Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

[UX/UI design] Target users and developmental psychology

shira
November 21, 2022

[UX/UI design] Target users and developmental psychology

社内LTで発表したスライドです

shira

November 21, 2022
Tweet

Other Decks in Design

Transcript

  1. [UX/UIデザイン] ターゲットユーザーと 発達心理学 白井 香織 2022.11

  2. アジェンダ 9Billio ➢ UX/UIとは ➢ ターゲットユーザーとは ➢ 発達心理学について ➢ まとめ

  3. UX/UIとは 9Billio ➢ UX:ユーザーがサービスを通して得られる体験のこと ◦ 「体験」とはサービスを通してユーザーが得られる使い心地、感動、印象など ◦ 仕様をワイヤーフレームに起こす設計部分がUXに当たる ➢ UI:ユーザーとサービスをつなぐもの

    ◦ サイトのデザインやFont、色、画像、動画など ◦ UIはUXを向上させるための一要素
  4. ターゲットユーザーとは 9Billio ➢ サービスを利用するユーザーを、性別・年代・職業などで 属性化し、対象を具体的に定めること

  5. ターゲットユーザーとは 9Billio ➢ サービスを利用するユーザーを、性別・年代・職業などで属 性化し、対象を具体的に定めること ユーザーのニーズや特性に基づいたサービスを作るためにター ゲットを意識し、明確にする事はとても大切です

  6. そしてテクノロジー戦略本部では バイセルグループの社内システムを開発しています

  7. ターゲットユーザーを想定する 9Billio ➢ 社内システム=業務で使用するシステム ➢ 男女ともに使用する ➢ 年代は20~60代を想定する必要あり ◦ 業務でPCを利用している、スマホの基本操作ができる前提

    新卒~定年までの幅広い年代がターゲットユーザーとなります
  8. ターゲットユーザーの年代を具体的に定める事 はUX/UIデザインにとって、とても重要です

  9. なぜ? 9Billio

  10. 年代ごとに特性があるからです ( 発達心理学 ) 9Billio ➢ 発達心理学:加齢による人の一生涯の発達的変化過程を研究する心理学 [備考]

  11. 年代別特性の変化 視覚能力・運動能力・認知能力は25歳以降、徐々に低下して行きます 20代 35~40代 50代 60代 • 能力低下の 大きな変化は ない

    • 老眼がはじまる • 早い人は35歳頃か ら初期症状 • 視覚能力が徐々に 低下 • 55歳頃から手と目の 運動能力が低下 • 視覚能力低下 • 運動能力がさらに低 下 • 認知能力が低下 ※個人差あり ※聴力は今回省略しています
  12. UX/UIの発達心理学への向き合い方 1. 視覚能力 2. 運動能力 3. 認知能力 この3つのポイントを抑えていきます 9Billio ※聴力・知識は今回省略しています

  13. UX/UIの発達心理学との向き合い方 9Billio 1. 視覚能力 2. 運動能力 3. 認知能力 35~40代 50代

    60代 • 老眼がはじまる • 早い人は35歳頃か ら初期症状 • 視覚能力が徐々に 低下 • 55歳頃から手と目の 運動能力が低下 • 視覚能力低下 • 運動能力がさらに低 下 • 認知能力が低下 老眼と視覚能力低下への対処法が必要になります
  14. UX/UIの発達心理学との向き合い方 9Billio 1. 視覚能力 2. 運動能力 3. 認知能力 ➢ 老眼への対処法

    ◦ Fontサイズは大きめに [UX/UI] ▪ 本文サイズの目安は16px ▪ 本文に16px以下のFontは使用しない ◦ 余白を十分確保する [UX/UI] ➢ 老眼:モノを見るときにピントを合わせる目の調整機能が衰え、近くを見るときに必要な「調 整」ができなくなり視界がぼやける事 [備考]
  15. UX/UIの発達心理学との向き合い方 9Billio 1. 視覚能力 2. 運動能力 3. 認知能力 ➢ 視覚能力低下への対処法

    ◦ 色の識別能力が低下するので、使用する色に注意し色数も抑える [UI] ◦ コントラスト感度が低下するので、色のコントラスト比を確保する [UI]  ◦ 視覚処理・視覚的な集中力が低下するので、コンテンツはグルー プ化し、また不要な視覚情報や演出を避ける[UX/UI] ボタン ボタン
  16. UX/UIの発達心理学との向き合い方 9Billio 1. 視覚能力 2. 運動能力 3. 認知能力 50代 60代

    • 視覚能力が徐々に 低下 • 55歳頃から手と目の 運動能力が低下 • 視覚能力低下 • 運動能力がさらに低 下 • 認知能力が低下 手と目の運動能力低下への対処法が必要になります
  17. UX/UIの発達心理学との向き合い方 9Billio 1. 視覚能力 2. 運動能力 3. 認知能力 ➢ 運動能力低下への対処法

    ◦ クリックターゲットを十分に大きくする [UX/UI] ◦ ジェスチャー入力をシンプルに保つ [UX]  ◦ 動作に負担のかかる画面設計を避ける [UX] ◦ 複雑なレイアウトは避ける [UX/UI] ➢ 運動能力低下:手先の器用さの低下、手と目の協応動作の低下、筋力や動作速度の低下 [備考]
  18. UX/UIの発達心理学との向き合い方 9Billio 1. 視覚能力 2. 運動能力 3. 認知能力 60代 •

    視覚能力低下 • 運動能力がさらに低 下 • 認知能力が低下 認知能力低下への対処法が必要になります
  19. UX/UIの発達心理学との向き合い方 9Billio ➢ 認知能力低下への対処法 ◦ 構造やデザインを単純化し集中しやすくする [UX/UI] ◦ 画面の開始~終了地点を明確に示す [UX/UI] 

    ◦ マルチタスクの構造を避ける [UX] ◦ 用語は統一し、あいまいな言葉は避ける [UX] ◦ 簡潔で分かりやすい文体を使う [UX] ➢ 認知能力低下:情報を記憶・理解・判断・処理するワーキングメモリや短期記憶力の低下 [備考] 1. 視覚能力 2. 運動能力 3. 認知能力
  20. まとめ 9Billio 以上の事から年代ごとに加齢に伴う特性(発達心理学) がある事を理解し、UX/UIに取組む必要があります

  21. まとめ 9Billio 加齢に伴う変化は誰しもが通る道であり、そして人生における成長のひとつです。 また2007年生まれ以降は人生100年時代になるとも言われています。 生活を豊かにそして便利にするテクノロジーは、全世代の人にとってユーザーフレンドリーであるべきで す。 デザイナーとしてテクノロジーとユーザーを繋ぐ懸け橋になれるよう、UX/UIの観点から今後もユーザビ リティを考慮し続けていきたいと思っております。