$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

鉱物資源

 鉱物資源

田中隆志オリジナル

TANAKA TAKASHI

February 26, 2018
Tweet

More Decks by TANAKA TAKASHI

Other Decks in Education

Transcript

  1. 鉱産資源

  2. 1 鉱産資源 (1)金属資源 ① …埋蔵量,生産量ともに多く,古くから様々な 製品の原料として使用される金属。 ※海外ではコモンメタルと呼ぶ。 ベースメタル 鉄鉱石,銅鉱,ボーキサイト( の原料),

    鉛鉱,亜鉛鉱 アルミニウム ▪種類…
  3. 亜鉛 鉛 銅 鉄 ボーキサイト

  4. ② (希少金属) …産業界での流通量・使用量が少なく希少な金属。 ※海外ではマイナーメタルと呼ぶ。 レアメタル ▪種類…ニッケル,クロム,コバルト,タングステンなど先端 技術産業(航空宇宙,エレクトロニクスなど)に欠か せず,「 」とよばれる。 産業のビタミン

  5. None
  6. ※とくにレアメタルの一鉱種の「 」の生産が生産コストの安 さから,一時,中国に特化。中国が,2010年「尖閣諸島中国漁船 衝突事件」後,政治目的で禁輸,輸出制限を行い,市場が混乱。 ただし現在,日本・欧米各国とも調達先の転換や,リサイクル・代 替技術の導入により「中国離れ」を進めて危機を脱している。 レアアース 31鉱種あるレアメタルの中の1鉱種

  7. ▪先進国ほどリサイクル・備蓄は進むものの,消費する量に対 しては不足。 レアメタル国家備蓄倉庫

  8. ▪レアメタルなど有用金属のリサイクル概念( )の登場 都市鉱山 都市鉱山の具体例 http://www.nims.go.jp/research/elements/rare-metal/urban-mine/index.html → 地上に蓄積、廃棄された工業製品を都市に眠る鉱 山資源とみなす概念

  9. 2 主な鉱物産地 (1)鉄鉱石・・・近代産業の基幹となる金属,製鉄原料 ①分布 …先カンブリア時代の地層が露出した[ ]の [ ]に大鉱山が分布 安定陸塊 楯状地

  10. ②生産・輸出入の特徴・・・ は生産第1位だが,輸入も第1位 鉄鉱石の産出国(2011) 輸出国(2009) 輸入国(2003) 中国(29.6) オーストラリア(19.9) ブラジル(17.8) インド ロシア

    ウクライナ 南アフリカ アメリカ カナダ スウェーデン オーストラリア(41.2) ブラジル(28.8) インド(9.8) 南アフリカ カナダ ウクライナ ロシア オランダ スウェーデン カザフスタン 中国 (65.3)※急増 日本 (11.0) 韓国 (4.4) ドイツ (3.0) オランダ(2.0) 中国 中国 オーストラリア ブラジル インド オーストラリア ブラジル インド 日本 韓国 中国 ※急増 日本の輸入一位は (61.6%) オーストラリア
  11. ③主要産出国と代表的鉄山 ▪アメリカ合衆国・・・・ 鉄山(アメリカ合衆国最大) メサビ

  12. ▪ブラジル ・・・・ 鉄山, 鉄山(世界最大の埋蔵量) カラジャス イタビラ 日本も資金協力と技術援助

  13. ▪スウェーデン・・・・・ 鉄山(良質な磁鉄鉱) キルナ 冬の積出港 夏の積出港

  14. ▪中国・・・・・・・・・ 鉄山(戦前に[ ]が開発) 日本 アンシャン

  15. ピルバラ地区 マウントホーエルバック鉄山 マウントトムプライス鉄山 ・・ 山地のある[ ]地区 (マウントホエールバックなど) ハマーズリー ピルバラ →露天掘り。[

    ]資本も進出して開発。 日本 ▪オーストラリア
  16. ▪ロシア・・・・・・ 鉄山 マグニトゴルスク

  17. イタビラ カラジャス メサビ ピルバラ地区 マグニトゴルスク キルナ アンシャン

  18. (2)銅鉱石・・電線などにつかわれ に不可欠。 ①分布…[ ]造山帯に多い 新期 電気機械工業 … が世界1位の生産国であり輸出国 日本の輸入も[ ]が1位

    チリ チリ ②生産・輸出入の特徴
  19. ※かつては世界最大級であったが現在,同じチリの のほうが規模が大きい。 ③主要産出国と代表的銅山 ▪チリ・・・・・・・・ 銅山 エスコンティーダ チュキカマタ

  20. ▪アメリカ合衆国・・・ 銅山 ビンガム ビンガム

  21. ▪コンゴ民主共和国からザンビアにかけて ・・・・[ ]:世界的な銅鉱床地帯 カッパーベルト カッパーベルト

  22. チュキカマタ ビンガム カッパーベルト

  23. (3)ボーキサイト・・・茶褐色をしたアルミニウムの原鉱石 ①分布・・・[ ]の高温多湿地域に多く分布 熱帯・亜熱帯 ②生産の特徴・・・ が生産第1位 オーストラリア オーストラリア 中国 ロシア

    カナダ サウジアラビア ▪アルミニウム精錬業の盛んな国 →住宅建造ラッシュでアルミ需要が大きい と の安価な国で盛ん 中国 電力
  24. None
  25. ③主要産出国と代表的鉱山 ▪オーストラリア・・・ (世界最大のボーキサイト産出地) (オーストラリアの熱帯地域に位置) ウェイパ ウェイパ

  26. ▪中南米・・・・・・・・ など ジャマイカ,スリナム スリナム ジャマイカ

  27. ▪アフリカでは・・・・・ など ギニア ギニア

  28. ウェイパ ジャマイカ スリナム ギニア

  29. ・・・銀白色の非鉄金属。耐食性・耐熱性にすぐれ,各種の合金 やステンレスとして利用 (4)ニッケル

  30. ①生産上位国・・・ 、フィリピン、ロシア インドネシア ②代表的鉱山 ▪カナダ・・・ (世界最大のニッケル鉱床) サドバリ サドバリ

  31. ニューカレドニア ▪ニューカレドニア島:[ ]領の島(独立運動有り) フランス

  32. None
  33. (5)ダイヤモンド ・・・装飾用と研磨などに利用される工業用とに分けられる。 ①生産上位国・・・ロシア、ボツワナ、コンゴ民主共和国

  34. ②代表的鉱山 ▪オーストラリア・・・・ (ピンクダイヤモンドの産地) ▪南アフリカ共和国・・ キンバリー アーガイル キンバリー アーガイル

  35. (6)そのほかの鉱物資源 ・ウラン・・・・・カザフスタン,カナダのイエローナイフ ・金・・・オ-ストラリアのカルグ-リ-,ガ-ナ,南アなど (7)レアメタルなど ・銀・・・メキシコ・ペル-で多い ・南アフリカ・・・白金,タングステン,クロムなどの レアメタルが多い

  36. 3 資源開発の問題 ※資源ナショナリズムの動きも (1) ・・露天掘りによる水質汚染・汚濁 アメリカなど (2)鉄・銅等の鉱物資源開発は特定の企業が価格決定する ため の縮小に結びつかない。 貧富の差