Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

LINEとStripeではじめる サブスクリプションビジネス入門/line-revup2022

LINEとStripeではじめる サブスクリプションビジネス入門/line-revup2022

Hidetaka Okamoto (Stripe)

October 22, 2022
Tweet

More Decks by Hidetaka Okamoto (Stripe)

Other Decks in Technology

Transcript

  1. LINEとStripeではじめる サブスクリプションビジネス入門 REVUP 2022 @hidetaka_dev Oct 2022 1

  2. 今日のトピック • LINEとStripeを使うと、 ノーコードに月額・年額などのサブスク課金を始めることができる • LINEもStripeも、ユーザーの行動や状態を Webhookイベントでシステムに通知してくれる • LINEとStripeを使いこなして、 効率的に顧客との関係性をより良いものに進化させよう

    2 REVUP 2022 #linedc_revup
  3. 岡本 秀高 ( @hidetaka_dev ) • Stripe Developer Advocate (ex-developer

    in Digitalcube) • JavaScript / TypeScript developer ◦ AWS Lambda / CDK ◦ Next.js / React ◦ WordPress / Alexa / etc • AWS Samurai 2017 / AWS Community Day APAC 2017 • QiitaでStripeに関する Dev blogを週2/3本で更新中 ◦ https://qiita.com/hideoka moto ◦ 年間120記事ペース 3 REVUP 2022 #jawsdays2022
  4. 今日のトピック • LINEとStripeを使うと、 ノーコードに月額・年額などのサブスク課金を始めることができる • LINEもStripeも、ユーザーの行動や状態を Webhookイベントでシステムに通知してくれる • LINEとStripeを使いこなして、 効率的に顧客との関係性をより良いものに進化させよう

    4 REVUP 2022 #linedc_revup
  5. サブスクリプション(定期課金)を始めるためには • 申し込みを受け付けるフォームの用意 • 提供するプラン・料金の管理 • クレジットカード・銀行振込などの決済方法の安全な処理 • 定期的な請求と、請求失敗時の通知やユーザーへの案内 •

    契約状況を管理するダッシュボード • 顧客が支払い履歴や契約・支払い情報を確認・管理できるマイページ • etc… 5 REVUP 2022 #linedc_revup
  6. 商品・サービス注文フォーム ダッシュボードから 商品 / 料金 / 決済方法などを 設定してリンクを取得 アップセルやクロスセル、 配送方法の設定なども可能

    顧客マスタが複数作成され、 複数のサブスクリプション を契 約する場合には不向き 6 REVUP 2022 Stripe Payment Linksで、ノーコードに申し込みを受付
  7. ノーコードで 契約管理マイページを提供 申し込み時に入力した メールアドレスで認証 プラン変更・決済手段更新、 請求履歴の確認やPDF DLな ど 表示項目や操作内容は ダッシュボードにて

    カスタマイズ可能 7 REVUP 2022 Stripe Customer Portalで、顧客マイページも
  8. • 応答メッセージでURLを指定 • Stripeが発行するURLを登録 ◦ 商品の注文 or サブスクリプション申込 -> Payment

    Links ◦ 契約内容マイページ -> Customer Portal • AI応答メッセージで、複数のケースに対応 8 REVUP 2022 LINEの応答メッセージで、申込やマイページURLを案内
  9. サブスクリプション決済フローでのベストプラクティス 1. 無料トライアルを提供する 2. 決済ページにて、 クーポンなどの割引コードを入力できるようにする 3. クレジットカード以外の決済方法のサポート Stripeが毎年公開しているレポートから pickup

    https://go.stripe.global/state-of-checkouts-japan-2021-ja 9 REVUP 2022 #linedc_revup
  10. リダイレクト型決済フォーム → Stripe Checkout APIの引数で、 幅広いユースケースに対応 • 1度注文した顧客の 新しいサブスク契約 •

    有効期限付きURL • コードでの 決済方法の制御 10 REVUP 2022 コードが書ければ、より柔軟な申し込みフォームも
  11. ノーコードからはじめるサブスクリプション • LINEとStripeを使うと、 ノーコードに月額・年額などのサブスクリプションを始めることが可能 ◦ URLを共有するだけの、サブスク申し込みフォーム機能 ◦ メールアドレスを利用した、ノーコードマイページ機能 ◦ LINEの応答メッセージを使えば、UIもほぼノーコード

    • LINE Message APIやStripe Checkout APIを使えば、 ローコードまたは本格的な組み込みによるより柔軟なシステム構築も 11 REVUP 2022 #linedc_revup
  12. 今日のトピック • LINEとStripeを使うと、 ノーコードに月額・年額などのサブスク課金を始めることができる • LINEもStripeも、ユーザーの行動や状態を Webhookイベントでシステムに通知してくれる • LINEとStripeを使いこなして、 効率的に顧客との関係性をより良いものに進化させよう

    12 REVUP 2022 #linedc_revup
  13. サブスクリプションは、「契約してからが本番」 • サブスクリプションは、「契約し続けてもらう」必要がある ◦ 使わないサブスクサービスは、解約される ▪ 競合他社への乗り換え: 「もっと安いor便利なサービスにしよう」 ▪ 需要の消失:

