Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

はじめようLooking Glass & Leap Motion

はじめようLooking Glass & Leap Motion

ARコンテンツ作成勉強会のハンズオン資料

357c9e58ecce2865f9eb748192e5143f?s=128

TakashiYoshinaga

January 19, 2019
Tweet

More Decks by TakashiYoshinaga

Other Decks in Technology

Transcript

  1. はじめようLooking Glass ARコンテンツ作成勉強会

  2. 自己紹介 氏名:吉永崇(Takashi Yoshinaga) 所属:九州先端科学技術研究所(ISIT) 専門:ARを用いた医療支援や運動計測 コミュニティ:ARコンテンツ作成勉強会 主催

  3. ARコンテンツ作成勉強会の紹介  2013年5月に勉強会をスタート  ARコンテンツの作り方をハンズオン形式で学ぶ  人数は5~10名程度の少人数で実施  参加条件はAR/VRに興味がある人(知識不要) 

    各地で開催 (福岡、熊本、宮崎、長崎、大分、 鹿児島、山口、広島、関東)
  4. Twitterと勉強会ページで情報を発信しています #AR_Fukuoka Googleで「AR勉強会」で検索

  5. Download Leap Motion SDK (DL & Install) https://developer.leapmotion.com/windows-vr Unity Assets

    for Leap Motion Orion Beta https://developer.leapmotion.com/unity/#5436356 Leap Motion Interaction Engine (1.2.0) https://developer-archive.leapmotion.com/downloads/ external/interaction-engine/windows?version=1.2.0 HoloPlay SDK https://lookingglassfactory.com/downloads/ 演習用素材 http://arfukuoka.lolipop.jp/lookingglass/ LookingRoom.unitypackage
  6. 今回作るコンテンツ https://youtu.be/wy_TTPNCUc0

  7. Unityの起動と新規プロジェクトの作成 New

  8. 新規プロジェクトの作成 3Dを選択 プロジェクト名 保存場所 最後にCreate project

  9. ゲーム空間にCGを追加しよう ①右クリック ②3D Object ③Cube

  10. ゲーム空間にCGを追加しよう Cubeが出現

  11. 実行してみよう カメラから見た空間 クリックして実行 クリックして終了

  12. オブジェクトの位置・向き・サイズを調整 移動 回転 拡大・縮小 クリックして選択

  13. Scene(設計画面)の視点を変えよう [←] [→]で左右移動 [↑][↓]でズームイン/アウト [Alt]+ドラッグで回転 +ドラッグで上下左右

  14. 数値を用いたCG位置・サイズの指定 クリック Positionを0 0 0に変更 Scaleを全て1.5に変更 Inspector(≒詳細情報)

