Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

オープンソースを背景に世界に出ていく 深圳のスタートアップ

TAKASU Masakazu
November 16, 2021

オープンソースを背景に世界に出ていく 深圳のスタートアップ

深圳グローバル投資促進プロモーション大会2021
11月16日

高須正和/TAKASU Masakazu
 スイッチサイエンス国際事業開発 深圳大公坊創客基地
 開源社KaiYuenShe Nico-Tech Shenzhen

中国オープンソースに関するリポジトリ
https://github.com/Nico-Tech-Shenzhen/ChinaOpensourceResearch

TAKASU Masakazu

November 16, 2021
Tweet

More Decks by TAKASU Masakazu

Other Decks in Business

Transcript

  1. オープンソースを背景に世界に出ていく 深圳のスタートアップ 高須正和/TAKASU Masakazu スイッチサイエンス国際事業開発 深圳大公坊創客基地 開源社KaiYuenShe Nico-Tech Shenzhen 深圳グローバル投資促進プロモーション大会2021

    11月16日
  2. 高須正和 事業&研究&Community 深圳ほか世界各地のpartnerを開拓し、 IoT開発ツールを輸出入・共同開発、投資,企業間提携などを行う。 深圳大公坊国家级創客基地(iMakerBase),深圳MakerNet 国際事業開発 事業:日本Switch Science, Global Business

    Development 研究:早稲田大学Research Innovation Centre招聘研究員 ニコ技深圳コミュニティ 共同創業者 中国最大のOpen Source Alliance「開源社」 唯一の国際(非中国語ネイティブ)メンバー 美国MIT Media Lab Shenzhen 2019 Menter ガレージスミダ研究所 主任研究員 著書5冊「プロトタイプシティ」「ハードウェアハッカー」(翻訳)など Community:开源社、Nico-Tech Shenzhen
  3. Next Shenzhen オープンソースを背景に 世界に出ていく 深圳のスタートアップ

  4. クローズアップ現代 「ものづくりxAI」特集 2021年10月20日放送 これらの開発ボードは 深圳M5Stack社(社員50名)の製品 ソリューションを 販売しているのが日本の高専発startup

  5. NTT研究所のIbuki 山口大の 密回避システム NHK研の 触覚デバイス 全日本学生児童発明くふう 展で特許庁長官賞(11歳) 企業の研究所から小学生の発明まで、 2018年の発売開始からわずか3年で、 深圳M5Stackは多くの発明家に使われている

  6. M5Stack(2018年日本発売開始) ・Arduino IDEが利用可能で、IoT開発に必要なwifi/BTをあらかじめ備えたESP32シリーズの CPUを採用した開発ボード。日本でもArduinoを置き換える勢いで普及が進んでいる ・画面、バッテリ、ボタン、Grove,GPIOなどを備え、安価(1500-5000円程度) ・毎週1つ以上の新ハードウェア/センサー類を発表し、拡張性が高い ・社長ジミー・ライは、もと中国南方電網のエンジニア ・しょっちゅうスマートメーターを開発している間に、 「多くのメーターに共通する機能を製品にしよう」と思 いついて起業

    ・社長室に専用の部品ボックスと作業台を起き、プロト タイプを自分で作る。いつも身の回りには試作品が転 がっている オープンソースハードウェア(部品リスト,ピン番号などの 開発に必要な情報があらかじめ公開されているハードウェア) 買ってくれば使える。ソリューションを開発する上でM5Stack社の取引開始稟 議書、審査や許可が要らない。必要な情報はオンラインで公開されている
  7. オープンソースにすることにより、 1つの製品が別の製品を生み出す M5Stackシリーズを制御用マイコンに使用している ROS対応ロボットアーム「myCobot」シリーズは 産業用ロボを開発する深圳Elephant Roboticsの協働ロボ 制御用マイコンにm5Stackシリーズを2つ(底部とグリッパー制 御)に使用

