Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

チームの状態を「即興性」の視点からふりかえってみよう

 チームの状態を「即興性」の視点からふりかえってみよう

Takao Utsumi

April 07, 2023
Tweet

Other Decks in Education

Transcript

  1. チームの状態を「即興性」の
    視点からふりかえってみよう
    ~素早く学習できるチームになるために~

    View full-size slide

  2. 内海隆雄
    インプロバイザー
    Improvisation(即興)の専門家として、
    人やチームの「即興性」を
    引き出す仕事をしています。
    インプロアカデミー代表
    群馬大学非常勤講師
    メディア出演:NHK『あさイチ』等

    View full-size slide

  3. 活動歴
    10年以上の活動歴。
    100回以上の舞台経験。
    1000回以上のワークショップ経験。
    アジャイル業界にはRyoさんに誘われて。
    ● RSGT 2022『インプロヴィゼーション ふりかえりの新世界』
    ● ふりかえりカンファレンス 2022『THE MAKING of インプロふりかえり』
    今日の内容は「インプロとは?」「ワークショップの様子は?」よりも、
    「即興性とは何か?」「そこからチームを眺めてみたらどうなるか?」について。
    Photo by Takahiro Ito

    View full-size slide

  4. 今日の流れ
    ● 15:00- 自己紹介
    ● 15:05- インプロとは?
    ● 15:10- 即興性の3要素
    ● 15:15- 即興性が高いと何が起こるのか?
    ● 15:20- 即興性から見るチームの8類型
    ● 15:30- 即興性を高めるには?
    ● 15:40- まとめ

    View full-size slide

  5. 今日の流れ
    ● 15:00- 自己紹介
    ● 15:05- インプロとは?
    ● 15:10- 即興性の3要素
    ● 15:15- 即興性が高いと何が起こるのか?
    ● 15:20- 即興性から見るチームの8類型
    ● 15:30- 即興性を高めるには?
    ● 15:40- まとめ

    View full-size slide

  6. インプロとは?
    Improvisation = 即興
    即興演劇:台本のない中で
    お互いを受け入れあい
    表現しあいながら
    ストーリーを生み出していく
    パフォーマンス。

    View full-size slide

  7. インプロの展開
    俳優訓練
    ↓舞台にしても面白いのでは?
    舞台表現
    ↓一般の人にも役立つのでは?
    一般教育
    スクール・学校教育・企業研修
    Keith Johnstone(1933~2023)

    View full-size slide

  8. インプロの基本思想
    「大人は萎縮した子供」
    Keith Johnstone
    人は本来即興できる。実際、子供達は自然に歌ったり踊ったり演じたりし
    ている。しかし、大人になるにつれて評価や対立や失敗を恐れるようにな
    り、即興(表現・コミュニケーション・チャレンジ)できなくなる。

    View full-size slide

  9. 心理的安全性も恐れを扱うもの
    心理的安全性の定義(他の定義もある)
    "A shared belief held by members of a team that
    the team is safe for interpersonal risk taking."
    「このチームでは対人関係のリスクをとっても
    安心であるという、チームメンバーに共有された信念」

    View full-size slide

  10. これを見た内海「インプロの話……⁉」
    対人関係のリスクとは
    「無知」だと思われるリスク
    質問や相談をすると、「そんなことも知ら
    ないのか」と思われるかもしれない。
    「無能」だと思われるリスク
    失敗や間違いを認めると、「そんなことも
    できないのか」と思われるかもしれない。
    「邪魔」だと思われるリスク
    新しい意見を出すと、議論の邪魔をしてい
    ると思われるかもしれない。
    「批判的」だと思われるリスク
    率直にNoと言うと、批判をしていると思
    われるかもしれない。

    View full-size slide

  11. 即興性と心理的安全性は鶏と卵の関係
    心理的安全性は優しいイメージがあるので、取り入れやすいが、踏み込みづらい。
    即興性は怖いイメージがあるので、取り入れづらいが、踏み込みやすい。
    エイミー・エドモンドソン「それは鶏と卵の話です。心理的安全性を高めて即興
    性を高めるのか、それとも即興性を高めて心理的安全性を高めるのか。答えはど
    ちらもイエスだと思います。どこから始めるかは問題ではありません。」
    Psychological Safety. Improvisation.Science: Interview with Amy Edmondson
    https://youtu.be/GSq5_mZprjg?t=990

    View full-size slide

  12. 今日の流れ
    ● 15:00- 自己紹介
    ● 15:05- インプロとは?
    ● 15:10- 即興性の3要素
    ● 15:15- 即興性が高いと何が起こるのか?
    ● 15:20- 即興性から見るチームの8類型
    ● 15:30- 即興性を高めるには?
    ● 15:40- まとめ

    View full-size slide

  13. 「即興性」に対するよくある誤解
    ● 面白いことを言うもの
    ● 目立とうとするもの
    ● うまいことやるもの
    こういう即興も無しではないが、怖くなる……。

