ふりかえり実践ワークショップ(110分版)

Cd823abda454a7a2065fe6fe273ae84b?s=47 viva_tweet_x
September 21, 2019

 ふりかえり実践ワークショップ(110分版)

2019/09/21 XP祭り2019 でワークショップを実施したスライドです。

110分でふりかえりの2つの型を学ぶワークショップです。

Cd823abda454a7a2065fe6fe273ae84b?s=128

viva_tweet_x

September 21, 2019
Tweet

Transcript

  1. 4.
  2. 5.
  3. 6.

    9/22 技術書典7 き35D プロジェクトマネージャ保護者会 ・冊子+DLカードセット ・DLカード単品 各 円 2,500 実践

    ふりかえり読本 264P / A5 8つのふりかえりの型を紹介 チームでふりかえりを始めたい人から 極めていきたい人まで幅広くカバー 編 ・冊子+DLカードセット ・DLカード単品 各 円 2,000 学び ふりかえり読本 236P / A5 ひとり、チーム、プロジェクト、研修 様々な場で使える「学び」のための ふりかえり入門書 編 BOOTH通販あり 75P試し読み可 BOOTH通販あり 94P試し読み可 ・冊子+DLカードセット ・DLカード単品 各 円 1,000 場作り ふりかえり読本 104P / A5 チームのためのふりかえりを より活性化し、楽しくするための 場作りの手法集 編 BOOTH通販あり 既 刊 2 冊 新 刊 + お ま け ふりかえり チートシート がおまけに付いてくる! 84のふりかえりの手法を収録 チームのふりかえりの心強い味方 B5ラミネート加工で使いやすい ・シート単品 各 円 100
  4. 23.

    ワークショップ どんな雰囲気で 進めたいか? (5分) 付箋の色=黄色 その雰囲気を 作るために 何をするか? (5分) 付箋の色=ピンク

    ルール フリップチャートに付箋で貼る 付箋には大きな文字 全員で合意できるものを決める
  5. 24.

    型/短期間をふりかえる DPA Story of Story 3Ls 質問の輪 +/Δ ふりかえりの 場作りをする

    アイデアを 話し合う 情報を集める 対話しながら アクションを 共創する ふりかえりを カイゼンする テーマ:昨日の出来事
  6. 25.

    DPA(Design the Partnership Alliance) ふりかえりの雰囲気をどうするかを全員で決める • 「どんな雰囲気でふりかえりたいか」 • 「その雰囲気を作るために何をするか」 ルールの例

    • 楽しい雰囲気 ⇒いい意見だと思ったら「イイネ!」と言う • 意見を尊重する雰囲気 ⇒発言をさえぎらない ⇒批判・否定しない
  7. 27.

    場作りをして対話しやすい空気を作りました DPA Story of Story 3Ls 質問の輪 +/Δ ふりかえりの 場作りをする

    アイデアを 話し合う 情報を集める 対話しながら アクションを 共創する ふりかえりを カイゼンする
  8. 28.

    ふりかえりに必要な情報を集めましょう DPA Story of Story 3Ls 質問の輪 +/Δ ふりかえりの 場作りをする

    アイデアを 話し合う 情報を集める 対話しながら アクションを 共創する ふりかえりを カイゼンする
  9. 32.

    Story of Story 事実・出来事 起こったこと やったこと コミュニケーション 仕事の中で起こったGood/Bad コミュニケーション コラボレーション

    仕事の中で起こった Good/Badコラボレーション 〇〇設計書 の作成 Aさんとペア プログラミング Bさんと〇〇に ついて話し合っ た
  10. 33.

    Story of Story 事実・出来事 起こったこと やったこと コミュニケーション 仕事の中で起こったGood/Bad コミュニケーション コラボレーション

    仕事の中で起こった Good/Badコラボレーション 〇〇設計書 の作成 Aさんとペア プログラミング Bさんと〇〇に ついて話し合っ た 5分個人ワーク
  11. 34.

    Story of Story 事実・出来事 起こったこと やったこと コミュニケーション 仕事の中で起こったGood/Bad コミュニケーション コラボレーション

    仕事の中で起こった Good/Badコラボレーション 〇〇設計書 の作成 Aさんとペア プログラミング Bさんと〇〇に ついて話し合っ た 8分グループワーク
  12. 35.

    チームが前に進むための情報を得ました DPA Story of Story 3Ls 質問の輪 +/Δ ふりかえりの 場作りをする

    アイデアを 話し合う 情報を集める 対話しながら アクションを 共創する ふりかえりを カイゼンする
  13. 36.

    アイデアを話し合っていきましょう DPA Story of Story 3Ls 質問の輪 +/Δ ふりかえりの 場作りをする

    アイデアを 話し合う 情報を集める 対話しながら アクションを 共創する ふりかえりを カイゼンする
  14. 37.

    Learned 自分・チームにとっての学び 気付き Lacked 自分・チームにとって足りないもの 欠けているもの 3Ls / 4Ls Liked,

    Learned, Lackedによりアイデアを出す (4分個人ワーク+6分グループワーク) Liked 自分・チームにとって良かったこと 続けたいこと Longed for 望むもの・変えたいこと →次の手法でカバー
  15. 39.

    アイデアを共有しました DPA Story of Story 3Ls 質問の輪 +/Δ ふりかえりの 場作りをする

    アイデアを 話し合う 情報を集める 対話しながら アクションを 共創する ふりかえりを カイゼンする
  16. 40.

