Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

"これから学ぶ" システム思考 / System thinking introduction

"これから学ぶ" システム思考 / System thinking introduction

スクラムフェス大阪の登壇資料です。
https://confengine.com/conferences/scrum-fest-osaka-2021/proposal/15177

7a37d60769f6f3004adee19a8ff2c219?s=128

Yuichi Tsunematsu

June 26, 2021
Tweet

Transcript

  1. "これから学ぶ" システム思考
 Retty株式会社
 常松祐一
 2021/06/26


  2. 自己紹介
 • 常松祐一 (つねまつ ゆういち) 
 ◦ Engineering Manager 


    ◦ Software Engineering Coach 
 ◦ Agile Development
 • SNSアカウント
 ◦ tunepolo : 
 ◦ tune : 
 
 • 顧客にとって価値のあるプロダクトを、チーム一丸 となって協力し、短期間にリリースする開発体制の あり方を模索しています。 

  3. システム思考とは?


  4. システム思考とは?
 問題を単発の出来事として考えずに、 パターンとして捉え、そのパターンを 生み出している構造を理解することで 構造に働きかける
 Photo by Laura Ockel on

    Unsplash
  5. システム思考とは?
 パターンとして 捉え 構造を理解し 構造に働きか ける

  6. Rettyのデータ分析チームの事例で説明


  7. Rettyのデータ分析チーム
 • 「分析の民主化」を目ざし、Rettyの様々な業務領域で意思決 定支援・データ基盤整備に貢献
 • 業務量が日に日に増え、常に忙しく余裕がなかった


  8. パターンとして捉える
 (因果と結果)


  9. 「忙しさ」の因果関係を洗い出す
 成果 (が出る) 依頼 (が増える) 忙しさ (が増す) 依頼者のスキル (が向上) 分析の難易度

    (が上がる) 因果 結果 • 変数に着目し、因果関係で線を引く。 • 変化の方向が同じか、逆か。 • 時間的遅れ( // )がある場合もある。 分析担当者 (が減る) 同 同 逆 同 同 //
  10. 構造を理解する
 (因果ループ)


  11. 自己強化ループ
 成果 (が出る) 依頼 (が増える) 忙しさ (が増す) 同 同 使命感

    (が増す) 同 同 やる気ループ
  12. バランス型ループ
 成果 (が出る) 依頼 (が増える) 忙しさ (が増す) 同 同 使命感

    (が増す) 同 同 断る依頼数 (が増える) 逆 同 やる気ループ 体力の限界ループ
  13. 描くときのコツ・ポイント
 • 「因果」「結果」は変数を選ぶ
 ◦ 「増えた(減った)」など結果がわかりやすくなる。
 • 実際に起きていることを描く
 ◦ 想像で「こうだろう」と描いてしまいがち。
 •

    複数人で描く
 ◦ 認識の差異が見えるかされて有意義。

  14. 実際にデータ分析チームと描いてみた因果ループ


  15. 主要なものを残して構造を整理
 忙しさ 協力先 業務量 分析結果 の質 リード タイム 成果 逆

    同 同 逆 同 同 同 // 同
  16. 構造に働きかける
 (レバレッジポイントの見極め)


  17. レバレッジポイント = 最も効果的なテコ入れ箇所
 忙しさ 協力先 業務量 分析結果 の質 リード タイム

    成果 逆 同 同 逆 同 同 同 // 同
  18. データ分析チームで何が起きていたのか?
 • データ分析者は個人ごとに未消化タスクリストを持っており、手が空いた時 に少しずつ消化していた。
 ◦ 質・リードタイムともに悪くならず、依頼者に分析者の忙しさがフィード バックされない構造となっていた。
 • 分析チームがとった対応
 ◦

    受ける分析タスクに上限を設け、きちんと断る。
 ◦ 個人だと断りづらいので、チームで取り組むようにした。
 ◦ 何を優先して分析するか依頼側が考えるようになり、仕事量が適切な 業務量に落ち着くようになった。

  19. 因果ループ図をもとに話をする
 • 因果関係がわかりやすく整理できていれば相手も話を聞きや すくなりますよね
 ◦ 「うちのメンバー忙しすぎてもう仕事受けられません。断ら せてください」
 ◦ 「こういう構造ができています。
 ここを変えるとこう変わるはずです。


    仕事の受け方を変えさせてください。」

  20. システム思考を支える考え方/ツール


  21. 氷山モデル→見えているのは全体のほんの一部
 [出来事] データ分析チームはたくさんの仕事を依頼される [行動パターン] そのうち仕事が落ち着くと信じて頑張る [構造] タスクリストを持ち、時間ができたら消化する [意識・無意識の前提] - (受け側)不要な仕事は依頼されないだろう

    - (依頼側)キャパを超えたら断わるだろう
  22. 時系列変化パターングラフ→どう変えていきたいのか
 現在 過去 未来 変数

  23. システム原型→よくあるパターン
 解決の指針を得やすくなる
 1. 成長の限界
 2. 急がば回れ
 3. 問題のすり替わり
 4. 目標のなし崩し


    5. 強者はさらに強くなる
 6. エスカレート

  24. まとめ


  25. 改めて - システム思考とは?
 問題を単発の出来事として考えずに、 パターンとして捉え、そのパターンを 生み出している構造を理解することで 構造に働きかける
 Photo by Laura

    Ockel on Unsplash
  26. まとめ
 Photo by Hannah Busing on Unsplash • 表層的な対応でなく、問題の構造を抑えた対 処をしていきましょう。


    • システム思考がその一助となるはず。

  27. 参考文献
 易しい 難しい