Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

東京都民111人に調査 - 東京都太陽光義務化と太陽光・蓄電池購入意欲の変化

東京都民111人に調査 - 東京都太陽光義務化と太陽光・蓄電池購入意欲の変化

[独自レポートVol.2:東京都民111人に調査]
東京都太陽光パネル義務化で消費者の意識に変化は?約7割が「太陽光パネル・住宅用蓄電池」への関心が高い

東京都の太陽光パネル設置義務化について、約3人に1人が詳しく知っている実態
「Q1.あなたは、太陽光パネル設置義務化について知っていますか。」(n=111)と質問したところ、「詳しく知っている」が28.8%、「名前だけ知っている」が55.9%という回答となりました。

78.1%が、太陽光パネル・住宅用蓄電池への関心が高まる
Q1で「詳しく知っている」と回答した方に、「Q2.太陽光パネル設置義務化を受けて、太陽光パネル・住宅用蓄電池への関心が高まりましたか。」(n=32)と質問したところ、「非常に高まった」が28.1%、「やや高まった」が50.0%という回答となりました。

71.9%が、太陽光パネル・住宅用蓄電池の設置を検討するきっかけとなったと回答
Q1で「詳しく知っている」と回答した方に、「Q3.太陽光パネル設置義務化が、自宅への太陽光パネル・住宅用蓄電池の設置を検討するきっかけとなりましたか。」(n=32)と質問したところ、「非常に高まった」が25.0%、「やや高まった」が46.9%という回答となりました。

約7割が、近年の電気代高騰を受けて、太陽光パネル・住宅用蓄電池への関心が高まったと回答
「Q4.あなたは、近年の電気代高騰を受けて、太陽光パネル・住宅用蓄電池への関心が高まりましたか。」(n=111)と質問したところ、「非常に高まった」が17.1%、「やや高まった」が51.4%という回答となりました。

86.5%が、太陽光パネル・住宅用蓄電池を設置するにあたり、ハードルを実感
「Q5.太陽光パネル・住宅用蓄電池を設置するにあたって、感じているハードルはありますか。」(n=111)と質問したところ、「非常にある」が55.9%、「ややある」が30.6%という回答となりました。

太陽光パネル・住宅用蓄電池を設置するうえでのハードル、「初期費用の高さ」が88.5%で最多
Q5で「非常にある」「ややある」と回答した方に、「Q6.太陽光パネル・住宅用蓄電池を設置するにあたって、ハードルに感じる要素を教えてください。(複数回答)」(n=96)と質問したところ、「初期費用の高さ」が88.5%、「経済的な効果」が68.8%、「寿命の長さ」が66.7%という回答となりました。

太陽光パネル・住宅用蓄電池を設置するうえでのハードル、「補助金の期限」や「家の老朽化」などの声
Q6で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q7.Q6で回答した以外に、太陽光パネル・住宅用蓄電池を設置するにあたって、感じるハードルがあれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=96)と質問したところ、「補助金の期限」や「家の老朽化」など67の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・54歳:補助金の期限。
・62歳:家の老朽化。
・49歳:環境にやさしいものとは思えない。
・55歳:家が古くなっているので費用がどのくらいかかるか。
・50歳:日当たりの良し悪し。
・33歳:補助金を受ける際の手続きの複雑さ。
・57歳:家が古く、設置できない。

約8割が、太陽光パネル・住宅用蓄電池の設置を検討する際に、電気使用量や料金のシミュレーション結果の利用を希望
「Q8.あなたは、太陽光パネル・住宅用蓄電池の設置を検討する際に、電気使用量や料金のシミュレーション結果があれば、利用したいと思いますか。」(n=111)と質問したところ、「非常にそう思う」が28.8%、「ややそう思う」が52.3%という回答となりました。

電気使用量や料金のシミュレーション結果を利用したい理由、「どれくらい節約になるか分かりやすいから」が73.3%で最多
Q8で「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した方に、「Q9.電気使用量や料金のシミュレーション結果があれば、利用したいと思う理由を教えてください。(複数回答)」(n=90)と質問したところ、「どのくらい節約になるか分かりやすいから」が73.3%、「最適なプランがわかりやすいから」が61.1%、「家計の見積もりが立てやすいから」が46.7%という回答となりました。