    View full-size slide

  14. インプロで大事にしていること
    ● 面白いことを言うもの→自然に出てきたものを大事にする(自発性)
    ● 目立とうとするもの→パートナーといい時間を過ごす(利他性)
    ● うまいことやるもの→思い通りにいかないことを楽しむ(挑戦性)
    「ちゃんとやろう」を手放していく学び。
    そうしたら即興性が引き出される。

    View full-size slide

  15. 理想は
    ● 自発性
    ● 利他性
    ● 挑戦性
    の3要素全てが発揮されている状態。
    挑戦性
    即興性の3要素
    利他性 自発性

    View full-size slide

  16. 「思ったことが言えている」
    「直感に従えている」
    ● まとまっていないことでも
    思ったことが言えていますか?
    ● 好奇心を発揮できていますか? 挑戦性
    自発性とは?
    利他性 自発性

    View full-size slide

  17. 「思いやりがある」
    「パートナーをインスパイア」
    (パートナー=仲間)
    ● パートナーを助けていますか?
    ● パートナーの目を輝かせていますか?
    ※「話を聞いている」だけでは不十分。
    挑戦性
    利他性とは?
    自発性
    利他性

    View full-size slide

  18. 「リスクを取れている」
    「コントロールを手放している」
    ● 不安定さに飛び込んでいますか?
    ● 失敗をオープンにできていますか?
    ※「チャレンジしている」は曖昧。
    挑戦性とは?
    利他性 自発性
    挑戦性

    View full-size slide

  19. 今日の流れ
    ● 15:00- 自己紹介
    ● 15:05- インプロとは?
    ● 15:10- 即興性の3要素
    ● 15:15- 即興性が高いと何が起こるのか?
    ● 15:20- 即興性から見るチームの8類型
    ● 15:30- 即興性を高めるには?
    ● 15:40- まとめ

    View full-size slide

  20. 好奇心と信頼と喜びを持って
    未知に対して踏み込めるチーム。
    「分からない」からやってみよう。
    「難しいから」やりがいがある。
    挑戦性
    即興性が高いチームの特徴
    利他性 自発性

    View full-size slide

  21. 即興性が高いチームは学習が起こる
    即興性が高いチームはすぐに実験する。
    その結果、素早い学習が起こる。
    直接成果を出すわけではない。
    むしろ失敗も増える。
    「即興性は成功を約束はしないが、成長を約束する」

    View full-size slide

  22. 補足:心理的安全性も同じ構造
    エイミー・C・エドモンドソン
    「心理的安全性 対人関係構築の歴史、復興、未来」
    『看護管理 Vol.31 No.05 2021』p.374

    View full-size slide

  23. 今日の流れ
    ● 15:00- 自己紹介
    ● 15:05- インプロとは?
    ● 15:10- 即興性の3要素
    ● 15:15- 即興性が高いと何が起こるのか?
    ● 15:20- 即興性から見るチームの8類型
    ● 15:30- 即興性を高めるには?
    ● 15:40- まとめ

    View full-size slide

  24. 即興性の3要素の重なりから
    チームを8つに類型化する。
    あなたのチームはどれに近い……?
    挑戦性
    即興性から見るチームの8類型
    利他性 自発性

    View full-size slide

  25. 自発性も利他性も挑戦性もない。
    上から言われたことを
    ただこなすだけのチーム。
    必要な成果は出ている場合もあるが、
    働き甲斐としてはけっこう厳しい。
    挑戦性
    1. 萎縮したチーム
    利他性 自発性

    View full-size slide

  26. 自発性だけあるチーム
    お互いやりたいことはやっている
    けれど、特に相乗効果は無い。
    これでいい場合もあるが、
    チームというよりもグループに近い。
    挑戦性
    2. 寄り合い所帯
    利他性 自発性

    View full-size slide

  27. 利他性だけあるチーム
    思いやりはあるけれど、
    お互い思ったことは言えていない。
    日本人の初対面はこうなりがち。
    ここからどう他を引き出していくか。
    挑戦性
    3. 遠慮の塊
    利他性 自発性

    View full-size slide

  28. 挑戦性だけあるチーム
    とにかくリスクを取ることが
    かっこいいと思っている。
    迷惑系YouTuberみたいな感じ。
    ある意味貴重な存在。
    挑戦性
    4. 無謀集団
    利他性 自発性

    View full-size slide

  29. 自発性と利他性がある。
    思ったことを言い合えるし、
    思いやりもある居心地のいいチーム。
    ただし新しいことは生まれない。
    これが心理的安全性と誤解されがち。
    挑戦性
    5. 仲良しグループ
    利他性 自発性

    View full-size slide

  30. 自発性と挑戦性がある。
    思ったことは言い合えているし、
    新しいことへの挑戦もしている。
    ただし人を選ぶ。
    立ち上げ期のベンチャーでありそう。
    挑戦性
    6. アグレッシブカルチャー
    利他性 自発性

