Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

バックオフィスで働く人のためのクラウド会計の正しい使い方_20191015

Ccb527e2db7d968d510fc5943db11d99?s=47 shin tanaka
October 15, 2019

 バックオフィスで働く人のためのクラウド会計の正しい使い方_20191015

Ccb527e2db7d968d510fc5943db11d99?s=128

shin tanaka

October 15, 2019
Tweet

Transcript

  1. バックオフィスで働く人のための クラウド会計の正しい使い方 2019/10/15

  2. 田中 慎 〔Shin Tanaka〕 • 1982 大阪府東大阪市生まれ → 兵庫県三田市 •

    2001 兵庫県立北摂三田高校卒業 • 2005 大阪市立大学 経済学部経済地理学専攻 卒業 • 2005 税理士事務所勤務 • 2012 税理士登録 • 2014 VBAエキスパート Excel Standard 取得 • 2015 中小企業診断士登録 • 2016 税理士法人田中経営会計事務所 設立 • 2017 京都市ソーシャルイノベーション研究所 SILK イノベーションコーディネーター〔非常勤〕 • 2019 長野県立大学ソーシャルイノベーション創出支援センター アドバイザリーメンバー • 2019 バックオフィスで働く人のための「SOU-MUプロジェクト」を開始
  3. 3 総務・バックオフィスで働く人が会社の成長を左右する時代 https://note.mu/shinxtanaka/n/n924586d49c6e 1.バックオフィスを取り巻く クラウドサービスの進化 2.起業家・フリーランスの 増加と問題点

  4. 4

  5. 5

  6. 6

  7. 7

  8. 8 1.AI時代の会計の役割 2.クラウド会計の現在 3.AI時代のバックオフィス バックオフィスで働く人のための 会計の正しい使い方

  9. 会計専門職を希望する人は大きく減少している 9 税理士試験受験者数 2005 2018 56,314 30,850 日商簿記1級受験者数 2005 2018

    21,034 9,852
  10. 10 90%の確率で10年後になくなる仕事 (37種類) 「簿記、会計、監査の事務員」 「税務申告代行者」 THE FUTURE OF EMPLOYMENT: HOW

    SUSCEPTIBLE ARE JOBS TO COMPUTERISATION? Carl Benedikt Frey andMichael A. Osborne September 17, 2013
  11. クラウドサービスを使った確定申告が増加 11

  12. 12 freee使えば誰でも 確定申告楽勝! 専門家にチェックはし てもらいたいな

  13. 13 freee使えば誰でも 確定申告楽勝! 専門家にチェックはし てもらいたいな

  14. 14 そもそも中小企業にとって、会計は何のためにあるのか? 1.資金繰りのため 2.未来に対する行動のため

  15. 会計は処理ではない。今後のビジネスにどう活かすか 15 税務会計 国や地方に税金を納め るための税務申告の会 計。 税法に基づく会計処理。 財務会計 株主、銀行など外部の 利害関係者に経営成

    績と財務状態を報告す るための会計。 企業会計原則(中小 企業指針)に基づく会 計処理。 管理会計 財務会計を経営者、企 業内部の経営判断に 活かすための会計。 (例:店舗別) 納税 目的 投資・融資 経営意思決定 申 告 調 整 クラウドサービスの利用で起業家も取り組みやすく 時点 過去 未来 活 用
  16. 16 1.AI時代の会計の役割 2.クラウド会計の現在 3.AI時代のバックオフィス バックオフィスで働く人のための 会計の正しい使い方

  17. 17 クラウド会計ってなに? 同時に同じデータを共有できる

  18. 18 クラウド会計の未来 試算表の状態から融資をオファー

  19. 19 ・自動で仕訳登録されて不安 ・仕訳が分かりにくい ・ネットだから入力が遅い ・システム障害が不安 ・電話サポートがない freeeに関するよくある質問

  20. ツールを正しく使えていますか? 20 なんとなくすぐ使える! →いつまで経ってもなんとなく使っている。

  21. 21 システム投資は高い のでパートで システムに投資して 働きやすい環境を

  22. 22 システム投資は高い のでパートで システムに投資して 働きやすい環境を

  23. • システム投資には厳しく、人件費には甘いのがIT化が進まない多くの会社 の考え方。システムへの投資は人への投資。 • コストとは、削減する対象ではなく、利益を生むための投資という意識をも つ。 • freeeの利用料個人Std月1,980円/法人ミニマム年間約23,760円 • パート人件費

    ex.年間100万円 • それは将来の利益を生み出す投資になっているか? • 損失につながる「働く社員のストレス」(単調な処理の繰り返し) 【導入の正しい考え方】システムに投資して働きやすい環境を 23
  24. 24 わかった!クラウド サービス使います! 自社の業務にあった ツールを選びたいです

  25. 25 わかった!クラウド サービス使います! 自社の業務にあった ツールを選びたいです

  26. • 「とりあえずクラウドいれる」「自社もRPAに取り組む」は現場を混乱させる。 • 無駄な作業をRPAで自動化するのがブーム。 • そもそも不要な処理をRPA化すれば、永続的に無駄なコストが生じ続け ることになる。 例)請求書のリストから、会計ソフトへのデータインポートをRPA化する。 →freeeAPIでできる •

