Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

必要なのはリードであってリーダーではない

Sansan
October 11, 2022

 必要なのはリードであってリーダーではない

■イベント
アジャイル開発における、さまざまな立場でのリーダーシップ
https://sansan.connpass.com/event/257322/

■登壇概要
タイトル:必要なのはリードであってリーダーではない
登壇者:技術本部 Bill One Engineering Unit Smart 受領グループ 大道 龍平
金融システムPJでブリッジエンジニアを経験。プログラミングを本格的に経験したのは29歳の時。その後Bill Oneの開発エンジニアとしてSansan株式会社に入社。

▼Sansan 技術本部 募集ポジション紹介
https://media.sansan-engineering.com/

Sansan

October 11, 2022
Tweet

More Decks by Sansan

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Sansan株式会社 部署 名前 必要なのは リードであって リーダーではない Sansan技術本部 アジャイル開発におけるリーダーシップの今 技術本部 Bill

    One Engineering Unit 大道 龍平
  2. 写真が入ります ⼤道 ⿓平 Sansan株式会社 技術本部 Bill One Engineering Unit 1985年3月15日

    東京生まれ。 元々虚弱体質でスポーツが大の苦手だったが、一念発起して中学、高校は 古臭い体育会系の環境に飛び込み、フィジカルとメンタルを鍛え直す。大 学では経営を学び、その後IT企業へ入社。上流工程をメインとしたため、 プログラミングを本格的に始めたのは2社目に入社した29 歳の時とかなり 遅い。2022年2月にSansan株式会社に入社。 常に新しいことにチャレンジしていきたい、チャンスがあれば飛び込みた いと考えている。
  3. 会社概要 2 社 名 Sansan株式会社 所在地 表参道本社 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F グループ

    会社 Sansan Global PTE. LTD.(シンガポール) Sansan Corporation(アメリカ) ログミー株式会社 従業員数 1086名(2022年2月28日時点) 表参道本社 神山ラボ Sansan Innovation Lab 2007年6月11日 設⽴ 支店:大阪、名古屋 サテライトオフィス:徳島、京都、福岡、北海道、新潟 拠点 寺田 親弘 代表者
  4. 会社概要 3 表参道本社 神山ラボ Sansan Innovation Lab

  5. Sansan技術本部のVision 世界のビジネスを変える、 技術者集団であれ

  6. 目次 1. 今日のGOAL 2. Bill Oneにjoinするまで 3. Bill Oneでアジャイル開発に挑む 4.

    サーバントリーダーシップを解釈してみる 5. Bill One開発におけるリーダーシップ 6. 初めてのアジャイル開発で思い知ったこと
  7. 今日のGOAL アジャイル開発がうまく進まない・・・ アジャイル開発でリーダーシップが発揮できない・・・ と感じている方々に向けて、私が経験した失敗や苦労が、 少しでもお役に立てればと思っています!

  8. 1社⽬(22歳〜28歳) Web⾦融システムのブリッジエンジニア - 業務:上流工程 & 受け入れテスト - 開発はオフショア(インド) - 要件定義・設計・受け入れテストが主業務

    - 顧客(金融機関)と開発の板挟み - PJ形態:ウォーターフォール Bill One に join するまでの歩み
  9. 2社⽬(29歳〜37歳) Windowsアプリの開発 & SaaS⽴ち上げ - 業務:要件定義〜開発まで一通り - プレイングマネージャー - 保守サポートも開発が担当

    - 自社が開発するPJ管理ツールを利用 - PJ形態:ウォーターフォール Bill One に join するまでの歩み 8
  10. Bill One に join するまで アジャイル開発の経験は 全くなし!!! Bill One に

    join するまでの歩み 9
  11. 初めてのアジャイル開発に向けて 勉強しなければいけない! Bill One に join するまでの歩み 10

  12. 私たちは、ソフトウェア開発の実践 あるいは実践を手助けをする活動を通じて、 よりよい開発方法を見つけだそうとしている。 この活動を通して、私たちは以下の価値に至った。 プロセスやツールよりも 個⼈と対話 を、 包括的なドキュメントよりも 動くソフトウェア を、

    契約交渉よりも 顧客との協調 を、 計画に従うことよりも 変化への対応 を、価値とする。 すなわち、左記のことがらに価値があることを 認めながらも、私たちは右記のことがらにより価値をおく。 アジャイルソフトウェア開発宣⾔ 11
  13. 写真が入ります アジャイルソフトウェア開発宣⾔ んーむずかしい