電気使用量や料金のシミュレーション結果を利用したい理由、「収支の長期シミュレーションにて確認したい」や「計画を立てるときの目安になる」などの声
Q9で「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q10.Q9で回答した以外に電気使用量や料金のシミュレーション結果があれば、利用したいと思う理由があれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=88)と質問したところ、「収支の長期シミュレーションにて確認したいから」や「計画を立てるときの目安になるから」など47の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・57歳:収支の長期シミュレーションにて確認したいから。
・61歳:計画を立てるときの目安になるから。
・63歳:経済的な効果について、将来像を見通せるため。
・65歳:停電などに対応できそうか、コストパフォーマンスがよいか分かれば利用したくなる。
・64歳:どれくらいお得なのかがわかれば初期投資に積極的になれる。
・59歳:どのくらいになるのか等を知ることができると、設置の意向に繋がる。
・52歳:費用対効果を知りたい。

まとめ
今回は、東京の自宅(戸建て)への住宅用蓄電池の設置を検討している人111名に、住宅用蓄電池の設置に関する意識調査を実施しました。

東京都が発表した新築住宅に太陽光発電設備の設置などの義務化について、約3人に1人が詳しく知っている実態であり、多くが今回の義務化がきっかけで太陽光パネル・住宅用蓄電池の設置を検討するようになったことがわかりました。また、近年の電気代高騰を理由に太陽光パネル・住宅用蓄電池への関心が高まっている一方、「初期費用の高さ」や「経済的な効果」などが設置するうえでのハードルと感じていることも明らかになりました。

東京都が2025年4月施行を目指している「太陽光設置義務化」。初期費用の負担はあっても10年ほどで回収できるとされていますが、まだ設置については、ハードルを感じている人は多いようです。検討するにあたって、電気使用量や料金のシミュレーション結果があるのであれば、どれくらい節約になるかわかるため、前向きな検討をする人々が増えてくるのかもしれません。

「エネがえる」とは
「エネがえる」のビジョンは“むずかしいエネルギー診断をかんたんにカエル”です。エネがえるは、住宅用から産業用まで太陽光パネル・蓄電システムの販売に関わる営業担当者が、誰でもカンタンに需要家・施主向けの提案書を自動作成できる経済効果の試算ツールです。計算が難しい太陽光・蓄電池導入の経済効果を誰でも専門知識なしにシミュレーションできるエネルギー診断特化型クラウドサービス(SaaS形式/API形式の2タイプ)として大手電力会社や有名太陽光・蓄電システムメーカー・国内TOPクラスの販売施工店まで全国700社以上に提供しています。

▼「エネがえる」公式Webサイト
https://www.enegaeru.com/
※詳しい料金体系と提供機能は、こちらの料金表をご参照ください:https://www.enegaeru.com/price/

調査概要:住宅用太陽光パネル・蓄電池の購入に関する意識調査
調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®︎」の企画によるインターネット調査
調査期間:2023年1月23日〜同年1月24日
有効回答:東京の自宅(戸建て)への住宅用太陽光・蓄電池の設置を検討している人111名
※構成比は小数点以下第2位を四捨五入。合計しても必ずしも100とはなりません。

≪調査結果の利用条件≫
1 情報の出典元として「エネがえる運営事務局調べ」と明記してください。
2 ウェブサイトで使用する場合は、出典元として、下記リンクを設置してください。
URL:https://www.enegaeru.com/

エネがえる
PRO

February 17, 2023
Tweet

More Decks by エネがえる

Other Decks in Research

Transcript

  1. ౦ژ౎ଠཅޫύωϧٛ຿ԽͰফඅऀͷҙࣝʹมԽ͸ʁ
    ໿ׂ͕ʮଠཅޫύωϧɾॅ୐༻஝ి஑ʯ΁ͷؔ৺͕ߴ͍
    <ಠࣗϨϙʔτ7PMɿ౦ژ౎ຽਓʹௐࠪ>
    ॅ୐༻ଠཅޫύωϧɾ஝ి஑ͷߪೖʹؔ͢Δҙࣝௐࠪ
    ࠃࡍߤۀגࣜձࣾ
    ೥൛

    View Slide

  2. X
    ௐ࣮ࠪࢪऀ
    ࠃࡍߤۀגࣜձࣾ
    ௐࠪ֓ཁ
    ॅ୐༻ଠཅޫύωϧɾ஝ి஑ͷߪೖʹؔ͢Δҙࣝௐࠪ
    ௐࠪํ๏
    *%&"5&$)͕ఏڙ͢ΔϦαʔν13ʮϦαϐʔ
    ®︎
    ʯͷاըʹΑΔ
    Πϯλʔωοτௐࠪ
    ௐࠪظؒ
    ೥݄೔ʙಉ೥݄೔
    ༗ޮճ౴
    ౦ژͷࣗ୐ʢށݐͯʣ΁ͷॅ୐༻ଠཅޫɾ஝ి஑ͷઃஔΛݕ౼͍ͯ͠Δਓ໊
    ˞ߏ੒ൺ͸খ਺఺ҎԼୈҐΛ࢛ࣺޒೖ͍ͯ͠ΔͨΊɺ߹ܭͯ͠΋ඞͣ͠΋ͱ͸ͳΓ·ͤΜɻ
    Research Outline
    ௐࠪ֓ཁ
    2

