Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

KiCad 関連ドキュメント アップデート計画

soburi
March 13, 2021

KiCad 関連ドキュメント アップデート計画

soburi

March 13, 2021
Tweet

More Decks by soburi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. KiCad関連ドキュメント アップデート計画 常田 裕士 tokita.hiroshi@gmail.com

  2. KiCad 6.0-rc1は2月末リリースの予定で進行中 多分3月のFOSDEMで発表する?

  3. Appearance Manager • レイヤーマネージャーが進化して Appearance Managerに • レイヤーだけでなくて、基板の色々な 要素の表示を細かく制御 •

    フィルター選択の項目がまとまって便 利に
  4. 曲線トラック

  5. きめ細かなDRC設定 • 項目ごとにエラーと警告を切り替えられる。 • 項目も色々追加。

  6. S式によるDRC • プログラム言語でDRCを制御 • 嬉しいのか?これ。

  7. 最大の変更点 アイコンのデザイン変更 野暮ったくは無くなったが、直感的でないかもしれない。 これにより、解説書などのドキュメントの スクショ取り直しが発生。 私の「KiCadで雑に基板を作るチュートリアル」も改稿中

  8. まだまだ翻訳が終わってないところも多い。

  9. 翻訳してみる  GNU の gettextの仕組みで多言語化を実現している。  多言語化したい文字列を_(…)で括る SetTitle( _( "Special

    Tools" ) );  これから翻訳用のテキストデータの(.po)が作る。 このmsgstrに訳文を書いていく。 #: Pcbnew/tools/edit_tool.cpp:90 Msgid “Special Tools” Msgstr “”
  10. gettextの翻訳の流れ  xgettextでソースから翻訳データの雛型の.potを作る  msginitコマンド .potを翻訳データの .po を作る  .po

    を編集して翻訳する。  .po をコンパイルして、gettextで読める .mo のファイルを作ってプログラムに組み込む  ソースが改版されたら、再び、xgettextで.potを作成  msgmergeコマンドで、既存の.poに変更をマージする  再度 .po を編集して変更されたデータがあれば翻訳する
  11. msgmergeが曲者  変更があった箇所は、fuzzyとマークされて未翻訳の扱いになる。  そのとき、気を利かせて、既存の訳文に近い文を候補として挙げてくれる。  「ちょっとした変更」があった場合に便利な仕様 “Track” → “Tracks”

    “This path:” → “This path”  単語の違いぐらいなら、再利用可能な訳文として拾ってくれる。 “Switch between inches and millimeters” → "Switch between imperial and metric units“  un~とかdis~ が付く「ちょっとした変更」なら候補に挙がるので意味が逆になる場合も。 "Annotation complete." "Annotation not complete. ERC cannot be run."
  12. ちゃんと確認しましょう。  わかりづらかったので、自前で古い原文、古い訳文、新しい原文、新しい訳文の比較しやすい テキストを生成するツールを作成。 #: eeschema/symbol_editor/symbol_editor.cpp:150 #, fuzzy ##### "[Read

    Only]“ msgid "[Read Only Library]“ ##### "[読み取り専用ライブラリー]" msgstr "[読み取り専用]"
  13. 問題  プログラムから翻訳データを起こしているいるので、実際に動いていないコードのデータも含まれる。  プログラム中のテキストの断片となっている翻訳データもあるので、最終結果はプログラムを実行 しないとわからない。  どのように操作すれば、その箇所が実行されるのかがわからない。(ソフトウェア・テストの問題)  KiCadの日本語翻訳のメンテ状況、さっぱりわからん。

  14. End tokita.hiroshi@gmail.com