    「子どもが成長したので、もう使わない」 ◦ 物理的に「解約させない」のは、特商法違反になる恐れ ▪ 令和4年6月1日施行 ▪ トライアルから有料への移行に関する情報や、 キャンセル・解約フローに関する条項の事前告知が必須に ▪ https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_transaction/specified_commercial_t ransactions/assets/consumer_transaction_cms202_220601_05.pdf 13 REVUP 2022 #linedc_revup
  14. LINEでのチャットが、顧客との窓口に • LINE Message API ◦ API呼び出しで、 任意のユーザーまたはグループにメッセージ送信 ◦ ユーザーから送られたメッセージ処理も可能

    • サブスクリプションにおける「変化」を、LINEでコミュニケートする ◦ 契約内容に関する案内(契約更新の予告・決済エラーのお知らせ) ◦ サービスの利用状況に基づく提案(上位プラン・休会などの案内) 14 REVUP 2022 #linedc_revup
  15. Webhookが、「顧客・契約の状態変化」をお知らせする • Stripeでは、150を超えるWebhookイベントをサポート ◦ 支払いの成功: payment_intent.succeeded ◦ サブスクの次回請求書を作成: invoice.upcoming ◦

    トライアル終了3日前: customer.subscription.trial_will_end ◦ More: https://stripe.com/docs/api/events/types • Stripeがサブスクリプションの契約内容を管理し、 「状態変化」をWebhookイベントでシステムに通知する • 通知された「状態変化」に応じて、LINEで顧客とコミュニケーション 15 REVUP 2022 #linedc_revup
  16. Webhook活用例1: フリートライアルのフォローアップ • 「customer.subscription.trial_will_end」イベントを利用 ◦ 3日前または手動でトライアルを終了させた場合に発火 • サブスクリプションデータを確認し、手動終了でないことを確認 • LINE

    Message APIで、顧客にトライアル終了3日前をお知らせ ◦ LINEのユーザーIDは、StripeのCustomer metadataなどに事前保存 ◦ Flexやテンプレートメッセージを使えば、 会話の中でそのまま有料プランへの切り替えや解約操作も 16 REVUP 2022 #linedc_revup
  17. Webhook活用例2: 長期利用顧客のアップグレード提案 • シナリオに応じてイベントを変更 ◦ 次回請求の前に案内したい場合: invoice.upcoming ◦ 今回の請求で条件を満たしたら連絡: customer.subscription.updated

    ◦ etc.. • サブスクリプションの開始日と現在を比較 ◦ 休会期間を除外したい場合は、請求履歴をカウントする方法も • より長期のプランを取得 or その顧客用にプランを作成 • LINE Message APIで顧客にアップグレード提案 17 REVUP 2022 #linedc_revup
  18. Webhook活用例3: Chat botによる顧客サポート • LINEからのWebhookイベントで、Stripe APIを呼び出すパターン ◦ 顧客からの問い合わせ ◦ リッチメニューやFlex

    Messageなどのタップ操作 • Stripe APIから取得したデータを元に、ユーザーが操作しやすい返答を ◦ プラン変更や追加購入: カルーセル + Stripe API呼び出しリンク ◦ 商品の決済・配送ステータス確認: Flex Message • カスタマーポータルへのリンクを、リッチメニューにそのまま追加なども 18 REVUP 2022 #linedc_revup
  19. Webhook APIは、 署名検証などの実装が必要 Amazon EventBridgeの クイックスタートで、 Webhookの受信部分を ノーコード実装が可能 Step Functionsと併用で、

    ローコードな 業務処理WFの構築も 19 REVUP 2022 AWS(Amazon EventBridge)でWebhook連携を効率化 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-n ew/2022/08/amazon-eventbridge-supports-rec eiving-events-github-stripe-twilio-using-webho oks/
  20. Webhookで、ユーザーとの関係を構築しよう • SNS・チャットボットも、サブスクリプションも 「顧客との関係構築」がとても重要 • それぞれのWebhookイベントで、 「顧客がなにをしたか」「契約が今どうなっているか」を システムや人間が簡単に把握・対処できるようになる • それぞれのダッシュボードや、

    AWSやGCPなどを使ったビジネス分析で、顧客への理解を深めよう 20 REVUP 2022 #linedc_revup
  21. One more thing 成功施策の「横展開」 21

  22. Stripe Appsで、自動化・効率化の「横展開」 • Webhookを利用した「仕組み化」に成功すると、 成功施策の横展開やパッケージ化が可能になることも • Stripe Appsで、 StripeとWebhookの処理システムとの連携や配布が簡単に ◦

    必要なもの ▪ Webhookを処理するAPIシステム(AWSやGCP・Vercelで構築) ▪ React + TypeScript + 専用UI FWでダッシュボードウィジェット 22 REVUP 2022 #linedc_revup
  23. Stripe Appsの例: kintoneとStripeで顧客データ連携 23 REVUP 2022

  24. 今日のトピック • LINEとStripeを使うと、 ノーコードに月額・年額などのサブスク課金を始めることができる • LINEもStripeも、ユーザーの行動や状態を Webhookイベントでシステムに通知してくれる • LINEとStripeを使いこなして、 効率的に顧客との関係性をより良いものに進化させよう

    24 REVUP 2022 #linedc_revup
  25. Stripe + LINEではじめる「決済OPS」 • LINEアプリもStripeの決済システムも、 「リリースしてからどう使うか」が本番 • 顧客の状態変化への対応や関係性構築を、 どのように仕組み化し、「なにを仕組み化しない」か •

    決済に紐づく運用(OPS)を、 StripeのデータとLINEのUIを使って、 「ユーザー」も「社内運用チーム」も快適に利用できる仕組みを作ろう 25 REVUP 2022 #linedc_revup