    View Slide

  3. X
    ͋ͳͨ͸ɺଠཅޫύωϧઃஔٛ຿Խʹ͍ͭͯ஌͍ͬͯ·͔͢ɻ
    ౦ژ౎ͷଠཅޫύωϧઃஔٛ຿Խʹ
    ͍ͭͯɺ໿ਓʹਓ͕ৄ͘͠஌ͬͯ
    ͍Δ͜ͱ͕෼͔Γ·ͨ͠ɻ
    2
    Oɺௐࠪظؒɿ೥݄೔ʙಉ೥݄೔
    ॅ୐༻ଠཅޫύωϧɾ஝ి஑ͷߪೖʹؔ͢Δҙࣝௐࠪ
    3




    ৄ͘͠஌͍ͬͯΔ
    ໊લ͚ͩ஌͍ͬͯΔ
    શ͘஌Βͳ͍
    Θ͔Βͳ͍౴͑ΒΕͳ͍
    ˔
    ˔
    ˔
    ˔




    View Slide

  4. X
    2Ͱʮৄ͘͠஌͍ͬͯΔʯͱճ౴ͨ͠ํʹ͓ฉ͖͠·͢ɻଠཅޫύωϧઃஔٛ຿Խ
    Λड͚ͯɺଠཅޫύωϧɾॅ୐༻஝ి஑΁ͷؔ৺͕ߴ·Γ·͔ͨ͠ɻ
    ˋ͕ɺʮଠཅޫύωϧɾॅ୐༻
    ஝ి஑΁ͷؔ৺͕ߴ·ͬͨʯͱճ౴
    ͠·ͨ͠ɻ
    2
    Oɺௐࠪظؒɿ೥݄೔ʙಉ೥݄೔
    ॅ୐༻ଠཅޫύωϧɾ஝ి஑ͷߪೖʹؔ͢Δҙࣝௐࠪ
    4





    ඇৗʹߴ·ͬͨ
    ΍΍ߴ·ͬͨ
    ͋·Γߴ·Βͳ͔ͬͨ
    શ͘ߴ·Βͳ͔ͬͨ
    Θ͔Βͳ͍౴͑ΒΕͳ͍
    ˔
    ˔
    ˔
    ˔
    ˔





    View Slide

  5. X
    2Ͱʮৄ͘͠஌͍ͬͯΔʯͱճ౴ͨ͠ํʹ͓ฉ͖͠·͢ɻଠཅޫύωϧઃஔٛ຿Խ͕ɺ
    ࣗ୐΁ͷଠཅޫύωϧɾॅ୐༻஝ి஑ͷઃஔΛݕ౼͢Δ͖͔͚ͬͱͳΓ·͔ͨ͠ɻ
    ˋ͕ɺଠཅޫύωϧɾॅ୐༻஝
    ి஑ͷઃஔΛݕ౼͢Δ͖͔͚ͬͱͳ
    ͬͨͱճ౴͠·ͨ͠ɻ
    2
    Oɺௐࠪظؒɿ೥݄೔ʙಉ೥݄೔
    ॅ୐༻ଠཅޫύωϧɾ஝ి஑ͷߪೖʹؔ͢Δҙࣝௐࠪ
    5




    ඇৗʹߴ·ͬͨ
    ΍΍ߴ·ͬͨ
    ಛʹ͖͔͚ͬʹ͸ͳ͍ͬͯͳ͍
    Θ͔Βͳ͍౴͑ΒΕͳ͍
    ˔
    ˔
    ˔
    ˔




    View Slide

  6. X
    ͋ͳͨ͸ɺۙ೥ͷిؾ୅ߴಅΛड͚ͯɺଠཅޫύωϧɾॅ୐༻஝ి஑΁ͷؔ৺͕ߴ·
    Γ·͔ͨ͠ɻ
    ໿ׂ͕ɺʮۙ೥ͷిؾ୅ߴಅΛड͚
    ͯɺଠཅޫύωϧɾॅ୐༻஝ి஑΁ͷ
    ؔ৺͕ߴ·ͬͨʯͱճ౴͠·ͨ͠ɻ
    2
    Oɺௐࠪظؒɿ೥݄೔ʙಉ೥݄೔
    ॅ୐༻ଠཅޫύωϧɾ஝ి஑ͷߪೖʹؔ͢Δҙࣝௐࠪ
    6





