Deep Environment Parity CDNT 2019

Deep Environment Parity CDNT 2019

CNDT 2019での発表資料になります。
Day 2 Room H 12:00 - 12:40

検証環境を作成し、検証し問題なければリリースするというフローはよくあるフローかと思います。
検証を行う前提として、検証環境と本番環境の差がないことが理想かと思います。
では、検証環境と本番環境の差をなくすためにはどうしたらよいのでしょうか
DockerやKubernetesを使えば解決ですか?
いいえ、それだけでは不足しています。
今回、差をなくすための取り組みとして行った下記のトピックについて話します。

* コードの実行パスの一致
* 実行環境の一致
* データの一致

Aa777465acd82d13333678f3fc082c59?s=128

Spring_MT

July 23, 2019
Tweet

Transcript

  1. 3.
  2. 21.

    Dockerイメージの作成フロー すべての環境で同じコードを使う  ! "     

        ςετ     ! "          ςετ   
  3. 73.

    障害が少ないサービスにできた(当社⽐) 障害数 9件 / 年 • 考慮外のユーザーデータによる障害 : 5件 •

    マスターデータのミス : 1件 • 作業ミス : 1件 • 環境での出し分け : 1件 • インフラ起因の障害 : 1件
  4. 78.

    Twelve-Factor App
 Beyond The Twelve-Factor App 環境の差は以下のギャップによって⽣まれる • 時間 •

    ⼈ • リソース・ツール 今回の環境の⼀致の取り組みは⼈とリソース・ツールのギャップを埋めるもの