Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

いにしえの呪文

 いにしえの呪文

【増席!】M5Stackユーザーミーティング vol.2 の登壇資料です。
https://m5stack.connpass.com/event/90997/

1784dc14078e1814c6d0c0959b0b7324?s=128

sapi_kawahara

July 03, 2018
Tweet

Transcript

  1. これから話す内容は、初心者向 けです!

  2. いにしえの呪文 川原 英明 Facebook: kawahara.hideaki.0204 Twitter: @sapi_kawahara Blog: https://kawahara-ci.hatenablog.com/

  3. 自己紹介 • 川原 英明 • 埼玉県川越市在住 • 使用言語は、アセンブラ、C言語、C++、Perl、PHP、Java、Ruby、 Python、JavaScript(jQuery、Vuejs)と、何でもやる人です。 •

    現在、Webエンジニアなので、C言語系は、コンシューマーゲーム機 での開発を、プレイステーション2を最後に、15年ぶりです。 • そう、M5StackはC++が開発言語なのです!
  4. いにしえの呪文 その1

  5. C言語が、いにしえの呪文

  6. ディスってません! • #includeを久しぶりに使った。 • ポインターを久しぶりに使った。 • voidを久しぶりに使った。 • 構造体を久しぶりに使った。 •

    uint8_tのような無符号整数を久しぶりに使った。 • プロトタイプ宣言を久しぶりに使った。 • 呼び出すメソッドを、ファイルの後ろの方に書くとコンパイルエラーに なる。 • 少々、変わっているクラス定義。
  7. いやいや、クラス定義について PHPerやPerl Mongerには言わ れたくない!

  8. なにせ15年ぶりなので! • クラス定義の最後は }; です! • 変数やメソッド毎に、アクセス修飾子(public,private,protected)を書く のでは無く、セクション毎に書く。(public: とか書いて、その後にまと めて書く)

    • 使わないけど、デストラクターはクラス名の前に ~ を付けた名前のメ ソッドで定義する。 • そして、とにかく、クラスはファイルの前の方に書く!
  9. 恥ずかしながら・・・ • Web系エンジニアのみの方は、C++をやるときに、この辺りに、ひっか かる可能性があります。 • というか、自分がひっかかりました、30分ぐらい悩みました。 • この辺りは、C++ クラス とかで検索すれば、解決します。

  10. ところで

  11. M5Stackの話を、 全然してない!!

  12. いにしえの呪文 その2

  13. M5Stackのtoneで音を鳴らして たとき、音の感じが、とても懐か しく感じました!

  14. 懐かしく感じた物 • ガラケーの着信音

  15. いにしえのガラケー • Webサイトは、基本的にメニューから行く。 • 画面はcHTMLというので作った、しょぼい画面です。 • 音は単音か3重和音だけど、音色は無く矩形波ぐらい。 • その当時、ガラケーで流行った物があります。 •

    着メロ本です。
  16. 着メロ本とは? • 昔、着信音は手で入力してました。 • 本屋に沢山置いてありました。 • 数字の羅列です。

  17. M5Stackで再現 • やっている事は、しょぼいです。 • スマホでbluetoothで接続し着メロデータを送信してます。 • M5Stackはデータを受け取り、着メロデータをtoneの形式に変換して鳴ら しているだけです。 • bluetooth関連はサンプルからコピペしました。

    • M5Stackのbluetoothを有効にして、getValueすると、std::string形式で取得 できます。 • それを、toneで使える形に変換して、配列(std::vector<int>)に入れます。 • あとは、配列を読んで、toneで鳴らすだけです。 • bluetooth関連は、意外と簡単に実装できます。
  18. 着メロのルールはタイプA • 休符 0 • ド 1 • レ 2

    • ミ 3 • ファ 4 • ソ 5 • ラ 6 • シ 7 • ド 8 • 二回は# • 三回は♭ • データは、こちらです。 • 5 3 3 4 2 2 1 2 3 4 5 5 5 0 5 3 3 3 4 2 2 2 1 3 5 5 3 3 3 0
  19. 苦労した点 • メソッドやクラスはファイルの前の方に書くなどC言語の特性に少々 悩んだ。 • このMacBook Proは少々古く、対応しているbluetoothは2.1だったの で、作ったのはいいが確認する方法に悩む。 • 結果として、iPhoneと汎用的なbluetoothアプリを入れて確認しました。

    •M5Stackの音がうるさい!
  20. あんまり、 M5Stackの話をしてませんが、 清聴ありがとうございました!