    ඇৗʹߴ·ͬͨ
    ΍΍ߴ·ͬͨ
    ͋·Γߴ·Βͳ͔ͬͨ
    શ͘ߴ·Βͳ͔ͬͨ
    Θ͔Βͳ͍౴͑ΒΕͳ͍
    ˔
    ˔
    ˔
    ˔
    ˔





    View Slide

  7. X
    ଠཅޫύωϧɾॅ୐༻஝ి஑Λઃஔ͢Δʹ͋ͨͬͯɺײ͍ͯ͡Δϋʔυϧ͸͋Γ·͢
    ͔ɻ
    ˋ͕ɺଠཅޫύωϧɾॅ୐༻஝
    ి஑Λઃஔ͢Δʹ͋ͨΓɺϋʔυϧ
    Λײ͍ͯ͡Δ͜ͱ͕෼͔Γ·ͨ͠ɻ
    2
    Oɺௐࠪظؒɿ೥݄೔ʙಉ೥݄೔
    ॅ୐༻ଠཅޫύωϧɾ஝ి஑ͷߪೖʹؔ͢Δҙࣝௐࠪ
    7





    ඇৗʹ͋Δ
    ΍΍͋Δ
    ͋·Γͳ͍
    શ͘ͳ͍
    Θ͔Βͳ͍౴͑ΒΕͳ͍
    ˔
    ˔
    ˔
    ˔
    ˔





    View Slide

  8. X
    2Ͱʮඇৗʹ͋Δʯʮ΍΍͋Δʯͱճ౴ͨ͠ํʹ͓ฉ͖͠·͢ɻଠཅޫύωϧɾॅ୐
    ༻஝ి஑Λઃஔ͢Δʹ͋ͨͬͯɺϋʔυϧʹײ͡ΔཁૉΛڭ͍͑ͯͩ͘͞ɻʢෳ਺ճ
    ౴ʣ
    2
    8
    ଠཅޫύωϧɾॅ୐༻஝ి஑Λઃஔ͢Δ
    ্Ͱͷϋʔυϧɺʮॳظඅ༻ͷߴ͞ʯ͕
    ˋͰ࠷ଟͱͳΓ·ͨ͠ɻ
    Oɺௐࠪظؒɿ೥݄೔ʙಉ೥݄೔
    ॅ୐༻ଠཅޫύωϧɾ஝ి஑ͷߪೖʹؔ͢Δҙࣝௐࠪ
    ॳظඅ༻ͷߴ͞
    ܦࡁతͳޮՌ
    ण໋ͷ௕͞
    ઃஔεϖʔε
    ࣗ୐ͷ࠷దͳిؾྉۚϓϥϯ͕Կ͔
    ิॿۚਃ੥ͷ൥ࡶ͞
    ͦͷଞ
    Θ͔Βͳ͍౴͑ΒΕͳ͍







    View Slide

  9. X
    2ͰʮΘ͔Βͳ͍౴͑ΒΕͳ͍ʯҎ֎Λճ౴ͨ͠ํʹ͓ฉ͖͠·͢ɻ2Ͱճ౴ͨ͠
    Ҏ֎ʹɺଠཅޫύωϧɾॅ୐༻஝ి஑Λઃஔ͢Δʹ͋ͨͬͯɺײ͡Δϋʔυϧ͕͋Ε͹ɺ
    ࣗ༝ʹڭ͍͑ͯͩ͘͞ɻʢࣗ༝ճ౴ʣ
    2
    9
    ଠཅޫύωϧɾॅ୐༻஝ి஑Λઃஔ͢Δ্Ͱͷ
    ϋʔυϧɺʮิॿۚͷظݶʯ΍ʮՈͷ࿝ٺԽʯ
    ͳͲͷ੠΋دͤΒΕ·ͨ͠ɻ
    ʻࣗ༝ճ౴ɾҰ෦ൈਮʼ
    ɾࡀɿิॿۚͷظݶɻ
    ɾࡀɿՈͷ࿝ٺԽɻ
    ɾࡀɿ؀ڥʹ΍͍͞͠΋ͷͱ͸ࢥ͑ͳ͍ɻ
    ɾࡀɿՈ͕ݹ͘ͳ͍ͬͯΔͷͰඅ༻͕Ͳͷ͘Β͍͔͔Δ͔ɻ
    ɾࡀɿ೔౰ͨΓͷྑ͠ѱ͠ɻ
    ɾࡀɿิॿۚΛड͚Δࡍͷखଓ͖ͷෳࡶ͞ɻ
    ɾࡀɿՈ͕ݹ͘ɺઃஔͰ͖ͳ͍ɻ
    Oɺௐࠪظؒɿ೥݄೔ʙಉ೥݄೔
    ॅ୐༻ଠཅޫύωϧɾ஝ి஑ͷߪೖʹؔ͢Δҙࣝௐࠪ

