Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

LINE/Sansan/SmartHR/freee サーバサイドエンジニア 採用説明会

LINE/Sansan/SmartHR/freee サーバサイドエンジニア 採用説明会

■イベント
LINE/Sansan/SmartHR/freee サーバサイドエンジニア 採用説明会
https://sansan.connpass.com/event/255266/

■登壇概要
登壇者:技術本部 Sansan Engineering Unit / 加畑 博也
営業を強くするデータベース「Sansan」を開発しています。Sansanは名刺管理サービスとして市場シェアNo.1であり続けながらそこにとどまらず、名刺以外の接点、また企業のデータと組み合わせることで、「営業を強くするデータベース」として刷新・拡充を進めています。
 
▼Sansan 技術本部 募集ポジション紹介
https://media.sansan-engineering.com/

Sansan
PRO

July 28, 2022
Tweet

More Decks by Sansan

Other Decks in Technology

Transcript

  1. サーバサイドエンジニア 採⽤説明会 Sansan株式会社 技術本部 Sansan Engineering Unit 加畑 博也 LINE/Sansan/SmartHR/freee

  2. プロダクトの紹介

  3. 出会いから イノベーションを⽣み出す

  4. Sansanが提供するサービス https://ir.corp-sansan.com/ja/ir/library/presentation.html

  5. 営業DXサービス 営業を強くするデータベース

  6. ⼈物情報 役職 連絡先 所属 職歴 企業情報 業種 組織図 財務状況 資本⾦

    接点情報 メール 電話 商談情報 契約情報 社内にない情報は、調査したり外部から購⼊したりする必要がある 社内にある情報であっても、個⼈や部署、システムなどに散在していて使いにくい ビジネスチャンスを⾒つけるには、この3つの情報が不可⽋ 営業の課題
  7. 調査や購⼊が必要な顧客の情報 これらの情報を⼀つにすることで、 利⽤企業ならではの営業を強くするデータベースを構築 ⼈物情報 企業情報 接点情報 社内に眠る顧客の情報 営業を強くするデータベース

  8. 主な機能 - 企業・役職者情報 - 企業データダウンロード - 名刺管理 - 会社・⼈物検索 -

    オンライン名刺 - コンタクト管理 - 案件管理 - メール署名取り込み - メール⼀括配信 - ⼈事異動情報 - ニュース配信 - 同僚コラボレーション - 代理操作 オプション機能 - アンケートオプション powered by CREATIVE SURVEY - 契約管理オプション for クラウドサイン - スマート名刺メーカー - PHONE APPLI PEOPLE 連携(無償オプション) - 商談管理オプション for Salesforce 外部サービス連携 - Eight 連携 - Google カレンダー 連携 - Microsoft Teams 連携 - M365 連絡先連携 - Salesforce 連携 - PHONE APPLI PEOPLE 連携 - Concur Expense連携 - API連携(OpenAPI) Sansanの主な機能
  9. 2022年3⽉時点 業種や規模を問わず、8000件の利⽤実績

  10. 開発環境

  11. 技術本部 Mobile Application Group Sansan Engineering Unit Quality Assurance Group

    プロダクト 組織 Sansan iOS チーム Sansan Android チーム Manager Sansan PdM チーム Sansan QA チーム Incident Response Architecture Web Application ×3 Sansan EU は 約50名 Sansan デザイナ チーム 開発組織 Infrastructure
  12. リリースプランニング ソリューション検討 リファインメント PdM・デザイナ・アーキテクトが企画をたてる 企画 Sansan EUが企画の内容に対して確認・合意する アーキテクトが要件を実現する⽅法を検討する 担当チーム・着⼿時期・リリース⽇を決め、進捗を確認・共有する リリース

    開発 担当チームが開発する 開発プロセス
  13. 技術スタック・ツール AWS AWSは、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です

  14. やっていること

  15. - 名刺管理からビジネスデータベースへ - ビジネスの根幹に関わる⼀⼤プロジェクト - リリース遅延のビジネスインパクト - クエリパフォーマンスの課題 - 同時並⾏する他プロジェクトとの調整

    - まだまだ続きます プロジェクト例: 企業データベース(1st)
  16. - EC2上のLinuxサーバで動かしていたPostgreSQLがEOL - バージョンをあげて終わり…とはいかない - 例: 拡張機能を⽤いてオプティマイザに介⼊している - リリースノートの破壊的変更だけでなく、内部実装の変更にも影響を受ける -

    全機能から影響を精査し、テスト→チューニングした プロジェクト例: PostgreSQLバージョンアップ
  17. - 新機能開発(約15件) - 企業データベース、社内外プロダクト連携、… - 既存機能改善(約15件) - UI改善、ユーザ数上限引き上げ、 … -

    技術改善(約20件) - アーキテクチャ移⾏、機能廃⽌、データベースリファクタ、… - 運⽤改善(約10件) - エラー解消、運⽤作業の効率化、… 前四半期にやったプロジェクト
  18. 技術的課題

  19. - .NET Frameworkは4.8が最終バージョン フレームワークの移⾏ https://devblogs.microsoft.com/dotnet/net-core-is-the-future-of-net/ - 中⻑期的に.NETへ移⾏していきたい - .NET Frameworkは2031年まで⻑期サポートではある

    - .NET Frameworkへの依存解消 - まだまだ残っています
  20. バックグラウンド処理の刷新 - Sansanには古くから多くのバッチアプリケーションがある - 運⽤上の課題に対してメッセージング処理に移⾏している - 障害時のリカバリ - 処理量増加時のスケーリング -

    トレードオフとして設計上の制約が強まる - 冪等性、トランザクション、…. - まだまだ残っています!!!
  21. データアクセスの性能改善 - Sansanのデータベースは企業単位でテナントを構成している - 企業毎のIDに応じて参照先のデータベースを振り分けるイメージ - 企業によってデータの傾向は異なり、最適なクエリ・実⾏計画も異なる - 今後さらなるスケールに向けて抜本的な対策が必要かもしれない -

    テーブル設計を⾒直しリファクタする - テナントを構成する仕組みを刷新する - PostgreSQLの内部実装に介⼊する - ….
  22. さいごに

  23. 課題発⾒という「課題」 - ほとんどの課題はぼんやりしている - 開発のスピードが落ちてきている(気がする) - 品質が落ちてきている(気がする) - 課題発⾒⼒がエンジニアリングの場でも求められる -

    組織・プロダクトの拡⼤につれて論理が求められる - 原因は何かを分析し、仮説をたてて計測し、説明する
  24. Sansanプロダクト開発の魅⼒ - 社会課題を解決するビジネス的チャレンジ - 名刺という切り⼝から市場をつくり、10年以上リードし続けてきた - 名刺にとらわれずビジネスインフラとなるべく⼤規模な改善をしている - ⼤規模かつ歴史あるプロダクトを扱う技術的チャレンジ -

    既存の仕様や設計と整合して改善・開発を進める技術⼒が要求される - ビジネスの成⻑を後押し・リードする抜本的な改善が迫られている
  25. 採⽤情報はこちら - 募集職種 - テクニカルリード/アーキテクト[Sansan]  8&#アプリ開発エンジニア<4BOTBO> - 拠点(週1出社/週3出社の選択制) -

    東京 - ⼤阪 - 福岡 https://jp.corp-sansan.com/engineering/recruit/