  14. アジャイル実務ガイド Project Management Institute 13

  15. アジャイル実務ガイド Project Management Institute 14 ここに書かれているリーダーシップの⼀つが サーバントリーダーシップ

  16. チームの力を最⼤限に発揮できるように、 チーム、メンバー、関わる⼈の要望を第⼀に考え、 全員が⼤きく成⻑できるよう協力し、 上からではなく、下、または横から支えるリーダーシップ サーバント・リーダーシップとは 15

  17. ファシリテート サーバント・リーダーシップの責務 16 組織の障害に対処 関わる⼈たちへの 貢献のための下準備

  18. サーバント・リーダーシップは⿊⼦と解釈 17

  19. Bill One のリーダーシップ 18 3L

  20. Bill One のリーダーシップ - PdL(プロダクトリード) - TL(テックリード) - ATL(アジャイルチームリード)

  21. Bill One のリーダーシップ(PdL) - エンジニア版PdMとして詳細仕様を決める - エンジニアの領域であるhowの部分は責務ではない - エンジニアチームにもプロダクトに対しての権限を渡す狙いがある -

    技術視点だけではなく、プロダクト・事業視点を常に持つ狙いがある
  22. Bill One のリーダーシップ(TL) - バックエンド・インフラの相談になる - 設計・実装の最終判断は担当エンジニアが行う - 全体で合意した技術的な改善等をチーム内でリードする -

    チームメンバーの技術観点の育成をする - プロダクトの技術的課題に向き合う
  23. Bill One のリーダーシップ(ATL) - チーム全体のプロジェクトを推進する - 開発プロセスの管理を行う - 継続的にチーム運営を改善する -

    チームが活動するための心理的安全性を構築する
  24. 写真が入ります Bill One のリーダーシップ ⽴ 候 補

  25. 写真が入ります Bill One のリーダーシップ ATLに⽴候補しました (アジャイル開発やったことないのに)

  26. 1. ルールもやり⽅も決まってない 2. 今必要なのはリーダーではなくリードだ 3. 自分達でチームを盛り上げる 4. 諦めずに常にTRYする 5. 止めるのではなく改善して継続する

    初めてのアジャイル開発で思い知った5つのこと 25
  27. 最初の気持ち 勢いのあるプロダクトだし、 PJの管理⽅法も体系的なものが あるんだろうな よし、まずはそれに従って 慣れていこう!! 1. ルールもやり⽅も決まってない

  28. そうじゃない!! 1. ルールもやり⽅も決まってない 27

  29. さまざまな要因で同じPJは存在しない - メンバー、開発する機能など - 絶対にうまくいく開発方法はないと思い知る 大事なことは継続して改善していくこと より良い成果を達成するためにチームで考える!! 今必要なのはリーダーではなくリードだ 1. ルールもやり⽅も決まってない

    28
  30. 1. ルールもやり方も決まってない 2. 今必要なのはリーダーではなくリードだ 3. 自分達でチームを盛り上げる 4. 諦めずに常にTRYする 5. 止めるのではなく改善して継続する

    初めてのアジャイル開発で思い知った5つのこと 29
  31. 最初の気持ち 勢いのあるプロダクトだし ⼒を持ったリーダーが 引っ張ってるんだろうな よし、まずはそれに従って 慣れていこう!! 2. 今必要なのはリーダーではなくリードだ

  32. そうじゃない!! 2. 今必要なのはリーダーではなくリードだ 31

  33. リーダー - チームあるいはプロダクトを良い方向へ導く存在 - 一人に責任がのしかかる場合がある リード - チームあるいはプロダクトを良い方向へ導く存在 - あくまで導く存在なのでメンバー全員が主体的に動く

    なぜリードが必要なのか - 責務外のタスクについて動きが鈍くなる - 改善にはメンバーの積極的な参加が必要 - 全員がリードである - ⾃分達でチームを盛り上げる 2. 今必要なのはリーダーではなくリードだ 32
  34. 1. ルールもやり方も決まってない 2. 今必要なのはリーダーではなくリードだ 3. ⾃分達でチームを盛り上げる 4. 諦めずに常にTRYする 5. 止めるのではなく改善して継続する

    初めてのアジャイル開発で思い知った5つのこと 33
  35. 最初の気持ち 勢いのあるプロダクトだし、 既存メンバーにお任せしたほうがいいかな よし、まずはみんなに お任せして慣れていこう!! 3. ⾃分達でチームを盛り上げる