    View Slide

  10. X
    ͋ͳͨ͸ɺଠཅޫύωϧɾॅ୐༻஝ి஑ͷઃஔΛݕ౼͢Δࡍʹɺిؾ࢖༻ྔ΍ྉۚͷ
    γϛϡϨʔγϣϯ݁Ռ͕͋Ε͹ɺར༻͍ͨ͠ͱࢥ͍·͔͢ɻ
    ໿ׂ͕ɺଠཅޫύωϧɾॅ୐༻஝ి
    ஑ͷઃஔΛݕ౼͢Δࡍʹɺిؾ࢖༻ྔ
    ΍ྉۚͷγϛϡϨʔγϣϯ݁Ռͷར༻
    Λر๬͍ͯ͠Δ͜ͱ͕෼͔Γ·ͨ͠ɻ
    2
    Oɺௐࠪظؒɿ೥݄೔ʙಉ೥݄೔
    ॅ୐༻ଠཅޫύωϧɾ஝ి஑ͷߪೖʹؔ͢Δҙࣝௐࠪ
    10





    ඇৗʹͦ͏ࢥ͏
    ΍΍ͦ͏ࢥ͏
    ͋·Γͦ͏ࢥΘͳ͍
    શͦ͘͏ࢥΘͳ͍
    Θ͔Βͳ͍౴͑ΒΕͳ͍
    ˔
    ˔
    ˔
    ˔
    ˔





    View Slide

  11. X
    2Ͱʮඇৗʹͦ͏ࢥ͏ʯʮ΍΍ͦ͏ࢥ͏ʯͱճ౴ͨ͠ํʹ͓ฉ͖͠·͢ɻిؾ࢖༻ྔ
    ΍ྉۚͷγϛϡϨʔγϣϯ݁Ռ͕͋Ε͹ɺར༻͍ͨ͠ͱࢥ͏ཧ༝Λڭ͍͑ͯͩ͘͞ɻ
    ʢෳ਺ճ౴ʣ
    2
    11
    ిؾ࢖༻ྔ΍ྉۚͷγϛϡϨʔγϣϯ݁ՌΛར༻
    ͍ͨ͠ཧ༝ɺʮͲΕ͘Β͍અ໿ʹͳΔ͔෼͔Γ΍
    ͍͔͢Βʯ͕ˋͰ࠷ଟͱͳΓ·ͨ͠ɻ
    Oɺௐࠪظؒɿ೥݄೔ʙಉ೥݄೔
    ॅ୐༻ଠཅޫύωϧɾ஝ి஑ͷߪೖʹؔ͢Δҙࣝௐࠪ
    Ͳͷ͘Β͍અ໿ʹͳΔ͔෼͔Γ΍͍͔͢Β
    ࠷దͳϓϥϯ͕Θ͔Γ΍͍͔͢Β
    Ոܭͷݟੵ΋Γཱ͕ͯ΍͍͔͢Β
    ҙࢥܾఆ͠΍͍͔͢Β
    ৴པੑ͕͋Δ͔Β
    ͦͷଞ
    Θ͔Βͳ͍౴͑ΒΕͳ͍






