Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

誰でもできる安価でちょっとインテリジェンスなIoT

E2c61cbea45ae5f873d1502980e70a9c?s=47 shota-yano
January 27, 2020

 誰でもできる安価でちょっとインテリジェンスなIoT

IoTLT熊本市 vol3の発表資料です。

E2c61cbea45ae5f873d1502980e70a9c?s=128

shota-yano

January 27, 2020
Tweet

Transcript

  1. 誰でもできる 安価でちょっとインテリジェンスな IoT 2020/1/27 株式会社KIS 矢野翔大

  2. 自己紹介 • 株式会社KIS • 矢野翔大 • 興味あること:ARとかVRとか電子部品 • 趣味はモノづくり •

    ようやくMRTKv2触り始めた • Dynamics365 Guidesお試し中 • KumaMCNで活動中 MRTKv2 Dynamics365 Guides
  3. None
  4. None
  5. IoTチームのメンバーの出張と重なり 今日は登壇できず… またの機会にということで!

  6. IoTの言葉の変化

  7. 今日の話はこれ M5StickV UnitV

  8. M5StickVとUnitV Kendryte K210を搭載したAIカメラ • 安い! • デュアルコア64ビットRISC-V CPU • ニューラルネットワークプロセッサ(KPU)

    • フラッシュ:16 MB • 2 x ボタン • 外部ストレージ:TF Card • Groveポート • MicroPythonサポート M5StickV UnitV 差があるもの • カメラ • M5StickV:OV7740 • UnitV:OV2640 • スクリーン:M5StickVのみ • スピーカー:M5StickVのみ • ジャイロ:M5StickVのみ $26.50(約2900円) $17.95(約2000円)
  9. デフォルトで顔検出できる M5StickV UnitV

  10. 唯一の欠点・・・ Wi-fiやBluetoothでの無線通信ができない

  11. M5StickCとつないでWi-fiにアクセス M5StickC M5StickV UnitV ESP32搭載 $11.95(約1300円)

  12. 残念ながら届かず・・・ M5StickV 通関手続きが待ち M5StickC

  13. 今日はM5GOで代用 M5Go M5StickV UnitV

  14. とりあえず繋いでクラウドへ ①キャプチャ &推論 ②推論結果 シリアル通信 ③HTTTP.Post ④結果をExcelに貯める LogicApps

  15. ちょっとインテリジェンスな部分は…

  16. V-Trainingでモデル作り

  17. V-Trainingでモデル作り 公式提供のやつを書き込む SDに撮影用プログラムを書き込む ※プログラムは公式提供 学習用に写真撮りまくる 1クラス35枚以上必要

  18. V-Trainingでモデル作り 撮った写真をZIPにして アップロード 学習完了後URLがメールで来る 学習モデルをDL 実行

  19. 専用のサイトがある

  20. 公式ドキュメントもあるので安心

  21. 推論部分のコードの量も大したことない DLしたファイルKmodelの読み込み task = kpu.load("/sd/b84dd86fcc75a744_mbnet10_quant.kmodel") メインこれだけ while(True): #カメラ画像からスナップショット img =

    sensor.snapshot() #推論 fmap = kpu.forward(task, img) plist=fmap[:] pmax=max(plist) max_index=plist.index(pmax) a = lcd.display(img) if pmax > 0.95: lcd.draw_string(15, 15, "Accu:%.2f Type:%s"%(pmax, labels[max_index].strip())) a = kpu.deinit(task)
  22. やってみて • ハード調達はざっくり3000円くらいで済む • 正直ESP32だけ使えればいいので必ずしもStickCじゃなくてもいい • StickCは配線が楽 • ESP32-WROOM-02などでもいける •

    AzureのCustomVisionみたいなことができるようになった • 10クラスしかできないので、複数作って切り替えとかは必要 • スピーカー使わないならM5StickVよりUnitVのほうがよさげ • 【悲報】Wi-fiに繋げるM5StickV+は開発中止になっていた • シリアル通信の間隔、HTTPリクエストの間隔がどれくらい短くできるかはまだ不明 • 今回はM5StickV(UnitV)⇒M5Go、M5Go⇒LogicAppsは投げっぱなし • 文字列しかやり取りしてないので0.5秒間隔くらいならとりあえずやれる • 今回はデータ蓄積にエクセル使ってるけど、当然DBへ蓄積でも問題ない • クラウドに挙げてさえしまえば正直どうとでもなる • 画像も取っておきたい場合はMtStickV(UnitV)じゃないほうがいいかも