Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

組織パフォーマンス最大化には 事業-システム-人間 さまざまな波を感じろ

B0e91e85741c1c629c07a794c02841cf?s=47 shinden
April 02, 2018

組織パフォーマンス最大化には 事業-システム-人間 さまざまな波を感じろ

VP of Engineering Meetup
Lightning Talk 2018/04/02 発表資料

B0e91e85741c1c629c07a794c02841cf?s=128

shinden

April 02, 2018
Tweet

Transcript

  1. VP of Engineering Meetup Lightning Talk 組織パフォーマンス最大化には 事業-システム-人間 さまざまな波を感じ取れ CyberAgent,

    Inc. All Rights Reserved 2018/04/02 shinden tomohiro
  2. • 株式会社サイバーエージェント アドテク本部アドテクスタジオ LIVEDSP開発責任者 (エンジニアリングマネージャ) • 経歴 中小SIerからサイバーエージェント中途入社 入社後 ・Game系

    DSPプロダクト開発責任者 ・動画アドネットワーク 立ち上げ 開発責任者 ・DMPプロダクト (CA子会社) CTO ・位置情報広告プロダクト 技術責任者 ・(現) LIVEDSP 開発責任者 Profile
  3. 色々な波を感じ取る 開発チームの率いるために 必要なことの1つ 色々な波を感じること

  4. 色々な波を感じ取る 事業の次の1歩を素早く踏み出すために 事業とシステムの溝を埋める意識する バランス感覚

  5. 事業の波を感じ取る • 事業の方向の可能性 • 営業での拡大フェーズ • 顧客のコンセンサス、反応待ち • 予算リソースの使い方、投資フェーズ •

    人的リソースの方針
  6. システムの波を感じ取る • 技術的負債のサイズ、ネックポイント • 技術トレンドと可能性 • 次の事業実現可能アーキテクチャの土台 • システム維持コスト、コスト削減 •

    堅牢性、安定性、品質 • 次世代利用技術の為の検証
  7. 個人の波を感じ取る • 現在のコンディション • スキルレベル • キャリアの方向性と実現したいこと • チームやシステムに感じていること •

    各人の情報理解度(事業、機能、アーキテクチャ)
  8. 全ての波を考慮して波を作り出す • 開発計画の作成 • エンジニアの人的計画の作成 • 事業計画への技術視点での提案 • 半年後、1年後のビジョン •

    キャリア形成の手伝い (設計/計画)
  9. 要はマネジメント • 事業計画 (経営) • プロダクトマネジメント • ピープルマネジメント • システムマネジメント

    • プロジェクトマネジメント
  10. 要はマネジメント • 事業計画 (経営) • プロダクトマネジメント • ピープルマネジメント • システムマネジメント

    (CTOと協力) • プロジェクトマネジメント
  11. ▪ プロダクトマネジメント 分析 : SWOT、P3、4C 機能:シンプル、優先順、差別化、同質化、コンセプト ロードマップ:マーケティング、ライフサイクル、ブランド エレベーターピッチ、リーンキャンバス ▪ ピープルマネジメント

    Management3.0、モダンアジャイル、権限委譲、デリゲーションポーカー 1 on 1、コーチング、ティーチング、OKR、MBO ファシリテーション、ファシリテーショングラフィクス メンター、トレーナー、アプレンティス、採用/広報、チームビルド エンジニア技術知識にプラスして マネジメントの技術知識が必要です マネージャって実は大変
  12. エンジニア技術知識にプラスして マネジメントの技術知識が必要です マネージャって実は大変 ▪ プロジェクトマネジメント プロジェクトビジョン、スケジューリング、ガントチャート、カンバン 手法:アジャイル開発、ウォーターフォール、CMMI、PIMBOK 品質、リソース、ステークホルダーマネジメント ▪ システムマネジメント

    アーキテクチャビジョン:技術的負債の許容と返済計画 SDLC:開発手法 XP、スクラム、スパイラル、プロトタイピング プラクティス: ペアプロ、モブプロ、テストファースト デザインパターン: GoF、Cake、DI アーキテクチャパターン: DDD、レイヤード、クリーン
  13. マネージャって実は大変 マネジメントの勉強をしないマネージャを 信じないで下さい

  14. 謝辞 さまざまな波を乗りこなして 波を作り出して行きましょう!