Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Google Apps Script アプリを配付する

Google Apps Script アプリを配付する

プログラミング生放送 2019/10/26

0ab16037033e1851fb4a1d44687b5426?s=128

Tiny Mouse

October 26, 2019
Tweet

Transcript

  1. Tiny Mouse Google Apps Script で書いたアプリを配付する プログラミング生放送勉強会 2019/10/26

  2. n @tinymouse_jp n SI 企業の SE n 日曜プログラマ n 二児の父

    n 静岡県浜松市出身 n 東京都品川区在住。名古屋市在住。 n Windows 愛用。iPhone Android スマホ n Android の会浜松支部、よちよち Android の会、 Hamamatsu.js Tiny Mouse 自己紹介
  3. 蔵書管理アプリを作った

  4. サーバサイドに Google Apps Script を使う 「ウェブアプリケーションとして公開」 GET メソッド、POST メソッドを受けて JSON

    などでレスポンスできる スプレッドシートをデータベースとして使う
  5. サーバサイドに Google Apps Script を使う 誰でもアクセス可能 「ウェブアプリケーションとして公開」 GET メソッド、POST メソッドを受けて

    JSON などでレスポンスできる
  6. 簡易なベーシック認証する ID が違えばシートにアクセス不可 スプレッドシートのID シートのファイル ID を指定してアクセス 指定された ID のシートにアクセス

    $.ajax({ url: “https://script.google.com/macros/s/◦◦◦◦◦◦◦◦/exec”, type: 'GET', data: { keywords: encodeURIComponent(“◎◎◎◎◎◎◎◎”), docid: ”••••••••” }, }) function doGet(e) { if (!e.parameter.docid || !canOpen(e.parameter.docid)) { return ContentService.createTextOutput(JSON.stringify({ result: "id not specified", })).setMimeType(ContentService.MimeType.JSON); } ....
  7. ファイル ID を設定画面で登録する 簡易なベーシック認証する

  8. よくあるモバイルアプリとサーバサイドアプリ クライアントアプリは配布できる

  9. l Google Play Store で公開する l ウェブサイトで公開する スマホアプリを配付する

  10. https://sites.google.com/view/tinymouse-zoshodaicho 蔵書管理アプリを作った

  11. サーバサイドは開発者のリソースを使う よくあるモバイルアプリとサーバサイドアプリ

  12. サーバサイドに Google Apps Script を使う 自分のGoogle ドライブのオブジェクトを他人に使わせるか

  13. GAS のコードやドライブのオブジェクトはコピーできる 実は・・

  14. GAS のコードやドライブのオブジェクトはコピーできる 実は・・ gapi.load('client', function(){ gapi.client.init({ apiKey: '◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆', clientId: '••••••-••••••••••••••••.apps.googleusercontent.com',

    scope: 'https://www.googleapis.com/auth/◇◇' }) }); gapi.auth2.getAuthInstance().signIn() .... .then(function(data){ $('#status').text("蔵書データベースを設定しています (1/7) 。配付するプログラムを取得しました。"); // ①プロジェクトを作成する $('#status').text("蔵書データベースを設定しています (2/7) 。プロジェクトを作成します。"); return gapi.client.request({ path: 'https://script.googleapis.com/v1/projects', method: 'POST', body: { title: '蔵書台帳' } }); }) }) ....
  15. GAS のコードやドライブのオブジェクトを配付する コピーできた情報をスマホアプリの設定にセットしたい

  16. GAS のコードやドライブのオブジェクトを配付する QR コードで表示してスマホアプリで読取して貰う

  17. 実は・・ 事前に Google Apps Script API の設定を 変更して貰わないといけない

  18. 実は・・ 配付できたスクリプトを開いて 実行の承認して貰わないといけない

  19. なかなか大変だ! ということで・・