Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

RubyKaigiに参加したら新卒でもコントリビュートできた話

Sansan
October 13, 2022

 RubyKaigiに参加したら新卒でもコントリビュートできた話

■イベント

RubyKaigi 2022 After Talks
https://sansan.connpass.com/event/260760/

■登壇概要

タイトル:RubyKaigiに参加したら新卒でもコントリビュートできた話

登壇者:技術本部 Eight Engineering Unit Product Devグループ 大久保 滉太
2022年にSansanに新卒入社。大学時代でのプログラミングスクールの営業インターンをきっかけに、長期インターンとしてエンジニアのキャリアをスタート。APIやWebサイトの開発をRubyやJava, JSを用いて2.5年ほど経験後、正社員として「キャリアプロフィール Eight」のダイレクト採用プラットフォーム「Eight Career Design」事業のバックエンドエンジニアとして推進に従事している。

▼Sansan 技術本部 募集ポジション紹介

https://media.sansan-engineering.com/

Sansan

October 13, 2022
Tweet

More Decks by Sansan

Other Decks in Technology

Transcript

  1. RubyKaigiに参加したら新卒でもコント リビュートできた話 RubyKaigi 2022 After Talks Sansan株式会社 技術本部 Eight Engineering

    Unit Product Devグループ ⼤久保滉太
  2. Self Introduction

  3. - Sansan株式会社 - Eight Career Design - Ruby on Rails

    engineer - ボルダリング, 釣り, ポーカー Kota Ohkubo (@kotaohkubo)
  4. うまい酒 * うまい飯 = ??

  5. RubyKaigi

  6. RubyKaigi

  7. RubyKaigi

  8. RubyKaigi

  9. 世界最⼤級のRubyカンファレンス

  10. 世界最大級のRubyカンファレンス

  11. 世界最大級のRubyカンファレンス

  12. - Ruby 3.2新機能の話 - JITコンパイラの話 - RBS (静的型検査)の話 - Rubocopの話

    - (ポケカの検索エンジンをつくった話) RubyKaigiのトピック
  13. RBS https://rubykaigi.org/2022/presentations/rubylangorg.html#day2

  14. 楽しそう...!

  15. 羨ましい...!

  16. RubyやGemのCommitterになりたい。

  17. https://rubykaigi.org/2022/presentations/rubylangorg.html#day1

  18. gem_rbs_collection

  19. コントリビュートのやり⽅がわかった

  20. けど・・

  21. RBS ??

  22. RBS: Ruby Signature Rubyの型情報を記述する⾔語

  23. None
  24. これがRBS

  25. $ steep check

  26. コントリビュートのパターン 1. 既存のRBSファイルにメソッドを追加/変更する 2. 新しくRBSファイルを作成する

  27. “Focus on the APIs your app is using” https://github.com/ruby/gem_rbs_collection/blob/main/docs/CONTRIBUTING.md

  28. コントリビュートのパターン 1. 既存のrbsファイルにメソッドを追加/変更する 2. 新しくrbsファイルを作成する

  29. 型チェック全部通っちゃった。

  30. うきうき

  31. そうだ。⾜りないメソッドを探そう。

  32. None
  33. None
  34. None
  35. None
  36. None
  37. None
  38. 🎉

  39. おわりに

  40. RubyKaigiに⾏って学んだこと 1. コントリビュートは怖くない 2. イベントに参加/運営してRubyistと関わりたい

  41. None