Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

家族のために ChatGPT と話せる LINE Bot を作った話

家族のために ChatGPT と話せる LINE Bot を作った話

2023/7/3 に行われた LINE DC Offline Meetup ~ChatGPT/LLM~ のLT登壇資料です。

More Decks by たくのろじぃ / Takunology

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 家族のために ChatGPT と話せる
    LINE Bot を作った話
    LINE DC Offline Meetup ~ChatGPT/LLM~ @渋⾕
    ⼤川 匠(たくのろじぃ)
    @takunology_net
    takunology
    #LINEDC

    View full-size slide

  2. ⾃⼰紹介
    教育版マインクラフトを使⽤したプログラミング教室の講師 && 教材の開発
    普段のお仕事
    プログラミング(C#) や Azure で⾊々試す, マイクラ, GitHub徘徊, 温泉巡り
    趣味
    ⼤川 匠 | たくのろじぃ
    株式会社YAGO コース発明部 / 講師
    元 Microsoft Learn Student Ambassador (2021 - 2023)
    OSS開発
    出版物(Zennにて無料公開中︕)
    C#でマイクラのコマンドを実⾏できるライブラリ
    つい最近(3⽉)まで⼤学⽣でした︕

    View full-size slide

  3. とある家族の会話

    最近、チャットGTPっていうのが流⾏っているんだってさ〜
    ChatGPTね︕会社ではもう使ってるよ〜
    ふ〜ん︖よくわかんないんだけど、AIですごいんだって︕
    何がすごいのか、体験してもらうのが⼀番かな・・・︕

    View full-size slide

  4. 使い慣れたアプリなら・・・︕気軽に体験できそう︖
    体験してもらうのが⼀番だけど、いきなりこの画⾯は⼀般⼈(⺟)にとってハードルが⾼いかも・・・
    LINEで動かせば簡単に操作できるのでは︕︕
    ⺟も使っているし︕︕
    ⼀般⼈にも最新技術を体験できる環境を提供しよう︕

    View full-size slide

  5. 構成図 / 実装
    とてもシンプル︕
    ちなみに、Functions は C# を使⽤しています
    1. LINE からメッセージを送信し LINE Messaging API を介して Functions へ JSON 形式として渡す
    2. Functions にて JSON をデシリアライズし、メッセージ要素を抽出
    3. OpenAI API のリクエスト形式に合うように JSON をシリアライズ(プロンプトを渡す)
    4. レスポンスから JSON をデシリアライズ、メッセージを抽出して、再び LINE Messaging API を叩く
    5. LINE へ解答メッセージを返信する
    Zennで公開しています︕https://zenn.dev/takunology/articles/linebotandazure-gpt

    View full-size slide

  6. できたもの
    ← LINE でやり取りしている様⼦
    ↓ Azure Functions のログ

    View full-size slide

  7. 感想
    LINEという⾝近なアプリがあるおかげで、⼀般⼈でも気軽に ChatGPT と触れる機会が
    できた︕LINEなら最新技術に対するアレルギーを解消するのに良いかも︕
    いろんなことが聞けて⾯⽩い︕ある⾷材を使ったレシピを聞いてみたら、
    想像もしないような調理⽅法が書いてあって驚いた(笑)
    英語とかの勉強に良さそう、英⽂とか。
    ワイ


    View full-size slide

  8. 家族みんなで︖ LINE を使って ChatGPT を体験できた︕
    ありがとうございました︕
    時間があったらやってみるよ︕
    まだまだ課題がありそうだ・・・

    (絶対やらんやんけ…)

    View full-size slide