  8. M5Stack成功の秘訣は、オープンソースにより、 異なるエコシステムをつないだこと 1.天时:高端科技+科技大众化 天の時:ハイテクノロジーが大衆化し、誰でも手が届くように 云计算,IoT,ROS, 人工智能… 2.地利:深圳要进步从便宜山寨到高科技国际产品 地の利:深圳が安価なコピー品製造から国際的な製品の街へ 供应链,生产生态园,投资情况,VC,创业情况… 3.人和:内部外部开源硬件生态园

    人の和:オープンソースにより、異なるエコシステムをつないだ Arduino和ESP生态园,ROS生态园,IoT生态园…
  9. Next Shenzhen 社会/産業/技術の関係が変わる

  10. インターネット時代のハードウェアの重要性 インターネット クラウド (情報) 物理的な社会、モノ、人間、工場 IoT, カメラ、センサー IoT, ロボット コンピュータ(クラウド)の力が、現実社会を動かすようになった。

    センサーとロボットは、どちらも現実世界とコンピュータを繋げるもの ほとんどの産業がこの周りで起こる
  11. Source:[Guerilla Production Tactics] by ‘bunnie’ Huang 1社がすべての技術開発をし、 下請けに大量生産させる時代から どの製品も複数の発明・製造を 統合して製品にする時代へ

    現代は「下請け」という概念がなくなった世界 半導体製造のTSMCやバッテリのBYDを「下請け」と呼ぶ人はいない 川上・川下といった概念から、それぞれ強みのある会社のopenな協業へ かつての深圳と 21世紀の深圳 深圳には小規模でも独自性のある製品をつくりあげるstartupが多く 存在する
  12. Next Shenzhen 成功へのKeyである、 オープンソースによる エコシステムの構築

  13. Businessとしてのオープンソースの利点 1.信頼性確保 検証可能性、透明性、保守容易性 2. flexibility 他社製品の一部に使える、既存の知財,資産と組み合わせられる 3.Community オープンな製品にはオープンな人々や協力会社が寄ってくる これらは世界が今の中国製品に求めているもので、 中国政府が第14次5カ年計画で「オープンソース推進」と追加した

    理由でもある
  14. 現在の中国は、「日本みたいな製造業」と 別の製造大国を目指している 第14次五か年計画15章 「デジタル経済で新しい優位性をつくろう」 完善开源知识产权和法律体系,鼓 励企业开放软件源代码、硬件设计 和应用服务 オープンソースの知財管理を完全な ものにし、 企業がソフトウェアのソースコード、

    ハードウェアの設計をオープンにす ることを奨励する
  15. 中国オープンソースアライアンス 高須は唯一の国際(中国語が母語でない)メンバーで、 日本でもオープンソースに関する活動を支援・主催している 中国オープンソースアライアンス+ OpenChain(トヨタ自動車,NTTデー タ,Google等が主導する、オープンソース を使った企業関連系の枠組み) 合同イベント 米Apache software

    Foundationと共催 中国オープンソース大会COSCON`20(China -1億5700万ビュー(オンライン) - 542 職種1,173 組織が参加
  16. 中国のオープンソースについて、GitHub上で 共同翻訳などの研究をしています ニコ技深圳コミュニティ Facebook上で3300人を超える 深圳の技術コミュニティ

  17. どうもありがとうございました。 中国のオープンソース運動について、白書や政策などを 翻訳公開しています https://github.com/Nico-Tech-Shenzhen/ChinaOpensourceResearch オープンソースとイノベーションについて いくつか書籍を出しています 「プロトタイプシティ」 「メイカーズのエコシステム」 「ハードウェアのシリコンバレー深圳に学ぶ」(藤岡淳一) 「ハードウェアハッカー」

    連絡先: 高須正和 takasumasakazu@gmail.com Twitter: @tks Facebook: https://fb.me/takasuinfo WeChat:takasumasakazu