Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

OSSへの貢献をはじめたきっかけ、貢献で得たもの、やりたい人へのアドバイス

 OSSへの貢献をはじめたきっかけ、貢献で得たもの、やりたい人へのアドバイス

以下動画のテキストです
https://youtu.be/L9gz8Xbaek0

Satoru Takeuchi
PRO

September 17, 2022
Tweet

More Decks by Satoru Takeuchi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. OSSへの貢献を始めた きっかけ、貢献で得たもの、 やりたい人へのアドバイス Sep. 17th, 2022 Satoru Takeuchi twitter: satoru_takeuchi

  2. はじめに • これまでOSSばっかりやってきて普段もOSSとかかわりの深いわたしがこれまでの 経験を共有 • おしながき ◦ 貢献をはじめたきっかけとその後 ◦ 得たもの

    ◦ OSSに貢献したい人へのアドバイス • 見てほしい人 ◦ OSSに貢献していいことがあるのか知りたい人 ◦ OSSに貢献してみたい人 ▪ とくに個人として貢献したい人 ▪ 企業の社員としてなど、金銭を得る方法としての貢献は本動画の対象外
  3. Who am I? • sat(武内 覚) • 会社員としてOSSをフル活用したインフラシステムを作成中 ◦ Cloud

    Native Computing Foundation(CNCF)公式プロジェクトRookのメンテナ • 複業としてLinuxカーネルなどの定レイヤ技術を中心にIT技術の普及活動中 ◦ 書籍(「Linuxのしくみ」)を書いたりSoftware Designなどに連載したり単発記事を書いたり ◦ zennで無償記事を公開したり https://zenn.dev/satoru_takeuchi ◦ youtubeで動画作ったり https://www.youtube.com/channel/UCgrUyRFiHhV607Orhriau6w • 昔は… ◦ 大手IT企業でLinuxカーネルの開発とかサポートとか
  4. 貢献をはじめたきっかけ • quiltという名前のパッチ管理ツールのユーザだった • あるサブコマンドが正しく機能しなかった • ソースが非常に小さくて扱いそうだった ◦ 当時全体で数千行、 1サブコマンド1ファイル、1ファイル数百行程度

    • 手元で直して動くようにした(1行修正とかだったような) • これは公式にフィードバックしたら喜ばれるのではと思ってやってみた
  5. 初回貢献の成果 • 無事マージされた! • マージされた事実も、ありがとうといわれたことも嬉しかった • 他の人も助かるという達成感もあった

  6. その後 • 癖になってquiltにいくつかパッチを送るようになった • そのうち信用されてメンテナにならないかと言われたのでやることに ◦ ただし数年後にquiltを使わなくなったので辞めた • この経験をきっかけに「OSSに貢献する」ことに対する壁がなくなった •

    癖になったので他のOSSについても似たようなことをするようになった ◦ バグを見つけたらレポート ◦ 場合によってはPR送る • こういうのが身体に染みついて今に至る
  7. OSSの貢献によって得たもの • コードの読み書き能力が上がった ◦ 人のソースを見て書いて …を繰り返すので勝手にできるようになる • 人にものを伝えるのがうまくなった ◦ 利害関係がない知らない人に言いたいことを伝えられるようになった

    • 英語力が上がった ◦ 得意ではないが技術的な最低限のやりとりはできる程度に • 仕事に役立った ◦ 上記の技術はOSSやるやらないにかかわらず仕事に大いに役立つ • すごい人をたくさん知った ◦ とんでもない速度ですごいコードを量産する世界トップレベルの技術者たちに遭遇できた
  8. OSSに貢献したい人へのアドバイス • 自分が使っているものに貢献しよう ◦ 使ってもないものに何かしようとしても興味が続かない • ソースが短くて単純なものに貢献しよう ◦ でかくて難しいとデバッグなどのためにソース見るのがつらい •

    「最初の一歩」を踏み出すと後はどんどん先に進める傾向にある ◦ githubなどをROMって雰囲気を掴んだり貢献者のためのドキュメントを読むとよい ◦ 場合によってはやったことある人に手伝ってもらおう • 自分の意思をごり押ししないようにしよう ◦ 「お客さん」ではなく「一緒にコミュニティをよくする人」としてふるまうとよい • 貢献しなきゃ、と、肩肘はらないようにしよう ◦ 使命感、義務感でやると燃え尽きてしまう
  9. おわり • happy hacking!