    アクションを話し合いましょう DPA Story of Story 3Ls 質問の輪 +/Δ ふりかえりの 場作りをする

    アイデアを 話し合う 情報を集める 対話しながら アクションを 共創する ふりかえりを カイゼンする
  17. 42.

    アクションを全員で決めました DPA Story of Story 3Ls 質問の輪 +/Δ ふりかえりの 場作りをする

    アイデアを 話し合う 情報を集める 対話しながら アクションを 共創する ふりかえりを カイゼンする
  18. 43.

    ふりかえりそのものをふりかえりましょう DPA Story of Story 3Ls 質問の輪 +/Δ ふりかえりの 場作りをする

    アイデアを 話し合う 情報を集める 対話しながら アクションを 共創する ふりかえりを カイゼンする
  19. 45.
  20. 46.

    型/短期間をふりかえる のおさらい DPA Story of Story 3Ls 質問の輪 +/Δ ふりかえりの

    場作りをする アイデアを 話し合う 情報を集める 対話しながら アクションを 共創する ふりかえりを カイゼンする
  21. 49.

    学びを最大化する ORID Small Starfish Note to self 学びを 共有する 持ち帰る

    ことを決める アイデアを 話し合う テーマ:ここまでのワークショップの学び 感謝 感謝を 伝え合う
  22. 50.

    学びや気付きを共有しましょう ORID Small Starfish Note to self 学びを 共有する 持ち帰る

    ことを決める アイデアを 話し合う 感謝 感謝を 伝え合う
  23. 51.

    ORID Objective Question 客観的問いかけ 事実を引き出す Reflective Question 内省的問いかけ 感情を引き出す Interpretative

    Question 解釈的問いかけ 学びを引き出す Decision Question 決断的問いかけ やることを決める
  24. 52.

    ORID • O(事実) → R(感情) → I(学び) → D(決定) の順に

    質問をしていくことで、意見を深化させる • 4分×3で「アイデア出し」までをやってみましょう
  25. 53.

    Objective Question(客観的問いかけ) 今日のワークショップで (以下質問例) • 何をしたか • 何を見たり聞いたりしたか • どのようにしたか

    • 何が起きたか • どんな変化があったか • 変化があったときどのような反応があったか、 どんな反応をしたか 黄色の付箋で記載 • 付箋はそれぞれ離して貼ってください 4分で共有まで済ませてください
  26. 54.

    Reflective Question(内省的問いかけ) 事実に対して (以下質問例) • 何を思ったか • 何を感じたか • 楽しかったのはいつか、それはなぜか

    • 最も熱中したのはいつか、それはなぜか • フラストレーションを覚えたのはいつか、 それはなぜか • 辛かったのはいつか、それはなぜか ピンク色の付箋で記載 • 関連する「事実」の近くに貼ってください 4分で共有まで済ませてください
  27. 55.

    Interpretative Question(解釈的問いかけ) 事実や感情に対して (以下質問例) • 気づきは何か • これまでと同じような経験はないか、 そのときと比べて今回はどんな違いがあるか •

    何か学びはあったか • 最も意味のあったことはなにか • 事実や感情はあなたにとってどんな価値があるか • 事実や感情をあなたはどう解釈したか 青色の付箋で記載 • 関連する「事実」「感情」の近くに 貼ってください 4分で共有まで済ませてください
  28. 58.

    学びや気付きを共有しました ORID Small Starfish Note to self 学びを 共有する 持ち帰る

    ことを決める アイデアを 話し合う 感謝 感謝を 伝え合う
  29. 59.

    学びをアイデアに変えましょう ORID Small Starfish Note to self 学びを 共有する 持ち帰る

    ことを決める アイデアを 話し合う 感謝 感謝を 伝え合う
  30. 60.

    Small Starfish Keep 続けること More of 何かを始める/追加すると よりよくなる Less of

    何かをやめる/減らすと よりよくなる 学びから得られたことを アクション候補に変えましょう (3分個人ワーク+3分グループワーク)
  31. 61.

    アイデアを作りました ORID Small Starfish Note to self 学びを 共有する 持ち帰る

    ことを決める アイデアを 話し合う 感謝 感謝を 伝え合う
  32. 62.
  33. 69.

    9/22 技術書典7 き35D プロジェクトマネージャ保護者会 ・冊子+DLカードセット ・DLカード単品 各 円 2,500 実践

    ふりかえり読本 264P / A5 8つのふりかえりの型を紹介 チームでふりかえりを始めたい人から 極めていきたい人まで幅広くカバー 編 ・冊子+DLカードセット ・DLカード単品 各 円 2,000 学び ふりかえり読本 236P / A5 ひとり、チーム、プロジェクト、研修 様々な場で使える「学び」のための ふりかえり入門書 編 BOOTH通販あり 75P試し読み可 BOOTH通販あり 94P試し読み可 ・冊子+DLカードセット ・DLカード単品 各 円 1,000 場作り ふりかえり読本 104P / A5 チームのためのふりかえりを より活性化し、楽しくするための 場作りの手法集 編 BOOTH通販あり 既 刊 2 冊 新 刊 + お ま け ふりかえり チートシート がおまけに付いてくる! 84のふりかえりの手法を収録 チームのふりかえりの心強い味方 B5ラミネート加工で使いやすい ・シート単品 各 円 100