Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

yuruhachi.it_201808_Data Visualization

B051d2bcb69590fd33f86f356c645920?s=47 Uni Ishizaki
September 26, 2018

yuruhachi.it_201808_Data Visualization

データの可視化で何かを自然に発見できちゃう!ようなグラフの作り方のお話をこちらのイベントでしました。スライドだけだとわかりにくい!

https://yuruhachi-it.connpass.com/event/99931/

B051d2bcb69590fd33f86f356c645920?s=128

Uni Ishizaki

September 26, 2018
Tweet

Transcript

  1. デザイン視点からデータビジュアライゼーションを ゆるく考える

  2. 自己紹介 @uniq うにさん 萌え絵描きデザイナー ワンコと暮らしている

  3. ぐーぐるさんに聞いてみた

  4. \発見/

  5. 見えないものが、見えてるようになる。 「ここが••なんだ!」と発見する。 印象として深く残る。心に響く。 他の人と意識合わせがしやすい。

  6. None
  7. 大きさで表現する

  8. https://ja.whotwi.com/uniq

  9. https://ja.whotwi.com/uniq

  10. 色で表現する

  11. None
  12. None
  13. None
  14. どんな形で表現しようかな? https://datavizproject.com/# https://datavizproject.com/

  15. 色や大きさを工夫して、心に残るようなデータの可視化を作る。 次のアクションが自然と分かるようにする。

  16. おわり