷チェックし ても無意味。そもそもブラウザも 様々である 少し古い情報やデザインがあって も⽬をつぶってしまえば良い。そ れがデジタルである
  47. 47 © WACUL INC. confidential ユーザ不在の⾃⼰満の仕事の例 ユーザ不在の⾃⼰満の仕事は、プロジェクトメンバーを疲弊させる。即刻やめるべき リニューアルの変わった感 ポエムに命をかける データから宝を⾒つける

    ⼤量データを集めて、そこから宝を発⾒す るというアプローチは必ず失敗する 事前に証明したいユーザ⾏動の仮説があり、 それを補強するためにデータを⽤いる ユーザ不在のデータ分析に意味はない 商品コンセプトを語る「ポエム」に命をか けても、ユーザはそんなものを読まない セルフサービスチャネルのため、ユーザは 興味のある情報以外完全にスルーする その商品が何を解決してくれるか具体的な 情報以外はいらない Webサイトのデザインを刷新したところ で、売上は増えないし、ブランディング効 果もない 勝負はテキストや画像などコンテンツで決 まる。よほど尖ったものでなければブラン ドに影響など与えられない
  48. 48 © WACUL INC. confidential 本⽇お伝えしたい3つの話 DXはスペースXではない 1 DXに夢を⾒てはいけない。DXとは古臭い業務のコストカットである デジタル専⾨部署がDXを遅らせる

    3 本来はDXを推進するために⽣まれた「デジタル専⾨部署」がDXを妨げる DXには定⽯がある 2 デジタル活⽤には⻑い歴史がある。定⽯を使えば回り道せずに済む
  49. 49 © WACUL INC. confidential まずはお試しください DXで成果を出すために、データ根拠に基づく提案をお試しください DX戦略シミュレーション DX実⾏⽀援「AIアナリスト」 データから改善提案&⾒える化⽀援

    (当社Webサイトから登録) 18セグメント別の戦略を無料診断 (アンケートからお申し込み)
  50. 50 © WACUL INC. confidential 書籍9⽉発売予定 本⽇の話と具体的なデジタルの定⽯を全て記した書籍を発売します

  51. 51 © WACUL INC. confidential ご清聴ありがとうございました

  52. 52 © WACUL INC. confidential 飲⾷店紹介 丸ノ内線「茗荷⾕駅」徒歩3分、庶⺠派居酒屋「和来路(わらじ)」 ü 安い、旨い、速い ü

    和⾷、⽇本酒、居酒屋好きにオススメ ü 豪遊しても1⼈あたり3,000〜4,000円