    システム導入前に、ECRS(なくせないか、一緒にできないか、やり方を変 えられないか、簡単にできないか)の観点で、業務設計の見直しが必要。 【導入の正しい考え方】自社の業務にあったツールを選ぶ 26
  27. 27 【クラウドの前に、コンピュータの基礎を抑える】 入力装置→演算装置→出力装置 でハードウェアは構成されている データの流れも 「入力→計算→出力」が自然

  28. クラウドサービスを使いこなすには、「入力前」と「出力後」が大事 28 手作業 伝票記入 仕訳帳記入 元帳記入 試算表作成 レポート作成 取引記録 PC会計

    仕訳入力 レポート作成 取引記録 仕訳帳・元帳・試算表 出力 クラウド 取引入力 仕訳帳・元帳・試算表・レポート 出力 業務設計 管理会計
  29. 29 とりあえずスキャンして 登録したらいいよね 効率のいい入力の仕 方はないでしょうか?

  30. 30 とりあえずスキャンして 登録したらいいよね 効率のいい入力の仕 方はないでしょうか?

  31. ・「CSVではなく紙でください」という会計専門家はやめておこう。 ・freeeはエンジニアの会社であり、会計専門家のための会社ではない。 ・「手入力をなくす」考えで設計されている。 ・データの入力は、取引段階での1回のみで済むように業務を設計する。 【入力の正しい考え方】データがあるものを会計ソフトに入力しない 31

  32. ・銀行口座とクレジットカードの連携は大前提。 ・自動で経理を使う。「口座」の概念の理解。 ・領収書読み取りは経理の仕事ではない。現金、小口現金の扱いの設計。 ・請求データはインポート・連携で。 ※そもそも残高合ってますか? 【入力の正しい考え方】デジタルデータは会計ソフトに入力しない 32

  33. 33 勘定科目が勝手に 推測されて便利! さらに効率のいいやり 方はないでしょうか?

  34. 34 勘定科目が勝手に 推測されて便利! さらに効率のいいやり 方はないでしょうか?

  35. ・freeeならではの「自動登録ルール」を使いこなす。 『同期した預金データに「タナカシン」と書いてあれば、「給料」という勘 定目で登録する』と設定する。 次回以降、条件に合致すれば、登録確認もせずに、自動で仕訳登 録される。 →好き嫌いが分かれるので、freeeの評価が分かれる。 ・品目・取引先・メモタグの使い方→補助元帳の役割 ・毎日動きがある会社なら、毎日freeeを覗くのが鉄則。 【計算の正しい考え方】自動登録ルールを使う 35

  36. 36 レポートをどう読んだら いいでしょうか? とりあえず申告書 できればOK!

  37. 37 とりあえず申告書 できればOK! レポートをどう読んだら いいでしょうか?

  38. • 試算表の「貸借対照表」をチェック。異常値は「貸借対照表」に出る。 • 月次推移で「品目別」「取引先別」の内訳チェック。 • そもそもの前提は、自社に合った完璧なシステムなど販売していない。 • いかにデータを加工するかが大事。スプレッドシート、Excelなど。 • 会計データだけではなく、請求データの分析など。

    • 固定費は、限界利益を生み出すための源泉。コストとロスは違う。 • 生産性は、Output/Inputで考える。 38 【出力の正しい考え方】出てきた数字を経営に生かす
  39. 【出力の正しい考え方】BSとPLの関係を理解する 39 資産 負債 純資産 費用 収入 貸借対照表(BS) 損益計算書(PL) 利益

    ストック フロー
  40. 【出力の正しい考え方】会計のストックとフローのイメージを理解する 40 貸借 対照表 貸借 対照表 貸借 対照表 損益計算書 損益計算書

    資産の状態 収支の状況 収支の状況 資産の状態 資産の状態 ストック フロー フロー ストック ストック 第1期 第1期 第2期
  41. 41 1.AI時代の会計の役割 2.クラウド会計の現在 3.AI時代のバックオフィス バックオフィスで働く人のための 会計の正しい使い方

  42. 42 経理だけ勉強すれば いいよね 経理の前後の流れに も興味があります

  43. 43 経理だけ勉強すれば いいよね 経理の前後の流れに も興味があります

  44. 44 同社では、2018年5月 にオープンプラットフォー ム戦略を発表。freeeが 提供する「クラウド会計 ソフト freee」や「人事 労務 freee」だけでなく、 他社の良いサービスと

    API連携することで、個 人事業主から中小企業 までカバーするサービス 群を形成するというもの。 今回、API連携したアプ リを探しやすくする 「freeeアプリストア」を オープンした。
  45. プラットフォーム化=APIで「入力前」も「出力後」もサービスがつながる 45

  46. バックオフィス業務は「総合管理業務」へ 46 freeeは会計ソフトではなく、プラットフォーム。 バックオフィス業務の部門を横断する設計が必要 バックオフィス業務の「総務化」

  47. バックオフィス業務担当者に求められる3つの役割 47 専門化 外部化 細分化 万屋化 内部化 統合化 番頭機能 御用聞き機能

    何でも屋機能 参考:「戦略総務」豊田健一著(2017)
  48. 48 1.会計を経営に活かす 2.クラウド導入の起点 3.どこでも通じるスキル バックオフィスで働く人のための 会計の正しい使い方