    View full-size slide

  31. 利他性と挑戦性がある。
    思いやりはあるし、
    新しい挑戦もしている。
    しかしイキイキはしていないので、
    長くは続かない。
    挑戦性
    7. 生真面目委員会
    利他性 自発性

    View full-size slide

  32. 自発性も利他性も挑戦性もある。
    全員で夢中になっている状態。
    全てがあるけど、何もない感覚かも。
    常にここにいるのは不可能。
    自分たちの位置を知って調整していく。
    挑戦性
    8. 恐れのないチーム
    利他性 自発性

    View full-size slide

  33. 恐れのないチームにならないといけない、わけではない
    「5. 仲良しグループ」で十分な安定的チームもあるかも。
    「6. アグレッシブカルチャー」で走り切るしかない時期もあるかも。
    「4. 無謀集団」が現実を知ってブレイクする可能性もあるかも。
    「2. 寄り合い所帯」で構わない集団もあるかも。
    ただし、自分のチームの現状と理想を知っておくことは必要。

    View full-size slide

  34. 話し合ってみよう!
    「今の自分(たち)はどこ?」
    「どこに向かいたい?」
    それぞれの数値を出し合うのもOK。
    例:自発性70/利他性50/挑戦性30
    挑戦性
    利他性 自発性

    View full-size slide

  35. 今日の流れ
    ● 15:00- 自己紹介
    ● 15:05- インプロとは?
    ● 15:10- 即興性の3要素
    ● 15:15- 即興性が高いと何が起こるのか?
    ● 15:20- 即興性から見るチームの8類型
    ● 15:30- 即興性を高めるには?
    ● 15:40- まとめ

    View full-size slide

  36. 即興性を高めるには?
    インプロには
    1. 考え方(理論)
    2. ゲーム(実践)
    が存在する。
    ワークショップではこの両輪を回していくが、
    今回は考え方(理論)を紹介。
    おまけに「明日からできること」も。

    View full-size slide

  37. 自発性を高めるには?
    自発性が下がる要因:評価への恐れ
    「こんなこと言ったらどう思われるだろう?」
    1. 自己検閲に気づく
    2. 自己検閲を弱めてみる
    3. それを受け止めあう
    明日からできること:検閲どれくらいある?(0~100)で話し合ってみる。

    View full-size slide

  38. 利他性を高めるには?
    利他性が下がる要因:対立への恐れ
    「こんなことしたら迷惑かもしれない……」
    1. 相手を見る・聞く・知る!
    2. プレゼント(比喩)する
    3. フィードバックをもらう
    明日からできること:嬉しい・困ることを聞きあう。アプリシエーション。

    View full-size slide

  39. 挑戦性を高めるには?
    挑戦性が下がる要因:失敗への恐れ
    「やってうまくいかなかったらどうしよう……」
    1. 安全に失敗できる領域をつくる(例:Pixarの短編映画)
    2. 実際にチャレンジする
    3. 失敗を素早くオープンにする
    明日からできること:失敗できる領域を話し合う。

    View full-size slide

  40. それぞれにポジティブな感情がないと続かない
    1. 思ったことを言う→気持ちいい
    2. パートナーをインスパイアする→楽しい
    3. チャレンジして失敗をオープンにする→面白い
    「望ましい行動」と「喜び(Joy)」を結びつけるのが
    ファシリテーターの腕の見せどころ。

    View full-size slide

  41. 内海、呼べるってよ
    ● チームの状態を見てほしい
    ● 自発性・利他性・挑戦性それぞれの状態を体験したい(ワークショップ)
    ● 変化が出るまで伴走してほしい(インプロコーチング)
    内海隆雄
    Twitter:@utsumit
    [email protected]

    View full-size slide

  42. 今日の流れ
    ● 15:00- 自己紹介
    ● 15:05- インプロとは?
    ● 15:10- 即興性の3要素
    ● 15:15- 即興性が高いと何が起こるのか?
    ● 15:20- 即興性から見るチームの8類型
    ● 15:30- 即興性を高めるには?
    ● 15:40- まとめ

    View full-size slide

  43. まとめ
    ● 15:00- 自己紹介
    ● 15:05- インプロとは?→大人は萎縮した子供
    ● 15:10- 即興性の3要素→自発性・利他性・挑戦性
    ● 15:15- 即興性が高いと何が起こるのか?→素早い学習が起こる
    ● 15:20- 即興性から見るチームの8類型→現状と理想を知ろう
    ● 15:30- 即興性を高めるには?→それぞれの要素と喜びを結びつける
    ● 15:40- まとめ

    View full-size slide

  44. チームの状態を「即興性」の
    視点からふりかえってみよう
    ~素早く学習できるチームになるために~

    View full-size slide