  15. Cubeの色の変更 ①右クリック ②Create ③Material

  16. Cubeの色の変更 Materialが出現

  17. Cubeの色の変更 ①Cubeをクリック ②Mesh Renderer ③Materialを開く

  18. Cubeの色の変更 Element0にNew Material をドラッグ&ドロップ

  19. Cubeの色の変更 ①New Materialを開く ②Albedoの横の□をクリック 好きな色を選んで閉じる ※ただし青系は避ける

  20. Cubeの色の変更 色が変わればOK

  21. Looking Glass用SDKの導入 ①Assets ②Import Package ②Custom Package

  22. LookingGlass用SDKの導入 ①HoloPlay-SDK-0.1.4.unitypackage ②開く

  23. LookingGlass用SDKの導入 ①Import ②Apply Changes ②Close

  24. LookingGlass用カメラの設定 Main Cameraを削除

  25. LookingGlass用カメラの設定 ①HoloPlay ②HoloPlay Capture Hierarchyにドラッグ&ドロップ

  26. LookingGlass用カメラの設定 LookingGlassの表示領域

  27. 動作確認 実行 ※次のページに行く前に停止 Looking Glass用の出力が表示される

  28. 実機で動かそう LookingGlassとPCを接続

  29. 実機で動かそう Settings Right

  30. 実機で動かそう ①Toggle Preview ②実行

  31. 動作確認

  32. 実機で動かそう Stop

  33. Leap Motionを使おう Leap MotionとPCを接続

  34. Cubeを一時的に消す ①Cubeを選択 ②チェックを外す

  35. Cubeを一時的に消す Cubeが消える

  36. LeapMotionのSDKを導入 ①Assets ②Import Package ②Custom Package

  37. LeapMotionのSDKを導入 ①Leap_ Motion_ Core_ Assets… ②開く ③Import

  38. LeapMotion用オブジェクト作成 ①右クリック ②Create Empty

  39. LeapMotion用オブジェクト作成 ①GameObject ②LeapRigに変更

  40. LeapMotion用オブジェクト作成 ①LeapMotion→Core→Prefabs LeapRigにドラッグ&ドロップ ②LeapHandController

  41. LeapMotion用オブジェクト作成 LeapHandController 子要素としてが追加された

  42. 手のオブジェクトを追加 ②CapsulHandRight/Left ①LeapMotion→Core→Prefabs→HandModelsNonHuman LeapRigにドラッグ&ドロップ

  43. LeapMotion用オブジェクト作成 CapsuleHandがLeapRigに追加された

  44. 各種設定 ①LeapHandController ②LeapServiceProvider ③Desktop Mode A

  45. 各種設定 ①LeapHandController ②Hand Model Manager ③Model Poolを開く ④1と入力

  46. 各種設定 ②Element0を開く

  47. 各種設定 ①Capsule Hand Left/Rightを Left/Rightモデルにそれぞれドラッグ&ドロップ ②Is Enableをオン

  48. 確認 ②ズームすると手がある ①LeapRigをダブルクリック

  49. 確認 ①実行 ②手の動きが可視化される

  50. 確認 停止

  51. Sceneの視点変更 HoloPlay Camera をダブルクリック

  52. Sceneの視点変更 ①XかZ軸をクリック ②カメラからLookingGlass の表示領域を正面から見る

  53. Sceneの視点変更 Zoomで近づく

  54. 手の位置とサイズを変更 ①LeapRig ②位置を(0,-7,-10) Scaleをすべて34

  55. 動作確認 実行 ※次のページに行く前に停止

  56. 腕を非表示にする ①Capsule Hand Left ②ShowArmをオフ

  57. 腕を非表示にする ①Capsule Hand Right ②ShowArmをオフ

  58. 動作確認 ②手のみになる 実行 ※次のページに行く前に停止

  59. Cubeを再び表示 ①Cube ②チェックをオン

  60. 動作確認 ②触れない 実行 ※次のページに行く前に停止

  61. Interaction Engineの導入 ①Assets ②Import Package ③Custom Package

  62. Interaction Engineの導入 ①Leap _ Motion _ Interaction _ Engine・・・ ②開く

  63. Interaction Engineの導入 ①LeapMotion→Modules→InteractionEngine→Prefab ②InteractionManager ③LeapRigにドラッグ&ドロップ

  64. Cubeにインタラクション機能を追加 ①Cube ②Add Component

  65. Cubeにインタラクション機能を追加 ①Interactionで検索 ②Interaction Behaviour

  66. Cubeにインタラクション機能を追加 ①Cube ②Auto-Fix

  67. 動作確認 実行 ※次のページに行く前に停止 立方体が落下。手で受け止めることも可能

  68. 動作確認 Auto-Fix

  69. 動作確認 停止

  70. Looking Glassを箱に見立てる ①Assets ②Import Package ③Custom Package

  71. Looking Glassを箱に見立てる ①LookingRoom ②開く

  72. Looking Glassを箱に見立てる ①Assets ②Room ③Hierarchyにドラッグ&ドロップ

  73. Looking Glassを箱に見立てる 実行

  74. 動作確認

  75. 反発させていい感じに ②右クリック ③Create ④PhysicMaterial ①Assets

  76. 反発させていい感じに ①New Physic Material ②Bouncinessを1

  77. 反発させていい感じに ③New Physic Material ②BoxCollider ④Materialに ドラッグ&ドロップ ①Cube

  78. Cubeを増やす ①右クリック ②CreateEmpty

  79. Cubeを増やす ①GameObject ②Cubesに変更

  80. Cubeを増やす

  81. Cubeを増やす CubeをCubesにドラッグ&ドロップ

  82. Cubeを増やす ①Cubeを選択してCtrl+D

  83. Cubeを増やす ①Cube(1) ②位置をずらす

  84. Cubeを増やす 同じ要領でCubeを増やす

  85. Cubeを増やす

  86. 重力を変更 ①Edit ②Project Settings ③Physics

  87. 重力を変更 Y=-0.2

  88. 完成