    View Slide

  12. X
    2ͰʮΘ͔Βͳ͍౴͑ΒΕͳ͍ʯҎ֎Λճ౴ͨ͠ํʹ͓ฉ͖͠·͢ɻ2Ͱճ౴ͨ͠Ҏ
    ֎ʹిؾ࢖༻ྔ΍ྉۚͷγϛϡϨʔγϣϯ݁Ռ͕͋Ε͹ɺར༻͍ͨ͠ͱࢥ͏ཧ༝͕͋Ε
    ͹ɺࣗ༝ʹڭ͍͑ͯͩ͘͞ɻʢࣗ༝ճ౴ʣ
    2
    12
    ిؾ࢖༻ྔ΍ྉۚͷγϛϡϨʔγϣϯ݁Ռ͕͋Ε͹ɺ
    ར༻͍ͨ͠ͱࢥ͏ཧ༝ɺʮऩࢧͷ௕ظγϛϡϨʔγϣ
    ϯʹͯ֬ೝ͍͔ͨ͠Βʯ΍ʮܭըΛཱͯΔͱ͖ͷ໨҆
    ʹͳΔ͔ΒʯͳͲͷ੠΋دͤΒΕ·ͨ͠ɻ
    ʻࣗ༝ճ౴ɾҰ෦ൈਮʼ
    ɾࡀɿऩࢧͷ௕ظγϛϡϨʔγϣϯʹͯ֬ೝ͍͔ͨ͠Βɻ
    ɾࡀɿܭըΛཱͯΔͱ͖ͷ໨҆ʹͳΔ͔Βɻ
    ɾࡀɿܦࡁతͳޮՌʹ͍ͭͯɺকདྷ૾Λݟ௨ͤΔͨΊɻ
    ɾࡀɿఀిͳͲʹରԠͰ͖ͦ͏͔ɺίετύϑΥʔϚϯε͕Α͍͔෼͔Ε͹
    ɹར༻ͨ͘͠ͳΔɻ
    ɾࡀɿͲΕ͘Β͍͓ಘͳͷ͔͕Θ͔Ε͹ॳظ౤ࢿʹੵۃతʹͳΕΔɻ
    ɾࡀɿͲͷ͘Β͍ʹͳΔͷ͔౳Λ஌Δ͜ͱ͕Ͱ͖Δͱɺઃஔͷҙ޲ʹܨ͕Δɻ
    ɾࡀɿඅ༻ରޮՌΛ஌Γ͍ͨɻ
    Oɺௐࠪظؒɿ೥݄೔ʙಉ೥݄೔
    ॅ୐༻ଠཅޫύωϧɾ஝ి஑ͷߪೖʹؔ͢Δҙࣝௐࠪ

    View Slide

  13. X
    Service
    ʮΤω͕͑Δʯͱ͸
    13
    ʮΤω͕͑ΔʯͷϏδϣϯ͸lΉ͔͍ͣ͠ΤωϧΪʔ਍அΛ͔ΜͨΜʹΧΤϧzͰ͢ɻΤω͕͑Δ͸ɺॅ୐༻͔Β࢈ۀ༻·Ͱଠཅޫύ
    ωϧɾ஝ిγεςϜͷൢചʹؔΘΔӦۀ୲౰ऀ͕ɺ୭Ͱ΋ΧϯλϯʹधཁՈɾࢪओ޲͚ͷఏҊॻΛࣗಈ࡞੒Ͱ͖ΔܦࡁޮՌͷࢼࢉπʔ
    ϧͰ͢ɻܭࢉ͕೉͍͠ଠཅޫɾ஝ి஑ಋೖͷܦࡁޮՌΛ୭Ͱ΋ઐ໳஌ࣝͳ͠ʹγϛϡϨʔγϣϯͰ͖ΔΤωϧΪʔ਍அಛԽܕΫϥ΢
    υαʔϏεʢ4BB4ܗࣜ"1*ܗࣜͷλΠϓʣͱͯ͠େखిྗձࣾ΍༗໊ଠཅޫɾ஝ిγεςϜϝʔΧʔɾࠃ಺501Ϋϥεͷൢചࢪ޻
    ళ·ͰશࠃࣾҎ্ʹఏڙ͍ͯ͠·͢ɻ
    ˝ʮΤω͕͑Δʯެࣜ8FCαΠτ
    IUUQTXXXFOFHBFSVDPN
    ˞ৄ͍͠ྉۚମܥͱఏڙػೳ͸ɺͪ͜ΒͷྉۚදΛ͝ࢀর͍ͩ͘͞ɿIUUQTXXXFOFHBFSVDPNQSJDF

    View Slide

  14. X
    ձ໊ࣾ
    ࠃࡍߤۀגࣜձࣾ
    5&-

    ."*-
    JOGP!FOFHBFSVDPN
    8
    IUUQTXXXLLDDPKQ
    ձࣾॅॴ

    ౦ژ౎৽॓۠๺৽॓ஸ໨൪߸
    ৽॓ϑϩϯτλϫʔ
    Contact
    ͓໰͍߹Θͤ
    14

    View Slide