  36. そうじゃない!! 3. ⾃分達でチームを盛り上げる 35

  37. 改善にはチーム全員の協力が必要 - 一人一人がリードになることも有効 - チームの目標を共有することも有効 改善は良いフィードバックから生まれる - チーム全員が課題意識を持つ - フィードバックを言える環境を作る

    - 否定的な発言は避ける チームから上がる課題には全力で取り組む - 諦めずに常にTRYする 3. ⾃分達でチームを盛り上げる 36
  38. 1. ルールもやり方も決まってない 2. 今必要なのはリーダーではなくリードだ 3. 自分達でチームを盛り上げる 4. 諦めずに常にTRYする 5. 止めるのではなく改善して継続する

    初めてのアジャイル開発で思い知った5つのこと 37
  39. 最初の気持ち 勢いのあるプロダクトだし、 今の仕組みはなるべくそのままの⽅がいいな よし、開発の仕組みには 疑問を持たずに慣れていこう!! 4. 諦めずに常にTRYする

  40. そうじゃない!! 4. 諦めずに常にTRYする 39

  41. 改善に向けて常に課題意識を持つことが大事 - ここから良いフィードバックが生まれる 課題に対して目を背けずTRYすることが大事 - TRYしてうまくいかなくても良い - 次の改善ポイントを見つけるチャンス - ⽌めるのではなく改善して継続する

    4. 諦めずに常にTRYする 40
  42. 1. ルールもやり方も決まってない 2. 今必要なのはリーダーではなくリードだ 3. 自分達でチームを盛り上げる 4. 諦めずに常にTRYする 5. ⽌めるのではなく改善して継続する

    初めてのアジャイル開発で思い知った5つのこと 41
  43. 最初の気持ち 勢いのあるプロダクトだし・・・ 5. ⽌めるのではなく改善して継続する

  44. そうじゃない!! 5. ⽌めるのではなく改善して継続する 43

  45. うまくいかないからといってすぐ諦めない 無理して続けるというわけではない 改善するにはどうすればいいか考えることが大事 - 振り返りをしっかり行う - すぐにPJでいい結果が出るわけではないことを理解する 改善方法もPJやさまざまな要因によって異なる - チームで向き合う

    - ルールもやり⽅も決まってない 5. ⽌めるのではなく改善して継続する 44
  46. 5. ⽌めるのではなく改善して継続する 45

  47. 1. ルールもやり方も決まってない 2. 今必要なのはリーダーではなくリードだ 3. 自分達でチームを盛り上げる 4. 諦めずに常にTRYする 5. 止めるのではなく改善して継続する

    初めてのアジャイル開発で思い知った5つのこと 46
  48. 1. ル ールもやり方も決まってない 2. い ま必要なのはリーダーではなくリードだ 3. じ 分達でチームを盛り上げる 4.

    あ きらめずに常にTRYする 5. や めるのではなく改善して継続する 初めてのアジャイル開発で思い知った5つのこと 47
  49. 1. ア きらめずに常にTRYする 2. ジ 分達でチームを盛り上げる 3. ャ めるのではなく改善して継続する 4.

    イ ま必要なのはリーダーではなくリードだ 5. ル ールもやり方も決まってない 初めてのアジャイル開発で思い知った5つのこと 48
  50. 今⽇のGOAL アジャイル開発がうまく進まない・・・ アジャイル開発でリーダーシップが発揮できない・・・ と感じている方々に向けて、私が経験した失敗や苦労が、 少しでもお役に立てればと思っています!

  51. 働き⽅を変える DX

  52. ⼤胆さと実直さ。 チャレンジ精神を胸に、⽇々技術を磨く。 想像と創造。 ユーザーの視点に⽴ち、ものづくりを追求する。 スピードとクオリティ。 最速で最善のサービスを世に送り出す。 ⼀⾒対⽴するような特性を併せ持ち、 ときにそれらを使い分けながら、進み続ける。 すべては、ビジネスに不可⽋な インフラをつくるために。

    常識をひっくり返すアイデアで、 この挑戦の先頭へ。 技術本部 Statement 今⽇もどこかで、⼈と⼈、 企業と企業が出会っている。 そこにあるのは、 ビジネスを変える無数の可能性。 出会いの数だけ、私たちにできることがある。 その可能性を、カタチにする。 Sansan技術本部
  53. Sansan 技術本部 募集ポジション紹介 https://media.sansan-engineering.com/

  54. None