Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

地域のシビックテック事例からみる地域社会イノベーションの展望

 地域のシビックテック事例からみる地域社会イノベーションの展望

Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO
特別対談2 10月18日(金) 15:15~16:30
人間中心の地域社会をデザインする
~ビジョン・シビックテック・協創が導く未来~

こちらで話題提供させていただいた際のスライドです。

【対談】
太田 直樹 氏
(株) New Stories 代表
元総務大臣補佐官

佐藤 拓也
CODE for IKOMA 代表
YuMake合同会社 代表

【モデレータ】
北川 央樹 氏
(株)日立製作所
研究開発グループ
東京社会イノベーション協創センタ長

当日のレポートはこちらをご覧ください。
https://hsiftokyo.hitachi/2019/report/talk2.html

6d2ee828515abc63d9a552720b5c683b?s=128

Takuya Sato

October 18, 2019
Tweet

Transcript

  1. 地域のシビックテック事例からみる 地域社会イノベーションの展望 2019.10.18(Fri) Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO 特別対談2

    Code for Ikoma 代表 / YuMake合同会社 代表 佐藤 拓也
  2. 目次 • Society 5.0におけるシビックテックの位置づけ • CODE for IKOMAの活動について • 活動事例から見るシビックテック3つの効能

    • 地域社会におけるイノベーションの展望と課題
  3. 幼い頃から気象に憧れ大学院まで気象を学ぶ。SE、 民間気象情報会社を経て独立し、YuMake合同会社を 設立。居住地の奈良県生駒市で、CODE for IKOMAを 立ち上げ。 CODE for IKOMA 代表

    YuMake合同会社 代表社員 総務省 地域情報化アドバイザー 一般社団法人コード・フォー・ジャパン理事 一般社団法人シビックテックジャパン理事 大阪市立大学 都市防災教育研究センター 特別研究員 株式会社 地域計画建築研究所 STO 佐藤 拓也 Takuya Sato
  4. Society 5.0におけるシビックテックの位置づけ

  5. Society 5.0におけるシビックテック Society 5.0で描かれている未来市民像 街のデータを自らセンシング 行政や街のオープンデータを活用 自分たちで地域課題解決 地域が望む社会をつくる

  6. Society 5.0におけるシビックテック Society 5.0で描かれている未来市民像 街のデータを自らセンシング 行政や街のオープンデータを活用 自分たちで地域課題解決 地域が望む社会をつくる シビックテック

  7. 80地域近くでシビックテック団体が活動

  8. 「ともに考え、ともにつくる」人々のネットワーク

  9. 地域に根ざしたシビックテックの活動紹介 CODE for IKOMAの活動について

  10. 「CODE for IKOMA」は奈良県生駒市で 2014年1月から活動を開始 ※市民活動団体として登録して活動しています

  11. 奈良県生駒市 https://ja.wikipedia.org/wik i/%E7%94%9F%E9%A7%92 %E5%B8%82#/media/%E3% 83%95%E3%82%A1%E3%82 %A4%E3%83%AB:%E5%9F% BA%E7%A4%8E%E8%87%A A%E6%B2%BB%E4%BD%93 %E4%BD%8D%E7%BD%AE %E5%9B%B3_29209.svg

  12. CODE for IKOMA 運営委員会メンバー 森 康通 生駒市役所 元電機メーカー 生駒 孝夫

    元電機メーカー システム開発関係 中谷 倫也 WEB解析士 吉田 友子 イラストレーター グラフィック レコーディング 中垣 由梨 フリーランス WEBデザイナー 平本 久美子 フリーランス グラフィック デザイナー 「やってはいけない デザイン」著 河中 祥吾 NAIST D2 松田 裕貴 NAIST 特任助教 野津 拓也 電気メーカー エンジニア 小島 正人 システム エンジニア IT系とデザイナーなどが主となって運営
  13. 活動に参加している人たち • フリーランス(エンジニア・デザイナー等) • 学生 • リタイア後の方 • 会社勤めの人(個人的な立場で) •

    公務員(個人的な立場で) • 市議会議員 ほか
  14. コミュニティ運営上のポリシー • 各自がやりたいことをやる 実現したいことに対する仲間集め・実行の場 • 活動できる時に活動する • 上下関係のないフラットな場 • 活動内容や成果物がオープンである、ということ

  15. 活動事例から見るシビックテック3つの効能

  16. 1. ボトムアップ型オープンデータ公開 オープンデータとしては公開されていないが、自治体から公開されている 情報を元にアプリを作成することで、後にオープンデータとして公開 5374生駒市版 いつ、どのゴミが捨てられるのかひと目で分かる。 Code for Kanazawaが作成した5374.jpの生駒市版。 120を超える地域で横展開。

    なによも 生駒市図書館の司書さんが作成する「おすすめの本」 の情報を検索しやすくしたアプリ。
  17. 2. 公民連携の素材としてのオープンデータ活用 IKOMA Civic Tech Award 2016(2016年度実施) 「生駒の地域課題解決」「生駒の魅力発信」をテーマに アプリやWebサービス・アイデアを募集。優秀な作品を表彰するコンテスト。

  18. 2. 公民連携の素材としてのオープンデータ活用 IKOMA Civic Tech Award 2016 最優秀賞受賞作品 4919 for

    IKOMA By https://www.slideshare.net/ShogoKawanaka/civictechforum2019
  19. 4919 for IKOMA 動作デモ By https://www.slideshare.net/ShogoKawanaka/civictechforum2019 2. 公民連携の素材としてのオープンデータ活用

  20. CODE for IKOMA 設立直後 3. 人材の流動性を高める ձࣾһ ϑϦʔϥϯε ֶࣝ 現在

    ձࣾһ ϑϦʔϥϯεɾࣗӦ ֶࣝ ެ຿һ n = 7
  21. CODE for IKOMA 設立直後 3. 人材の流動性を高める ձࣾһ ϑϦʔϥϯε ֶࣝ 現在

    ձࣾһ ϑϦʔϥϯεɾࣗӦ ֶࣝ ެ຿һ フリーランス・自営の増大 自治体職員への転職 n = 7 会社員→独立・フリーランス化:3名 会社員→公務員:1名
  22. 地域社会におけるイノベーションの展望と課題

  23. 地域課題解決スキームの変化 「非貨幣文化」でなければ成り立たない部分を シビックテックが補うことで、地域が望む社会をつくる ビジネスで成立する 地域課題解決は企業が行う 成立しない部分は お金ではない価値を得られる としてシビックテックが行う

  24. イノベーション創出における課題 ITリテラシーの乖離 技術を通訳できる 人材の不足 活動主体がバラバラ NPO等の地域活動と 融合していく必要 継続的活動の 事業モデルが不確立 初期投資の不足

  25. since 2014.1 to be continued.